« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

SB版 iPhone5衝動買い

ヨドバシがGW特価でSO-03D機種変980円をやっていた。
一見安そうに見えるが本体代金に加えパケホや手数料、オプション計算すると約1万円。
微妙だなぁ・・・と感じながらもひとまずヨドバシに行ってみた。
1月に契約したSH-03E回線が遊んでいたからだ。

ヨドバシに着くとSO-03Dの整理券は終わっていた。
なんか他に無いかな?と辺りを見渡すと・・・

9360

あった!SB版iPhone5の16GBがMNP一括9360円!

もっと安いのあるかも知れないけど宇都宮じゃこれが精一杯じゃね?
但し学割って書いてあるぞ???
 ワシ:これさ、学割家族だといくらになるの?
 店員:えーと・・・同じですよ。
    (学割と学割家族が同じって・・・なんかお安くね?)
 ワシ:先日、娘が此処でホワイト学割で買ったんだけど、お願いできる?
 店員:お父様はみまもりで娘さんと家族割を組んでおられるので大丈夫ですよ。

ってことでお願いすることにした。
そもそも、私としてはキャリアはソフトバンクがBESTと答えは出している。
au版iPhone5とR-SIM7+でXi回線で使えてはいるんだが・・・
最近LTEオフにしておいても自宅で圏外に至りSIM気絶を2度喰らっていた。
急ぎの外出でSIM気絶されてちゃ儀式なんぞやってられない。
そろそろSB版iPhone5買おうかなぁ・・・とは考えていたのだ。

iPhoneの維持費はホワイト学割with家族だと3年間基本料無料。
 5775円-月月割▲2140円=3635円。
今の私の全回線の維持費は合計で1273円。
そのうちSH-03Eの763円はPOで消えるんだから・・・
 1237-763+3638円=4112円。
まてまて、Xi回線をドコモ端末で使うだけならmoperaをSPモードに出来る。
 525-315=210円節約できるな。
んじゃ、毎月の維持費は・・・ 4112-210=3902円
と、まぁ納得できる範疇に収まりそう。

Iphone5sb  

ってことで、9360円払ってiPhone5を買ってきましたん。
PhotoVisionとか、FONルーターとか、ケースとか貰っちゃったw
このPhotoVisionは2年間維持費0円ってのが嬉しい。

そこへ女房や娘らが帰ってくる。
早速女房とPhotoVisionを棚に置く作業に取り掛かる。
娘は呆れ顔だが女房は事情を知っているので特に文句はいわないのら。

Photovision2

残念ながらワンセグは電波が弱くてうまく映らないけどペットの写真は出せるぞ。

これでワシと上の娘はソフトバンク。
女房と下の娘は焦らず一括0円になったあたりで乗りかえよう。

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

SC-03E にCM10.1焼いてみる

二つ前の記事でSC-03Eのrootを取得し、一つ前の記事でCWMを導入した。
これでカスタムROMを焼く準備はOKである。
今回はいよいよCM10.1(CyanogenMod10.1)を焼いてみる。

【用意するもの】
 ●CyanogenMod10.1 JP Remix for SC-03E パスワードは1234
 ●gapps-jb-20130301-signed.zip これ無いとPlayストア動かん

これで手に入れた cm-10.1-20130421-KBC-sc03e.zipgapps-jb-20130301-signed.zip という二つのファイルをzipのままSC-03E内のmicroSDカードに転送しておく。

【手順】
SC-01EをCWMリカバリーモードで起動する。
起動方法はVol up+ホーム+電源ボタン同時長押しである。
これでこんな画面で起動するはず。

Cwm

 wipe data/factory resetを選択する。
 install zip from sdcard>choose zip from exteral sdcardに移り
 cm-10.1-20130421-KBC-sc03e.zipを選択して実行。
 install zip from sdcard>choose zip from exteral sdcardに移り
 gapps-jb-20130301-signed.zipを選択して実行。
 wipe data/factory resetwipe cashe partition を実施。

これで再起動させれば例の起動画面でSC-03Eが立ち上がる。

Cm10

わくわく・・・

Cm10_2

じゃーん!無事成功である。
起動直後はすっからかんだったので上図はアプリを復元した後のキャプチャ画面。
やっぱゴミの無いスマホは気持ちが良いなぁ♪

Cwm_2

Androidのバージョンは4.2.2と最新。
ベースバンドバージョンもSC03EOMAMB1と純正なのでプラスエリアも大丈夫だろう。

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

srt-srv.xlisting.jpの応答を待っています

最近このブログのアクセス数が減ったなと思っていたら表示がやたら遅いことに気が付いた。
特に右側のリストや下側の表示に時間がかかる。
フレッツ光の回線速度を持ってしても数分はかかってしまう。

そんな表示の遅いブログ見るかい!ってなもんだと思う。

症状が出ているときはブラウザの下を見ると

srt-srv.xlisting.jpの応答を待っています...

ってな表示が必ず出ている。

このキーワードでググるとたしかに同事象で悩んでいる人を見つけた。

 ⇒  ココログサポートトップ≫質問一覧≫ページ不具合 (スレッド) 

しかし、スレッドを見ても解決策は見つかっていない様子。

しかたが無いのでniftyのサポートにメールしてみると・・・
私のブログで症状が確認できた旨のメールがその日のうちに届いた。えらい!
ブログの再構築で直る可能性があるので試すような文面。
喜んで試してみるも効果無し。

まぁ複数のユーザーから同事象が打ちあがってるわけだから、個々のブログを疑うより、さっさと

 srt-srv.xlisting.jpの応答を待っています...

について調べて欲しいもんだ。

読者の方々、ご不便をおかけして申し訳ありません。
あとはniftyの技術者の力に掛かっておりますのでもうしばらくお待ちください。

お客もカウンター窓口も不具合の症状を確認しているのに

「何も異常は認められません」

と平気で答えるどこかの無能なカスタマーサポートとはniftyは違うことを祈ります。

追記
niftyさん、すごい!
この記事を書いた4月28日22:45時点で直っています。ありがとう!
ドコモのカスタマーサポートなんかと比べてしまい大変失礼致しました。

SC-01Eのバッテリー異常も早く直して欲しいな。

| | コメント (0)

SC-03E にCWMリカバリー導入

前の記事でSC-03Eのrootを取得した。
今度はCWMリカバリーを導入する。
今回も参考にさせていただくのはこちらのブログ
 ⇒ docomo Galaxy S3α SC-03E CWM導入しました。

【おサイフ機能対応】
CWMを導入するとおサイフ機能が使えない問題があったようだが解決しているらしい。
対応策はPlayストアからGNT2/S3α eXtreme Tuner [ROOT]の導入。
300円だったが念のため導入しておいた。

Photo

FeliCa Control -> FeliCa Device Keys設定 -> Key取得
でkey取得が出来るらしい。
具体的にどんなkeyなのか判らんかったが大丈夫そうなメッセージが出て安心。
(ぶっちゃけ、おサイフ機能はあまり使わないのでよーわからん)

以降がCWM関連の導入となる。

【用意するもの】
 ●SC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery-odin.tar.md5
 ●SC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery-signed.zip
 これらは CWM-based Galaxy S3 alpha Recovery V6 で「SC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery.7z」を入手し解凍すれば手に入る。
 ●SC03E-JB-KBC-20130423#18-SAM-boot-odin.tar.md5
 これは同リンク先のOdin用tar.md5 から入手可能。

【手順】
SC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery-signed.zipをSC-03E内に転送しておく。
私は外部SDCARDに保存した。

PC上でOdin3を起動する。
SC-03Eをダウンロードモード(Vol down下+ホーム+電源同時長押し)で起動する。
USBケーブルでPCとSC-03Eを接続。
Odin3のPDA欄にSC03E-JB-KBC-CWM-V6.0.3.0_r0-recovery-odin.tar.md5を設定。
Odin3のスタートボタンを押す。

Cwm_odin3

無事焼き終われば上図のようにPASS!と表示される。

同じ手順でOdin3のPDA欄にSC03E-JB-KBC-20130423#18-SAM-boot-odin.tar.md5を設定。
同様に焼けばOKである。

これにてROM焼き作業は終了。

実際にCWMリカバリを起動してみる。
事前にFastbootをインストールしておく必要があるが説明はリンク先で省略。
PCのFastbootフォルダ内でsiftキーを押しながら右クリックで「コマンドウィンドウをここで開く」を選択。
DOS窓から
adb reboot recovery
と打ち込めばSC-03EでCWMが起動する。

Cwm

せっかくなのでバックアップをMicroSDcard(exteral sdcard)に保存しておいた。
 mounts and storage でexteral sdcardをマウント。
 backup and restore で保存先にexteral sdcardを選んでバックアップ。
これにて純正ROMのバックアップも完了。
安心してカスタムロムを楽しむことが出来るぞ♪

CWM導入後におサイフ機能の有効化を行う。
FeliCa Control -> FeliCa Device Keys設定 -> Key有効化 & Unlock FeliCa device
でうまくいっているみたい。

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

SC-03E のroot取得

iPhone5買って以来、ずーっと引き出しに入れっぱなしのSC-03E。
Androidスマホとしては優秀な印象で気に入っているんだが、iPhone5から持ち替えるとスクロールのヌルヌルは明らかにiPhoneに劣る。
そもそもワシ、たいした機能を使ってるわけではない。
なので日頃よく使うアプリの快適さを考えるとついiPhone5に手が伸びてしまうのだ。

でもさ、SC-05DにCM10焼いた時には感動するほどヌルサクな操作性に改善した。
もしかしたらSC-03EもCM10でさらに快適になるのかも~

ってな期待からSC-03EにCWM導入することを考え、まずはroot取得を試すことに。
参考にしたのはこちらのブログ
 ⇒ GALAXY S3α SC-03E 購入、そして即root化。簡単手順公開。
挿絵付きで丁寧な説明なのでお馬鹿な私でもすんなり成功した。
まぁそれでも後から自分が読んで判るようにメモ。

root取得の概略はroot取得済みのROMをOdin3で焼いて、SuperSUとかをインストール。
そんだけである。

【準備するもの】
 ●root取得済みのROM:https://www.dropbox.com/sh/v5k6qiz2upb3h5y/4DKsK2yf2N
  ( 私は自分のS3aのバージョンがMB1だったのでこちらを選択)
 ●ROM焼きツール: Odin3_v3.04.zip
 ●USBドライバ:http://www.samsung.com/jp/support/usefulsoftware/KIES/JSP

【手順】
ダウンロードしたROMは「SC03E-ROOTED-system.tar.md5」と言う名前のzipファイル。
これを展開すると中に「SC03E-ROOTED-system_MB1.tar.md5」というファイルがありこれを使います。
但し「SC03E-ROOTED-system.tar.md5」とリネームが必要。

PC側でOdin3を起動する。
SC-03Eをダウンロードモード(Vol down下+ホーム+電源同時長押し)で起動。

Photo

こんな画面が出るのでVol up上ボタンを押す。

USBでPCとSC-03Eを接続。

Odin3_1

Odin3がSC-03Eを認識すると上図のように左上の窓が水色になる。
PDAの欄(四角枠)にリネームしたSC03E-ROOTED-system.tar.md5を適用。
下の丸印のスタートを押せばROM焼きが始まり窓は水色から緑に変わる。
一瞬アプリが「応答なし」になりビビッタがそのまま触らず見守ると動き出した。ホッ
全て終わると緑色のPASS!の表示が出るんだけどキャプチャ忘れたw

以上でROM焼き作業は終了。
システム部分だけだからかアプリ類はそのままだった。
あとはPlayストアからSuperSUをインストールしてroot取得完了である。

Supersu

無事root取得が出来たので次はCWM導入のつもり。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

SC-01Eバッテリー異常消費?

Galaxy tab7.7plus(SC-01E)のバッテリーは5100mAhと大容量である。
そのおかげか私の平日の使い方(朝と夜だけ)では余裕で5日持ちそうだ。

Photo

上記にあるように4日と17時間使ってまだ残46%。このペースなら平日5日は余裕だろう。

そんなツイートをしていたらフォロワーさんより急激に残1%に減少するケースを相談された。
確かに私もそんな経験を3度ほど覚えていたがヤフオクウィジットが原因かと思っていた。
このアプリ、落札間際になると頻繁に更新されバッテリー消費が激しいと説明されていた。

先日、ソニタブや中国から送れて届いたR-SIM7+などを出品して無事終了したのでこのヤフオクウィジットはアンインストール。

しかし、

今日、また同じ症状を喰らってしまった。

1_2

週末で動画を楽しんだのもあり、平日ほどのもち具合ではない。
しかし、残量29%あたりに至り、そろそろ充電しなくちゃなぁ。。。
っと思っていたらいきなり残1%の警告が出た。これだ!
丸印の部分で一気に1%まで低下している。

価格.comにも同様の打ち上げがあるがくだらん突っ込みを繰返す変な馬鹿が居るくらいで解決策の書き込みは見当たらない。
ググっても見たが類似の症状の解決策は無いようだ。

私が使っている限りは頻度は4回/20日間というところ。
頻繁というほどではないが、予測できずに急に発生するので困った症状である。
 ソフト的に残量表示が誤っているのか?
 ハード的に漏電でもしているのか?
ソフト的な問題ならアップデートで修正されるかもしれない。
しかし、ドコモのアップデートって遅いからなぁ。。。

あわててドコモショップへ持っていったところで原因が判らないうちは再発するだろうし。
もう少し様子を見て判断しようと思う。
ちなみにドコモでのバッテリー交換費用は13020円らしい。
カスタムROM入れればゴミが消えるので直るような気もするんだが。。。

| | コメント (4)

2013年4月18日 (木)

とても貼りやすい保護フィルムray-out

ワシ、あんまり商品紹介ネタは書かないんだけど・・・
とっても貼りやすかった保護フィルムだったのでご紹介。

ray-outって保護フィルムで先日手に入れたばかりのSC-01E用を買ったのだ。

この手の保護フィルムって難しいのが

 ・位置がずれる
 ・気泡が入る

だと思う。

最近の保護フィルムは良く出来ていてゴミさえ噛まなければ吸いつくように張り付いてくれる。
ただ、位置決めが難しい。
カメラやボタン、外枠に上手く合わさないとはみ出たりして綺麗に貼れない。
ここで何度も試行錯誤しているとゴミが噛んでしまいそれがきっかけで気泡が入る。
ゴミを上手く除去できないと汚い仕上がりになってしまう。

紹介するray-outの保護フィルムは粘着面を保護しているフィルムが3分割になっている。
 フィルムを剥がさずにおおよその位置を出して隅を押えておく。
 3分割の真ん中のフィルムだけを剥がしてそっと貼り付ける。
  この時点で位置は合っているので
 安心して両脇のフィルムを剥がしてそっと貼り付ける。

ってな手順でとても簡単にほぼ完璧な位置決めで貼り付けることが出来るのだ。

万一、ゴミが噛んで気泡が入ってしまったら・・・

1~2センチ程度のセロテープを用意する。

 セロテープの粘着面で保護フィルムをそっと持ち上げて
 ゴミのありそうな面を別のセロテープの粘着面を使ってゴミを貼り取る。
 そっと保護フィルムを元にもどす。
 最初のセロテープを保護フィルムから剥がす。

で上手くゴミを除去することが出来ると思う。

Photo_4

これが私がSC-01Eにray-outの保護フィルムを貼った様子。
ほとんど気泡が入ることなく、ピッタリの位置に貼り付けることが出来て大満足。

保護フィルムは価格も大事だが、貼りやすさも大事な要因だと思う。

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

R-SIMパッチ充てでドツボに嵌る

au版iPhone5をR-SIM7+とXiで使い3Gならそこそこ安定して使えていたんだが・・・

2ch見てたらR-SIM8のサイトを見つけ、そこに4G関連のパッチを充てる記述があり、
もしやR-SIM7+でもLTE利用時の安定度が増すかも♪
との期待でパッチを充ててみた。
でもauのSIM認識出来なくなり復元する羽目になるので真似しないでくださいね。

Photo_2

パッチ宛てにはJailbreakが必要で指定のリポジトリ追加すれば可能である。
不幸な結果に至ったので手順をここに記することは避ける。
いざパッチを充てて、LTE掴んでる状態からLTEをオフしてみる。

 以前ならここで不調に至った。
 今回も ・ ・ ・ 不調に至ったw

全然効果ないやん。。。

コンビニでSIMをガラケーに挿して気絶したSIMを復旧させ再度iPhone5で認識させる。
ここで気が付いたんだが、いつのまにやらLTEオン/オフのトグルが消え去っている。
あるのは3G通信オン/オフのトグルのみ。

Photo

これじゃLTE使えないじゃん!
その後respringしたり再起動するもLTEオン/オフのトグルは出てこない。
ただ再起動するとパッチ充て前はSIMは気絶してた記憶なんだがなぜか電波を掴む。
LTEは使えなくなったけど3Gの掴み具合は皮肉にも4S+GPP並に良くなっている。
以前より簡単にDOCOMO電波を掴むのだ。
でもiPhone5でLTE使えないってのもねぇ。

ググってみると上記のパッチを充ててリンゴループに至り入獄した人がいたようだorz
やっぱ、ワシ、やっちゃいけないことを試したようだ。

その後なんとかLTEオン/オフのトグルを出そうとSIMフリー機用のパッチも充ててみる。
CommCenter Patchってやつ。
しかしダメ。
いつのまにかアンテナ表示はNTT DOC...からJP DOCOMOに変わっていた。

Photo_3

帰宅してauのSIMを挿してみるも圏外で認識しない。。。こりゃ重症だわい。
諦めて初期化を試みるが画面の真ん中でクルクル回る表示がずーっと止まらない。
観念してDFUモードからiTunesで復元を試みる。
これやっちゃうとiOSはJB出来ない6.1.3になっちゃうんだけどしょうがない。

さすがに復元するとauのSIMも認識し、LTEオン/オフのトグルも現れましたん。
現在iOS6.1.3にてR-SIM7+とXiで使っております。
ろくに情報も確かめずにパッチを充てるのは危険でしたという反省。

| | コメント (2)

2013年4月15日 (月)

娘にホワイト学割でiPhone5

今年は家族のスマホ維持費を節約することが課題。

まずは1月末に女房のスマホをドコモから b-mobileのスマホ電話SIMにMNP した。
お次は娘らの番である。
娘らは2年縛りの更新月が今月(4月)。
上の娘はiPhone5が欲しいという。
今は学割商戦で店によっては一括1円(ゴミ付き)をやってる店もある。
女房や下の娘に意見を聞くと、今のままでも良いのだと。。。
しかも4月は部活やらなんやらで週末は空きがないとか言い出す始末。

