« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月30日 (土)

インドのスマホ、ケータイ事情

今回、出張でインドに3週間滞在する機会があったのでスマホやケータイ事情について書いてみる。

空港のセキュリティや観光地チケット売り場などの行列で着信音を聞く限りは圧倒的にNOKIAサウンドが多い。
もっとも他機種でも(私のように)着信音だけNOKIAサウンドを入れる人も居るけど。
NOKIAサウンドの着信でケータイで話してた人が再度見るとスマホを使ってたりする。
いわゆる2台持ちの人も結構見かけた。

さてスマホなんだが駐在日本人はほとんどがiPhone6or6s(外観で判らん)。
現地の人の場合はGalaxyが圧倒的に多かった印象である。
あの長丸型のホームボタンはそうだと思う。

渡航前に調べたんだがインドにApple Storeが出来たのは最近で、まだまだiPhoneは他国よりは割高なようである。

Yu4711

一方、私が購入したMicromax社のYU4711(6800ルピー)のようなインド製スマホは格安。

数千~1万ルピーで買えて為替が1.75円/ルピーなので1~2万円ってことになる。
OSはAndroid4.2~5.1.1でASOP版やCM版。
ハードの仕様は日本で求めるものとたいして変わらない印象。
SIMスロットは2スロット用意されたものが多い。
日本のようなゴミアプリは入っておらずOSの更新は期待できそうだ。

ただ注意を要するのが格安なものにGSM専用のものがあること。
今の時代LTEや3Gには対応してほしいところである。

通信キャリアは私が契約したAirtelの他にAircelやVodafoneがポピュラーで、そこいら中の屋台並みの小さな店舗で売られていた。
事前にネットで調べた限りはAirtel購入例が多いので無難かな?と思う。

Delhinehru_place

写真はスマホを買ったNehru Place(Delhiの秋葉と言われている)

LTE(4G)が使えるのはニューデリーやバンガロールのような大きい都市だけ。
それ以外は3Gで田舎道などでは2Gに落ちてしまう。
それでも野良象が居るような山奥にでも入らなければ圏外には至らない。
予想以上に通信可能なエリアは広かった印象である。
またニューデリー以外はローミング設定をONにしておかないと繋がらなかった。

Photo

たしか山の中でヤシの実を売ってるこの店周辺は圏外だった記憶。

現地製スマホが安いのは物価の事情もあるんだと思う。
観光地の入場料がインド人は20ルピー、外国人は600ルピーなんて格差。
カースト制度の影響か所得に大きな開きがありあまり高額だと売れないのだろう。
それでもかなり貧しそうな身なりの人でもスマホは持っていた(謎

今回、私は現地SIM(Airtel 4G対応プリペイド)を1GB分で300ルピー(527円)で購入することができた。
これを日本キャリアのローミングサービスやAmazonで扱っているサービスに頼ると1万円を超えてしまうと思う。

日本のサービスを保険で確保しておいて現地SIMを購入するのが無難な策ではなかろうか?

| | コメント (0)

2016年1月23日 (土)

インドAirtel 4GプリペイドSIM

インドで買った4GデータプランのプリペイドSIM。
こいつのアクチベーションであれこれあったのでメモ

まずSIMを買うためにはパスポートと写真、ある程度の情報提示が必要。
私の場合、うっかり写真を用意するのを忘れてしまった。
これは店頭でスマホ撮影してもらってなんとか解決。

手に入れたSIMはマイクロサイズにミシン目がありSIMカッターは不要だった。
(nanoサイズにするにはカッターが必要)

Airtel_sim

情報提示は・・・

 ・本人の名前
 ・本人の電話番号
 ・本人の住所(私は宿泊先のホテルを伝えた)
 ・現地での知り合いの名前と電話番号
 ・本人の親の名前

現地での知り合いは駐在中の上司の名前と電話番号を利用した。
すぐ使えるのかと思ったら1日くらいはかかるとの説明。

アクチベーションの流れは

1)Airtelから現地での知り合いに問い合わせがくる。
2)1)の確認が取れ次第、SIMを挿したスマホにアンテナピクトが立つ
3)アンテナピクトが立ったらメモで案内された番号に電話
4)自動音声中に11を打ち込むとオペレーターに変わるので

 ・本人の名前
 ・契約したプリペイドSIMの電話番号(メモを渡された)
 ・本人の住所(私は宿泊先のホテルを伝えた)
 ・本人の親の名前

を回答。これが終了すればアンテナピクトに「E」マークが付いて開通するとのこと。

慌てて上司に電話してそんな確認がAirtelから電話がある旨を伝えた。
2日目に上司には電話は来たようだがなかなかアンテナピクトが立たない。
3日目にようやくアンテナピクトが立った。

Photo

その後何度も指定番号に電話するも’121’のサービスにダイアルしろの自動音声。
’121’に電話しても同じ意味合いの自動音声。
4日目にやっと音声に切り替わり上記情報を伝えてなんとかアクチベーション完了!

Photo_2

特にAPNを設定した覚えは無く自動的に設定されてるらしい。
強いて言えばローミングエリアでローミング指定を加えた程度。
しっかり4Gで繋がりその後は快適にネットを堪能出来ました。

4G速度で1GBのデータ通信が300ルピー(ハンバーガーセット程度)のコストで使えて大満足です。

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

Micromax社のスマホげっと

週末で少し暇なのでインドから更新してみる。

渡航前にAmazon.inへオーダーしていたスマホはニューデリーまでは届くものの失敗を繰り返し届く気配が無いのでキャンセルした。
最初の週末1月10日にニューデリーの秋葉と呼ばれるネイループレイスに行ってみる。

20160110_114130

ここでMicromax社のYU Yuphoriaあるか?って聞くとplusならあると。
しかしplusは上位グレードで1万ルピーを超えてお高い。
8000ルピーで値切ってみたが無理。
ならばとYUNIQUE(YU4711)って機種を薦めてきた。
最初は8000ルピーと言われたが6000ルピーと値切ってみる。
結局6800ルピー(約12000円)なら売るという。
YU4711は液晶が4.7inch、RAMが1GBとスペック的にお目当てからは劣るがコスパはよろしい。
LTE、DUAL SIM対応、Android5.1.1で8Mカメラ、MicroSD対応。

20160110_114805

買ってしまったww

合わせてLTE対応のプリペイドSIMも購入。
1GBまで使えて300ルピーと格安である。
ノーマルサイズSIMだが幸いマイクロSIMサイズに出来る様ミシン目が入っていた。

20160117_093634

さっそくSIM1スロット側に挿してみる。
ただアクチベートが終わらないのでそのまますぐには使えない。
この件は結構手こずったので別途ブログにまとめようと思う。

20160114_114537

結局は4Gで無事繋がったんですけどね。4日かかりましたよ。

20160114_174330

ニューデリー近郊は4Gが掴めて速度も日本で使うのとたいして変わらない。
それまで3G&2Gのポケファイで我慢していたので快適そのもの。

20160117_133400

8Mピクセルで撮影してみたけどブログ用に利サンプリングしてあります。
標準のカメラアプリでは色合いが今一つなのでカメラアプリを探さなくては。

アクチベーションの顛末は帰国してから書こうと思います。

| | コメント (0)

2016年1月 6日 (水)

インド出張中の通信手段

さぁ、今日の夕方には成田発である(なので朝はゆっくりw

出張先のインドでの通信手段はレンタルのポケファイ。
以前黒卵と呼んでいたHW-01Cとよく似たモデル(なので3G)

Photo

過去に一度インドへ渡航経験のある同僚がいうにはホテルのWIFIは品質がイマイチな上に有料なのでポケファイのほうが結果安上りなのだと。

HW-01Cとソックリなのでバッテリーの互換性もあるのでは?と試したらビンゴ!
これなら予備バッテリーや充電機を持ってるのでそれも持参することにした。
バッテリー1つだと丸一日もつかは微妙なので予備があるのは心強い。

さてインドのAmazonに注文したスマホはどうなったんだろ?
とAmazonのtracking機能で調べてみる。

Amazon

ほほう、木曜日には宿泊先のホテルに到着するようだ。
朝フロントにAmazonから自分宛に荷物が届く旨を伝えておけばOKかな?
さらに詳しい情報も得られる。

Amazon_2

もうすぐですってところかな?

うまくYU Yuphoriaをゲット出来たら日曜日にでも現地プリペイドSIMゲットを試してみたいところである。

| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

インドAmazonでスマホ注文

1月6日フライトでインドへ3週間の出張の予定である。

手持ちのSIMフリー機がiPhone3GSしかないことからヨドバシのSIMフリー福箱に期待したのだが空振りに終わった。
その後、あえて手を出さなかったのはインドでMicromax社の高性能スマホが格安で手に入るという情報があったから。

しかし渡航先では週末は日曜日のみなのでチャンスは2日だけ。
アメリカのようにレンタカーでうろうろ出来る交通事情ではない。
手に入れるのは難しいかも・・・と考えて暴挙に出てみた。

インドでは最近Amazonが進出しておりホテルからも利用可能(日本への輸出は不可)
ならばとAmazon.inでアカウントを作ってみた。

お目当てはMicromax社のYU Yuphoriaってスマホ。

Amazon

うれしいことにOSは最新でCyanogen OS 12。更新遅れの心配は無かろう。
RAMも2GBありDUAL SIM対応。
詳しいスペックは以下。

Yu_yuphoria_spec

3Gも4G LTEも掴むので日本でも使えそうだ(技適の問題はあるか)
そのまま注文し、送付先は宿泊予定のホテルを指定。

Amazon_2

1月7日~12日にはホテルに届くようだ。
私は7日チェックイン11日チェックアウトだがその後14、17、22~24日と何度もこのホテルに宿泊するのでどこかで受け取れるだろう。

価格は購入時は8199ルピー。1INR→1.79円なので14690円かな。
うまく受け取れたら現地のSIMも試してみたいと思っている。
帰国は1月25日予定なのでブログの更新はそれ以降と思われる。

| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

ANKER 4ポートUSB充電機

出張準備ネタが続きます。

ビジネスホテルは電源確保のためのコンセントの数が少ない。
そんな中でモバイルグッズの充電を各々の充電機を使おうとするとテーブルタップが必要になるし、嵩張るのでスマートではない。

ってことでANKERの4ポートUSB急速充電機を購入。

Anker_4port

以前、似たようなANKERの5ポート充電機を買ってはいたのだが・・・
コードタイプで無用にコードが長くて持ち運びに嵩張る。
テーブルタップ1つ+今回購入のプラグタイプのほうがスマートと判断。

今回購入したほうが4ポートとポート数は少ないものの36Wと大容量。
各ポートに最大2.4Aと私の手持ちの端末は余裕でカバーできちゃう。
最新のものはプラグが畳めてワット数もさらに大きいものだったけど価格は今回買った旧モデルのほうが安かった。

さて、今回の出張で充電する予定の端末は・・・
 ・iPhone6
 ・会社のガラケー
 ・レンタルポケファイ
 ・ダンボー(モバイルバッテリー)
 ・BTスピーカー

あたりかな?
毎晩充電するのはiPhone、ガラケー、ポケファイ程度なので余裕である。

| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

ANKERワイヤレススピーカー

元旦はSIMフリー福箱目当てでヨドバシに出かけてみたが昨年に続き2連続空振り。
キャリア版はろくなのが無くてアウトオブ眼中(死語?
もっともSIMフリー福箱は事前に予約が必要だったようだ。

宇都宮のコジマ(ビッグカメラ)本店が元ワンダーグーに移転して以来訪れていなかったので試しに見に行ってみた。
ツイッターではiPadmini入り福袋が話題だったが宇都宮のチラシには入っていなかった。
(まぁ予算が足りないけど)

てなわけで元旦はゆっくり過ごすことになった。

1月6日からインド出張が控えているのでそちらの準備も必要。
週末のホテルなどで音楽が聴けるようにBluetoothスピーカーを買ってみた。

Anker_speaker

こういうの欲しかったんだよねぇ。
ホテルでゴロゴロしてるときはヘッドホンじゃなくてスピーカーのほうが開放的だもん。
・・・と今までの週末を跨ぐような国内出張/海外出張でずっと思っていた。

えっ?っていうほど(おもちゃみたく)小さい筐体。
ボタンを押すと電源ボタンが青く光り、bluetoothで簡単に接続。
音質も音量も大きさから想像できないほどgood♪
(このあたりはAmazonのレビューでも絶賛である)

イメージとしてはタバコの箱の厚みの2倍程度の大きさである。
これで充電式で12時間は聴き続けることが出来るそうな。
充電はMicroUSBなのでアンドロイドスマホやポケファイ用のケーブルを共用出来る。

音質で拘るならBOSEなんだろうけどコスパや携帯性を考えたら今回の選択は正解だと確信している。
ビジネスホテルでちょっと一服・・・なーんて使い方には最適だと思う。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »