« R-SIM7+機内モード後に圏外へ | トップページ | iPhone5レビュー »

2013年3月29日 (金)

R-SIM7+覚書

火曜日からau版iPhone5+R-SIM7+を使い始めたんだが4S+GPPほどお気楽ではなかった。
なにかとヘソを曲げて電波を掴まなくなってしまう。
普通に使う分にはXiのLTE通信まで結構な速度で出来てしまい快適。
しかし、「ちょっとしたきっかけ」でヘソを曲げてしまうのだ。

この「ちょっとしたきっかけ」の傾向を把握してしまえばそれを避ければ良いわけで・・・
そんな内容を書いてみる。

大雑把に一言でまとめると「LTE」には要注意・・・である。

火、水、木曜はLTEオンで使ってたんだけど
【長時間の機内モード】
私の会社はスマホ持ち込みNGなのでロッカー保管になる。
バッテリーの消耗を抑えるには機内モードが有効なんだがこれがダメらしい。
一瞬機内モードにいれてすぐ戻すぶんには大丈夫なんだけど、 就業時間中のような長時間機内モードにしておくと復帰してくれない。
ググったところ長時間の機内モード後は電波を掴めなくなるようだ。

【LTEオンでの圏外】
まだiPhone5はFOMAプラスエリアが使えない。
建屋内の奥まったところ(まさにわが社のロッカー)では圏外に陥りやすい。
LTEオンにした状態で圏外に陥るとその後電波を掴めなくなるようだ。

【LTE利用中のLTEオフ】
木曜日の帰り道、LTEが掴めていた最中にLTEをオフにしてみた。
そのとたんNTT DOC...の右に出るはずの「3G」マークが出なくなった。
この後も電波を掴めなくなった。

これらの「電波を掴めなくなった」はその後の処理が厄介である。
その後処理が以下。

必須環境はWiFi接続とドコモ端末。
一旦SIMを抜いてドコモ端末でキャリア設定を行う必要があるようだ。
幸い私の場合、日常携帯しているP-06Cというガラケーで対応できる。
単にSIMアダプタを介して電源を入れるだけ。
勝手に電波を捕まえてくれてスマホみたいにキャリア設定を行う手間が省ける。
作業を終えたら振出しに戻る。
WiFi接続が必要なのでコンビニあたりがよろしいかと思う。
前の記事に書いた手順でR-SIM7+とXi SIMを認識させる必要がある。

R-SIM7+をお使いの方はドコモ端末を予備に持ち歩いた方が良さそうである。
(自分の場合ガラケーとの2台使いなので何の苦もないw)
金曜日からLTEをオフしての振る舞いを試してみた。
LTE設定がオフだと色々試してもほとんどトラブルは皆無だった。

LTEエリア圏内に入った時にLTE設定をONにしてみると・・・

Photo_2

3G圏内で再度恐る恐るLTE設定をオフ、再度オン。
そのままLTE圏内に移動してLTEを掴むか様子を見ていると・・・

Photo_3

結果をまとめると・・・

2

どうやらLTE設定をオンにして通信状態が切り替わる場合に不調に至るようだ。
LTE設定をオン⇒オフに切換えたい時はアンテナ表示が3Gになるエリアで行えば問題は起きないようである。
今後、未確認の部分を埋めていこうと思う。

|

« R-SIM7+機内モード後に圏外へ | トップページ | iPhone5レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R-SIM7+機内モード後に圏外へ | トップページ | iPhone5レビュー »