« Gnote月々サポート復活当日に完売 | トップページ | SC-05D と4Sの買取価格 その2 »

2013年1月 9日 (水)

SC-05D と4Sの買取価格

年末年始で何回線かMNPを行ったので解約や契約手数料も馬鹿にならない。
手持ちの端末を売却して手数料費用を回収しようと白ロム買取相場に注目していた。
そもそもSC-05Dは1月7日から脱ご愛顧。
買取価格が上昇するだろうと期待して待っていたのだw

そしたら、ビンゴ!
今週に入って買取価格相場が上昇に転じている。iPhone4Sも調子がよろしい♪
価格の上昇の勢いが急なので今後の動きを推測すべく昨年10月からの値動きをグラフにしてみた。
グラフで動きを見れば為替の影響とかなにか判るかも知れない。
某買取業者のブログの毎日の買取価格を読み取りEXCELでグラフにしてみたのら。

Photo

【SC-05D】
これは大変判りやすい。
元来の買取価格は3万円を超えていた。昨年5月頃も31000円で売れた記憶である。
それがドコモが10月18日からご愛顧割で定価を25200円に下げた。
巷では家族セット割を使えば0~9800円といわゆる投売りである。
この影響で白ロム相場が急落。
しかし、Galaxy Nexus同様、都内では一気に刈り取られ品薄状態。
さらに先日ドコモオンラインショップで在庫切れが明らかになった。
需要があるのに供給が絶えれば価格が高騰するのは当たり前である。
NoteⅡが年度末決算で投売りとかされなければ3万円まで回復するかもしれない。
従って慌てて売却する必要は無さそうである。

【iPhone4S16GB】
一方こっちはよく判らない。
iPhone5発売を機に投売りが始まり一旦相場を落としたものの戻りつつある。
そして今週に来て急上昇???
ここからは私の邪推だが・・・w

メインの需要が大陸(中国)にあると仮定する。
iPhone5が出たもののnanoSIMで下駄がGSMでしか使えない。
一方4Sなら下駄でunlock出来てさらにテザリングまで出来てしまう。
そんな4Sの懐の広さが見直され人気が出たのかもしれない。

しかし、元旦のヨドバシの福袋で一気に在庫切れ。
こちらも需要と供給の論理で相場が急上昇したのではなかろうか?
さらに大陸側の春節(2月10日)を控え、在庫確保に動き出しているのかもしれない。
この推測が正しければ一時的にはかなりの上昇が期待できるのでは?

あれ?既に結構高いなw

とにかく買取相場とにらめっこしながら慎重に判断しようと思う。

|

« Gnote月々サポート復活当日に完売 | トップページ | SC-05D と4Sの買取価格 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gnote月々サポート復活当日に完売 | トップページ | SC-05D と4Sの買取価格 その2 »