« SB版 iPhone5の LTE接続率 | トップページ | EeePC用 FPM32GLSE導入 »

2013年5月18日 (土)

SC-01Eバッテリー異常消費が再発

以前、SC-01Eのバッテリー異常消費 について書いたが、その後久しく再発していなかった。

が、先日、強烈なのを喰らってしまった。

満充電して二日程度使っておりバッテリー残量約80%で家に置いて出社。
帰宅して起動しようとするも、うんともすんとも画面が真っ暗。

いつものペースでのバッテリーの減り方ならまだ残70%くらいはあるはず。
しかし起動しないので充電を試みる。
やっと起動したかと思ったら赤いバッテリー残9%の表示である。

1_2

これは酷い!

グラフを見る限り約80%程度のバッテリー残量から急降下で空になってる。

今までは残50%や30%から一気に1%へ降下したことはあったけど80%からは酷い。
これじゃ充電して出先で使おうとしたらただの文鎮じゃん。

これ、定価とかで高い代金支払った人は頭にくるんじゃなかろうか?

ネットでググると
 バッテリー異常なんだから交換してもらったほうが良い
 一日一回再起動で改善する
なんて情報が見つかった。

週末のドコモショップって混むんだよなぁ。。。
家電量販店や併売店に行けば安く買えるのになんで定価売りのDSに行くんだろ?
貴重な週末を待ち時間で潰すのも嫌なので再起動を試してみよう。

初代GALAXY TABはネットにCWM導入丁寧な情報が沢山あったんだけど今回のSC-01Eでの情報は皆無。
カスタムROMとかで直るような気がするんだけどな?

|

« SB版 iPhone5の LTE接続率 | トップページ | EeePC用 FPM32GLSE導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SB版 iPhone5の LTE接続率 | トップページ | EeePC用 FPM32GLSE導入 »