« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

HP100LXを 1MBに復元

前の記事でコネクタ無し1MBモデルのHP100LXのメモリーバンク0と1は512kbまでしか認識出来ないことが判った。

したがってメモリーを増設するならメモリーバンク2と3となることからメモリーバンク0と1は純正通り512kbチップを使うしかない。

ってことでせっかく載せた16MBチップを除去してさら地にもどした。

Photo

何度もメモリーを貼ったり剥がしたりを繰り返したのでランドが剥がれてしもたorz
幸い剥がれたランドはNC(ノーコネクト)だったので不具合は無い。

ここに純正の512kbチップをハンダ付け。
上段はリバースタイプでピンアサインが反転している。

1mb

作業の途中でもう一箇所ランドが剥がれた。これも幸いNCでセーフ。
ハンダ付け状態をマイクロスコープで確認した上で組上げて動作確認。

無事ピーッって警告音無く起動した。
念のため「ESC+ON」でRAM CHECKを実施してみたがOK表示が確認できた。

1mbok

ここから亀亀増設すれば17MB増設できるんだけど難しそうだな(^^;

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

HP100LXメモリーバンク 01は決めうち?

HP100LXのコネクタ無し1MBモデルのマザボが生きていることが判明し、16MB化に再チャレンジしていた。

AND回路チップ(TC7S08FU)の足が折れやすいことからROMの上にフィルム上のパターンを載せて配置。
これなら直接足に荷重がかからないから大丈夫だろう。

16mb

さて、毎度のことながら「ピーッ」って接続ミス警告音と格闘しながら試行錯誤。
なんとか警告音が出なくなるものの
「Initializeing RAM Disk」って表示が出たかと思うと画面表示が崩れていってしまう。

もしかしてメモリーバンク0と1は512kB決めうちの設計なのかな?

HP200LXは問題なく4つのメモリーバンクで8MBを認識して32MB化が出来た。
しかし100LXでは同じ情報を見たことがない。

ってことでせっかく繋いでいたアドレスラインのうちA9とA10を外してみる。

【メモリーバンク512kb+512kB+0+0】
A8までは接続してあるから1バンク512kBで合計1MBである。

A8ok

なんと!何事も無かったかのように普通に起動しSETUP画面でも1MB認識している。
これでAND回路にRAS0とRAS1+A11を突っ込んで1つのRASにまとめたこと自体は成功していることを証明できた。

【メモリーバンク2MB+2MB+0+0】
さらにA9も接続してみる。これでRAS0とRAS1各々2MB。合計4MBになるはず。

A9

一瞬起動画面が出て立ち上がるか?と期待するも
「Initializeing RAM Disk」って表示がでてカーソルが点滅。

しかし、いくら待ってもInitializeは終わる気配が無い。

うーむ、この症状は過去何十回もメモリー増設改造しているが見たことが無い。
やっぱ、HP100LXコネクタ無しモデルのRAS0とRAS1は512kB決めうちなのかも。
100LXの場合、メモリー容量を増やすとmodclst.exeでクラスタサイズを変更してやる必要がある。
100LXと200LXは世代も異なり完全にハード互換ではないのだ。

【メモリーバンク8MB+8MB+0+0】
さらにA10も接続してみる。これでRAS0とRAS1各々8MB。合計16MBになるはず。

A10

A9までの接続と同様に「Initializeing RAM Disk」って表示が出るものの、みるみる画面表示が崩れて写真のような画面に至った。
おそらくグラフィックに割り当てるメモリーが適切に割り当てられていないのだろう。

以上の実験結果から

HP100LXのコネクタ無し1MBモデルのメモリーバンクRAS0とRAS1で認識できる容量は512kBまでであると判断。

ネットで見る限りRAS0とRAS1はノーマルのままでRAS2とRAS3を使って+16MB増設をして17MB化した事例は上がっている。

うーむ、またメモリーを低温半田で剥がしてさら地に戻すか。。。

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

ジャンク部品で200LX組上げ

手元にあるHP100/200LXは永久保存版の2台以外はヤフオクへ出品して手放した。
動くLXは使う人の手に渡ったほうが良いと思ったのだ。

でも、動作確認くらいは簡単に試したいな・・・
と引き出しに眠っているジャンクパーツを引っ張り出してみる。

Photo

液晶ユニットは先日修復した汎用偏光板に張替えた物。
裏蓋は残念ながらカードイジェクトのリンク部品が欠品である。
まぁそれでも起動確認や液晶確認が出来ればイイや・・・と組み立ててみる。

Photo_2

ここまではすんなり組みあがる。
しかしココからが・・・

Photo_3

度重なる分解/組立ての繰り返しに耐えかねてボスが2箇所欠けているのだ。
それでも無事な2箇所だけネジを締めて組み立ててみる。

Photo_4

ほーら、無事起動~♪

もっとも、ネジが2箇所しか締まらず実用は困難。
しかもフラッシュATAカードは挿せても抜くことが出来ない。笑

まぁメモリー増設の動作確認とか液晶修復の確認には使えそう。

なかなか名機はジャンクになっても手放せませぬw

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

1MBマザボ復活!

以前、HP100LX用の初期型コネクタ無し1MBマザボへの16MB増設を断念した。

その後、ノーマルの512kBチップを二枚貼り直すもピーッ!
このマザボ、記憶の限りずーとピーッって警告音が出ている。
ピーッって警告音はメモリーコネクタ差込ミスなどの警告音でメモリー改造でもハンダ不良があると鳴り響くんだけど。。。

もしやホーネット(CPU)側のハンダにクラックが入ってるのでは?

と疑いだした。
ヒートガンは持っていないのでバーナーで代用しようか?
とも考えたが壊す可能性が高いので再度メモリーのハンダ付けを疑うことにした。

1mb

これ以上ハンダを盛ると隣とショートしちゃう・・・てほどにモリモリに盛ってみる。
この状態で組み立ててみると何度か試していくうちに・・・

1mb_2

なんと、歓喜の起動!ちゃんと1MB(636kB+352kB)で認識しとる。
いやぁ~、これは嬉しかった。
だって起動できないマザボなんてチップの部品取りにしかならないもの。

やっぱピーッの原因はメモリーのハンダ不良だった。
最初にメモリーを剥がす前は純正だったのだから劣化で半田にクラックが入っていたのだろう。
16MB化は途中で断念したが、当時はピーッと鳴ってもメモリーの足へのハンダ付け以外に原因があるなら直せない・・・
とモチベーションが維持できなかったことも断念の一因である。

正しく配線出来れば16MB化は可能・・・そう思うとモチベーション再燃。
再チャレンジしてみることにした。

せっかく起動に成功した512kBのチップを低温ハンダで再度剥がしにかかる。

512kb

面白半分で512kBな状態で起動できるか試してみた。
以前、FHPPCフォーラムでシスオペのMARISさんが試しておられた記憶だけど。。。

結果は電源が入るピッって音はするものの起動出来ず。
その後、当時の過去ログを漁って見ると

 03536/03537 CXN00506  MARIS       0.5LX失敗(^^;
 ( 9)   97/05/27 05:24  03487へのコメント

ってのを発見。1997年の書き込みである。懐かしい!
順ベンド側だと私の症状と同じ、逆ベンド側だとピーッって警告音だったようだ。

ってことでお遊びはこの辺にして残した512kBチップも剥がしてまっさら状態へ。

今度は細心の注意を払って確実にランドと足をハンダで繋げようと思う。
ちゃんと繋げれば16MB化出来るはずなんだもん。

| | コメント (0)

2015年2月 3日 (火)

HP100LXを 17MB化

前の記事でHP100LXの5MB化を紹介したが、今度は17MB化。

16MBドーターボードは昔手配線で作成したものを使う。
32MB化キットのドータボードだと大きくてあちこち干渉するのだ(^^;

17mb

このメモリーを認識するにはA10が必要だがメモリーコネクタには無い。
したがってホーネットから直接信号線を引き出す必要がある。

A10

なんと前の記事で作業したA9が左から30番目。
今回のA10は左から29番目。。。隣なのだw

慎重にハンダ付けしてリード線を裏側へ回しこみ上の写真のドーターボードの黄色線と接続する。

これで組み立てれば17MB化作業は終了。

ただHP100LXは大容量メモリーは手放しでは認識してくれずMODCLST.EXEでクラスタサイズを変更する必要がある。
DOS画面で
MODCLST.EXE C: 1
これで正しく容量を認識してくれる。

17mb_2

HP100LX倍速17MBモデルの完成です\(^o^)/

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

HP100LXの 5MB化

HP100LXの2MBモデルはオンボードに1MB、ドーターボードに1MBの配置である。
このドーターボードを4MBのものに交換すれば5MB化が可能である。

取り付ける4MBのドーターボードがこちら。

4mb

元来4MBモデルのHP200LXに付いていた2MBのもので左側は空きランドだった。
この空きランドへ同じ型式のチップを載せて4MBにしてある。

このドーターボードはアドレス線をA9まで使うのだけどHP100LXの該当端子はGNDに落としてある。
したがってGNDに落としているパターンをカットする必要がある。
A9はコネクタのメモリ側を左にしたとき上から9番目である。

また厄介なことにドーターボードをコネクタに挿した時にオンボードの黄色いコンデンサと干渉してしまう。

Photo_7

コンデンサの高さが邪魔なのだ。

Photo_6

パターンカットした後の画像がこちら。

A9

この黄色いコンデンサが邪魔なので少し上にどいてもらおう。

Photo_8

写真に撮り忘れたけどもうひとつコンデンサが邪魔で移動が必要。

さてA9ラインはコネクタでは未接続となっているのでホーネットからA9信号を引っ張ってくる必要がある。
左から30番目がA9信号。
両隣の足にハンダが付かないようにマスキングして作業する。

A9_2

リード線は裏側にまわしてコネクタへ。

A9_3

これでやっとA9信号がコネクタに届き4MBメモリーを認識するようになります。
HP200LXなら今回の作業は不要なのになぁ。。。

5mb

無事5MBを認識し、5MB化成功です\(^o^)/

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

HP100LXの 倍速化

前の記事で書いたようにジャンクでヤフオク出品しようとしていた200LXの液晶ライン抜けが直ってしまい、出品するのが惜しくなったw

出品するにしてもマザボはどうしよう?
動作するマザボは200LXのものと100LXのものが各1枚ずつ。
100LX用はさすがに旧機種で大容量メモリーを認識させるにはmodclst.exeでクラスタサイズを調整するなど手間がかかる。
200LX用を手元に残して100+X用マザボを組もうかな?

ってなわけで、どノーマルなHP100LX用2MBマザボを改造することにした。

【倍速化】
ノーマルは15.8MHz。これを32MHzのものに交換すれば倍速で動作する。
この影響で画面がずれてしまうのでドライバ(CLKUP31M.SYS)で対応できる。

Photo_5

もとの水晶(赤枠)を撤去し、32MHzの水晶を取り付ける。

32mhz

ボタン電池CR2032を避け、なおかつ右隣のホーネット(CPU)の足も避ける必要がある。
ちなみに水晶と基板の隙間もテープで絶縁している。

32mhz_2

いやはや、きわどい隙間ですな。まぁ干渉しなければ正義w
これにて倍速化作業は終了。

いやぁ、何度もやった水晶交換も久々の作業で懐かしい。

お次はメモリー増設なんだけど長くなるので今日はここまで。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »