« コネクタ無し1MBマザボ | トップページ | 100LXメモリー増設回路図 »

2014年12月13日 (土)

コネクタ無し1MBマザボへの16MB増設

前の記事で紹介したHP100LXのコネクタ無し1MBマザボなんだがなんとかメモリーを増設してみようと思った。

どうせ手間をかけるなら2MBとかじゃなくて16MBが良い。

ところで動くのか?とマザボの動作確認をしようとしたら「ピー!」と警告音。
メモリーチップにフラックスを塗った痕跡があるので、もしかしたら修理中だったのかも?
何度かハンダコテを当てて試行錯誤を試みたが直る気配がない。
壊れてんのか?
もし壊れてるなら以降の作業は無駄に終わるが駄目元で試してみよう。

Photo

ひとまず先日入手した低温ハンダを使ってメモリーチップを剥がしてみた。
とくにランドが傷んでいるわけでもなかった。
写真の青いリード線はパスコンを移動したもの。

Photo_2

小さっ!
こいつがあると5113165なメモリーチップが浮いてしまって邪魔なので強制移転。
でも結局この青いリード線があるとチップが浮いてしまいメモリーの足がランドに届かない。
結局パスコンは撤去(いいのか?

ひとまずメモリーチップを載せる前の下準備をして今日はおしまい。

And

紫色のリード線で2つの512kBメモリーのRAS信号線を引き出している。
これをROM上に載せたAND回路チップに入力させ、出力を16MBメモリーのRASに使う予定。
赤いリード線がVcc、グレーがGNDラインである。

今後は上の写真の上側(リバース用)のランドに5113165FTD6チップを裏返して載せ、ランドと信号の合う足だけを反対に折り曲げてハンダ付けしていく予定。

|

« コネクタ無し1MBマザボ | トップページ | 100LXメモリー増設回路図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コネクタ無し1MBマザボ | トップページ | 100LXメモリー増設回路図 »