« 偏光版あれこれ | トップページ | HP100LXの 倍速化 »

2015年1月31日 (土)

HP200LX横縞抜け修理

液晶に横縞で1本ライン抜けのあるHP200LX。
これではヤフオクに出品するにはジャンク扱いになってしまう。
まぁそれでも、何台も持っていてもしょうがないので処分しようかと思っていた。

200lx_2

上の写真をよーく見ると上から3分の1辺りにライン抜けが1本。

ただ、ライン抜け修理法があるサイトに出ていたので出品する前に試してみた。
ライン抜けの原因は液晶右側のフレキ。
液晶ガラスと制御基板の間をフレキで繋げているんだがそこの接点不良。
これをアイロンで熱を加えながら押さえるとライン抜けが直るらしい。

Photo

液晶ガラスにフレキ接着してある辺りをアイロンで熱しながら押さえてみる。
この際、焦げないように広告紙を間に挟んでおいた。

Photo_2

いやぁ・・・試してみるもんだねぇ。。。ライン抜けが直りましたがな\(^o^)/

そうなるとこの液晶ユニットは永久保存版のHP100LXに組みたくなる。
(今は偏光板を張り替えた黄色い液晶)
・・・と、そそくさと組み替え。

Photo_3

いやぁ、やっぱ純正液晶は銀色で綺麗だ!

ちなみに純正液晶と偏光板を張り替えて補修したものを比べると

Photo_4

左が純正、右が偏光フィルム張替え品。色合いがずいぶん違う。

ってことでヤフオクに出品しようと思っていたHP200LXは黄色い補修品となった。
うーん、出品はどうしようかな?

|

« 偏光版あれこれ | トップページ | HP100LXの 倍速化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偏光版あれこれ | トップページ | HP100LXの 倍速化 »