« GALAXY NOTEの3円維持 | トップページ | TitaniumBackupでドコモアプリ凍結 »

2012年10月31日 (水)

SC-05D のroot取得で注意点

GALAXY NOTE(SC-05D)のrootを取得するのに嵌ったのでメモ。

この記事はrootの取得手順ではない。
(とはいえ追記してたら手順になっていたけどw)
んなもん、ググればいくらでも出てくる。同じこと書いてもつまらん。
ここでは、私が3日嵌った内容を元に注意点を書いておく。

私のSC-05Dは購入時はAndroidはGBでその日のうちにICSにWiFiアップデートした。
結論から言えばこのWiFiアップデートがまずかったようだ。

巷のブログの手順にある通り、必要なファイルを用意した。

 Odin3-v1.85 ROM焼きツール
 Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar
 Superuser-i717-ICS-signed.zip root取得用ファイル

Superuser-i717-ICS-signed.zipをSC-05D内のSDにコピーしておく。
★SC-05Dの電源を切る。
ボリュームDOWN+HOME+電源を長押ししてダウンロードモードで起動する。
ボリュームUPを押して進む。

パソコンでOdin-v1.85を起動。
右のPDA欄に Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tarを指定。
パソコンにダウンロードモード中のSC-05Dを接続。
Startボタンを押せばROM焼きが終了しSC-05Dが再起動。

SC-05Dの電源を切る。
ボリュームDOWN+ボリュームUP+電源を長押ししてTegrakリカバリーモードで起動する。

 ・ ・ ・ はずがTegrakじゃなく純正リカバリーモードでしか起動しない。

よって、Superuser-i717-ICS-signed.zipがインストール出来ずrootが取れない。涙

散々ググッた挙句、ICSへのアップデートはWiFiではなくKies経由かOdinで焼かないとダメらしいことが判明。

私はOdinで焼く手法を選択した。

Check Fus Downloader 2.1 ROMダウンロードツールを用意する。
起動して下記の設定で純正ICS ROMを入手する。

 OS = Android
 Model = SC-05D
 Product Code = SGH-NO14UWNDCM
 PDA = SC05DOMLPL
 CSC = SC05DDCMLPL
 PHONE = SC05DOMLPL

これで SC-05D_DCM_1_20120822094137_vaitggs68r がダウンロード出来る。
解凍すると SC05DOMLPL_SC05DDCMLPL_SC05DOMLPL_HOME.tar.md5 となる。

これをOdinのPDAに指定して焼いてICS化すればOK。WiFiじゃダメなのね。
後は上記★マークからの手順で行えばTegrakリカバリーモードで起動するようになる。

Tegrak

巷のブログの手順で無事Superuser-i717-ICS-signed.zipをインストールすることが出来た。

Root

これにてSC-05Dのroot取得成功である。

嵌っておられる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

|

« GALAXY NOTEの3円維持 | トップページ | TitaniumBackupでドコモアプリ凍結 »

コメント

全く同じ問題で困ってたので参考になりました。

投稿: 1 | 2012年11月 5日 (月) 00時20分

参考にして頂けて良かったです^ - ^

投稿: アンビンバンコ | 2012年11月 5日 (月) 07時12分

自分もWifiでICSにアップデートして詰まってましたが、解決しました。ありがとうございます。

投稿: O沢 | 2012年11月17日 (土) 21時04分

まぁroot取得そのものがグレーなので何処へ文句を言えるものでもないんですけどね。笑
解決してよかったです。

投稿: アンビンバンコ | 2012年11月18日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GALAXY NOTEの3円維持 | トップページ | TitaniumBackupでドコモアプリ凍結 »