« iPhone4S+ GPP下駄のレビュー | トップページ | auひかりエリア外のスマートバリュー救済策 »

2012年10月 3日 (水)

FOMAプラスエリアとプラチナバンドを試す

久しぶりに茨城の出張となった。
ここは私の行動圏内で唯一Softbankが圏外に陥るスポットである。
エリアでは好評なauですら圏外ギリギリで電池がベソベソ減ってしまう。
まともに繋がるのはdocomo茸。

最近iPhone5がFOMAプラスエリアに対応していないとか、
4Sもダメとか、大丈夫だとか、ググると色々出てくるので自分で試すことにした。

iPhoneは隠しコマンドがあり、
電話番号に *3001#12345#* と打ち込むとField Testアプリが立ち上がる。

 UMTS Cell Environment>UMTS RR Infoを選択。
 下の方の欄のUplink Frequencyをチェック。
 この値が
  812:ならFOMAプラスエリア(800MHz)
  9662-9938:通常のFOMAエリア(2GHz)
  Unknown:圏外

Foma

iPhone4S+GPP+Xiで試してみると812が表示されている。
FOMAプラスエリアが使えているわけだ。

さて、Softbankはプラチナバンドを手に入れた。
今までは圏外だったが今はどうなんだろ?
iPhone4 8GBで試してみる

 ・ ・ ・ 相変わらず圏外だったorz

実際に威力が発揮できるまでにはインフラ整備に時間がかかるのかな?

ちなみにauはどうなんだろ?

Micro SIM挿し替えるのも面倒だな。
機変用に車のダッシュボードに転がしているIS12Tを久々に起動してみる。

 ・ ・ ・ やっぱアンテナ一本で虫の息だ。
これ使わなくても電波を探しまくってバッテリーが空になるので早々に電源オフ。

うーむ、今回の検証の結果はdocomoの一人勝ち。さすがドコモ茸である。

|

« iPhone4S+ GPP下駄のレビュー | トップページ | auひかりエリア外のスマートバリュー救済策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone4S+ GPP下駄のレビュー | トップページ | auひかりエリア外のスマートバリュー救済策 »