2011年12月11日 (日)

VULKANO FLOWの WIFIで格闘

木曜日の夜に楽天でVULKANO FLOWを注文したのですが「あす楽」を指定し忘れました。
週末届けば良いのに・・・と半分諦めかけていたら土曜日に届きました。\(^o^)/

Vulkano

なかなか迅速じゃん!楽天市場。
開けてみると中身はまるっきりの英語です。

Vulkano_2

まぁ、設置方法はI・Oプラザのサイトでも2章までは日本語で説明されています。
またメールで送られてきたリンクを開ければ3章以降も閲覧できるので日本語でOK。

なので設置方法は省略して苦労したところだけご紹介。

このVULKANO FLOW、なんと無線LAN機能内蔵だ。
ただ残念なことに最初の設定のみは有線LANで接続する必要がある。
我が家はルーターとTVは5m以上離れており手持ちにそんな長いのは無い。
速攻で10mのケーブルを買いに行った。

有線ケーブルで光ルーターに接続して手順通りに設定していくと無事VULKANO FLOWのアプリがVULKANO FLOWを認識。
そこまでは良かった。
ここでLANケーブルを抜き、以降は無線LANで設定を進めるんだがWIFIだと認識してくれない。

ググってみると、どうやら同じところで躓いている人が多いようだ。
さらに調べていくとWindows7(たぶんVistaも)よりXpの方が成功例が多い。
そだ!うちにはEeePC900HAというXp機があるじゃないか!
思わぬところで900HAの出番となったww

あらためて900HAでVulkano Setup Wizardって専用アプリをダウンロードして設定にトライ。
試行錯誤の末になんとかWIFIで地デジ映像を表示するところまで出来た。

Vulkano_3

900HAの8.9inch1024×600画面で見る分には問題ない解像度である。
これならGalaxytabの7inch画面も大丈夫そうだ。

もしや?と思い自作デスクトップPCで様子を見ると地デジ映像は表示できてる。
さすがに22inch1920×1080フル画面では画質が粗くなりますな(^-^;
ルーターのLANケーブルを抜くと映像も止まってしまった。
どうやら自作PC側のネットワーク設定はまだ完璧では無いらしい。

このVulkano Setup Wizardの設定、ADSL+無線ルーターを想定してるみたいだ。
私の場合光ルーターにバッファローの無線ルーター(dd-wrt)をアクセスポイント化して繋いでいる。
自作PCは直接光ルーターに繋いでおり、VULKANO FLOWとEeePCはdd-wrtにぶら下がっている。
ブリッジ接続とかを考えにゃイカンのかも。。。

次は難関とうわさのリモコンの校正である。
これを行えばVULKANO FLOWの赤外線ユニットが我が家のDIGAを操作できるのだ。
これは次回に ・ ・ ・ つ ・ づ ・ く

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

EeePC 900HA分解 FAN清掃

起動しないジャンクというふれこみで格安でゲットしたEeePC900HA。
Windows 8 preview版をインストールして遊んでいるんだが難点が一点。

fanの音がやたら大きいし音色が安っぽくて下品。壊れてるかと疑うほどだ。

そんな中、Googleリーダーでsoltec工房さんの記事を発見。

 Eee PC 901 のFAN修理など

僕にとってはすんごくタイムリー。参考にさせて頂きながら試してみることにした。

900HAの分解方法は900Aとほぼ同じなので違うところだけ記述しておくと
※ 丸印の部分が裏側からネジ止めされている。
HDDのスペースに一箇所ネジがあるのでそれを外す。

900ha

これがEeePC 900HAのマザーボードである。

900ha_2

バックアップバッテリーの配置が900Aとは異なる。
マザボのパターンも大きく異なり、900Aでは認められたBLT COMのランドが見当たらない。

裏側を見ると四角い部分に広大なスペースを発見。
(ちなみにHDD部のショート保護シートは撮影用に剥がしてあります)

900ha_3

そういえば以前、価格ドットコムでこの位置にUSBハブを内蔵したという投稿がありました。
これだけ広ければHUBが内蔵できそうですね。

さて、お目当ての冷却fanは・・・

900ha_4

901が3点で固定されていたのに対して2点止めでした。(丸印)
fanユニットを取り出し、さらに3つの小さなネジを外して

900ha_5

いやはや、茶色い粉のような汚れがfanやハウジングに付着しております。
綿棒にアルコール浸したものでこれらの汚れを洗浄。
軸受けにsoltec工房さんでは固めのシリコングリスを塗布しておられました。
私は手持ちが無かったのでバイク用のシリコンオイルを塗布w

さてサッサと組上げ、剥がしたHDD部のショート保護シートを貼り忘れたのに気付いて再度分解し組み立て(あぁめんど)。
電源をONしてみたところfanの音が聞こえない。

fanの電源コネクタ挿し忘れたか?

と耳を疑うほど静かにfanが回っておりました。大成功!
soltec41さん、ありがとうございました(^-^)/

| | コメント (4)

2011年9月16日 (金)

EeePC でWindows8を使ってみる

さて、Windows8 preview版をEeePC900HAにインストールしてみたのだがレビュー?を書いてみる。

電源を入れてから使えるまでの時間はUbuntu11.04とさほど変わらない。
激速というほどでもないが昔ほどモタモタもしないという印象。

Win8boot1

こんな壁紙と日時、Wifi接続情報みたいのがいきなり表示される。
(壁紙は自分用のオリジナルに変えてあります)
ボタン類が無いので戸惑うがカーソルで壁紙をどかす風な操作を行うと次の画面に切り替わる。
スマホ感覚というと今風に良く聞こえるが、余計な工程とも言える。

Win8boot2

オーナーアイコン(デフォは絵)とユーザー名、メアドが表示され、パスワードを入れるとログインできる。
インストール時は良く判らんのでgmailのパスワードを入れたんだがそれがログインパスワードになるとは・・・面倒。
あとからコントロールパネルで打ちやすい簡単なものに変えました。
(もっとも6文字以上で無いと受け付けてくれません)

これさ、Wifi飛んでないと起動できないの?

とWIFIルーターの電源を落として試してみたがログインは可能だったw

当初、上記ログイン画面のアイコンを撮影するためにWEBCAMで自分の顔を写そうとしたんだがあまりに疲れたオッサンの顔だったので却下。
わりと若目に写っているツイッター用のアイコンを利用した。あはははは

UbuntuではFn+F2のWIFIのON/OFFにデフォでは対応していなかったがWin8は大丈夫。
ログインするとスマホ(Windows phone)みたいな画面になる。

Win8image2_2

これ、ディスプレーがタッチパネルなら直感的で良いかもしれないけど900HAはそうではない。
またクリックしても動かない短冊がたくさんあった。謎

あまり見た目として好みではないので私は従来のデスクトップにすぐ移動w

Win8desktop

IEはどうも好きになれんのでブラウザはFireFoxをインストールした。
フラッシュを入れればYouTube動画もバッチリ再生できた。

Vistaの頃から?あったガジェットがWindows8でも用意されている。
あんまり並べるのは好きじゃないので時計と天気にとどめておいた。
この天気予報、ウェザーニュースとぜんぜん違う予報なんだけど。。。

さて電源を切ろうとするとどうすれば良いのか戸惑う。

Win8image1_2

今までと同じ要領で左下のStartでSettingを選ぶと、下の画面のように右からメニューが張り出てその中の丸印が電源関連。なんだかなぁ・・・

Win8end

私の場合、EeePCで難しいことをするつもりもなく、ブラウザ使う程度なんだけどそんな使い方をする分にはUbuntuやWinXpとたいして変わらない気がする。
動きが重いとかの不満は無いので当面はこのまま使ってみようと思う。

IEもFireFoxもデフォで窓枠が無いフル画面表示になったのでいくらか見易くなったかな?
ただブックマークに追加するのに小さな★マーク触らなきゃいかんのが面倒。

ところで・・・

Preview版は無料だから試したけど正規版は「おいくら」なんだろ?

iPhoneのiCloud関連の動作がWinXpはサポートされないというのを聞いて渋々自作PCにはWindows7をインストールしたんだけど、この程度の変更で何万円も払って買いたくは無いな。

EeePCで使うだけならUbuntuで十分な気がするのだ。
んなことよか、iOS5の方がよっぽど楽しみだったりする。

| | コメント (8)

2011年9月15日 (木)

Windows8 preview版インストール

Windows8 preview版 がリリースされたのでEeePC900HAにインストールしてみた。
今、その900HAでこの記事を書いてる。
一般の人でもisoファイルを入手できDVDに焼けばインストールが可能である。

一応、日本語IMEには対応している。(メニューは英語でした)

Install1

インストールにあたりメールアドレスの入力が必要でありそこが目新しいかな?
なんじゃか、かんじゃか、個人情報を入力していってやっとインストール完了。

Install2

デスクトップ画面はキャプチャーしてみました。

Win8image2_2

なんかスマホみたいなUIですな。

左下の青いのをクリックすると見慣れた画面が現れる。

Win8image1_2

なんだろうね、Windows7がAndroidっぽくなったっていうか・・・w

ファイルマネージャはこんな感じです。

Win8file_2

インストール時のパスワードはログイン時に使われるのであまり長いのは避けたほうが良さそう。
残念なのが900HAだとディスプレーが800x600になっちゃうってこと。
これは大変使いづらい。
待ってりゃ対応策が見つかるかな?

Intel 945 ExpressってWin7用のドライバを充てることで解決しました(^-^)/
win7_1512754.exeってのをダウンロードして実行したら Intel® Graphics Media Accelerator Driver for Windows ってのがインストールされ、しばし待てば完了。
1024x600で無事表示できました。

みなさんはもう試されましたか?Windows8

| | コメント (6)

2011年9月12日 (月)

900HA+自作SSDを試す

EeePC900Aから900HAに換えたんだがHDDドライブはどうもイマイチ。
音はうるさいし、速度もモッサリした感じがするのだ。
 元来4G-Xの時代からSSDばかり使い慣れているからか?
 オマケ?のノートンが重いのか?

そういえば900Aの筐体に内蔵していた32GBのSSDがあったわけで・・・
でもマザボへの直ハンダ付けは極力避けたいので こんなものを買ってみた。

Sata1

SATA形式の差込口だけ欲しかったのだけどどこを探しても見当たらない。
miniSATAをSATAに変換する部品らしいのだけど、miniSATA側は不要。
ってことで削除。

Sata2

ハンダ大盛りにして溶かして外したらランドまで一部剥がれてしまった。
ニッパで足を切ればよかったと後悔。。。
SATA端子のピンアサイン は事前に調べてあるのでこれを眺めながら当時のSSDを配線。

Sata3

ほ~ら、即席自家製SSDの出来上がり♪
実はランドが剥がれかけでたまにドライブを認識しなくなってしまう。
しっかりコネクタの足にハンダし直した方が良さそうだw

900HAのHDDをぽいっと外し、出来上がった自家製SSDをサクッと差し込む。
2.5inchHDDのスペースがあるので楽勝で収まる。

Sata4

電源ボタンを入れると青と赤のLEDが点滅し、無事起動!
懐かしい900A時代のトリプルブートのGRUB画面が出てきた。

ただし、 900HAは日本語キーボードだし、部品のドライバも900Aとは違うはず。
そもそもこのXpはヤフオク出品した4G-Xのものだから著作権の問題もある。
ってことでSSDの中身は綺麗に消し去り改めてUbuntu11.04を入れることにした。

Sata5

うーん、やっぱSSDの方が起動も速くてサクサク動く感じがする。
本体重量も軽くなったし、カリカリする音ともお別れ。
当面はこの自家製SSDでいこうと思いまする。

AREA 砧 (AR-SLSA)MicroSATA変換

AREA 砧 (AR-SLSA)MicroSATA変換
価格:608円(税込、送料別)

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

EeePC900HAにubuntuインストール

先日落札したEeePC900HAだが、その後に初期状態でバックアップを取った。
これで万一HDDが飛んでも初期状態に復旧することが出来る。

さてその後弄っていたところ、なんか動きが鈍い。
まぁ以前のSSDとは違うんだからしょうがないか・・・と思いつつも遅い。
ノートンを設定してしまったからなんだろうか?

所詮、ブラウザでネットを見る程度しか使わんのだからubuntuで良いじゃん!

ってことでubuntuのサイトに行ってubuntu-ja-11.04-desktop-i386.isoってのをダウンロード。
昔はCDRに焼いていたんだけど今回はUSBインストールを試してみる。
自作PCでubuntuを立ち上げ「スタート・アップDISKの作成」を選ぶだけ。

Ubuntu_usb

こんな表示が出るので

Screenshot

上にubuntu-ja-11.04-desktop-i386.isoを指定。
下にUSBメモリーのドライブを指定。

Screenshot_2

こんな表示でしばし待たされた後、インストールUSBが完成。
EeePC900HAに挿してこのUSBからブートすればubuntuがインストールできるのだ。

900HAのドライブを見るとDドライブが遊んでいたのでインストール先はここに決定。
言語、時間、キーボードとお決まりの手順を踏んで進んでいく。
Dドライブはntfsフォーマットをext3に変更し「/」を指定。

900ha_ubuntu

こちらがubuntuで起動した様子です。

Firefoxが英語メニューだったり、youtube再生するのにフラッシュ?必要だったり戸惑ったがなんとか使えるようになった。

うーん、ubuntuの方がいくらか動きが軽快なような・・・
ワシこっちのほうが合ってるかも。。。

| | コメント (3)

2011年8月22日 (月)

EeePC 900HAにて復活!

EeePC900Aが突然文鎮になっていくつ月日が経っただろ?

一時900HAのマザボを落札し900Aのディスプレーと合体しようとしたが失敗に終わった。
寸法的には付くのだが回路的に互換性が無いようだ。

そして夏休み中にジャンク900HAを5701円で落札。

出品者の説明によれば
 ・出品内容は本体とACアダプターのみ
 ・BIOS起動出来ず
 ・部品の剥ぎ取りは無し
らしいのだが写真にメインメモリーが無い。
メモリー無きゃBIOSロード出来んだろうに ・ ・ ・ もしや???

届いた裏蓋を開けるとメインメモリーは無し、HDDは在り。
手持ちの2GBのメモリーを挿し電源を入れると

BIOSは起動するじゃん!

ただWindowsが起動しない。
なんかファイルが無いだの文句言って次に進まぬ(--;
そんじゃリカバリーでも試してみよう。
BIOSがグダグダだったのを整え、F9連打!!!

1

ひゃっほい!起動したよん!

2

さらにリカバリーインストールは続き・・・

3

んはー!完璧だし!

クリーンインストール状態でバックアップをとっておこうかと思ったら8GBを超えてて手持ちのUSBじゃ容量不足。
GalaxyTab用のMicroSDが16GBだった記憶が・・・
まぁバックアップは休日にでもゆっくり行うとしよう。

CDの類は付いていなかったけどHDDのリカバリー領域が生きてたのでラッキーでした。

久々にEeePCで遊べるぞ♪

| | コメント (0)