« HP200LX横縞抜け修理 | トップページ | HP100LXの 5MB化 »

2015年2月 1日 (日)

HP100LXの 倍速化

前の記事で書いたようにジャンクでヤフオク出品しようとしていた200LXの液晶ライン抜けが直ってしまい、出品するのが惜しくなったw

出品するにしてもマザボはどうしよう?
動作するマザボは200LXのものと100LXのものが各1枚ずつ。
100LX用はさすがに旧機種で大容量メモリーを認識させるにはmodclst.exeでクラスタサイズを調整するなど手間がかかる。
200LX用を手元に残して100+X用マザボを組もうかな?

ってなわけで、どノーマルなHP100LX用2MBマザボを改造することにした。

【倍速化】
ノーマルは15.8MHz。これを32MHzのものに交換すれば倍速で動作する。
この影響で画面がずれてしまうのでドライバ(CLKUP31M.SYS)で対応できる。

Photo_5

もとの水晶(赤枠)を撤去し、32MHzの水晶を取り付ける。

32mhz

ボタン電池CR2032を避け、なおかつ右隣のホーネット(CPU)の足も避ける必要がある。
ちなみに水晶と基板の隙間もテープで絶縁している。

32mhz_2

いやはや、きわどい隙間ですな。まぁ干渉しなければ正義w
これにて倍速化作業は終了。

いやぁ、何度もやった水晶交換も久々の作業で懐かしい。

お次はメモリー増設なんだけど長くなるので今日はここまで。

|

« HP200LX横縞抜け修理 | トップページ | HP100LXの 5MB化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HP200LX横縞抜け修理 | トップページ | HP100LXの 5MB化 »