« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

プラスiPhone割に行こうか悩む

先日の日曜日、ヤマダ電機でドコモのiPhone5cがMNPで6万円引きだった。

ずいぶん割引くなぁと店員に話を聞いてみると
 MNPで4万円商品券
 MNP+プラスiPhone割適用で6万円商品券なんだと。

プラスiPhone割は親回線として
「FOMA総合プラン(タイプシンプル(バリュー/ベーシック)除く)」+「i モード」+「パケ・ホーダイ ダブル」および継続利用期間注意1が1年以上ってのを持っていれば成立する。

幸い、ワシは昨年ソニタブSで契約したSIMをガラケーに入れて使っているので条件クリア
追記
ソニタブS回線はパケホーダイダブルでありダブルではない。
プラスiPhone割の条件に合致させようとダブルにすると高額な月々サポートを失うことになりそう。
指摘のコメントありがとうございました。

 ワシ:商品券なんか要らんから本体代引いてよ。
 店員:大丈夫ですよ。16GBでしたら60480円ですので480円になります。

ここでググッと心が傾く。
 auの枠を1つ空けることが出来る。
 ドコモ版のiPhoneでデータプランとかMVNOのSIMを試して遊べる。
 コレクションとしても5cは欲しいとは思ってた。
 どうせドコモだから3円維持は出来そう。

とは思ったんだが
ドコモはフラット契約じゃ日割り出来ない。月末だぞ、ヤメヤメ。。。と見送った。

その後、
ドコモはSBMとは違い、契約月から月々サポートが付くことを思い出す。
高額なフラット上限額が丸々請求されるわけではないのだ。
んじゃ、イイかな~。。。
と(有休の)水曜日に再度ヤマダへ。

店員に在庫を調べてもらう間に5cを弄りながら考える。
まてよ~、所詮5cってiPhone5の焼き直しなんだよなぁ。
5s持ってる自分としては面白くもなんとも無いかも・・・と悩み始める。笑

 店員:あれは土日の条件でして平日は値引き4万円、商品券2万円になります。
 ワシ:じゃぁ要らね。。。

と退店。
すこし葛藤が始まっていたので踏ん切りがついた。
たしかに5cは筐体がオリジナルなのでコレクションとしては魅力的。
とはいえ、たぶんほとんど使わないだろうし引き出しの肥やしになるのは見えている。

auの枠を空けられなかったのは残念だけど、この先90日間に歳末&初売りを控えているのに無駄に契約するのも考え物である。

nanoサイズのMVNOは準備したんだけどなぁ。。。

| | コメント (9)

2013年10月27日 (日)

Appleアカウントは iTunesカードで

実は家族のiPhone5を買った祭、Appleアカウントは各々のを取得したのだが、登録では私のクレジットカードを利用した。

登録の際はクレジットカードかiTunesカードのコードを選択できる。
当時は手元に3枚iTunesカードが無かったのでクレカ登録としたのだ。

ただし、セキュリティを考えると私はiTunesカードをお奨めする。
apple IDがハッキングされる可能性はあり、クレカだと被害が大きくなる。
その点iTunesカードなら被害はプリペイド方式だから最小限に押えられる。

っていうことで今回3人分のiTunesカードを購入した。

Itunes

今回選択したのはこの3枚セットのマルチパックだ。1000円分が3枚。
これなら娘二人と女房の分を最小限の出費でまかなえる。

面倒だが各々のアカウントに切り替えて、全てクレカ登録を外してiTunesコードを入力。
万一の際は被害は最大でも3000円以内におさまる。

今日は久しぶりに携帯ショップめぐりに出かけてみた。
お目当てはiPhone5c。
しかし、どこも頑張っているのはソフトバンクだけ。インセが出ているのだろう。
とはいってもツイッターで見かけるほどのCBは見当たらずビーワンの5000円が最大だった。

Iphone5c0

宇都宮じゃこんなもんかな?
しかしソフトバンクじゃ寝かせは効かず2600円/月程度は請求される。
ショップで確認してもらったけど家族紹介割とスマホBB割の併用は不可。
家族紹介割の終わった1年後からスマホBB割が適用されるそうだ。残念!

ってことで寝かせるならドコモが良さそうだ。
しかしドコモの5cじゃ一括0円が精一杯。
先々CB付きで投売りされるのが読めているのに今買うのも気が引けた。

結局今月は一件も契約出来ず。

Photo

かわりにこんなnoteを貰ってきた。
これは一括0円で維持費も2年縛りも無し。笑

| | コメント (2)

2013年10月24日 (木)

iPhone5sを iOS7.0.3にアップデート

iPhone5sは買ったままのiOS7.0にしていたのだが今回のiOS7.0.3は色々改善されていたのでアップデートすることにした。

歴代のiPhoneは初期バージョンのiOSはultrasn0wでソフトウェアunlockされてきた。
初めて初期バージョンを買ったので期待していたが考えてみればそれもiOS4.0まで。
iPhone4S以降ではソフトウェアunlockは成功していない。

またJailbreakに関しても7.0~7.0.3まではハードルは変わらないようだ。
ってことで安心してアップデート。

いきなりアップデートできるのかと思いきや一旦7.02にするようだ。
iOS7.0.2にアップデートするとようやiOS7.0.3へのお誘いが現れた。

Ios703

フレッツ光からホワイトBBに変えた都合、ダウンロードが遅い。涙
光なら一瞬なんだろうなぁ。。。
何十分待っただろうか?やっとアップデートが終了。

Ios703_2

これがiOS7.0.3の情報画面。モデムファームウェアもアップされている。
昔なら「いつかはドコモの電波で使いたい」なんて思っていた。
しかし今となってはソフトバンクのLTEで特に不満は無い。

アップデートしてすぐに気が付いたのが指紋認証のレスポンスが改善していること。
元来俊敏な印象を受けていたのがさらに進化している。
ほとんど待ち時間無しって感じである。

そこで感じたのが、「Appleはこの手の人が感じ取れる改善がうまい」ってこと。
スクロールやスワイプで思ったとおりに滑らかに操作できる。
いわゆる「ヌルサク」ってやつ。

Appleは初代iPhoneの良さに磨きをかけて「さらに良いiPhone」を目指している。
他社は現行モデルのiPhoneを調べてそれに勝てるものを目指している。
それを表す尺度はメーカーもマスコミもキャリアもスペックばっか。

でもさぁ、

たとえば美味いカレーライスはどれかを比較するのに
 ・米が何県産だとか種類だとか、何合使った
 ・ルーのスパイスが何種類で
 ・肉はなんとか牛で
 ・にんじんは・・・
 ・煮込むのにかけた時間
なんて比較表作って比べるかね?

大事なのは辛さ具合やまろやかさ、風味などの味のバランスじゃなかろうか?

メーカーもマスコミもキャリアもスペックでしかスマホを語れないんじゃ・・・
そんなんじゃ、
いつまで経っても人が触って「イイね!」って感じられるものは作れないんじゃ?
はやく「ヌルサク」度合いを数字で表現してほしいものだ。

| | コメント (2)

2013年10月23日 (水)

ocnモバイルエントリー SIMサイズ変更

先日Amazonで購入したocnモバイルエントリーd LTE980なんだがSIMサイズは標準。
これをnanoサイズに変更したくて0120-506506に電話してみた。

これ、いまはOCNモバイルONEってのに変わってるのね。
オペレーターの説明では一旦解約してあらためてnanoサイズで申し込むことになり、その際初期費用が3150円かかるとのこと。
またもとの回線の解約金などは無いとのこと。

どうしよっかな~・・・と一瞬悩む

もともと980円/月という格安だから申し込んだのに3150円改めてかかるのは。。。

しかしオペレーターから
 ・この電話で手続きが完了し1週間程度でお届けできる。
 ・いまなら1ヶ月無料なのでみなさん2GBのプランを選ばれる
 ・2ヶ月御利用頂ければ1000円キャッシュバックがあるので
  11月分が無料12月分が580円でご利用いただけるのと同じ。

との説明を受けてお願いすることにした。
12月末に980円のプランに変更の手続きをすれば1月からは980円。

最初に購入する際にシッカリ考えてnanoサイズにしておけば3150円は払わずに済んだんだけどなぁ。反省

当時はiPhoneで使うことはあまり考えてなかった。
LTEで使う分にはソフトバンクで不満が無かったからだ。

しかし、iPhone5cがあまり売れておらず、年末には叩き売りが予想される。
筐体も5cはオリジナルなので安く手に入るならコレクションに良いかなぁと。笑
MVNOのSIMではLTEが使えない話も聞くが先々解決するかもしれんし。
R-SIM7+で使えるかもしれないし。。。

ところでocnのSIMは返却が義務付けられているらしい。
 ワシ:あのう、SIMカッターでMicroサイズに切っちゃったんだけど・・・
 オペ:アハハ、とりあえずそれで送り返してみてください。
とのことだった。汗

大手3キャリアでSIMを返せと言われた経験は無いが、返せと言われたのはイーモバイルに続きocnが2社目である。

さて、iPhone5cはドコモ、ソフトバンクどっちにしよう?
ドコモなら維持費を安く寝かせるのは簡単そうだ。
ソフトバンクはそうはいかないが5sのSIMを使いまわせるのが魅力。
R-SIM7+って手もあるし。

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

iPhone5s持って家族旅行

娘の部活の応援ということで神奈川まで家族旅行に行って来た。
持って行ったのはiPhone5sとGalaxytab7.7。

会場近くまではカーナビですんなり来れたのだけど陸上競技場の場所がわからん。
こんなこともあるだろうと画面の大きいGalaxyTabを用意したのら。
しかし地図モードではカーナビ同様に良くわからん。
さらに写真モードへの切り替え方がわからん。
きわめつけがocnのSIMはLTEに対応してるんだが肝心な時に圏外でモタモタ。

ってことでiPhone5sに持ちかえた。

Photo

写真モードで一発で陸上競技場を発見。いやはや便利♪
空からのビューだと陸上競技場は目立ちますもの。
iPhone5sは動きもサクサクで4Gを掴んでいた。
実は宿泊した宿でもドコモは3Gしか掴めなかった。
一方、SBMのiPhone5/5sは宿でもしっかり4Gを掴んで快適でした。

昔は電波の良いのはドコモでSBMの印象は悪かったんだが最近は逆?

土曜日の娘の出番は朝一だけなのでその後鎌倉へ移動。

Photo_2

あいにくの曇り空で写真はイマイチでした。背景が青空だと良かったのに。。。

二日目は残念ながら雨。

Photo_3

あらら、雨だと背景で雨がアニメーションで落ちるんですね。
なんかJBアプリみたいだな。
前日あまりにもiPhone5sがサクサク動くのでSpeedTestを決行してみた。
計測したのは相模原市の陸上競技場駐車場。
ドコモ(ocn)のSIMでは3Gしか掴めない場所でSBMはこの速度!
こりゃ倍速ダブルLTEの威力ですね。

Speedtest

帰りは三郷のららぽーとでランチ。
私は久留米豚骨ラーメンを選択。

Photo_4

これ、ご当地ラーメン対決で優勝したんだそうな。
細面でコッテリしていておいしく頂きました。

そういえばこの小旅行中、iPhoneのアンテナ表示が3Gになることは一度もありませんでしたね。
バッテリーも余裕で1日もってくれて大満足です。

| | コメント (2)

2013年10月19日 (土)

薄型iPhone5sケース買ってみた

またiPhone5s用ケース買っちゃったw しかも2個。

Case

いつもの上海問屋さんでブルーとグレーの2色。(145円×2)
送料節約で同封でACアダプタ(499円)も購入。
このACアダプタ、2口あわせて2Aに対応している。
以前2口で1Aのものを買ったらiPhoneとポケファイを同時に充電できなかった。
今回は大丈夫だと思う。

いままで使ってたのはTPU素材のグレーのケース。
悪くは無かったんだけど表面がツルテカなのが難点だった。
ポケットにタバコとかと一緒に入れると取り出す際にくっついちゃうのだ。

iPhone5時代に使っていたTPU素材ケースは青い部分がざらざらしていて滑りが良かった。

ってことで今回は表面のザラザラ手触り感を重視。
素材はTPUではなくポリカーボネート。
ハードよりは柔らかくTPUよりは硬めってところだろうか?
厚さは0.5mmを選択。0.3mmのもあったけど保護力を考えて厚めにした。

Case_2

こんな感じで薄っすらリンゴマークが透けて見える。

Case_3

表面はこんな感じ。
手に持った印象はほとんど裸な感じである。とってもスリム。
iPhon4Sから5で薄くなった筐体の良さを殺していない。とてもいい感じ。
さすがに145円なので安っぽさはあるものの、私はシンプルなのが好み。

肝心の手触りもザラザラしていて滑りがよろしい。
iPhoneをポケットに入れて手を離すとストッと落ちる。この感じが好きである。
さっと出してサッと仕舞う。これ大事だと思うんだよね。

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

SpeedTestのパケット消費

3日で1GBの通信制限にかかり、原因がSpeedTestらしいことは判った。

しかし、この先のことを考えるとSpeedTestでどの程度パケット消費をするのか興味がある。
iPhoneのアプリでDataWizってのがあるのでインストールしてみた。
バックグランドで3G/4GとWiFiの通信量を計測してくれるアプリである。

Datawith

ちなみに平日は通勤程度しか使わないので1日で19.27MBと少なかった。
そんでも1ヶ月で600MBかぁ...b-mobile Fair使ってたころよりずいぶん増えてる。
LTEで高速通信が出来ちゃう反動なのかな?

さていよいよSpeedTest時のパケット消費の計測である。

8mbps

下り8.63Mbps程度の場合。LTEとしては遅いほうかな?

8m_19mb

なんとこの程度の速度でも19MBを消費していた。
こりゃモバイルエントリーd LTE 980とか1日30MBの制限には引っかかるぞ。
利用されてる方、お気をつけあれ。

つぎに、倍速ダブルLTEだと・・・

53mbps

こんな50Mbps超えの速度が出ちゃうんだけど・・・

53m_84mb

パケット消費も84MBとハンパ無い!
一発でモバイルエントリーの30MB制限はアウト!
12回計測しちゃうと1GBに達してしまう。
1日4回のSpeedTestを3日やるとアウトである。

SpeedTestの計測方法は・・・
初期に小さなダミーファイルを通信して速度を探る。
次に速度に応じたサイズのダミーファイルをダウンロード/アップロードする。
これを上り/下りで数秒間行って通信速度を計測するらしい。

50Mbps超えなんて速度の場合は上り/下りで合計で84MBのファイルを通信してるわけだ。

これを知ってからSpeetestは極力控えるようにしている。
行ったとしても1日に2回以内。
とにかく3日で1GBを超えて制限を受けるのは避けたいのである。

LTEで通信速度が上がるとついつい計測したくなるのが人情。
しかしこんな落とし穴があることをお気をつけあれ。

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

1GB/3日の通信制限喰らった

12日(土曜日)の午後、娘を塾に送る際にiPhone5sの通信速度が妙に遅いことに気が付いた。

Facebookの写真がいつまでも表示できないでイライラである。
ためしにspeedtestしてみると・・・

Photo

ありゃりゃ、こりゃ遅いはずだ。通信障害かな?
それとも7GB越えて通信制限でも受けたか?とMySoftbankを見てもまだ3GB。
そこでツイッターで3日間で通信量が1GBを超えると制限を受けることを教えていただく。
それでも4Gを掴むと普通の速度で通信できた。大丈夫か?

しかし自宅へ帰り再度試すとまたまた100kbps程度の速度しか出ない。
もいちどMySoftbankで調べると・・・

Photo_2

はっはーん、これですな。しっかり3日間で1GB超えとる。
ってか10日と11日合わせただけで越えてるから明日もダメ?orz

そこで何にこんなに使ったんだろ?と考えてみる。
9日は3日間の内では比較的少なめである。(それでも昔のひと月分だが)
あの日は日帰りで長野出張だった。
仕事中は使わなかったが長野までの往復ではネット三昧。
日頃に比べればずいぶん使ったはずだ。

なのに出張もしていない10日と11日でいったい何を???
心当たりは通勤路でのSpeedTestの連発である。

Lte

通勤路で過去最速の下り53.4Mbpsを記録したので通勤経路の何処で倍速ダブルLTEが使えるのか調べようとSpeedTestで測りまくったのだ。
このアプリ結構パケットを消費するのは知っていたがこれほどとは。驚
10日は出社時の朝メイン、11日は出社時も退社時も計りまくった。
これが原因でパケット通信量が増えてしまったのだと思う。

設定>モバイルデータ通信でアプリ別の通信量を確認してみた。
9月20日の締め日でリセットしているからそれ以降の積算ということになる。

Png

はい、真犯人発見~!
他のアプリがMBやKB台の消費の中、Speedtestだけが1.8GBも通信していた。
倍速ダブルLTEを喜んでいたが、下り50Mbps/上り15Mbpsってことは計測中は毎秒65Mb=8MB通信していたことになる。
だいたい5秒間計測していたとして40MBの通信。出社時5回/退社時5回で400MBだ。
いい気になって計測していると3日間で1GBの制限にすぐ引っかかってしまう。

もうひとつ怪しいのがDropboxのモバイルデータ通信同期。
そういえば最近、モバイルデータ通信で同期出来る様に設定していた。
だって自宅のWiFiよかLTE通信のほうが速いんだもん。
Dropboxには娘の1600mリレーを撮った動画も含まれておりかなりのサイズ。

Dropboxwifi

ってことで同期は「WiFiのみ」に設定変更。
(もっともDropboxでのデータ通信量は11.8MBにしか至っていなかった。)

LTEで通信速度が速くなったのでついアプリも4Gで更新してしまう。
3Gの時代ならモタモタ遅いので自宅でフレッツ光経由WiFiのほうが快適だった。
今はホワイトBBなので速度は逆転。
そんな背景もあるのだと思う。
(App Storeは283MB利用、油断禁物である)

こりゃ気をつけよう。
 SpeedTset乱発は避ける
 アプリの更新は自宅に帰ってWiFi経由で行う
これで回避が出来ると思う。

しっかし、なんだな。昔はb-mobile Fairで1GBを4ヶ月で余らせた私が3日で1GBを超えちゃうとは、LTE恐るべしである。

予備でocnのモバイルエントリー d LTE 980ってのもアリかもw

| | コメント (2)

2013年10月13日 (日)

SBM版 iPhone5cがMNP一括0円

この3連休、SBMが特別にインセンティブを乗せたらしい。
なんとSBM版のiPhone5cがMNP一括0円で売られている。

宇都宮のコジマ電気ですらMNP一括9800円だ。

5c9800

ツイッターで教えて頂いた情報ではBe-ONE系ショップなら一括0円で扱っているらしい。

思い起こせばiPhone4が出る直前。
iPhone3GSがMNP一括9800円で手に入れることが出来て小躍りしていた。
しかし3GSとしてはモデル末期だったわけで。。。

iPhone5cは先月20日に発売されたばかりで一ヶ月も経過しないうちに0円。
これはなんだかなぁ・・・と思う。
だって先月の20日には夜を徹して並んで定価でゲットした人も居るんでしょ?
(まぁほとんどがiPhone5cじゃなくて5s目当てだとは思うけど)

私にとってはiPhoneってのは他とは一線を画す特別な商品なイメージだったんだけど、なんかガッカリだなぁ。

だって、高いから決算期シーズンに安くなるとワクワクしたんだし、モデル末期にお買い得情報を見るのが楽しみだった。
出てすぐ投売りじゃぁどっかの馬鹿キャリアのSⅢαと同じじゃん。

まぁAppleにすれば廉価版を用意したかったんだからしょうがないのかな?
でも発売してすぐ投売りって。。。

どうやらAppleは3ヵ月おきに販売状況を確認してパートナーの評価をしているらしい。
ソフトバンクはAppleとの付き合いが長い。
販売計画と実績の乖離から「これはヤバい!」と判断してインセ増額に走ったのだろう。
Appleとの付き合いの浅いauやドコモが行動に出るのはもう少し先になるのかな?

いずれにしても5cはぜんぜん売れてないのでしょうねぇ。
本来5cのターゲットだったはずの中国でさえ人気が無いと聞きますし。
なんかAppleも生産調整(半減)に入いるという噂もあるし。

安くiPhoneを手に入れたい方にはこの連休はチャンスではないでしょうか?

ちょっと欲しくなって維持費を計算してみた。

5c

 パケフラ1:MNP一括0円で買って普通に使った場合3573円
 パケフラ2:ホワイトBBでスマホBB割でフラット契約の場合2618円
 2段階:寝かせる目的で2段階定額で維持した場合1623円

2段階だと対象の割引が減っちゃうのでパケフラ2とは約1000円の差。
使わないのに2100円ってのが痛い。
この2100円を最初に決めたのはドコモのXiじゃなかったっけ?クソが!

| | コメント (4)

2013年10月12日 (土)

キャッシュバック反対派へ

9月のMNP転入転出数はauの大勝で終わったことが明るみに出た。
 au:  118000件の転入超過
 SBM:  27000件の転入超過
 ドコモ: 133100件の転超過

まぁこれには裏があり、
auがiPhone5をMNP客には本体代金一括0円+キャッシュバック2~4万円でばら撒いたわけだ。
これに転売屋やドコモ更新月客が群がった結果であろう。
SBMも若干控えめに似たような反撃に出たが同社は転売対策を施してありauほど数字は伸びなかったと思われる。
電波品質を気にするドコモからの転出ではauの方が好まれるというのもあるのかな?
(iPhone5に関しては逆なんだがw)

auがばら撒いたキャッシュバック額を3万円とする。
対象転入件数を10万人とする。
使った総額は3万×10万=30億円

MNP優遇策は異常、既存客の維持費削減にあてるべしって言う人を見かける。

auのシェアは8月時点で3880万件。
計算上面倒なので3000万件として3000万人に公平に還元すると

30億円÷3000万=百円 なのだw

要するに、MNPで動く対象者数は既存客総数に対して極めて小さい。
この予算は既存客へ百円還元するよりMNP客獲得に使うのが効率的なのだろう。

もし転入した10万人が約4000円の維持費を24ヶ月払ってくれたら・・・
10万×4000×24=96億円がリターンされるわけだし。
まぁここにも裏があり実際に96億円回収出来るかは疑問があるが、ここで言及するのは避けよう。

ドコモはMNPの優遇施策を月々サポートで毎月の維持費にあてている。
これには私も疑問を感じる。
個人的には3円維持回線とかで恩恵を得られたけど・・・

2年更新月移行の維持費はガーンとupするわけで
割安で維持出来ていた顧客が更新月でまた他キャリアへ転出するのではなかろうか?

私は今SBMのiPhone5sを使っている。
SBMの同割引も月月割という名前で行われているんだが機種変でも案外割引かれる。
また、他社に比べSBMはキャリア内機種変に手厚い施策を用意してくれる。
従って2年後の更新月も機種変でも良いかな?なーんて思っている。

auの「のーり、のーり、のりかえるぅ♪」なんて露骨なCMは
キャリアにとってありがたい筈の長期利用顧客にMNPのメリットを教えているだけで、長い目で見るとキャリアにとってはあまり得策では無いのではなかろうか?

| | コメント (2)

2013年10月11日 (金)

ドコモの転出超過は止まらず

ドコモでもiPhoneを扱うようになった9月のMNPシェア争奪戦。
いったいどう動くのか興味があったんだが・・・やっぱりねぇ。。。って結果で終わった。

Mnp2013_9

ドコモの一人負けである。

以前、私は 携帯契約数、MNP転入/転出予測 という記事を書いた。
この中で、
更新月に該当する顧客のうち20%が転出を考えたとして、その内2/3が他社へ均等に転出、1/3が踏みとどまったと仮定した場合ドコモの一人負け。
という推測をしたんだが、どうやらこれがビンゴのようだ。

実際の9月の数字はそれより若干auが良好だが、800MHzが掴めないiPhone5を一括0円+3万円前後のキャッシュバックでばら撒いたんだからそのおかげであろう。

ドコモがiPhoneを取り扱うようになってようやく品揃えが均等化した。
均等化したところで数学的に母数の多いドコモが不利なのだ。

ケータイが世に出始めた当時はほぼドコモの独占状態。
そして当時契約した人は高齢化してリタイヤしていく。
今は3社で品揃え、料金、電波に大差は無いわけで
新規契約が3等分になったとすればドコモに純増はあり得ない。

ドコモが純増やMNP転入超過に至るとしたらシェアに見合うだけのサービスが必要であり、他社横並びな魅力ではとうてい敵わない。

もうひとつ、なるほどねぇ。。。と感じたことがある。
上記推測通りのMNP転出割合になったということはわざわざ更新月以外で違約金を払ってまでMNPする人は少ないということだ。
ドコモからauのiPhone5へMNPしてしまい、ろくにLTEに繋がらない客が大人しく我慢している。
地域によっては運よく不満なく使っている人も居られるのだろうが、前の記事で比較したように酷いありさまだった。
2年縛りの威力、恐るべし。。。である。
(もっとも来年秋以降のauのMNP成績はどうなるやら判らんけどw)

いまドコモに残ってる顧客の中には
 ・ドコモしか満足に繋がらない地域都合の人
 ・現状(端末や維持費)に不満が無い無関心層(ガラケーユーザー)
が他キャリヤよりもかな~り多い比率で存在すると思われる。

これらの顧客を大事にしていかないとドコモに未来は無いんじゃないかな?
いつまでもガラスマ売ってる場合じゃ無いと私は思う。

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

倍速ダブルLTEの威力

今日は長野方面へ同僚と日帰り出張。
同僚はau版のiPhone5、私はSBM版のiPhone5s。
宇都宮-大宮-長野での電波対決である。笑

朝早い新幹線でマージンを取りすぎてトンチンカンに早く宇都宮駅に着いた。
ここでSpeedtest。

Lte

驚愕の速度!下り45.3Mbps/上り17.54Mbps。
こんな速度は初めて見る。倍速ダブルLTEの威力なんだと思う。
家から会社への通勤経路ではお目にかからない速度なのでエリアは限られるのかな?
それとも早朝で空いていただけ?

さて同僚と駅でおちあい、一緒に新幹線で移動。
宇都宮駅を出てまもなく
 同僚:えっ、LTEつながんない。そっちはどうですか?
 ワシ:ずーと4Gだよ。

その後同僚がかばんの中からこいつを取り出した。

Surface

SURFACE RTってやつだ!
しかもメールでアメリカ人とやりとりしてやがる。カッコいいじゃん!
iPhone5でテザリングして接続なんだと。
しかし・・・

Au

あらら、残念ねぇ。。。iPhone5が3Gどころか圏外に陥っていた。
結局大宮までの区間で
 SBM:小山市駅以降で一時的に3G以外は4G
 au:ほとんど3G、時々圏外
という結果。

さすがに大宮駅では両者ともLTE接続で通信が出来た。
そして長野新幹線に乗り換える。
ここではウトウトしてしまいあまり比較は出来なかった。
記憶ではSBM版は4G時々3G、後半のトンネル突入時は圏外という結果。

ここからは、しなの鉄道ってローカル線に乗り換えるんだが

Photo

まさかの人身事故でダイヤが大幅に遅れているorz
通勤通学時間なので遅刻対応で証明書の発行に大行列が出来ていた。
なんとか電車は発車し目的地へ。。。

 同僚:わっ!LTE繋がった!あぁぁぁ切れた。。。
 ワシ:どれどれ?クソ!ワシ3Gのままだ。

こんな調子で同僚のiPhone5はLTEに繋がると歓喜するもののすぐ切れる。
しかしauがLTEに繋がるのにSBMが3Gってエリアも何度か遭遇した。
おいしいスポットに生活圏がミートすればau版iPhone5でも幸せなのかも。

総評は
 au版iPhone5:宇都宮駅、大宮駅などではLTE接続出来るが他は3Gまれに圏外。
 SBM版iPhone5s:概ね4G接続で時々3G
というイメージである。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

SIMカッターを買ってみた

ocnのモバイルエントリーd LTE980を買ったはイイがノーマルサイズ。
今風の端末だとSIMスロットはMicroが主流な訳でSIMカッターを買ってみた。

nanoサイズ対応か悩んだんだが使うあてがないのでMicro用を選択。
少し割高だがPDA工房さんなら品質も良かろうと上記を選択。

Photo

こんな感じでセットしたらパンチすればOK。
ただここで注意点がひとつ。
手に持って握ってはいけない。手の腹の肉を挟んだら怪我をする。
机などに底面を充ててレバーを押し下げるのが安全である。
(実は練習で痛い思いをしたww)

Sim

パチン!とレバーを押し切ればカット成功。バリは若干出るようなのでヤスリがけが必要。
昔ハサミで切っていたことを思えばずいぶん簡単にカットできる。
しかも精度が良いのでSIMを差込んでロックさせるタイプでも確実に使えそうだ。
カットの精度が悪いとロックできずに出てきてしまうのだ。笑
残った枠はアダプターとしても使えそう。
そういえばオマケでSIMアダプターが2枚付属してきた。

早速SIMフリーiPhone4Sに挿して使ってみる。
APN設定を入力すれば簡単にdocomoの電波を掴んだ。

Photo_2

ただし噂どおりアンテナピクトの表示は無し。
ネットには繋がっていることをブラウザで確認。
ダメ元でテザリングも試してみる。

Ok

なーんとアッサリ成功である。
LTE端末であればLTEでも接続できるし、テザリングも出来て980円/月。
これはお得なSIMですなぁ。。。

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

HW-01Cで ocnモバイルエントリーd LTE980

先日、家族用にL-04Dを買って私の月サポSIMを挿して使うことにした。
そうなると私の黒卵(HW-01C)用のSIMが無くなるわけで。。。
先日購入したocnモバイルエントリーd LTE980の出番である。

Galaxy tabでHW-01Cにログインし設定画面へ

Ocn

ocnから伝えられたユーザー名やパスワード、APNを設定し保存。
接続をこいつがデフォルトになるようにして設定完了である。

Ocnok_2

無事、HW-01Cはocnで接続成功!
こんなに簡単に980円で通信出来る手段が手に入るんだからもう月サポデータ回線作る必要も無いかな?
昨年に比べて月々サポートも渋くなっちゃったし。
本来LTE接続できる契約なんだがHW-01CがFOMA端末なのが残念。

先々L-03Eあたり買おうかなぁ。。。

ちょっとSC-03Eあたりで試してみようかと思ったけど買ったのはノーマルサイズのSIM。
いやぁ、失敗したな。MicroSIMのパッケージにしておけば良かったorz

| | コメント (0)

2013年10月 5日 (土)

iPhone5の買取価格相場

よく、古いiPhoneの使い道で
 子供のおもちゃに
 車に積みっぱなしで音楽再生専用に
なんて話を聞く。

まぁ、十人十色なのでそれを否定するつもりは無い。

私は・・・というとヤフオクなので処分して現金化して次の端末の購入資金に当てている。
たとえば今回のiPhone5s機種変では端末は68040円の定価で一括購入。
これはさすがに痛いわけでポイントやらヤフオクを活用し最小限の出費に抑えた。
表でまとめるとこんな感じ。

Iphone5

定価で購入した直後はiPhone5sとiPhone5はダブってしまう。
iPhone5ヤフオクに出品して36500円を回収。
本体代金のうちポイントを除いて支払ったのは52960円だから差し引きで
 52960-36500=16460円 の出費で端末を最新に入れ替えた計算だ。

月々の支払いも基本料無料が引き継がれ、月月割は2140⇒2245円に増額。
(月月割はMNPなら2835円とさらに大きいんだが今回は機種変なので2245円)
と、本体代の出費も、月々の維持費も私としては満足している。

ちなみにiPhone5の16GBの最近の相場は

 中古:SBM下取り価格21000円、買取業者22000円
 新品:買取業者40000円

である。
ヤフオクなら中古でも美品なら新品買取額に近い価格で落札される場合もある。
おそらく買取業者が入札に加わり価格が高騰するのだろう。

一方、月並みな中古買取業者だと1万円台かもしれない。

なぜここまで買取価格相場に差が出るのか?
私は再販売先が海外(中国)か日本国内かの差だと考えている。

日本国内で再販売するには1万円台で買い取らないと利益が出ないのだろう。
しかし、中国では48000円で販売されていると聞く。
新品で40000円で買い取っても8000円の利益が出る。

中国では工場などで働く人の月給は日本円で約2万円と聞く。
1台で8000円の利益はかなり大きいわけだ。

国産スマホは国内の販売価格に応じて買取価格も変動する。
キャリアが投売りすれば買取価格も暴落する傾向が強い。
しかしiPhoneやGalaxy、Xperiaなどのグローバルモデルの相場は安定している。
海外需要が安定していることが要因なんだと思う。

ってことで、
私は4万円近い価値のあるものを車内でiPod代わりに使う気にはならんのだ。

そういえばBCNランキングによれば今の販売トップはau版iPhone5 16GB。

Photo

MNPで一括0円+CB30~40Kの威力は新型5sすら蹴落としてしまった。笑
一体何万台のiPhone5が中国に流れていくのだろうか?
Appleは儲かるだろうが、KDDIは大丈夫なのだろうか?

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

L-04D買ってみた

家族がポケファイが欲しいというのでAmazonで新品白ロムを買ってみた。
月サポ盛りのデータ回線はあるので新規での契約は不要と考えたのだ。

L04d

L-03Eのように800MHzのLTEを掴めないのでイマイチなんだが、まぁお試しということで。笑

昔SC-05Dで契約したSIMを挿して早速充電しながら電源ON!

L04d_2

ほほう、自宅でもしっかりLTE掴んでますな♪
下に出ている表示が通信総量てことか?
3GBや7GB上限とかあるからこれは便利だと思う。

早速iPhone5sで接続テスト。
SIMがmopera契約なのでAPN設定などは不要ですぐに使えた。
箱に入れてあるシールのパスワードを入力すればOK。

L04d_3

下り13.27Mbpsかぁ。。。
au版Androidの速度を知ってしまうと感動は無いなぁ。。。
LTEとしてはまぁそこそこって感じだろうか?

このL-04Dは家族が使うので機能や性能より操作の簡単さを優先した。
新品白ロムで8900円程度だったんだけど。。。
店頭で一括0円+CB付きで購入して音声プランにした方がお得だったかも。

あれれ?注文した時より値上がりしてる?

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »