« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

Xperia Aお取り置きだん!

11月も終わろうとしており、10月、11月とスマホ関連は買っていない。
そんな2ヶ月の沈黙を破り・・・12月1日は契約!

じつはツイッターや2ch見てたらXperia A(SO-04E)の一括0円がちらほら出始め、
地元のカメラのキタムラさんでもやっていた。

Xperia

ではは、取り消し線で消してあるのはお取り置きで完売でして、それワシ。笑

ドコモはフラット契約の日割りが効かない。
今日だまだ11月なので明日契約のお取り置きにしたのら。

Xperia A (SO-04E)をなぜ選んだか?
それはXperia VLを使った際に出来の良さを感じたのと対応周波数の多さにある。

Xperia Aが対応する周波数は
 LTE 2100(B1)/1500(B21)/800(B19) MHz
 W-CDMA 2100(I)/850(V)/800(VI/XIX) MHz
 GSM 1900/1800/900/850 MHz

旧機種を選ぶと特にLTEの対応周波数が少ない。
安さに釣られて手を出してLTEのエリアが狭いと嘆かないよう注意が必要である。
 ⇒ NTT docomo向けAndroid端末の対応周波数帯一覧

実は手持ちのGalaxy SⅢαはLTE 2100(B1)/1500(B21) MHzだけだったりする。
800(B19) MHzの恩恵がどれだけのものか?これで試せるわけだ。
Xperia Z1みたく1.7GHzも使えればよかったんだけど。。。

MNP弾にはauを使う予定。
これにてau音声回線枠がやっと1つ空くことになる。
Xperia A (SO-04E)はMNPだと月々サポートが3255円×24回ある。
年末年始のお祭りで90日ルールに引っかからないようデータプランライトでの運用を考えている。
この場合、
 Xiデータプランライト:3980円
 SPモード:315円
 ユニバーサル料:3円
 eビリング:▲21円
 月々サポート:▲3255円
-----------------------------
 合計:1022円 でパケット定額通信(3GBまで)が可能となる。

ocnのモバイルONE並みの価格と言えよう。笑

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

Apple Storeで SIMフリー iPhone

昨日Apple StoreでSIMフリー版iPhone5s/5cが買えるようになったって知った。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

値段も高いけどそこそこ頷けるのでリーズナブルと言えるのかな?

すぐさまRSSリーダーを見たら登録してるブログはそのネタばっかw
なので慌てて書く気は失せた。笑

さて、SIMフリー版を買ったとしてどう使う?
ワシは2015年7月まではSBMのiPhone5sの契約期間である。
スマホBB割も効いていて毎月の維持費は2000円台。
LTEのおかげで快適に使えるので維持するつもり。
このSIM使ってる分には今手持ちのSBM版iPhone5sで良いのである。

じゃ、SIMフリーのメリットは?

 茨城山間部への出張?・・・最近は滅多に無い
 林道ツーリング?・・・これも減ったなぁ
 海外出張?・・・3年に1度あるか?ないか?(SIMフリー4S持ってるし)

そもそもドコモからもiPhoneは発売されたんだから・・・
地方でドコモじゃないとって人はドコモのiPhone買えば良いわけで。。。

flairあ、MVNOって手があるじゃない!

MVNOの音声通話SIMにMNPすれば格安で使える?
と思って調べてみたらLTE使えそうなのはスマホ電話SIM位しかなかった。
しかも維持費は3000円超えそう。

もっと安いのは3Gだったり200kbps限定だったり。
以前b-mobileのU300とかイオンSIMとか試したことあるけどもう戻れないな。
iPhone5s使ってて、まれに3Gに落ちてたりするとアレッ?って思っちゃうもん。
(LTE非対応機種使ってる人なら許せる速度なのかもしれないけど)

以前のようにガラケーと2台持ちにしてデータプラン運用にすればどうだろ?
ocnのモバイルoneあたりが良さそうだ。

980円/月のプランは30MB/日なので私の場合超えちゃう。
2GB/月の1580円のプランあたりが良さそう。
これに音声を付けてくれると端末1台に収まるのになぁ。。。

昔3GS使ってた頃は圏外病とかで不便なこともあったんだけど
(あの頃はSIMフリーiPhoneでドコモのSIMに憧れてたけど)
今じゃXiよりSBMのLTEの方がエリアもスピードも優秀。時代は変わったもんだ。

だいたいさぁ、iPhoneは毎年モデルチェンジするわけで
だったら
キャリアのシェア争いのインセを利用して格安で使ったほうが安いんじゃね?

ってことで慌ててSIMフリー版に手を出すのはやめようとの結論になりました。

| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

Dock付コンポを Bluetooth化

FaceBookで知人がBluetooth接続のBOSEのスピーカーを買ったら音が良くて気にいったと書いていた。

私も欲しくなり調べてみたがけっこうお高い。
ってかワシ、Dockコネクタ付のコンポは既に持ってるわけで(但し30pinタイプ)。。。
iPhone5以降のLightning接続じゃ繋がりませぬ。
んじゃBluetooth化しちゃえば良いんじゃね?ってことで買ってみた。

Bt

Dockコネクタに差し込んでペアリングは簡単に成功。

Bt_2

しかし・・・音が出ないorz

英語の取扱説明書を読んでみると音が出ないときはアナログに切り替えろと書いてあるがワシのコンポにそんな機能は無い。
ググって見ると今時のコンポはDockのデジタル出力を使って再生しているらしい。

Bluetoothドングルを分解してみる。

Bt_3

確かにコネクタランドを調べるとアナログ出力を使っていた。

んじゃコンポ側のドックコネクタはどうなってるんだろ?

Dock

あれれ、アナログのAUDIO R/Lもデジタル信号側もランドには繋がっているぞ?

せっかく分解したのでコンポ側のDockコネクタランドからアナログのAUDIO出力を取り出すことにした。
下の写真には無いけど2番pinからAUDIO GNDも取り出した。

Aux

この3本の線をAUX端子に接続すれば外部入力として再生できるんじゃね?

Aux_2

ってことでAUX端子の接続箇所を探して○印の部分に接続。
うまくいくかな?

ドキドキしながら電源ON!

Aux_3

無事ペアリングした後、外部入力に切り替えると・・・
iPhone5sで再生している音が鳴り響きました。\(^o^)/
ただiPhone側のボリュームを最大にすると音が割れちゃう。
iPhone側のボリュームは中央程度にしてコンポ側のボリュームを上げたほうが音が良いようです。

Bluetoothドングルを買い直そうか悩んでいたけど無事解決。
1500円程度でコンポをBluetooth化することに成功しました。

| | コメント (2)

2013年11月18日 (月)

不要なオプションの外し方

女房と娘がキタムラでiPhone5の契約したのは今年の7月末。
その時の1万円のCB(商品券)がやっと今週届いたらしい。
キタムラの店員の「商品券を受け取るまではオプションは外さないでください」
の言葉を守り、二人はずっとオプションを外さないでいた。

しかし、もう安心して外せる。
締め日の20日になるまえに外さないと。。。

MySoftbankで二人のWホワイトとYahoo!プレミアムを外す。
ちょちょいのちょいである。
しかし、uulaを外すのを忘れていた。
ってかMySoftbankの画面ではuulaの画面見当たらなかった。見落とした?

本人の端末の方が良いかなぁ?と思い女房のiPhone5で157に電話。
自動音声でuulaを外せる「4」を選択。
該当の電話番号を入力。番号確認で正しければ「1」を選択。
uulaを外すべく「1」を選択。
こんだけでOK。
念のためWホワイトも似たような自動音声の手順で外す。

ついでに娘の分も外す。
さすがに女房のiPhoneからだからか電話番号に加えて暗証番号も聞かれた。
あとは同様の手順。
もしかしたらMySoftbank経由よか簡単かも?

さて、次はauだ。
実は私のiPhone5もピーアップさんから先日振込みがあったのでオプションを外さねば。

最近、auもWEBでオプション外せるようになったらしい。
お客様サポートにログインしてスマパスを外そうとするとさらにIDだかパスワードだか聞いてくる。なに?それ?

WEB経由でもこのように途中で嵌ってしまうと厄介である。
しかたが無いのでXperia VLにiPhone5のSIMを挿して157へ電話。
ワシ:あのう、スマパスとビデオパス外したいんですけど。
オペ:かしこまりました・・・簡単な説明。
   他に御用はありませんか?

ワシ:えと、WiFiで使うのでLTE.NETも外してください
オペ:かしこまりました、スマートパス、ビデオパス、LTE.NETを解除いたしました。
・・・と、ものの数分。簡単である。

WEB経由で外すのが時間帯にも縛られず一番優秀だと思う。
ドコモはその点においては最も優れている。
しかしWEB経由の操作もシステムの出来が悪いとかえって使いにくい。

157経由の自動音声やオペレータへの依頼も結構良いもんである。

わざわざショップへ出向いてオプションを外す方も居られるようだが土日などは大変混雑している。
電話やWEB経由の方が楽ですよ~。笑

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

パケホーダイダブル廃止だと?

なにかとお世話になってきたdocomoのパケホーダイダブルが来年の1月末をもって新規受付を廃止だと。

 ⇒ 「一部料金プランの新規受付終了」について

該当するプランは

≪総合プラン≫

契約種別 プラン名
Xi Xiパケ・ホーダイ ダブル
FOMA パケ・ホーダイ ダブル2

≪データ通信プラン≫

契約種別 プラン名
Xi Xiデータプラン ※1
FOMA 定額データプランス タンダード ※2,3
定額データプラン フラット ※2

※1:Xiデータプランにねん(2年定期契約型料金プラン)も含みます。
※2:バリュープランも含みます。
※3:「定額データ スタンダード割」も新規受付終了します。

だそうな。

ドコモには実質0円をうたう為の通信料割引サービスとして「月々サポート」がある。
本体代分相当を24ヶ月に分けて通信料金から割引くサービス。
本体代金を一括で支払っても割引かれることから、毎月のプランをパケホWにしておけば「3円維持」な~んてのも出来ていた。

このパケホW、パケ代を節約したい人向けのプランだったはずである。

しかし、実態は
 あっというまに上限額に届いてしまいフラット定額より割高になってしまう。
 まったく使わなくても2100円も徴収されてしまう。
というなんとも不完全な出来栄えなので選びたくても敬遠する人が多かったのだろう。

実際、私も契約時の店員から
「お客さん、一見安そうですけど今日の手続きだけで上限逝っちゃいますよw」
とニヤニヤ言われたことが何度もある。

出来損ないのプランを用意したことは棚に上げて、
 客が選ばないから廃止。
 お客はフラット定額を望んでいる。

ってのが幹部へ報告される内容なのだろう。

そういえばソフトバンクも・・・

のりかえサポートをAndroidにも展開してきた。

これ、本体代金が21000円割引かれるのはありがたいんだけど・・・

一括支払いで 対象機種をご購入の場合、以下の手続きをすると解除料金(21,000円[税込])がかかります。
・加入の翌々請求月までに解約(併せて「ホワイトプラン」の解除料金9,975円(税込)もかかります)
・加入の翌々請求月までに機種変更/契約変更

と、注意書きに記されている。
さらに当社指定のパケット定額サービスってのはフラットばかり。
2段階プランに変更することが契約変更に相当するのか否か・・・謎である。

だんだん難しくなってきたぞ。。。汗

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

ブルーライトカットフィルム貼ってみた

愛用しているiPhone5sだが保護フィルムはiPhone5のお古(なんと移植)だった。
まさかの移植でもエアが入らず成功していたのだがやっぱ新品が良い。

そう思っていたら上海問屋でブルーライトカット機能のある保護フィルムを発見。

今は1枚99円だが当時は楽天優勝セールで22円。笑
ってなわけで2枚(お一人様2枚まで)を購入。

普段は埃の少ないお風呂場の蓋の上で貼るんだけど娘が入っていたのでリビングで作業。
格安だがちゃんと裏面と表面に保護フィルムが施してある。

Photo

まずはiPhone5sの古いフィルムを剥がして清掃。
清掃用の布もちゃんと付属していた。
裏面のフィルムを剥がしてiPhone5sに貼り付ける。
何度か位置を試行錯誤し、若干のエアを含んで貼り付け。
その後エアの噛んだ部分をセロテープで持ち上げ、フィルムもしくは画面に付着した埃をセロテープの粘着力で取り除く。
その後エアが取り除けたら表側の保護フィルムは剥ぎ取って完了。

しっかり位置の合ったエアの入っていない保護フィルム貼り付け完了である。

Photo_2

サイトにはブルーライトカット機能の都合画面が若干黄色っぽくなるとあったが特に気にならず。
強いて不満な点を上げれば表面の指の滑りが前のフィルムには劣る点だろうか?

最近はガラスフィルムが話題に上がっているが私はまだ使ったことが無い。
次は試してみようかな?
でも高いんだよね~。

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

Disney Mobileにでも行くかな?

今日もさらっと併売店をパトロールしてみた。
ヤマダやコジマでは赤いジャンバー、ケーズではオレンジのの販売員を増強。
人件費はかけてるみたいなんだが・・・肝心の端末はお安く無い。
SBMとauのiPhone5cがMNPで一括0円になってるくらいだ。
(auの場合は一括9800円で後日auから1万円CBらしい)

ドコモの月々サポートの大き目の機種がお目当てだったんだけど高い。
4万とか5万円割引きのポップはあるけど約8万円の定価からだもん。

唯一グラッと来たのがDisney Mobile on SoftbankのDM013SHだった。
MNP一括0円に加え、ケーズは商品券40k分、テルルだとCB40k。
今更3G端末?って思ったが毎月の維持費を考えると3G端末は割安である。
先々銀SIM化用にも使えるのかな?

Disney Mobile on Softbankはソフトバンクとは別キャリア扱い。
したがって購入してもSBMとは別枠で5枠あるわけだ。
au枠を空けるには都合がよろしい。

ただ ・ ・ ・

SBM系列なので
 MNPで基本料が無料になるのはフラット定額のみ。
 わずかな月月割(490円)も2段階定額にすると消えうせる。
と毎月の維持費を寝かせる(圧縮する)件についてはキャリア1手強い。

まぁ元電電公社や元国際電電な親方日の丸系の会社に比べ厳しいわけだ。
(営利企業としては当たり前なんだろうけど)

契約月はWホワイトやらオプションやらに加えフラット契約を強いられる。
翌月以降はパケットし放題Sという2段階定額にすれば390円。(幸い3G端末なので)
980+315+390+3=1688円/月となる。
ドコモやauに比べると割高だがしょうがない。

この旧機種に対するインセupは今月一杯やっているようだ。
焦らずに様子をみて決めようと思う。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

10月はドコモ健闘?

2013年10月のキャリア別純増数、MNP転入/転出数が公開された。
10月もドコモは相変わらず転出超過。

Mnp2013_10

しかしドコモは他社に対してシェアが大きく、計算上は更新月を迎えた客が各社へ均一にMNPしたとしても14万の転出超過に至る。
これについては以前書いた。 ⇒ 携帯契約数、MNP転入/転出予測

この予測の転出超過14万に対して10月は93100件。
しかも2012年の10月の約20万の転出超過に比べれば約11万の改善である。

これは健闘と言えるのではなかろうか?
約11万の改善が維持できれば今後の転出超過は数万に留まりそうである。
そもそもiPhoneを取り扱うドコモショップは初期は限定されており取扱店を増やしたのはつい最近である。
ここ宇都宮でもK's電気や一部のヤマダ電機はドコモのiPhoneを扱うがコジマでは取り扱っていない。
このような取扱い店舗の拡大が進めばさらに業績は伸びると思われる。

殿様商売がさらに酷くなりお得な案件が出てこなくならないか心配である。笑
そもそも社長が交代して以降、戦略が地味というか目立たないというか。。。
家族セット割は半額に減るし、iPhone導入したはいいが売る気無いみたいだし。
なんか前の社長の頃の隙だらけでマヌケな運営の方が好感が持てる。
このままボーっと運営されちゃうのかな?

一方auは過激なiPhone5投売りも在庫が尽きてきたようだ。
あちこちの店舗で残り1台なんて手書きポップが見受けられる。
ひと段落なのか?5cがその役を引き継ぐのか?

ソフトバンクもiPhone5投売りを行っていたがどうなんだろう?
auほどは売れていなかった印象である。
在庫は今後のイベントの目玉商品とかにまわされるのかな?
格安機種変とかだと嬉しいんだけどな。
ダブル倍速LTEはiPhone5でも利用出来るらしくSBMなら5は5sにさほど見劣りしない。
悩んでおられる方は格安の5を選択って手もアリかと思う。

| | コメント (2)

2013年11月 3日 (日)

iPhone5c実質0円と一括0円

ドコモのiPhone5cを購入した場合の2年間の総支払額を計算してみた。
全て他社からのMNPを想定している。
計算したのは下記の4種。
 ・分割払い実質0円
 ・一括払い実質0円
 ・一括0円
 ・一括0円でさらにパケット定額不要として寝かせた場合

【分割払い実質0円表示】
よくドコモショップなどで見かけるパターンである。
実質0円といっても定価で端末を購入し24回分割ローンの残債が確定してしまう。
途中解約などしようものなら残債を請求される。
本体代相当を月々サポートが相殺してくれる半面、通信料は定価で払う金額となる。
この場合、月々の維持費も5775~6555円。2年間で14万7180円。
あまりお安いとはいえない。

Photo

【一括払い実質0円表示】
プレミア購入プログラムとかいう制度が導入され、一括購入の場合は端末代が値引きされる。
当然ながら月々サポートもその分目減りしてしまう。
本体額に合わせて月々サポートが目減りするので2年間の総支払額は分割と同じ。
最初に一括で本体代60480円を支払った分、毎月の負担額は安くなる。
残債は無いので途中解約で請求されるのは解約金のみで済む。
問題は最初に一括で60480円を支払う負担だろう。

Photo_2

【一括0円】
実質0円とは異なり端末代金を本当に0円に割引してくれる場合だ。
インセンティブで割引かれる場合で競争の激しい併売店で見かける。
本体代の負担も無く、毎月の維持費も月々サポートのおかげで割安である。
2年間の総支払額も8万6700円と上記より本体代分お安くなっている。

0

【一括0円で寝かせ】
上記【一括0円】は普通にパケット定額を使った場合である。
しかし、他端末やMVNO契約のSIMやポケファイで使う場合はパケット定額は不要。
初月だけ用意されたパケット定額を使い、翌月から定額を廃止した場合は下記となる。
この場合、月々サポートは翌月以降は消えてしまう。
下記の表で23ヶ月間基本料金780円とあるが実際は13ヶ月間は0円、残り11ヶ月間が780円となる。(誤記です)

0_3

キャリアのインセを活用したおかげで2年間で11835円支払えばiPhone5cが手に入る。
これが一番魅力的なんだがドコモはMVNOのSIMで通信する道を閉ざしたようだ。
MVNOのSIMが使えるのがドコモの魅力だと思うんだけどなぁ。。。

| | コメント (3)

2013年11月 1日 (金)

プラスiPhone割の注意点

前の記事に頂いたコメントで気がついたんだが・・・

プラスiPhone割の代表回線の適用条件に

「FOMA総合プラン(タイプシンプル(バリュー/ベーシック)除く)」+「i モード」+「パケ・ホーダイ ダブル」および継続利用期間注意1が1年以上

ってのがある。
このパケ・ホーダイダブルはパケ・ホーダイダブルではない。

プラスiPhone割の代表回線の適用条件に合致させようとするとパケ・ホーダイダブル。
しかしこれでは月々サポート適用条件から外れてしまう。

ソニタブSの月々サポートは3990円とアホみたく高額である。
おかげで基本料金、パケットMIN料金、iモード代全てを消し去ってくれている。
この特典を失うのは痛いなぁ。。。

これがプラスiPhone割の注意点だと思う。

もっともワシの場合、月々サポートは来年の2月までで終わってしまう。あと4ヶ月だ。
さらにメインの通話はSBMのiPhone5sに移行してしまっているので未練は無い。
最低料金で寝かせればどうなるんだろ?

2月末まで今のまま月サポのお世話になればガラケーの維持費は0円/月。

Docomo

さて月サポ捨ててプラスiPhone割条件に合わせた場合は?

 11月:980+315+2100+3=3398円
 12~2月:783円×3(プランシンプルバリューのみ)
合計3398+2349=5747円

それとは別に11月はiPhone側も日割りできないフラット請求もある。
うーん、馬鹿にならん。

iPhone5cはデータプランへの変更不可だと聞く。
ドコモの場合90日間で契約出来る音声回線は2回線までという90日ルールがある。
回避策としてデータプラン化ってのもあるがその道をiPhone5cでは閉ざされてる。
90日間の中にクリスマス、歳末、初売りセールがあるのに・・・だ。

そんな中、Nexus5なんてのがSIMフリーで登場してきた。
こっちの方が面白いかも?

| | コメント (4)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »