« iPhone5で R-SIM7+を試す | トップページ | R-SIM7+機内モード後に圏外へ »

2013年3月27日 (水)

R-SIM7+通勤経路レビュー

先日、au版iPhone5が通勤経路がまったくLTE圏外だったことに失望した。
今回は同じ通勤経路でR-SIM7+を使いドコモXi-SIMを使った場合のレビュー。

家を出て1km程度走ったあたりでまずは3G状態でのSpeedtest。

Speed3g

3Gエリアとしては普通の速度ではなかろうか?

さらに1km程度走るとLTEを掴み始めた。
ふーん、LTEも掴めるんだぁ。2chでは壊れるとか書いてあったけど?
そのままLTE状態でSpeedtest。

Speed_lte

ほへぇ~!下り16Mbps、上り3Mbpsって立派じゃね?

一瞬途切れて3Gに戻るも最寄り駅付近のLTEエリアへ突入。
その後田舎道で3Gに戻る。
まぁのどかな景色からして、ここでの3Gには文句は無い。
会社に近づくとLTEに切り替わる。
なんか日々エリアが広がってる印象だ。

ということでニコニコな結果となった。大満足である。
これで安心して自分使い用に保護フィルムを剥がせるな。笑
R-SIM7+が箸にも棒にもならないようならシュートも視野に入れていた。
しかしこれだけ認識してくれるなら後継版に期待が持てそうだ。

いつものように機内モードに切り替えてロッカーに仕舞う。

あれ?退社時に機内モード外した時またあの儀式が必要なのかな?
・・・と、
退社時に機内モードから復帰しようとしたが電波を掴んでくれない。
あれこれ試行錯誤してもダメ。
結局深夜に復活はしたのですが落とし穴が待っておりました。
やっぱ良い話だけではないんですねぇ。
復活劇は長くなるので次の記事に書く予定。

ここ、Firestarから私は購入しました。

|

« iPhone5で R-SIM7+を試す | トップページ | R-SIM7+機内モード後に圏外へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone5で R-SIM7+を試す | トップページ | R-SIM7+機内モード後に圏外へ »