« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

HP200LX用16MBメモリー作成

前の記事に書いたBL機液晶表示不良の原因を切り分けるべく別のマザボに交換するも液晶表示は直らず。
一方、BL機のマザボを他の200LXに組み込んだところしっかり表示。(32MB化成功)

ってことでディスプレー表示が出ない原因は液晶側にあることが判明した。
ICを剥がして修復するには低温半田が必要なので楽天で注文して一時休止。

さて手持ちのHP200LXのうち1台だけノーマルな2MBマザボが残っていた。
FHPPCフォーラムで入手したコボルスキーさん作メモリーキットのストックを見つけたので久しぶりに16MBメモリーを作ってみることにした。

Photo

これがメモリーキット。
コネクタピンのハンダめっきされた側を基板にハンダ付けし、余りをカット。
その後で黒い樹脂を破壊して除去するらしい。
メモリー基板には2つの13165系メモリーを載せることが出来る。
その下に5ピンのANDチップを載せることが出来、ここでRAS0とRAS1、RAS2とRAS3を1つのRASとして取りまとめることが出来る。
右下にはRAS0、RAS1、A10へ飛ばすランドも用意されている。
手配線で作っていたころを思えば至れり尽くせりなのだ。

Photo_2

まずはコネクタピンをハンダ付けし余りをニッパでカット。
カットした後、再度ハンダ付けして表面を整える。

次にメモリー剥がし。
13165系メモリーは昔のノートPC用のEDO128MB版あたりに搭載されていた。
いつかまた必要になるかもとストックしておいたものが発掘されたのだ。笑

Photo_3

今までは片側のを足まとめて熱して2度に分けて剥がしていたんだが。。。
面倒なのでバーナーで炙って剥がしてみた。
チップが焼ける前に足だけ熱が加わりポロッと剥がれ落ちる。

16mb

剥がしたメモリーチップの足をハンダ小手で再ハンダめっきして基板へハンダ付け。
AND回路チップもストックがあったので利用。
パスコンは128MBメモリー基板に載っていたものを再利用した。

紫色のリード線はA10でこれは製品では使っていないもののホーネット(CPU)の足には信号が来ている。

A10

紫色のリードはホーネットの足(右から24番目)へ。
息を止めてってほど緊張する作業である。

さて組み込んだらメモリーの動作チェック。
ON+ESC同時押しでチェック画面が出てくるので「RAM」を選択。

Ram_chek

RAS0からメモリーチェックが始まり写真はRAS2のチェック中の画面。
接続不良があると「ram bad」の表示となる。

Ram_check_ok

オンボード1MB+メモリーボード16MB合わせて17MBでOKの判定が出た。
この感動は判る人にはわかる・・・はず。

32MB化も可能なんだが
 ・電池消費が悪化する
 ・メモリー4バンク必要なためマザボのメモリーを剥がすリスクがある
 ・そもそもメモリーに置きたいファイルは10MB程度
ってことで16MB化に留める事にした。

これでマザボの1MBと合わせ17MBメモリーなHP200LXの完成である。

| | コメント (0)

2014年11月28日 (金)

PCMCIA規格って

HP200LXや100LXを久々にいじり始め、引き出しから当時のアイテムを発掘w

今となってはレアなフルサイズのフラッシュATAメモリーである。

10mb

右に一緒に写っているのはパソコン通信FHPPCフォーラムで配布されたステッカーと32MBメモリーキット(基板とコネクタ)
超レア物と言えるだろう。

このフラッシュメモリーカード、PCMCIA規格で一昔前のノートPCなら必ず1つか2つのカードスロットを備えていた。
しかし、今の時代このカードスロットが無い。
当時の環境のバックアップファイルは残っているもののフラッシュメモリーへの書込みが出来ないのだ。
しかたがないのでコンパクトフラッシュ+カードアダプタで運用することにした。
コンパクトフラッシュなら安価なカードリーダー経由でPCとやり取りできる。

一世を風靡したPCMCIA規格だが気がついたら身の回りから消えていたw

ところで右に写っているメモリーだが・・・

32mb

完成形はこんな感じ。
元来HP200LXにはA11までのアドレスが用意されていてメモリーバンクはRAS1~4の4バンク。
フルに使えば論理上128MBまで利用できるが実際はA9までしか製品では使っていない。
上記メモリーは4つのRASをAND回路で2つのRASに送り込みA10まで使って32MB化しようというものである。

コボルスキーという方が基板を起こしてFHPPCフォーラムで配布され私も購入していたのだ。

この基板が配布される前は下記のように手配線で増設していた。

32mb

今回、久しぶりに手配線の32MB増設機を分解したら一部のリード線が外れてしまい老眼から修復が困難なことからストックのコボルスキーさん作メモリー基板のお世話になることにした。

Bl32mb

ひとつ上の手配線のものと比べると安心感がまったく違う。笑
おかげで「ピー」という配線ショート警告音は出ずに組込み完了。

しかし・・・

今度は液晶表示がまったく出ないorz
バックライト化した液晶ユニットなので液晶側の問題なのか?はたまたマザボ側の問題なのか?切り分けをおこなわなくては。。。

HP200LX弄りはまだまだつづく。。。

| | コメント (0)

2014年11月26日 (水)

HP100LXの環境復元

復活したHP100LXは素のままでは英語のみで日本語は表示も入力も出来ない。
過去に日本語化して使っていたフラッシュカードがあるのでこれで再構築することにした。

こちらが起動中の画面である。

100lx_4

当時はカードスロットをモデムカード用に空けて内蔵メモリーだけで運用していた。
(そのために内蔵メモリー大容量化が必要だった)
上記画面ではAドライブ(フラッシュカード)が無いと警告が出ているのでまだ不完全。

私はxFinderというアプリを愛用していた。
これはアプリをアイコンで登録して自由に並ばせることが出来る。

Xfinder

ためしにFILEMTNを起動してみる。

Filmtn

うひゃー!懐かしい!もちろんコピーやEDIT、実行も可能である。
ごそごそ当時のファイルを見ていると・・・

Fhppc_up2

ニフティサーブのパソコン通信FHPPCフォーラムに投稿していた文書を発見w

Fhppc_up

当時はテキストオンリーでのやり取りだったのでメモリーの配線図はこんな感じで表現していた。
いやー、懐かしいなぁ。。。

| | コメント (0)

2014年11月25日 (火)

HP100LXと200LX復活

前の記事で書いた不調のHP100LXと200LXを修復することにした。
2台のうち、100LXは筐体の状態も綺麗でレア度も高いので100LXを優先。

手番としては
 2台とも分解
 接触不良以外は大丈夫そうな200LXの液晶を100LXに移植
 過去にBL化しようとストックしていた?液晶を200LXに組込み。
とした。

200lx

これが200LXを全バラした様子。30分もかからない。

100lx

こちらが100LX。焼けた液晶が痛ましい。
ここで気づいたのが液晶パネル基板が2台で違うこと。

100lx200lx

上が100LX用、下が200LX用である。寸法は互換なんだけどパターン設計は別物。
さて100LXを組上げていくのだがホーネットの写真を撮っておいた。

100lx_2

100LX純正ではメモリーで利用しているアドレスはA8まで。
16MB化しようとするとA9、A10が必要となるがホーネット(CPU)の足から引き出せば利用可能となる。
隣り合わせた2本の足への作業なので大変窮屈だった記憶。

Photo

ちょうどAmazonに注文していた接点復活ペンが届いたので液晶接点に塗布。

さてそそくさと組上げて起動確認しなくては。。。

100lx_3

わーい、一発で起動したぞ!
画面ずれを起こしているのは倍速水晶によるものだからドライバを組めば修復できる。
ひとまずHP100LXは無事復活出来ました。

一方200LXへはストック液晶を使って再組み立て。

200lx_2

うーむ、こちらは横に一本ライン抜けがあるな。惜しい!
ライン抜けを直そうとして放置していた液晶だったのかも?
まぁ、実用には影響無さそうなのでひとまずこれで保管しておこう。

| | コメント (0)

2014年11月23日 (日)

久々にHP200LXなど

稼働率の低い端末は処分しちゃったし、常用端末は
 iPhone6 メイン
 LG G2 サブ(主にELM327モニター)
 Galaxy Tab 7.7Plus 主に自宅
に絞られた。

L-01F用Lolipopリリース待ちでネタ切れの感があるので久々にHP200LXでも立ち上げてみるか・・・
と引き出しから引っ張り出した。

Hp200lx

ところが電池を入れたとたんに「ピー!」と配線ショートの警告音。
そういえばこのブログの200LXネタの一番最後も配線不良で終わっている。
直してなかったわけだ。

分解して怪しい32MBメモリー部分を見てみると・・・

32mb

うむむ、何本か配線が外れてしまっているorz
もう32MB化した際の記憶は残っていない。直せないや。
ストックで16MB化したメモリーがどこかにあったような。。。

16mb

ありました。が・・・黄色リードが外れてる(矢印)
ひとまず黄色リードだけハンダ付けして組み込んでみると再び「ピー!」
だめじゃんorz
左側の矢印の配線も緑線リードと接触してる?あやしい。。。

一旦このHP200LXの起動は諦め、ほかを探す。
もう一台2MB倍速な200LXみっけ。

200lx

しかし液晶フレキが接触不良を起こしていて左の該当部分を押していないと液晶表示が乱れてしまう。

もう一台、ブラジル出張に持っていった100LXがあったな?

100lx

なんと、こっちは正常に起動するも液晶が黒く焼けたようになっている。
しまう際に電池を抜き忘れていて痛んでしまったようだ。

なんと3台ともまともに動かんではないか。。。

予備の液晶はあるのでなんとか修復したいので接点復活剤を注文。

無事直ってくれれば良いのだが。。。

| | コメント (0)

2014年11月16日 (日)

Cloudy G3 2.1へアップデート

L-01Fへ導入したCloudy G3のバージョンが2.1にアップデートしていた。
バージョン2.0が安定していたので以前CWMで2.0のバックアップは取っていた。

Cloudyg3_20

まだ2chとかで評判は出ていなかったが安心してアップデート。
なんと通勤途中にROMをダウンロードしてアップデートするという暴挙w

先日2.0が出たばかりなのでマイナーアップデートであろうと思いWipeは無し。

Cloudyg3_21

アップデートは成功し起動するものの何故かSuper SU更新を聞いてくる。

Supersu

これなんだけどアップデートした後、再起動が必要と言われ、「再起動」を選ぶとSuper SU更新のループに嵌る。
再起動を選ばず「はい」を選ぶと抜け出せた。(なぞ

Cloudyg3_21_2

こんな感じでバージョンアップ成功である。

使った印象はたいして2.0と変わらないがELM327とのBluetooth接続はしやすくなった気がする。

巷ではAndroid5.0(Lolipop)の話が出ているのでL-01F版も早く出ると良いなぁ。

| | コメント (2)

2014年11月 9日 (日)

iPhone6購入資金捻出

既に買ってしまったSIMフリー版iPhone6であるが、私にとっては高価な買い物だったので購入時の支払い分の資金(税込73224円)の捻出に取り組んでいた。笑

過去に入手したものでいまひとつ稼働率の低い端末のヤフオク出品に取り組んだのら。
出品したのは

・HTL22
SIMフリー化、CM11導入と楽しみ、使える端末ではあったのだがAndroid機は1台に絞ろうとの考えで一番気に入っているLG G2を手元に残すことにした。

・Xperia Z1
どうも私はXperiaとの相性が悪いらしい。
ネット上ではたいへん評判の良い機種なんだが私の視点ではL-01Fの勝ち。

・AQUOS Phone Xx(203SH)
使いやすくて結構気に入っていたんだが稼働率が低いのは否定できなかった。
売っても二束三文なのもあってこれはダメ元。

・iPhone4S
16000円も払ってファクトリーアンロックし、永久保存版でコレクションに考えていた。
しかしLTE当たり前の今の時代に実用としての魅力は落ちてしまった。
ってことで永久保存版は3GSのみとし歴代のiPhoneをコレクションするのはやめ。

んで結果は・・・

Iphone6

全部で85010円と、なんとかiPhone6代金以上の捻出に成功\(^o^)/

なんと203SHは新品買取価格より高く終了。
Xperiaは希望落札価格の設定が低すぎたのか瞬札で終わってしもた。
HTL22も中古にしてはまずまずの終値であった。
iPhone4Sは正直もう少し伸びてほしかったんだけどね。。。

まぁこの4台のうちiPhone4S以外はMNPで取得しているので転出&契約費用がかかっているから純粋には85010円じゃぁないんだけど。
でも引き出しの中に眠らせて価値を落としていくよりかは有益かと思う。
実際、「もったいないなぁ...」っていう精神的負担は取り除くことが出来た。笑

巷ではカケホータイなんて馬鹿な施策を打ち出したキャリアが業界3位と負けホーダイに至っている。
その新料金プランのおかげで維持費が高騰し以前のように気楽に機種を変更する気が起きず、ケータイショップ売り場を素通りする状況が続いている。

来年は家族で更新月を迎えるんだけど、いったいどうなっちゃうんだろ?

| | コメント (0)

2014年11月 8日 (土)

Cloudy G3レビュー

L-01FにCloudy G3を導入して少し使ってみたのでレビューなど。

Cloudyg3

UIの印象はノーマルの非ドコモ版ホームの印象に近い。
下記がホーム3ページを合成したものなんだが左のページはLGフィットネスとスマートTips固定となっている。

All

さてL-01F(LG G2)で気に入っている点はノックで画面のオン/オフが出来る点。
Cloudy G3でもそれは機能するのに加え、ノックコードなるものもある。

トントン→トントントンとノックの回数は3回以上必要にはなるがノックする回数と場所を指定することでセキュリティも兼ねてしまうというもの。

Photo

こんな画面で設定するんだけど左上2回→右下1回とかを指定すればOK。
これ、かなーり曖昧でも認識してくれる。
たとえば画面の端の部分だけ使ってもOK、画面のど真ん中でもOK。
ただし上下の差、左右の差があまりにも少ないと反応してくれない。
そりゃそうだ、差がなきゃ同じところを2度タップしてるのと同じだし。

iPhoneの指紋認証も便利だけど、このノックコードも大変便利。
暗がりで使い物にならないFaceアンロックに古さを感じてしまう。

ほかにもデュアルディスプレイなる機能もある。
これGalaxy Noteでもあった機能だと思うんだが。。。

Photo_2

上画面が2chビュアー、下画面が設定画面である。
もっとも私はあまりデュアル画面を必要とは感じていないので「ふーん」てなもんだけど。

最近LG G2を使い出したきっかけはOBD2情報のELM327アダプタ経由のモニターなんだがその用途にもバッチリ使えている。

運転中はOBD2情報モニター、自宅ではiPhone6のサブと大活躍である。
動作は軽快だしSIMフリー化も簡単だし、さまざまなカスタムROMも出回っていて遊べる。
大変コストパフォーマンスがよろしい。

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

Cloudy G3のフォントを変更

L-01FにCloudy G3をインストールしたがフォントが中華で変なのでちゃんとした日本語フォントを導入することにした。

日本語フォントは MTLmr3m.ttf を選択。入手はググれば見つかるので省略。

私が参考にしたサイトではADBコマンドでPCから転送しておられたがちょっと苦手な手順なので自分なりに応用してオリジナルの手順で導入してみた。

RootExplorerの活用である。

やるべきことは
 /system/fonts に MTLmr3m.ttf を置く。
 /system/etc/fallback_fonts.xml に上記フォントファイルの所在を追記する。
なのである。

ダウンロードしたMTLmr3m.ttfを/system/fonts にコピーする。
パーミッションを確認し下記になるよう修正しておく。

Photo

/system/etc/fallback_fonts.xml を任意のフォルダにバックアップした上で編集する。
(編集もRootExplorerで可能)

最下段にある</family></familyset>の隙間に下記を追記する

    <family>
        <fileset>
            <file lang="ja">MTLmr3m.ttf</file>
        </fileset>
    </family>

を記述。
実際に編集しているときにキャプチャしたのがこちら。

Photo_2

これで上書き保存し再起動すればフォントが綺麗な日本語表示に直っています。

| | コメント (0)

2014年11月 5日 (水)

L-01Fへ Cloudy G3入れてみた

前の記事で純正ROMに戻したばかりのL-01Fであったが、Cloudly G3の存在を知り試してみることにした。
Cloudly G3はLG G3用のROMがG2で動くようにリファインされたものらしい。

CM11は最近のアップデートで画面が回転出来なくなったりスタックしている感じだがCloudly G3は比較的安定しているらしい。

導入はCWMリカバリーを使うので過去記事の手順でまずCWM導入とルート取得。
 → L-01Fで root & CWM
ブログに書いておくと後で自分にとってもメモ代わりとなるw

これで下準備はOK。

【導入に必要なファイル】
 ・CloudyG3_2.0.zip ROM本体である。
 ・KK_Baseband_L01F.zip Android4.4対応BaseBandファイル。

これらは http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2783192 からダウンロード出来る。

この2つのファイルはL-01FのSDCARDフォルダ直下に保存しておいた。

【インストール】
基本的にはCM11をインストールした時と手順は同じ。
L-01Fを電源を落とした状態からVOL+と電源ボタン同時押しでCWMを起動する。
データ領域はwipeしておいた。
まず、先にKK_Baseband_L01F.zipを選んでBaseBandをインストール
次に、CloudyG3_2.0.zipをインストール。

インストール途中で機種を聞いてくるのでL-01Fを選択。

L01f

さらにアプリ追加を聞かれ、全部入れておいた。
さらにインストールは下記のようなイメージで進んでいく。

Cloudyg3

ROMを焼き終わると再起動となり・・・

Cloudyg3_2

Cloudy G3で起動成功である。
日本語を選んでセットアップへと進む。
ロック画面は派手なこんな画面である。

Cloudyg3_3

せっかくKITKAT化したので例の画面を端末情報から出してみる。

Kitkat

日本語を選べば日本語表示は可能なのだが、フォントが中華用で代用しているらしく時々変な文字が出てくる。
日本語用フォントに変更すれば良いのだがそれは、のちほど。

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

L-01Fを Stock ROMに復元

L-01FはCM11を入れて遊んでいたんだがELM327でのbluetooth経由のOBD2接続が不安定。
一方ノーマルROMのSOL21やSC-01Eではすんなり繋がることからStock ROMに戻してみることにした。
なんと初期状態のバックアップを取ってあるものの戻し方がわからんorz
CWMでもバックアップ取っていたはずなのにこれも所在不明(号泣
ってことでググってLG Flashtoolのお世話になることにしたのでメモ。

【必要なツールやファイル】

LG FlashTool Setup_LGFlashTool_1.8.1.1023.zip
LGUnitedMobileDriver LGUnitedMobileDriver_S50MAN311AP22_ML_WHQL_Ver_3.11.3.exe
MegaLock MegaLock.rar
LGL01F_20130904_LGFLASHv160.dll LGL01F_20130904_LGFLASHv160_Download.zip
初期ROM(V10c)のtot BIN_LGL01FAT-01-V10c-440-10-SEP-12-2013+0.zip

LG FlashToolをC:\下にインストールしダウンロードしたMegaLock.rarを解凍して中身のMegaLock.dllをLG FlashToolフォルダー内にコピー。
V10c totのZIPも解凍しLGL01FAT-01-V10c-440-10-SEP-12-2013+0.totとして保存。
GL01F_20130904_LGFLASHv160_Download.zipも解凍してGL01F_20130904_LGFLASHv160.dllとして保存。

【totファイルの書き込み作業】

LG Flashtoolを起動してSelect Manual Modeにチェックを入れる。
赤枠のpボタンを押してdllファイルとtotファイルを指定する。

Flashtool

OKを選んでメインアプリのコネクタアイコンをクリック。
16portsのチェックををはずし1だけを選択。

Lg_flashtool1

OKを選択。

端末の電源を切った状態でPCとUSBケーブルで接続し電源+VOL+同時押し。
→これでダウンロードモードで起動し下記の状態になる。

Photo

PCのデバイスマネージャを開いて
 ポート (COM と LPT)中のLGE AndroidNet USB Serial Port (COM8)を右クリック。
 →プロパティ(R)→ポートの設定→詳細設定(A)→COM ポート番号(P)をCOM41に。

OKとかはいとか選んで・・・
LG Flashtoolの左上の→アイコンをクリックするとREADY!!の表示が出る

Ready

しばし待つと

Rom

なんだか書き込みが始まった感じ。
端末側はこんな状態。ドキドキ・・・

Photo_2

PC側は着々と書き込みが進んでいる状況が表示される。

Lg_flashtool2

最後にPASS!!の表示が出るまで端末を触らないこと。(途中再起動とかあるけど)

Lg

PASS!!の表示が出たら作業終了。
USBケーブルを抜けば初期ROM(V10c)になっているはず。
CWMも消え去りまっさらな状態に戻りました。

結局初期EOMに戻してもELM327との接続は改善されませんでした。とほほ

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »