« 実質0円と一括0円は大違い | トップページ | 月々サポートの注意点 »

2012年2月10日 (金)

FOMA音声⇒定額データプラン移行の注意点

先日、docomoの月々サポート増額キャンペーンでスマホ(P-07C)を購入した。

そのまま使う気は無く、黒卵(HW-01C)用として使うつもり。
その為に定額データプランに変更したのだがちょっと失敗しちゃった。

この注意点をまとめてみる。

定額データプランへ移行の手順は前の記事に書いたので省略.

気をつけなきゃいけないのが変更のタイミングである。

私は2月4日にパケホーダイフラットで契約して2月6日に定額データプランへ移行した。
2月5日にDSショップに誤った情報を教えられ焦ったというのが言いわけである。
私のパターンだと、たった2日間のデータ通信でパケホーダイフラット上限の請求が確定してしまう。

2月6日に移行したんだけど別途定額データプラン側の請求も発生する。
どうやらフラットは日割りが効かず2段階定額のみ日割り計算されるようだ。
Softbankと逆ですな。
この点は自分の情弱ぶりを認めざるを得ない。

正解は、

月末までそのまま使い、月末に定額データプランスタンダード2バリューに変更。
(パケホーダイ上限請求+定額データ日割り請求)
そして翌月から定額データプランフラットへの変更を予約
これなら契約月はスマホとしてガンガン楽しめて翌月から黒卵でガンガン使える。

私は失敗したので2月6日~29日まではこのSIMでの通信を封印中。
使っちゃうとパケホーダイ上限に加え定額データプラン上限の請求まできてしまう。

今回のキャンペーン、MNP一括0円で売られているのは主に不人気機種。
そのまま使う人は少ないんじゃないかな?
私みたいな使い方を狙っている人多いような気がするので記事にしてみた。

|

« 実質0円と一括0円は大違い | トップページ | 月々サポートの注意点 »

コメント

先日別記事ではどうもでした。
そして、またしてもデータプラン乗り換えの詳しい解説。(・∀・)イイ!
ネット見ててもいまいち理解しにくかったんですが
すごくよくわかりました。
ブログがんばってください。

投稿: なお | 2012年2月10日 (金) 22時40分

ありがとうございます。
2chにしてもdocomoサイトにしても判りにくいですもんね(^^;
また新しい情報がありましたら記事にしようと思っています。

投稿: アンビンバンコ | 2012年2月11日 (土) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実質0円と一括0円は大違い | トップページ | 月々サポートの注意点 »