« SO-04E用200円ケース | トップページ | SO-04Eを Android4.2.2にアップデート »

2013年12月14日 (土)

SO-04Eの root化と CWM導入

ドコモショップでSO-04EをSIMロック解除したので、今度はCWMを導入しようかと。

しかし正直悩んだ。
最近のAndroidはrootを取らなくてもおおよそカスタマイズは可能である。
バックアップだってOSにその機能があり、キャリアの糞アプリも無効化出来る。
root化のメリットはあまり感じないのだ。
一方、root化してしまうとキャリアやメーカーの保証対象外となる。
メリットが少ないわりにリスクが大きいのだ。

ただ公式twitterアプリの文字が細くて読みづらく、フォントは変えたいなぁと思っていた。
まぁドコモの安心パックは購入当日には解除しているので保証つってもねぇ。。。
ってことでCWM導入を決意。

さて、CWMを導入してからAndroidをアップデートするか?
アップデートしてからCWMを導入するか?
私のSO-04Eは10.1.1.D.0.179という初期のビルドバージョン。
ゴニョゴニョするには都合が良い・・・はず。
・・・と悩んだ末、CWM導入を先に選んだんだがここが失敗?
   ⇒この件は後日の記事で説明します。

以降、root化とCWM導入について書きますが、その後のAndroid4.2.2アップデートで嵌りました。
次の記事を読んでから導入を判断されたほうがよろしいかと。

【root権限取得】
パソコンから導入するのでAndroid SDK adb環境が必要です。
パソコンへのAndroid SDK adb環境導入手順を説明するのは大変なので省略。
まだ導入していない人はググって見つけてください。
SO-04E側の設定>開発者向けオプション>USBデバッグ にチェック。
キューブ実験室というブログからrootkitXperia_20131207.zipをダウンロード。
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに展開。
SO-04EをPCに接続してフォルダ内のinstall.batをダブルクリック。
PCで「--- all finished ---」と表示されれば完了である。

【CWM導入】
cray_Doze氏が公開しているCWM6-cDM_v2.5.zipをダウンロード。
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに展開。
cwm-install.bat を起動

Cwm1

任意のキーボードを押します。

Cwm2

SO-04Eを接続し、端末側にMirrorLinkの画面が出るのでスキップ。
なにかキーを押せばCWM導入が始まります。
途中で端末側でadb shellの権限要求が表示されるので「許可」を選択。

Cwm3

この画面で終了。

【CWMの利用】
端末起動時、「SONY」のロゴが出ている時にボリュームダウンキーを何度か押す。

Cwm

ボリュームキーでbackup and restoreへカーソルを移動し電源ボタンで選択。
backupを選択して初期のビルドバージョンをバックアップしました。
念のためSDカード側へもバックアップ。

Cwm_2

これにて、初期ビルドバージョンでのroot化&CWM導入は成功である。
その後Android4.2.2へのアップデートで嵌ったのでそれは次回。

|

« SO-04E用200円ケース | トップページ | SO-04Eを Android4.2.2にアップデート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SO-04E用200円ケース | トップページ | SO-04Eを Android4.2.2にアップデート »