157に問い合わせてみると先に上の娘がホワイト学割契約すれば期間中に同一店舗でなら家族もホワイト学割with家族の恩恵を受けられるそうな。
5月末までは良いわけだ。

ってことで上の娘用にiPhone5の安い店をスネーク。
 ヨドバシ:学割一括9800円(電話で聞いた限りゴミ無し)
 ヤマダ:学割一括0円(ゴミ付き)ゴミ無しは交渉したらヨドバシ対抗で8800円
 コジマ:学割一括0円(ゴミ付き)ゴミ無しは9800円、しかし4Sゴミ無し一括0円あり。
 ケーズ:学割一括0円(ゴミ付き)ゴミ無しは9800円
結局どこも似たようなもん。
ホワイト学割with家族を考えると4Sの在庫のあるコジマが魅力。
単品ならヤマダか?

家族で娘の部活の大会に出かけ、帰り道で買うことにする。
当初単品ならヤマダと思っていたが途中で気が変わった。
ヤマダはポイントが無いだか使いにくいと女房が言い出し急遽ヨドバシへ。

Sbiphone59800

店員:学割+みまもり付きで一括9800円です。
ワシ:ちょっと待ってよ、コジマもヤマダもみまもり付きなら0円とか1円だよ。
   単品なら9800円って言ってたけど。

店員:じゃぁみまもり付きで一括1円にします。
   (言ってみるもんだ、9799円下がったw)

当初ゴミ無しを狙っていたが、MNP弾にすればイイヤとみまもり付き一括1円を選択。
しかしちょっと後悔。
みまもりは本体一括0円で基本料が取られると思ってたら基本料無料で本体分割なのね。
んじゃ維持した方がイイか?orz

Iphone5_2

サービスで写真右のミニーのケースをげっとん、さらに紫のシリコンケースも買わされた。
自宅に帰って開封してみると・・・

Sblte

なんと!家の中でLTE掴んでますがな!びっくり!
XiのLTEも自宅から1kmくらいでLTEが入る。
それに比べて環状線の外に出るとLTE圏外に陥るKDDIは糞だなw

その後、CardDAVなるもんでgmailの連絡先をiPhone5に同期したりSBのWiFiスポット設定をしたり・・・
激務を終えて、娘のiPhone5は使えるようになりましたとさ。

後は下の娘のMNPをやっつけねば。。。

| | コメント (2)

2013年4月13日 (土)

SC-01Eのカバー買ってみた

先月末、機種変で買ったSC-01Eだがレビューで書いた通り概ね気に入って使っている。

背面がアルミで凹みをつくると嫌なのでカバーを買ってみた。
シリコン系の柔らかい物はSC-03E、SC-02Eで懲りている。
弛んだ感じでかっこ悪いし、手に持った印象も本体の厚み以上に分厚く感じてしまうのだ。
その点ハードケースならスッキリカッコいいし、厚み増もさほど感じない。

てなわけでハードタイプを探したんだけど見当たらない。
唯一割安で硬そうなケースがこちら。

TPUって素材だそうで一応ソフトケースのように変形はするんだけどかなり硬めで取り付けた後ピタッと収まる。

Gtab77

表面はこんな感じ。

Gtab77_2

フィット感は満足なんだけど問題点がひとつ。
口コミにも書かれていたんだけど素材ゆえか?電源スイッチが硬く押しにくい。

Gtab77up

うーむ、切っちゃおうかな?

Gtab77up_2

ってことでサクッとカッターで切ってみた。
これで本来のスイッチのクリック感を感じて押すことが出来る。解決!

付属のACアダプタとケーブルは充電用に寝室に置きっぱなし。
PCからデータをSC-01Eにコピーするとかの用事で2階までケーブルを取りに行くのも面倒なのでケーブルの予備を購入。

Gtab77_3

メール便の送料ついでにiPhone5用Lightningケーブルの新旧アダプタも買ってみた。
じつはSC-01C用なんだけど、充電もPCとの同期は問題無い。

ただ、残念なことが一点。
iPhone5用のLightningアダプタは自宅のVictorのミニコンポが認識してくれなかったorz
このアダプタ買った一番の狙いがコンポだったのに。。。涙

| | コメント (2)

2013年4月12日 (金)

R-SIM7+覚書3

R-SIM7+の情報は少ないようなので、も少し書いてみる。

2chとか見てると、
LTEオンにすると下駄が壊れるとか、SIMが壊れるとか色々書かれているが・・
自分が使っている限りは壊れていないんだが、思い当たるふしを書くと、

LTEの設定をオンにしていると「不調」に至るケースがある。
これは前の記事 R-SIM7+覚書2 で説明しているので此処では省略。

この「不調」とはどういうことかというと
 圏外、検索中...という表示でデータ通信が出来なくなる状況を示す。
 機内モードのオン/オフ程度の手軽なリカバリーでは対応できない。
 再起動やSIM Appでも再認識しない状況。

まぁニッチもサッチもいかない訳でこれを壊れたと感じてるのではあるまいか?

この場合、ドコモの別端末でSIMを再認識させればiPhone5で再度使えるようになる。
ガラケーの場合は電源を入れるだけでSIMを認識してくれる。
しかし、スマホの場合は電源を入れた直後は進入禁止マーク見たいのが表示されて電波を掴まない。

Sim

これをSIMが壊れたと感じているのではなかろうか?
実は進入禁止マークが出ても「利用可能なネットワークを検索」すればドコモの電波を掴むようになるのだけど。。。
下図の赤丸部をタップすればネットワーク設定をすることが出来てドコモ電波をつかめるようになる。

Sim_2

また、R-SIM7+はLTE圏内でLTEオン状態からのLTE切替で不調に至りやすい。

ってことは、

LTE圏内にお住まいの方は、初めてR-SIM7+を使う際にLTEオンで進めてしまうとSIM認識の過程でいきなり不調に至るのではなかろうか?
「一瞬docomoの表示が出ますがそれっきり・・・」なんてケースはそれっぽい気がする。

幸い我が家はLTE圏外なのでLTEはオン/オフ設定どちらでR-SIM7+を使い始めても問題なくiPhone5は認識してくれる。

嵌っている方で、作業している場所がLTE圏内の方は
 LTEオフから始める
 作業をLTE圏外の場所で始めてみる。
なんてのを試してみるのも良いかもしれない。
あっ、「設定」以外のアプリは閉じて無駄なメモリー消費は避けたほうが良さそうである。
AssistiveTouchが効いた状態も認識できなかった記憶です。

ドコモのSIMを再認識できる端末は前の記事 R-SIM7+覚書2 で整理している。
参考にして頂ければ幸いです。

当方使って3週間になりますがLTEオフで3Gで使う分には安定して使えています。
LTEオフにしておけば少々圏外に陥っても電波を掴みなおしてくれるようです。
時々LTEオンでも使っており、たまに「不調」には至りますが別端末で復旧できております。

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

R-SIM7+覚書2

R-SIM7+がうまく動かない例がコメント欄やAmazonの口コミに散見される。
以前、R-SIM7+覚書 という記事を書いたがもう少し書いてみる。

私が知る限り
 LTE圏内でLTE設定のオン/オフを切り替えた場合
 LTEオン状態で圏内⇒圏外
 長時間、機内モードや圏外に至った
あたりが不調になるケース。

上記ケースの場合、SIMの情報が書き換わるらしく、そうなるとそのままでは復帰しない。
今まで何度も試行錯誤を繰返したがダメなものはダメ。
しかし下記のドコモ端末による復旧後はほぼ1発で認識できている。

復旧はドコモの端末にSIMを挿し直して再認識させる必要があるのだが・・・
何でも良いわけではなく端末も一部の機種に限定されるようだ。
慌ててドコモショップに飛び込む前に複数の端末で試してみるのも良いだろう。
現時点で復旧可能なものを○、不可なものを×で表現すると。

【ガラケー】
 ○ P-06C
 ○ P-07B
 ○ N906i
 ○ N905i
 ○ F-08C
 ○ P703i
 ○ SH-02B
 ○ SH-11C
 ○ P-901iTV
 ○ F-04D
 ○ F703i
  SH902iS

 × L-03A
 × N-02C
 × N-03D
 × N-04A
 × SO704i(docomoで認識はするがiPhone5で再認識しない)
 × SO703i
 × F902iS
 × HW-01D

【スマホ】
 ○ SC-02E
 ○ SC-03E
 ○ SO-03C
 ○ SO-01B
 ○ SO-03D
 ○ SH-06D
 ○ P-04D
 ○ F-07D
 ○ iPhone6
 × SC-03D
 × SC-04D(docomoで認識はするがiPhone5で再認識しない)
 × SC-05D
 × iPhone3GS+ultrasn0w(docomoで認識はするがiPhone5で再認識しない)
 × iPhone4S+gpp(docomoで認識はするがiPhone5で再認識しない)
 × SO-01C
 × F-03D Girls’

【その他】
 ○ PS VITA

読者の方に教えていただけるとこのリストが充実するので差し支えなければコメントお願いします。
もう十分かと。

さて上記○印の機種でSIMを再認識させればあとは最初の手順を繰返すだけ。
この場合はAPNの再設定は不要なようだ。

SIM Appを起動させるのにコツ?があり、作業中に
設定>Bluetoothの下の段に「キャリア」ってのが出たり出なかったりする。
「キャリア」欄が出ていない時に
設定>電話に行ってもSIM Appの欄が表示されない。表示されても動かないケースが多い。
少し待ってBluetoothの下の段に「キャリア」が出てからSIM Appを起動させたほうが良さそうだ。
トイレに行ってからくらいにゆったり構えたほうが吉かもしれない。
あと、不要なアプリが開いているのも良くない印象である。
うまくいかない時は不要アプリが開いている時が多く、設定のみ開いている時に成功している印象が強い。

私はAmazonで購入したものを使っている。SIM Appのバージョンは6.8だった。
遅れて広州から届いたACESHOP購入のものはバージョン6.2。こちらも一発で認識。
現在バージョン6.2のものはヤフオク出品中である。

| | コメント (50)

2013年4月 8日 (月)

HTC Weather Animatedを24Hr表示に

昨日、iPhone5を無事Jailbreak出来たので久々にHTC Weather Animated PerPageHTMLを導入してみた。
HTC社のスマホ風に時計と天気の表示を出すWidgetである。
以前はこれ導入しちゃうと置けるアイコンが減るのが不便で辞めたんだがiPhone5は以前よかアイコン表示が一段増えている。
今回は良いかも~♪
噂によるとiOS7ではWidget表示の機能が取り込まれるらしい。

Htc_weather1

コレの導入方法は昔書いたので省略。⇒ 時計Widgetを試してみた(要JB)

でも24時間表示じゃないことに気が付いた。
やっぱ、24時間表示にしたいぞ!ってことで方法をメモ。

iFileとかを使い、var/mobile/Library/PerPageHTML/HTCAniPPH/Widget.html
を開く。
iFileの場合テキストビューアで開いて編集を選択する。

Htc_weather24hr

下にスクロールして行き、
function uodateclock( )の表示のところの下にある
var TwentyFourHourClock=false のFalesをtrueに書き換えて保存。

これでrespringすれば24時間表示に切替っている。

Htc_weather2

respringする際、、もしやまたR-SIM7+再設定か?と思ったが大丈夫だった。
R-SIM7+は3週目に突入する。

コメントでR-SIM7+不調後のSIMの復元に使える端末と使えない端末があると伺った。
現時点で判っているのは

【ガラケー】
○P-06C
×L-03A
【スマホ】
○SC-02E
○SC-03E
○SC-04D
×SC-03D
×SC-05D

である。
コメントで教えていただければさらに追記して○×機種一覧で記事にしようと思う。

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

iPhone5を evasi0nで JB

au版iPhone5をR-SIM7+でunlock出来たものの、次のSAMSIMではJailBreakに依存している。
(もっともSAMSIMは日本では使えないらしいが)
次のR-SIMのバージョンでどう転ぶか判らないし、当面iOS6.1.3がJB出来る見込みも無い。
今のiOS6.1のうちにJBしておくことにした。

【iPhone5の準備】
● iTunesにバックアップを取っておく。
● パスコードのオフとバックアップの暗号化をオフしておく。

【evasi0nの準備】
最新のevasi0n v1.5.3はここで入手できる。⇒ http://evasi0n.com/
ダウンロードしたら展開して出来るevasi0n-win-1.5.3フォルダごとルート(c:\)に保存。

【JailBreak作業】
フォルダ内の evasi0n.exe を実行。

Evasi0n1

上記ウィンドウが出るのでiPhone5をLightningケーブルでPCに接続し赤丸のJaibreakボタンをクリックしiPhone5は触らずに待つ。

Evasi0n2

上記のように、To Continue, please unlock your device and tap・・・という表示が出る。

iPhone5のホームボタンを押しロックを解除すると下記のようなアイコンが存在する。

Evasi0n3

これをタップすると一瞬暗くなり閉じてしまう(これで正常らしい)。
PCの画面を見るとevasi0n側の棒グラフがさらに進行しているので100%まで待つ。

Evasi0n4

Jailbreak complete!・・・ という表記になれば成功である。
iPhone5が再起動を始めCydiaアイコンが現れる。

Evasi0n5

起動すると黒い画面が出た後で見慣れたCydiaの画面に切替る。

Evasi0n6  Evasi0n7

無事iOS6.1のままiPhone5のJailbreakに成功した。\(^o^)/
ちなみにR-SIM7+もJailbreak状態で動作し一安心である。

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

iPhone5 R-SIM7+でのバッテリー

au版のiPhone5をR-SIM7+とXiで使い約2週間が経過した。

私の平日の使い方でのバッテリーの持ち具合を紹介してみる。
 朝、通勤途中でコンビニや渋滞などでツイッターや2ch、ブラウザ閲覧。
 会社内へは持ち込めないのでロッカーに放置。
 退社時も帰り道のコンビニなどで朝同様にネットブラウズ。
 帰宅したら別端末に持ち替えてiPhone5は放置。
である。

月曜日の夜、充電して就寝。
火曜日
 起床:バッテリー残100%、おやすみモードに入れる。
 会社到着:残90%でロッカーに放り込む。
 退社時:残82%と8%の減少。
 帰宅:少し使って70%台で放置して就寝。
水曜日
 起床:残68%、おやすみモードのまま出社。
 会社到着:残53%でロッカーに放り込む。
 退社時:残32%と前日よか減少が目立つ。
 帰宅:少し使って20%を切り充電して就寝。

と1チャージで丸二日利用することが出来た。
 iPhone5本体の消費が少ない?
 おやすみモードが優秀?
 R-SIM7+が省電力?
どれが効いているのか判らないけど、まずまずの結果である。

ところで先週1週間はLTEオン状態で出社し、ロッカーで圏外、帰りは不通というパターンが多かった。
今週はLTEオフで出社して試したところ帰宅までトラブル無く使えることが多かった。
LTEオフで使っている分にはiPhone4S+GPPで使っているのと印象は変わらない。

しかしこのR-SIM7+、LTEオン状態で電波が途切れるとその後不通となるパターンが多い。
圏外に至りやすいロッカー内、山かげなど電波の途切れやすいスポットは要注意である。
調子よくLTEで使っていて不意に途切れて不通に至ることも2回経験した。
プラスエリアが掴めればきっともう少しタフネスが上がるんだろうなぁ。。。

LTE使用中に圏外⇒不通に至った場合は一旦ドコモ端末でのSIM復旧が必要らしい。
SIM Appを利用する際にはWiFiが繋げる必要があるのでコンビニなどに立ち寄ることにしている。

Wifi  

幸いローソンとかならWiFi使い放題である。

また、SIM Appを利用する際は他のアプリは閉じておいた方がうまくいく気がする。
ネットを見ているとR-SIM7+買ったけどうまく動かないケースが見受けられる。
私が購入したのは下記のAmazon。
破格のものは偽物の可能性があるので注意が必要だと思う。

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

SC-01Eレビュー

年度末最終日に滑り込みで購入したSC-01E。
収支的には新品白ロム買うのとたいして変わらずびみょうだったが使ってみて満足。

最近自宅ではもっぱらGALAXY NOTE2(SC-02E)を使っていた。
ただ自宅用と割り切るのならGnote2よかもう少し画面が大きくても良いわけで・・・
そんな背景もありSC-01Eを狙っていたのら。

【外観】
ソニタブSがプラスチックっぽい印象だったのに対してズッシリ詰まった感じがする。
ググってみたら5100mAhというバッテリー容量が効いているのかもしれない。
店頭のモックではSIM差込口あたりでプレスの歪が見受けられたが入手したものは綺麗。
もっともアルミで凹ませてしまいそうなので近いうちにカバー調達しようかな。

私の好みはメカホームボタンが押しやすい下あたりにあるもの。
その点、SC-01Eは一般的な右上脇にあるんだがわずかに出っ張っているので押しやすい。
これも好印象である。
押しにくいボタンはアホか?と思う。

【操作感】
電源を入れてすぐ行ったのはドコモアプリの掃除。
UIもドコモの変なのからSamsung標準のものに入れ替えた。
キーボード入力もGoogleのものに変更。
ここまでくると私としては使いやすくなってくる。

Home

なんちゅう殺風景なホーム画面だろうか。笑

気になったのはキー入力のもたつき感。
SC-03Eではさほど感じなかったのはクアッドコアかデュアルコアの差なんだろうか?
特にブログ(ココログ)のコメントへの返信を書き込む際にもたつきを感じる。
もしかしてniftyが原因?

文字の表示サイズも色々なアプリで再設定が必要だった。
タブレットとしては7inchってのが小さ目な為なのだろう。
小さい文字はつらいので見やすいフォントサイズに変更した。
うれしいのが愛用しているPlumeで複数カラム表示が出来る事。
やはり画面が広いなら複数カラムで使いたい。
7inchなのでソニタブSよか若干窮屈ではあるがなんとか使えるレベルで満足。

【バッテリー】
バッテリー残量が30%を切り充電して就寝したんだが翌朝満充電に至らず。
5100mAhという大容量は充電にも時間がかかるのかな?
手抜きでiPhone用ACアダプタ経由の充電だったからかもしれない。
・・・とツイートしたところ、付属の充電器を使わないと恐ろしく時間がかかると教えて頂いた。
次は純正の充電器で試してみよう。
でも自宅Wifiで使う分には次の充電はいつになるやら。アハハ
下記に示すように余裕で4日使えている。昨夜は結構動画とか観たのに。

3

以上、私の使い方としては概ね満足したSC-01Eであった。
これで安心してソニタブSをシュート出来る。
場合によってはSC-02Eもシュートしても良いかもしれないなぁ。

| | コメント (4)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »