« L-01Fで root & CWM | トップページ | L-01Fを CM11で KITKAT化 »

2014年4月28日 (月)

CWMループからの脱出

前の記事の最後に書いたようにL-01FにCWM導入後にキャリアOTAを行ったところ
 再起動→CWM画面→再起動→CWM・・・
と無限ループに陥ってしまった。
このときのOTAキャプチャがこれ・・・やめときゃよかった。

Ota_10c211k

ググって見ると同様の症状に陥った例が散見された。
その後、半泣きでさらにググり、なんとか脱出に成功出来たのでメモ。

まずCWM起動状態ではPCでうまく認識されない。
これはAndroid Composite ADB Interfaceのインストールで解決する。
(PCにAndroid SDKがインストールされてある前提)

 L-01FをPCに接続した状態でPCのデバイスマネージャーを開く。
 ?マーク付のL-01Fがあるので右クリックでドライバーを更新。
 コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索
 コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択
 すべてのデバイスを表示→ディスク使用→参照で下記を選択。
 C:\android\extras\google\usb_driver\android_winusb.inf
 3つくらいリストが出るのでAndroid Composite ADB Interfaceを選択。
 互換性が無いとか、お勧めしないとかちょっと心配になるようなメッセージが出る。
 気にせず「はい」で推進。
デバイスマネージャー上でL-01FがAndroid Composite ADB Interfaceとして表示されていれば成功である。

さて次に呪文をかける。

C:\でSift+右クリックでdos窓を開いて

adb shell
dd if=/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/fota of=/sdcard/fota-backup.img
dd if=/dev/zero of=/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/fota

と入力。

Adb_shell

これにて終了。
CWMでrebootを選択して再起動させるとdocomoロゴから次の画面に進みいつものように起動してくれた。

スマホ弄りには文鎮化やリセット無限ループなどのリスクがつきものである。
自己責任で自分のスキルに相談しながら・・・ですな。

|

« L-01Fで root & CWM | トップページ | L-01Fを CM11で KITKAT化 »

コメント

Vigamox Without A Script in Columbus ecddkgdaeddd

投稿: Johnc564 | 2014年4月28日 (月) 17時27分

??? ┐(´-`)┌

投稿: アンビンバンコ | 2014年4月28日 (月) 17時44分

こんばんは

私もL-01Fを購入し、10Cで同じツールにてroot化しました。
OTAでバージョンアップ情報を知っていましたが、ドコモIDがナンタラと書いてあったので上げずにroot化。
root後にOTAで上げたらどうなるかと考えていたところ、貴兄のページを発見しました。
unroot後にバージョンアップしroot化の手順が良さそうですね。
unrootの情報も見ていますが、イマイチ分かりづらいので手付かずの状態です。

投稿: azuma | 2014年4月28日 (月) 17時46分

いやー、まいりました(^^ゞ
たいして魅力的なアップデートでも無いのに反省です。
L-01Fは情報が少ないのでLGL22で探した方が見つかりますね。

投稿: アンビンバンコ | 2014年4月28日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« L-01Fで root & CWM | トップページ | L-01Fを CM11で KITKAT化 »