2014年8月15日 (金)

HDDクローン化で嵌る

私の自作PCはHDDの容量が500GBでそれにWindows Xp、7、Ubuntuをインストールして使っていた。
最近Wondows7のパーティションの空きに余裕が無くなってきて、Gpartedとかで対応してきたが限界。
幸い、予備に1TBのHDDがあることからそちらに引越しすることにした。

使ったツールはEaseUS Partition Master 10.0というフリーアプリ。

もうXpは不要なのでWindows7のパーティションだけ引っ越したい。
ってなわけでWindows7のパーティションだけコピーしてみるも駄目。
マスターブートレコード(MBR)やらブートローダーやらいろいろあり面倒らしい。
MBRの修復やら色々試すも起動せず。

大嵌りで試行錯誤の末成功したのだが全部は覚えていない。笑
そんでも覚書としてアウトラインだけでも残しておこう。

1.HDD丸ごとクローン化
EaseUS Partition Master 10.0にはパーティションコピー以外にHDD丸ごとクローン化のウィザードがある。
まずはこいつで1TBなHDDに丸ごとコピー。これは成功。

あとはインストールの逆手順で作業を進めてみた。
ちなみにインストール時はXp→7→Ubuntuの順だった。

2.Ubuntu削除
トリプルブートはUbuntuのGRUBのお世話になっていたはず。
GRUBを措いてけでUbuntuを削除しちゃうと起動すら出来なくなるらしい。
Windows7のインストールDISKでMBRをWindows用に修復する。
 インストールDISKが起動したら、次へ
 コンピュータを修復する(R)を選択
 上段の「Windowsの起動に伴う修復用の回復ツールを・・・」を選択
 コマンドプロンプトから
  bootrec /fixboot
  bootrec /fixmbr
  exit
で再起動。たしかこれでGRUBが出ずに起動できるようになった。
起動時にUbuntuが絡まないので安心してUbuntuのパーティションを削除。

これでトリプルブートからデュアルブートにスリム化成功。

3.WindowsXp削除
Xpのブートローダーを抹消する必要がある。
 コマンドプロンプトを右クリック> 「管理者として実行」
 bcdedit /delete {ntldr} /f
これでシングルブートとなりWindowa7だけが起動するようになる\(^o^)/

・・・と喜んだのもつかの間、
WindowsXpのパーティションを消したら起動できなくなったorz

その後は上記2で用いたWindows7のインストールDISKでのコンピュータを修復する(R)を試行錯誤。
コマンドプロンプトやスタートアップ修復を色々試していたら起動できた記憶である。

Easeus_partition_master

その後EaseUS Partition Master 10.0でWindows 7のパーティションを前後に拡張。
とにかく、当初の目的は達成し1TBの広々としたHDDでWindows7を使っている。

肝心な部分を覚えていないので他人にはあまり参考にはならないが、再度自分が嵌ったときのメモにはなるかな?

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

Paragon Backup & Recoveryを試す

Windows7やUbuntu11.04はAcronis True Image Personal 2じゃうまくバックアップ出来ない。
すでに我が家のPCはこれらやWindows8 preview版なので新たなバックアップアプリを探していた。
そんななか見つけたのがParagon Backup & Recovery

これユーザー登録は必要だがフリーで使える。
登録したメアドにプロダクトキーやシリアルNOが送られてくる仕組みだ。
br_free_advanced.msi ってファイルがダウンロード出来て、こいつを起動すればインストールが始まる。
途中、プロダクトキーやシリアルNOを聞かれるがメアドに届いたものをコピペすればOK。

インストールが終わり起動するとこんな画面が現れる。

Paragon1

Acronis同様、起動可能なUSBを作ることが出来る。
左上のTools>Recovery Media Builder...を選んでUSBドライブを指定すればOK。

Paragon2

私は1GBのUSBメモリーを使ってブータブルUSBを作った。
ためしにEeePC900HAのSSD(Windows8)をバックアップしてみる。

作成したUSBから起動してNormal Modeを選択。

Paragon01

下の画面でParagon Backup & Recoveryを選択する。

Paragon02

下のような画面に切り替わる。

Paragon03

SSDはWin8で2つのパーティションに分けられているようだ。
HDD(SSD)そのものを選択し左上のBack Up HDDを選択。
左下の緑色のApplyをクリックすると下記のようなバックアップ先を選択する窓が開く。

Paragon04

私は別の8GBのUSBメモリーを用意しそこをバックアップ先に指定した。
Back Upボタンをクリックすれば下記のようにバックアップが始まる。

Paragon05

リストアは試していないが一応バックアップは成功したようだ。
USBメモリーには複数のファイルが保存されていた。
こりゃ日付付きのフォルダとかで管理したほうが良さそうだな。

バックアップにかかる時間はAcronisのほうが高速だと思う。まぁフリーだからいっか。

Acronis Acronis True Image Home 2010

Acronis Acronis True Image Home 2010
価格:8,980円(税込、送料別)

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

自作PCをWindows7環境へ移行

先日何らかのミスで自作PCのWindowsXpが起動できなくなった。
まぁ、 大事なデータは別ドライブに保存しているし、起動も遅くなっていたのであまり粘らずにAcronis ture imageで以前の割とクリーンな環境に復元。
ちゃっちゃと必要な最小限のアプリを追加していたんだが・・・

 まてよ?iCloudはWindowsXpをサポートしてくれないらしい。
 そんじゃ、いい機会だからWindows7にしちまうか・・・

そんな理由でWin7が欲しかったわけじゃ無いんだがiCloud欲しさにOEM版を購入しました。
値段差がHomeとProで大して差が無かったのでProを選択。
Ultiなんたらってのもあるらしいがこれ以上こんなもんにお金をかけたくない。

在庫限り☆ 【CPUセット】Microsoft DSP版 32bit 日本語 Microsoft Windows7 Professional 32bit OEM 【あす楽対応_関東】 在庫限り☆ 【CPUセット】Microsoft DSP版 32bit 日本語 Microsoft Windows7 Professional 32bit OEM 【あす楽対応_関東】

販売元:風見鶏
楽天市場で詳細を確認する

送料込みで12000円台でギリギリ収まる価格がうれしいですな。

家族用にXp環境も残しておきたいのでXpと7でデュアルブートにしました。

Photo

壁紙は自転車通勤(帰宅)中に土手で撮影した夕陽。これ気に入ってますw
普段は?というとツイッターぐらいしかしないんですけどね。

Photo_2

OSをクリーンインストールで入れたおかげでサクサク動いてくれます。
今はiTunes、FireFox4、Evernote、PeintShopProを入れた程度。

パフォーマンスってどうなんだろ?
とエクスペリアインデックスを計ってみたところ3.3でした。
まぁオンボードグラフィックのままなのでそんなもんかな?

Photo_3

しっかし、まぁ、iPhoneのiCloud機能のためにWindows7買うとはね。
案外これからこの手のお客でWindows7売れたりして。笑

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

EeePC 1005HR-WS他登場

国内Windows 7発売に伴いASUS社から新型EeePCが発売されたようです。
Eee PC Seashellシリーズとして

 Eee PC 1005:1366×768表示が魅力

 Eee PC 1005HE-WS:1024×600表示で250GB/160GB HDDが選択可能

Eeepc1005 詳細スペックはASUSサイトに公開されていますのでそちらをご覧ください。

私本人としてはHDDモデルだし自分の好みのサイズより大きいのであまり関心はありませんが、家族の視力のことを考えると大きめの画面で安価な設定には魅力を感じます。

もっとも、バイクの改造費にへそくりをつぎ込んで現在金欠気味。

とても購入には踏み切れませぬ。

もし買うなら画面表示能力の高いHR-WSでしょうね。それ以外の機種は似たようなのが前からあったような気がする。

どれもOSはMicrosoft® Windows® 7 Starter 正規版。
まぁRC版をEeePC900Aで体験した限りはこのスペックならほどほどに動くと思います。
Windowsにはプチフリで悩まなくて良いHDDモデルが無難だと思います。
まぁSSDにも配慮しているようですけど。

初めてEeePCを買う人にもこのスペックとOSならOSの新しさ以外には初代のような戸惑いも無いでしょうね。

初代のような感動も無いと思うけど。

まだ新型のアフィリエイトリンクは見当たりません。

ASUS EeePC 1005HAシリーズ ホワイト EEEPC1005HA-WHI156 CE ASUS EeePC 1005HAシリーズ ホワイト EEEPC1005HA-WHI156

販売元:ASUSTek
発売日:2009/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年5月 8日 (金)

Windows7RC版 を900Aにインストール

一昨日ダウンロードしていたWindows 7 RC版をEee PC 900Aにインストールしてみた。
(娘が腹痛で学校を休み私が子守で会社を休んで暇ってのもあるが)

ダウンロード
ここからダウンロード出来ます。
http://www.microsoft.com/windows/windows-7/download.aspx
Windows Liveに入会しておけばライセンスキーが取得できます。

インストールDISKの作成
isoイメージをライティングソフトでDVDに焼けばインストールDISKが完成します。

インストール
月並みな入力手番を進めていけばインストールが完了します。
注意するのは英語キーボードであることくらいか?
私の場合はEeePC900Aに内蔵した16GBはXandrosで使いたいので細工が必要。
まず内蔵16GBへの電源ラインをCUTして殺します。
次にminiPCIeコネクタに32GBのSSDを挿してそこにインストールしました。

Win7rc_desktop_2

うーん変わった感じがするのはインストールと起動時の壁紙くらいか?

起動時間
電源on以降
 音が鳴るのが32秒後、すぐさま画面表示は完了
 Wifi接続完が40秒後
とそこそこ俊敏な感じです。901のようにブラックアウトもありません。

ありがたいのはACPI以外のデバイスはデフォルトで認識していたこと。
ACPIドライバはASUSのグローバルサイトからXp用をダウンロードして使いました。
Fn+F2キーでWifiがちゃんと切り替わります。

Fn_f2_2

このブログもWindows7&IE8で書いていますが以前のように入力文字がブラックアウトすることは無くなりました。
ただ、写真を貼りこもうとすると写真の中身が表示されません。
まぁFirefoxなら大丈夫だろう♪

パフォーマンス計測
パフォーマンスは以前のbuild6801や7000と差は無いようです。

7_rc_score

全体的な印象としてbeta版より完成度が上がったなぁという感じです。
ただネットの情報によるとネットブックへは現行同様格安で配布するが最廉価版tのことなのでUltimate版じゃぁ無いんでしょうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

自作PCのWindows 7パフォーマンス

前の記事で書いていた自作PCが完成した。

メインOSは安心なWindowsXpとし、面白半分にWindows7もインストールしてみた。

WindowsXpで使う分には快速で快適。
有線LANも1000BASEになったからかキビキビした印象を受ける。
やっぱハードとOSではハードが一歩進んでいたほうが調子がよい♪
メインメモリーは4GBとおごってみたが3.5GBしか認識できない。

一方Windows7
WindowsXpほどの軽快さは感じない。
動作の端々にアニメーションの動きによるダンピング?を感じてしまう。
決して遅くはないと思うのだがXpの軽快さには劣る。
メインメモリーは4GB丸々認識できていた。

印象だけでは精度不足なのでデータで表現してみる。

パフォーマンスを計測するとこれだ。

Win7dp_pf

8段階評価で足を引っ張っているのはHDD。
IDE接続の旧式をSATA変換しているのだから仕方がない。
他は4ポイントを超えているのでHDDを改善すれば中の上かな?

過去に計測したEeePC900A(SATAのSSDに交換済み)がこちら

900a_2

こっちは交換できないCPUが足を引っ張っているのでこれ以上は無理。

Windows 7はbeta版なのでメインOSにするには無理そうだが当面遊んでみたい程度には動いてくれた。満足である。

Aero_dp_s

Aeroだって動いちゃったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

LXubuntu をSSDにインストール

アクセス速度の遅めのSDHCカードに入れてもサクサク動くLXubuntu。
SSDならさらに軽快なのでは?と期待しEeePC900AのSSDにインストールしてみました。

インストール
私のEeePC900Aは現在SATA32GBにWindows 7 betaという状態。
もう少しWindows 7も使ってみたいのでデュアルブートにすることにしました。
スリムドライブLXubuntuのライブCDを入れてCDから起動します。
ひとまずライブCDからLXubuntuさせた後、デスクトップのインストールアイコンをクリック。
月並みな入力(日本語とかTokyoとか)を済ませインストール先の設定へ
SSDドライブ32GBのうち後8GBをLXubuntuに割り振りました。
そのままインストール。
再起動するとLXubuntuとWindows7を選べるデュアルブート画面が立ち上がります。

Lxde

アップデート
このままでは無線LANには繋がらないので有線LANに繋げます。
アップデートマネージャーでひとまずアップデート。

eee-controlとLXlauncherのインストール
2つのソフトをSynapticマネージャーからインストールします。
 eee-control 無線LANやタッチパッドのコントロールが出来ます
 LXlauncher XandrosのEasy mode風のランチャー

無線LANの設定
Array.orgの最適化カーネルにすることで対応します。
ターミナルを開いて
wget http://www.array.org/ubuntu/array-intrepid.list  
sudo mv -v array-intrepid.list /etc/apt/sources.list.d/
wget http://www.array.org/ubuntu/array-apt-key.asc
sudo apt-key add array-apt-key.asc
  Array.orgの公開鍵を取得
sudo apt-get update
sudo apt-get install linux-eeepc
  新しいkernelをインストール
上記コマンド後に再起動で無線LANが有効になります。

Wifions

genericカーネルを削除。これ1行です。
sudo apt-get remove linux-generic linux-image-generic linux-restricted-modules-generic

Bluetooth
タスクバーのBluetoothアイコンを右クリックで設定画面を出して
Bluetoothマウスのペアリング用?ボタンを押すと勝手に認識。
「常に接続」のレ点を入れれば次から自動認識します。

LXlauncherの起動設定
そのままではLXlauncherの起動はコマンドラインからしか出来ませんでした。
コメントで教えていただいた方法をそのまま書くと

lxlauncher.desktopってファイルを新規作成します。中身は点線内です。
----------------------------------------------------
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=Lxlauncher
Comment=LXDE launcher
Exec=/usr/bin/lxlauncher
Terminal=false
Type=Application
Icon=
Categories=Application;System;

----------------------------------------------------
このファイルをホームの.config/austostart内に保存します。
再起動すれば自動的にlxlauncherが起動するようになります。

Lxlauncher1s

英語キーボードの認識
EeePC900Aは英語キーボード。
インストール時にはUSキーボードを指定していてもなぜか英語キーボードを認識していません。
/home/anbinbanco/.config/autostart/setkeymap.desktop

Exec=setxkbmap jp -model jp106 を
Exec=setxkbmap us -model pc105 に変更して保存。

チューニング
ライブCDの部屋の記事を参考にetc/fstabを編集しました。

/etc/fstab を開いて
relatimenoatime に変更

下記2行を追記してRAMDISK設定
tmpfs /tmp tmpfs defaults,noatime 0 0
tmpfs /var/tmp tmpfs defaults,noatime 0 0

ブートオプションの指定
/boot/grub/menu.list のブートオプションに"clocksource=hpet"を指定
記述例は下記のような行の最後に赤字部を追記します。
kernel /boot/vmlinuz-2.6.24-16-generic root=UUID=529f9bd7-fbc0-41b9-8941-3f613aed8a44 ro quiet splash clocksource=hpet

印象は・・・
期待していたほど起動は速くないです。45秒程度だからWindows7と同等かなぁ。
SDHCでもそこそこのパフォーマンスでしたし、まだ1.5GBしか消費していません。こりゃ純正SSDに良いOSかも知れませんね。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年3月20日 (金)

EeePC900A Window7レビュー

久々に使い始めたWindows7@EeePC900A。
EeePC901-Xの時のようなブラックアウトがないので好印象である。

起動時間は約40秒といったところだろうか。
WindowsXpよりちと遅いがUbuntuよりは起動時間は短め。

Win7

Firefoxに慣れてしまうとWindowをパカスカ開くIE8は使いづらい。
早々にFirefoxをインストールしてしまいました。

私の場合、起動したらブラウザを開くってのがメインの使い方。
なのでOSは縁の下の力持ちで十分である。
Windows7は見た目はカッコ良いんだが少々演出がくどい感じがする。
CMが多すぎる映画というか、司会者がしゃべり過ぎる歌番組というか。。。

軽い/重いでいうとXpよりは少し重い印象。
ただイライラするほど重いわけでは無いのでVistaよりは軽いのかな?
私を含め知人にVista持ちが居ないのでVistaは店頭で触った印象しかない。
(もっともSSDのパフォーマンスによっては印象は変わると思う)

BUFFALO Eee PC 901-16G専用 MLC搭載 交換用SSD SHD-ES9M32G-UC CE BUFFALO Eee PC 901-16G専用 MLC搭載 交換用SSD SHD-ES9M32G-UC

販売元:バッファロー
発売日:2009/04/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱわしゃXandrosが良いのかなぁ。。。

コメントでJARISってOSの存在を教わった。
日本製のOSでWindowsソフトも動くのだとか。
試しにUSB版をダウンロードするもUSBに導入できず。
DVD版isoを焼いて自作PCで起動するも有線LANに繋がらず。
EeePC900Aで試すパスワード入力後固まる。。。weep だめじゃん。

もう少しWindows7を使ってみるかな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

EeePC 900A でWindows7

Windows7 betaのBuild7000、EeePC 901-X時代に少し試したが起動時のブラックアウトにモチベーションが下がりちょっと試した末に消してしまった。
EeePC 900Aではどうなんだろ?

ってことで届いた日の夜、動作確認を終えた後でWindows7 betaをインストールしてみた。
使ったのは自作スリムドライブ。バスパワーで動いてくれるのでとっても便利♪

インストール時の注意点は忘れずに「英語キーボード」を選択する程度だろうか?
Xandrosのパーテーションをバッサバッサと捨てて新規パーテーションを作ってインストールしました。

EeePC 900Aはブラックアウトしない♪

これは当たり前なのかもしれんがうれしい。

WifiもBluetoothもそのまま認識。Bluetoothマウスもすんなり使えました。
有線LANのドライバが認識していないようなのでEeePCのglobalサイトで900AのXp用で代用。
もう一個その他のデバイス?ってのがあるな?なんなんだろ???
追記 コメントで教えていただいたACPIドライバのようです。
    EeePCのGlobal siteで900A用をダウンロードしました。

EeePC901-X同様Aeroも動いてバッチグー!
ん?日本語変換はどうするのよ?
とかすかな記憶で Alt+' を試すと切り替りました。

EeePC4G-Xでは途中で止まってしまったWindows7によるパフォーマンス診断は如何に?

900a_2

う~ん、EeePC 901-X改(RAM2GB、SSD:SATA)と同等ですな。
相変わらずOCZeSATATHR32は良い仕事をしてくれます。

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 32GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 32GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Xandrosほどではないけど起動も終了も想像よりはやくてグッド!
(901のときはブラックアウトで良くわからんかった点です)
もうちょっとWindows7のまま使ってみようと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

Knoppix でMBRを修復2

Pri Master drive内蔵成功 で気をよくし、増設したsda(Pri Master)にXandros1.7をインストール。
sdb(Pri Slave)にはWindowsXpをリカバリー・・・

ここに落とし穴が潜んでおりました。

Pri Slaveに入っていたXandrosはVer1.7からファイルシステムが特殊らしくAcronis True Imageでリカバリーが効きません。coldsweats02

そういえば最近のOSはみんなそんな感じ。eeeUbuntu8.10、Windows7、Xandros1.7
こりゃそろそろAcronis True Imageもアップデートなのかな?

そこで思い出したのが以前紹介したKnoppixでMBR修復
こんときゃ読者の方がMBRの修復に困っておられ、こんなのもあるよんと紹介しただけの記事です。
さすがにわざとMBRを壊して修復方法を説明する気にはなれなかったので。coldsweats01

んでGoogleで調べたところありました。⇒ MBRの修復

USBからKnoppixを起動します。
起動画面でF2を押して、fb800x600 と画面サイズ指定(これしないと画面が変)
コンソール(=ターミナル)を開いて

sudo install-mbr /dev/sda 

こんだけ。
もっともsdaってのは各人のPC環境に依存します。
私はPri Slave(sdb)のMBRが修復したかったのでsdbとしました。

これで再起動すればすんなりAcronis True ImageでWindowsXpがリカバリー出来ました。

ちなみにKnoppixでGpartedを使うときにパスワードを聞かれます。
コンソールで

sudo passwd

と打ち込むとパスワードを聞かれるので任意のパスワードを入れます。
二回聞かれるので同じものを打ち込めばOK。
以降Gpartedを起動する際そのパスワードを入力すればGpartedが使えます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)