« SIMロックとJANコード | トップページ | HP95LXの1000$紙幣画面 »

2015年1月18日 (日)

HP200LXヤフオク出品

昨年暮れあたりからHP100/200LX弄りに嵌っていた。
ビネガーシンドロームやら配線トラブルによる液晶故障修理などつづいたがなんとか修復。
今の手持ちは100LXが1台、200LXが2台の合計3台である。

100lx200lx

中央がHP100LX倍速32MB BL化
左がHP200LX倍速17MB偏光フィルム交換
右がHP200LX倍速18MBノーマル液晶

3台も持っていても利用頻度は少ないので手放すことにした。

BL化したユニットはお気に入りの黒い100LXに移植して永久保存版のつもり。
偏光フィルムを交換した200LXは色がイマイチなので別の偏光フィルムを再チャレンジ予定。

ってなわけで、右の一番程度の良い200LXを出品することにした。
こいつ
 ・一番新しい2MBメモリー判のマザボ+16MBメモリー
 ・一番程度の良い純正液晶ユニット
 ・接触不良に悩まされることのないハンダ付けフレキに改造
ってことで落札した方はラッキーだと思う

今回のLX弄り、修復で痛感したことは

「HP100/200LXは老化していく」ということ。

樹脂の筐体はあちこち割れが生じてしまう。
接点はウレタンを挟んだ圧力で成立しているが5年もすれば接点不良
液晶も冷暗所に保存しておいてもビネガーシンドロームに犯される。

100lx

だったら、コレクションで保存するよりは、実際に日々利用する人が使うのが良い。
日常的に使えば喚起が期待できてビネガーシンドロームに至るリスクも減るはずだ。

ってなわけで手持ちの一番程度の良いHP200LXをヤフオクに出品しました。

まだまだLXで遊んでみたいので100LXのジャンクをウォッチリストに追加してみたり・・・
売るんだか?買うんだか?
変なおじさんです。笑

|

« SIMロックとJANコード | トップページ | HP95LXの1000$紙幣画面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIMロックとJANコード | トップページ | HP95LXの1000$紙幣画面 »