« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

車を買い替えました

ちょっとこのブログの更新が滞っておりますが。。。

原因は車を買い替えてそっちに夢中になっております。
そちらの状況は別ブログに随時更新中。

 → フリードスパイク納車

まぁ、
 ちょうどスマホ業界が総務省騒動でつまらなくなっていて、
 お買い得と感じるようなスマホも無いし
 6月からアホみたいに基本料ぼったくる新料金プランになるし
 さらにそれをau、SBMも追従するらしいし

と興味も薄れてきたのもあり

毎週愛車弄りを楽しんでおります。

まぁ秋にはiPhone6も出ることでしょうし、
ネタがあればこのブログも更新しようと思っております。

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

ANKER 25W 5ポート急速充電器購入

前の記事で紹介したANKER 5ポート充電器だが、40Wの新型にしようか悩んだ挙句廉価な25Wのものを購入した。
翌週に出張の予定が入っていたが、40W品はあす楽対応になっていなかった。
出張に使うにはあす楽対応の25Wが確実というのも背中を押した理由。

Anker

25Wで各ポートの出力固定なんだけど1600円という安さが魅力。
大きさを表現するためiPhone5sと並べてみる。

Anker_2

L-01Fで撮影したんだがピントがイマイチだなぁ。。。
iPhoneより長さは短いが厚みは3倍ちかく。
もう少し短めだとコンパクトで良いんだけどね。

早速充電できるか試してみた。

Anker_3

40Wのものを選べばPowerIQテクノロジーのおかげでどこに差してもOKらしい。
25W品の5ポートは上からiPad用、GalaxyTab用、iPad用、iPhone用、Androidスマホ用の順である。
今回あえてiPad用2.1AポートへXperiaとiPhone5sを接続してみた。
結果は問題なく充電可能。良かった。
私はiPadは持っていないのでiPad用ポートはガラケーやBTイヤホン充電に使うつもり。

気になったのは電源コードが長すぎる点。
家で使うには良いのだけどビジネスホテルで使うにはこの長さは要らない。
持ち運びを考えると15cmもあれば十分だと思う。

まぁ300円の充電器を5個買ったと思えばかなりお得かな。笑

| | コメント (2)

2014年5月19日 (月)

ANKER 40W 5ポート充電器

ANKER 40W 5ポート充電器がツイッターのTLで話題になってた。
Amazonで調べたらこれのことらしい。

よく似たデザインで1600円と安いものもあったがこれは25W品。

25W品の場合は5つのポートにiPadなど機種名が記されており容量がポートで異なる。
一方40W品はPowerIQテクノロジーで何処にどれを挿してもうまく充電されるらしい。
旧式のものはキーンというコイル鳴きがあるらしいが40W品については改善されているという口コミである。

私は・・・というと
昨日買おうかな?とAmazonや楽天市場を調べている過程で

 うちではLightningケーブルの方が不足気味じゃね?

と気付いて気が変わり方向変換。
いつもの上海問屋さんでLightning-MicroUSBアダプタとLightningケーブルを購入。
期間限定セールで各々99円という破格であった。
ついでに以前も一度買っている2ポート充電器も購入。

これ、2A出力があるのでiPhone5sとAndroidスマホを同時に充電可能。
枕元で使っているが異音も無く信頼している。
今回はリビングに置いて家族の充電用に使おうと考えている。

ANKER 40W 5ポート充電器に話を戻そう。

これ、出張先で使おうと考えている。
 会社のガラケー
 iPhone5s
 モバイルブースター
 Bluetoothイヤホン
 銀タブ
と先日の出張でも5ポートが必要になった。
いつも5ポート必須とは思わないが3ポート程度はよく使っている。

ビジネスホテルはコンセントの数が少ない。
その数少ないコンセント数を有効に使うにはこの手の商品は魅力的なのだ。

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

L-01Fに CM11beta来た!

私はL-01FをCM11alpha版で使っているんだが、当初バッテリー利用状況でもっとも支配的だったのがNFC関連だった。

Nfc

そもそもCM11αではNFCは動かないはずなのにこれはおかしい。
それが最近になってすっかりNFCサービスが顔を出さなくなった。

Nfc_2

OSのアップデートもしていないというのに不思議と改善。
そうこうしているうちにCM11beta版がXDAサイトの AOSP for Japanese G2 L-01F にリリースされていた。

さっそくROMとgoogle appsをダウンロード。
電源+VOL+キー同時押しでCWMを立ち上げる。
ROMのインストール前に wipe data/factory resetでお掃除。
ダウンロードしたフォルダから
 cm-11-20140513-UNOFFICIAL-l01f.zip
 gapps-kk-20140105-signed.zip
の順にインストール。

ダウンロードには時間がかかったわりにはインストールは一瞬で終わった。
差分だけインストールされているのかな?

Kitcut

端末情報はこんな感じ。

Photo

なんと「設定」のメニューがα版とは違い日本語表示になっていた。

Photo_2

β版においてもバッテリー状況ではNFCサービスは上位から消えていた。
これなら使わないときにはDeep Sleepに落ちるのでバッテリーの持ちはよさそうだ。

Photo_3

一日使ってみた限りはバッテリーのもち具合は良好。
この日は午前中、車庫証明取得、陸運局で名義変更と暇なと待ち時間では使っていた。
普段の平日よりはかなり利用したんだがかなり良好。

再度100%充電からもち具合を調べてみよう♪

| | コメント (0)

2014年5月10日 (土)

iPhone買取相場復活

総務省騒動がきっかけで国内でのiPhone5sの売り上げ(流通)は3月→4月以降で急降下になっていると思われる。
そして3月買い漁った組の放出により買取相場は一気に落ち込んだ。
そりゃそうだ。需要と供給のバランスなんだからダブつけば下がる。

しかし、4月以降国内の流通は激減しているはずでいつかは供給不足に転じる。
次は高騰側に転じるだろうと予測していたらそれが今週だったようだ。
iPhone5s16GBゴールドについて一部の業者では火曜日に5万円の大台に復活。

_2014_5

上記のグラフを見ておかしい?と思うのが発売直後の5と5sの買い取り価格差。
iPhone5の買取り価格は1度も5万円を超えていない?
この変動、為替の影響も受けるので私はドル建てで予測するようにしている。

_2014_5_2

こうやってドル建てで見れば発売直後のiPhone5と5sは600$超えと価格差は少ない。
価格の変動も緩やかな右下がりに推移しているのがよく分かる。

昨年のiPhone5の動きから推測すると
 3月~7月は価格が約470ドルで安定している。
 8月以降は次モデルの影響で変動傾向。
と予想される。

iPhone5の実績からすれば5sも47000円辺りが妥当な額なのかな?

しかし、今年は例年には無い総務省騒動の余波がある。
4月以降iPhone5s端末の売れ行きは落ち込んでいるはずで需要に対して供給は底をついてくる可能性もある。

 今後さらに上がるのか?
それとも
 今回の相場上昇で再度買取り駆け込みが殺到し5万円は瞬間風速に終わるのか?

Amazonでは白ロムが強気の価格で扱われているようだ。

| | コメント (0)

2014年5月 9日 (金)

iPhone5s落下でヒヤリ!

ガソリンスタンドで吸殻を捨てようと屈んだ際に胸ポケットからiPhone5sがポロリッ!
がーん!左上の角付近のガラス面に傷が入ってしもた。
アスファルトに浮いた砂の粒が直撃したような感じのダメージである。

Photo

自宅に帰り、顕微鏡越にL-01Fのカメラで撮影した傷の様子。
砂粒大で丸くガラスが凹んでいるように見える。
恐る恐る、セロテープで保護フィルムを剥がしてみると・・・

セーフ!ガラスは無傷ヽ(´▽`)/

どうやら保護フィルムは砂粒に打ち抜かれたがガラスは保護されていた。
やっぱ保護フィルムは必要なんですな。

今まで上海問屋さんの薄型ケースを愛用していたんだが心配になってきた。
ってことで以前買って使わなくなっていたTPU素材のケース復活。

Tpu

これならケースが液晶ガラス面より若干出っ張っているので保護力アップ?

話は変わるけど

今週は出張だったのでこのiPhone5sとGalaxyTab7.7をお供に従えて行ってきた。
このセットだと移動日のバッテリーもち具合が余裕である。
新幹線などゆったり座って使えるときは銀タブ。
それ以外ではiPhoneと使い分けるとバッテリーが空になる心配はなくなる。

Photo_2

銀タブは画面が大きいので眼にも優しいし♪

この銀タブ(SC-01E)はBand1のみ対応で自宅ではXiを掴み難いんだが、今回の移動ではそこそこLTEを掴むことが出来た。
買い換えようかな~なんて考えてたがもう少し使ってみるかな。

| | コメント (0)

2014年5月 5日 (月)

プラスXi割の誤算

以前iPhone5sで契約した回線をパケホ化→データにねん化した。
この狙いは正月に契約したiPhone5c(パケホW化済)を親回線としたプラスXi割だった。

iPhone5sの月々サポートは3000円に届かずデータ化したところで足が出る。
しかしタブレットで使えばプラスXi割の割引が大きくなり格安で維持できる。
実際、無事GalaxytabとプラスXi割を組むことが出来た・・・

Xi2

プラスXi割(タブレット)も効いたおかげで、453円/月で使えている。

誤算がひとつ

GalaxyTab7.7(SC-01E)の電波の掴みが甘いことorz

我が家はなんとかXiを掴めるエリアである。
XperiaAやSIMフリー化したHTL22なら自宅でLTE通信が可能。
したがってGalaxyTabに挿して使えば自宅で格安で7GBまでLTE通信♪
・・・ともくろんでいたんだけど

SC-01Eは自宅の1階ではLTEを掴めない。。。
2階の寝室であればなんとか掴む。ってな状況。

SC-01Eはちと古い機種なので対応するLTEバンドはBand1(2.1G)のみ。
これに対してSC-04EはBand1、Band19(800M)、Band21(1.5G)と3バンド対応。
うちは田舎なのでBand19非対応が効いているのかもしれない。

Band19に対応したタブレット欲しいなぁ。。。
7inchとかの小型なのが好みなので選択肢はSH-08Eとなる。

Amazonで検索してみたけどまだまだお高い。。。

しかもツイッターの情報によれば新しい端末ではiPhoneのSIMは使えないと聞く。
おそらくIMEI制限でもかけているのだろう。
SH-08EやSO-03EでiPhone5sのSIMは使えるのかな?

ご存知の方居られましたら教えてください。

| | コメント (6)

2014年5月 4日 (日)

iOS診断初体験

iPhone5sを使い出して以来、2、3度ほど予想外にバッテリーを消費したことがある。
朝バッテリー残80%程度で会社のロッカーに入れて退社の際に空っぽという症状。
私はロッカーに入れる際はおやすみモードにするので普段なら10%程度の減少なのだ。

このiPhone5sは発売3日目に購入した。
その後、初期ロットはバッテリー不具合があるような情報を聞いた覚えがある。
サポートのある期間なら交換してもらえるのかな?
などとAppleサポートサイトへ。。。

シリアルNoでサポートがあるか確認してみると

Photo

よかった、9月22日(1年間)はサポート期間のようだ。

その後オンラインで「バッテリー、電源および充電」のボタンを押すと

Iospc

こんな画面が表示される。
さらに手元のiPhone5sでもメールを受信し開くとこんな画面。

Iosiphone

おぉぉ!すげーな。不具合を自動で検出するのか?

・・・と感心したが、なんかよく判らんまま終わってしもたorz

しかたがないので電話でのサポートを選ぶ。
自分の電話番号を入力するとappleサポート側から電話してくれるシステム。

すぐ電話がかかってきて症状を伝えたもののサポート側の返答は極めて月並みだった。
「iOSを最新バージョンにすると改善するかもしれません。お試しください。」

まぁJBするつもりも無いし、指示に従いiOS7.1.1へバージョンアップ。

Ios711

この直後、ソフトバンクのキャリアアップデートも行われました。

あれれ?まてよ。バッテリーが空になる症状は結構前からなのでiOSのバージョンの問題じゃ無いんじゃね?
とにかく、次に症状が再発したらハード修理を要望してみよう。
(もちろん9月22日までに)

| | コメント (0)

2014年5月 3日 (土)

PWR FANと CHA FANの違い

自作PCのファンの騒音が掃除して以降どうも気になる。
GWで暇してるのもありファンコントローラーを試すべくヨドバシヘ行ってきた。

買ったのは1chのみコントロールする安価な3.5インチベイ規格品。988円でした。
背面のPCIバス側に取り付けることも可能。

Photo

もう少し予算を足せば4chコントロール出来るものもあった。
私のPCのマザボ(P5KPL-CM)にはPWR FAN、CHA FAN端子が各1個しかない。
なのでこれでイイのだw

さて、ここでFAN端子PWR FAN、CHA FANの違いに悩む。
ググってわかったことをまとめてみると

PWR FAN
 ・電源ユニット(電源にFAN用ケーブルがあるもの)のFAN用
 ・起動時に高回転で回りその後CHA FANと同一回転数に落ち着く。
 ・運転中一時休止に入ったときは連動してFANが停止し復帰後も連動。
 ・BIOSやアプリで回転数は表示されない。

CHA FAN
 ・ケースFAN用
 ・BIOSやアプリでFAN回転数が表示される。
 ・一定回転数。
 ・3PINの場合、PWMは効かないので温度コントロールは無し。
 (4PINだとコントロール出来る?)

っていうことで私の場合

電源ユニットからはFAN用ケーブルは出ていないのでPWR FANは遊んでる。
ケース付属のうるさい背面FANはファンコントローラーを介してCHA FAN端子に接続。
ファンコントローラーで減速して消音化を図る。

先々前面パネル用にファンを買う場合は静音タイプを選んでPWR FAN端子に接続。
(今回は前面用のファン購入は見送り)

とすることにした。
下図は3.5インチベイに取り付けた様子。

Photo_2

BIOSでファン回転数を確認してみる。

Bios_fan_speed

四角で囲んだ部分がFANに関する部分である。
Chassis Fan Speedの1022RPMってのは既にコントローラーで減速した速度。

SpeedFan 4.49ってアプリをインストールして温度と回転数を見てみる。

Speedfan

Sys Fan:1035rpmと表示されているのが今回コントロールしている背面ファン。
コントローラーのボリュームをMAXにすれば1260rpmくらい回る。
そこから音が静かになるまで下げると1000rpm辺りが良いところだった。
(それより下げてもあまり静音化の効果は得られず冷却が心配)

CPU0Fan:493rpmと表示されているのがCPUファン。
こちらは4端子なのでPWMによる温度コントロールが行われる。
CPU負荷が上がって発熱すればFAN回転数も上昇するのだ。

背面ファンの回転数を落とすと冷却的にまずいかと心配したが今のところ問題無さそう。
当面はこれで良さそうだ。
さらなる静音化にはnVIDIA GeForce 210に手を加えないと。。。
それはハードルが高そうだから見送りw

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

5インチベイ小物入れ

昨年、この商品を見つけて「面白い!」って感動したんだが・・・
1000円近い価格で購入は見合わせていた。

そして今回ついに購入。

5

5インチベイに収まる小物入れである。

USBメモリーとかSIM取り出しPINとかよく使う小物をひとまとめにできる。
ただそれだけの機能なのでもう少し安いとうれしいんだけど。

こちらが装着後の閉じた状態。

5_2

FDDが白色ってのがイケてないが色だけの為に買いなおす気にもならずw
DVD-R/Wの下(2段目)の5インチベイに装着した。

そしてこちらが開けた上体。
軽く前面のパネルを押すとラッチが外れて数ミリ開くタイプ。

5_3

生意気に2段になるようトレイが付属していた。
これで約900円でした。

実は今回の取り付け作業、簡単な予定だったんだが・・・
CPUファンがぐらついていたのを発見。
おそらく先日グラフィックカードを装着した際に外れたのだろう。
このCPUファンはMB単品にしないと取り付かない。
ってなわけで半泣きで分解&組立て。
・・・と余計な手間が発生してしまった。

さてPCケースを分解して気が付いたのだけど前面パネルに埃がビッシリ!
(下の写真で青く光る部分の周辺のパンチングメタル部を埃が塞いでいた)
このケースの風の流れは
 1)前面パネルのパンチングメタルから吸い込む
 2)左側面のダクトから吸い込む(CPUファンへ)
 3)1)と2)で吸い込んだ空気を背面ファンから吐き出す
 4)電源ファンで筐体内上部に溜まった空気を吐き出す
のようである。

Photo

1)のパンチングメタル部には4隅に穴がありピッチは80mm。
ここにファンを追加すれば良いのかな?
その際は上下の四角い穴※は塞いだ方が良さそうだ。
※今回通気口代わりにくり貫いてみたんだが中へ埃が直撃になりそう。
ウエットティッシュをフィルター代わりにしてセロテープで塞いで補修。

ところでなんかファンの音が目立つようになったなぁ。。。
おそらく今回前面パネルのパンチングメタル部にビッシリ貼りついた埃を取り除いたことにより風量そのものが増えたのだと思う。
まぁ冷却も改善されてるのだろうけど。。。

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

コジマで無線マウスがワンコイン!

久々のEeePC900Aネタ・・・というほどでもないんだけど。。。

コジマ電気のワゴンセールで格安のワイヤレスマウスを発見。

Bt500

本来1380円のものが500円で売っていた。

うちでは女房がEeePC900Aを愛用しているんだがマウスの調子がおかしかった。
このマウス、ケーブル長さを調整したりして使ってきたんだがまれに反応しないことがある。

女房用にイイかも♪と考え税込み540円で購入。

付属の単三アルカリ電池を2個セットし、マウスの裏面の電源ボタンを押すと青く光ります。ドングルも付属しており、EeePC900Aにセット。

Bt_2

あれ?ワシEeePCにBT内蔵した記憶があるんだけど。。。

Bt2

この記憶は故障して手放した900Aの1号機での作業でした。
女房用の2号機はBT内蔵はしていなかった。残念
ってことで付属のドングルのお世話になることに。。。

Bt

拍子抜けするほどアッサリ認識してなんなく使えました。

女房も悩むことなく旧マウスから新無線マウスに移行できたようです。
めでたしめでたし。

Amazonでも同じのを扱っておりますが・・・高かっ!
いやいや、500円はラッキーでした。笑

追記
BTでなく無線とのコメントを頂き修正しました。
2.4G帯を利用しておりもしや?とBTドングルで試してみましたが動かず。残念。
ところでさらにショックなのはAmazonのリンク先の評価がとても低いこと。
いまのところ女房は文句を言わず使っていますが。。。

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »