« HP200LX液晶修理 | トップページ | HP200LXのバックライト化New »

2014年12月 2日 (火)

歓喜のHP200LX液晶復活

月曜日、有給休暇を取って液晶復活作業を続けた。

HP200LXを分解し液晶ユニット単品を取り出す。要するに全バラw

闇雲に半田こて作業をしても壊しかねないので上海問屋でゲットした顕微鏡スコープを活用。
これ、ICの足のハンダの載り具合がよーくわかる。

Photo_2

これ顕微鏡とiPhone6を両面テープでくっつけて撮影したんだけどいかがでしょ?
ハンダ作業をする方にはぴったりだと思います。
足が浮いていたり、不純物でショートしているのがはっきり判ります。

これが大活躍!
電源と思われる端っこの足が浮いていたり。。。
夢中で修復していたら1箇所ランドを剥がしてしまった。
そんでもNCランドの可能性もあるので作業続行。
徹底的に修復して再度組み立てる。

Bl

なんと、うんともすんとも表示できなかったディスプレーが復活!!!
これは夢か?幻か?歓喜このうえない!

もう駄目かと諦めかけておりましたがBL化済液晶が復活です。
復活出来たならバックライトも点灯させたいのが人情。
それは次の記事で。。。

|

« HP200LX液晶修理 | トップページ | HP200LXのバックライト化New »

コメント

すごいスキルですね
尊敬します

投稿: まる | 2014年12月 3日 (水) 10時20分

いやぁ、 画面が表示された時は思わす声が出ました。
すっごく嬉しかったです。

投稿: アンビンバンコ | 2014年12月 3日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HP200LX液晶修理 | トップページ | HP200LXのバックライト化New »