« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

2月からはPHOTONは WIFI運用

1月も今日で終わり。
巷でのスマホ乱売合戦も一旦静まるのかな?
私は元旦からの3日間祭りでPHOTON(ISW11M)を手に入れたので月末は静観にした。
(みまもりケータイはゲットしたけど)

さて明日から2月。
ぽとんの締めは月末なので明日からはパケット通信を慎みWIFI運用を決め込む。

設定>バッテリーとデータ管理を選択。

Photo

データの配信を選び、バックグラウンドデータとデータ有効化のチェックを外した。

Photo_2

さらにソーシャルアプリケーションを選んでWIFI経由のみで同期にチェック。

Photo_3

これで基本的にはWIFI通信しかしなくなると思われる。
念のためにホーム画面中のWiMAXアイコンも削除。
誤ってタップして繋がったらたまらんわい。
iPhoneだとデータ通信切るだけで済むんだけどねぇ。。。

ぽとんは今後は自宅WIFI環境下用の端末として使うつもり。
Softbank圏外への出張にはdocomoのSIM挿して持って行っても良いな。
端末としての出来は良いと思うので転売するつもりは当面ありませぬw

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

みまもりケータイ005Zげっとん♪

過去に何度か欲しいと書いていたみまもりケータイをやっと手に入れることが出来た。

1月28日、29日は1月最後の週末。
キャリアおよびショップが力を入れる時期らしい。
2chやツイッターのTLではそれを匂わせる書き込みが一杯!遠征組も居られるらしい。

そんな中、ワシは金曜日の夜から風邪でウンウンうなっていたorz
最後に風邪で熱を出して会社を休んだのは所沢に住んでる頃だから20年以上前だ。
なんと20年間以上発熱するような風邪をひいていなかったことになる。

本当は土曜日あたりはMNP弾作ったり偵察に回りたかったんだけどサッパリダメ。
奥歯やリンパ腺や関節が痛み、歯痛なんだか風邪なんだか良く判らん。
それが日曜日の朝になってすっかり治った様子。はやっ

ってことでいざ出陣。
まずはauショップでぷりペイドのMNP予約番号を貰う。
普通のケータイならMNP転出期限が切れれば何事も無く終わるんだがぷりペイドなので2100円はカウンターで現金払い。
このお金、期限が切れても返金してもらえないんだとかw

次に向かいのSoftbankショップにプリモバイルSIMを貰いに行く。
しかし発行に1900円だか必要と言われ唖然。以前はタダで貰えたのに。。。
別の店でもいちど試すことにしてあえて買わずに退店。

さて宇都宮では私の中では評価の高いケーズデンキにまっしぐら!
投売りぽよんやぽよんSを期待したんだが・・・無かった。
iPhone8GBがMNPで一括0円。これはいまどき普通だもん。
さらにキョロキョロしてると・・・

あった!みまもりケータイ一括0円

Photo

これ、前から欲しかったんです。もちろん即、契約しましたよん。

今キャンペーン中なので普通の店でも基本料0円だが本体は定価。
でもケーズデンキは28、29日限定で本体も一括0円♪
月々もSoftbank同士なら0円で維持費はユニバーサル料5円だけ。
契約手数料は3150円かかるので出費は2年間で3150+5×24=3270円
これでiPhoneで自宅との通話はかけ放題になるわけです。
自宅の電話機の脇に吊り下げて使おうと思ってます。
まぁ、そもそもあまり電話はかけないんだけどね (^-^;

気を良くして茨城の「もしもしモンキー」ってケータイショップへ。。。
2chやツイッターでは0円や数万のキャッシュバックが聞こえてくるチェーン店。
しかし・・・
たのみのSB版iPhoneは安くないしauのEVOですらCB3000円だと。桁が足りんぞ!
がっかりして帰途へ・・・
出掛けに立ち寄ったauショップでMNPを中止した旨を伝えて2100円返金してもらう。
(当日に限り返金してもらえるのである。)

うーむ、1月末の祭りは地味に終わってしまった。
次は3月の年度末決算だろうかw

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

iPhone4S情報~友に捧ぐ

会社の同僚が週末iPhone4Sに乗り換えるというので知る限りを記してみる。

【MNPがお得】
契約には 新規、他社からのMNP、SB内機種変 の3種がある。
この中で他キャリアからの乗り換えが一番インセンティブを引き出せてお得。
幸い同僚はdocomoからの乗り換えなのでであるMNPが使えるわけだ。

MNPでの契約だとSoftbankからの特典で「のりかえ割」が適用される。
   ⇒のりかえ割:最初の10ヵ月間は基本料980円を免除。合計で▲9800円

新規やSB内機種変じゃ定価の可能性大である。

【ショップ選び】
MNPを前提として、ショップによっても特典が違う。
Softbankショップじゃおそらく定価かCB▲3000円だろう。
しかしサービスの良いショップもある。

宇都宮周辺だと小山のカメラのキタムラ:CB▲25000円(相当商品券?)
ココ、カメラ屋さんで不要なカメラ持って行ってもCBしてもらえるらしい。
修正:カメラのキタムラはCB15000円相当商品券だそうです。
それよかCB望むとポケファイ抱き合わせだそうですorz


だったらベルモールのビーワンのCB▲20000円の方が良いな。

【契約プラン】
iPhoneの契約は下記の2種選択なんだが・・・

 A) バリュープログラム:パケット定額4410円
 B) 標準プライスプラン:パケット料金1029円~4410円

普通はA)がお得。
B)は節約すれば1029円に収まりそうに見えるが世の中甘くない。
ちょっと(10MB程度)通信しただけで上限となるのだ。
1029円に抑えられるのはデータ通信を切るくらいの覚悟が必要である。
(将来丸一か月使わない月が予想されるならB) の選択もありだと思う)

さらに月月割も異なる。
月月割とは16GB本体額相当を24か月に分けて通信料から割り引いてくれるサービス。
 A) だと▲1920円
 B) だと▲1440円

この点からもA) のバリュープログラムがお得である。
ってことで特別な事情が無ければA)のバリュープログラムがお勧め。
2年間で(▲1920円-▲1440円)×24=▲11520円の差となる。

【一括or分割】
スパボ一括払いがお勧め。
本体代をスパボ一括で買えば初期出費はデカいが月々の支払では楽になる。
月月割▲1920円分通信費を割り引いてくれるのだ。
のりかえ割の効く最初の10ヵ月は3000円を切る請求しかこない。

分割で買っても月月割は同額割引きされるが本来月賦分も加わる。
将来途中解約したくなっても一括払い済なら解除手数料だけで解約できる。
分割だとローン残金も返済しなくてはならず敷居が高くなるのだ。
端末をヤフオクで売るにも返済中扱いは高く売れないし。

【オプション】
Wホワイト:基本料が倍な反面通話料単価が安い。
 ⇒激安ショップはこれ選択前提のことが多いが翌月外せばよい。

安心保証パック:万一の故障の修理費用とかバッテリー交換とか。。。
 ⇒大丈夫!バッテリー交換程度ならワシが原価でやってあげるからw 

いかがだろうか?
この記事で推奨していることを全て取り込むか否かで2年間で

 9800+20000+11520=▲41320円

の差額となるのだ。

【ホワイト学割】
建前は学生対象だが小さなお子さんでもOKと言われた。
お子さんの保険証とご自宅の公共料金領収証があればOK。
ホワイト学割が適用されれば基本料金980円が免除となる。
2年間だと ▲980円×24=▲23520円

この場合はのりかえ割は重複となるので適用されない。

 20000+11520+23520=▲55040円

の差額となるのだ。1回線でねw
ぜひ賢くiPhoneライフを満喫していただきたい。

| | コメント (4)

2012年1月25日 (水)

docomoが端末購入サポート解除料金を・・・

私は2010年暮れにGalaxyTabを本体0円で契約している。
0円とはいっても端末購入サポートが効いており途中解約すると残分を支払わねばならん。
解約料9975円も取られちゃうしね。
それよか 2年間、月々680円払ってSIMをガラケーで使った方が有効的と思って使っている。。。

その後GalaxyTabをメインで使っているのは娘。
YouTubeでアニメとか観て楽しんでる。
私も時々VULKANO FLOWの端末として使ってる。

7inchって画面の大きさはコタツやソファーでゴロリとしながら使うのにGood!
なんちゅーかお手軽なのだ。

Android OSバージョンが2.2の時は酷かった。
ブブブっていったかと思えばリセットかかっちゃったりブラウザ固まったり。
しかしOSを2.3.4にしてからは調子がよろしい。
安く手に入るならもう一台欲しい・・・

なーんて思っていたら2chで

docomoが端末購入サポート解除料金キャッシュバックキャンペーンを2月から全機種に拡大

って情報を見かけた。
このキャンペーン、今はHT-03Aとかの初期モデルに限定されている。
これを全機種に拡大だと。

新たなタブに機種変すると端末購入サポート解除料金を支払う必要が生じる。
これ相当額をdocomoがキャッシュバックしてくれてチャラになる。
なんか聞いたことのあるような・・・

そう! iPhone3G/3GSの「実質無償機種変更キャンペーン」

これはau参入に対する既存客の囲い込み作戦だったが、とうとうdocomoも。。。

まぁ他社からのMNP転入だけを優遇してお得意様を馬鹿にしたauの戦略よりは好感がもてるかな?

まだ不確定情報ですけど・・・楽しみ♪ 

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

docomoの郵便局お取次ぎ特典クーポン券届いた

以前、GalaxyTabを買うときに知ったのだけど、docomoの郵便局お取次ぎ特典クーポン券ってのがあるそうな。
これを用意しておけば新規契約で端末購入する際に最大5250円割引になるそうな。
当時は割引もなにも、新規一括0円で手に入れることが出来たので必要が無かった。

今、docomoで欲しいと感じているのはGalaxytab7.0plusとかのタブレット。

初代銀河タブ(SC-01C)がAndroid2.3にアップデートして以来は大変調子がよろしい。
最近VULKANO FLOWを導入したのもあり、TVが見れる端末は複数欲しいのだ。

しかし、なかなか当時のような「一括0円」な投売りは見かけない。
チャンスがあればゲットしたいのでこのクーポンを用意しておくことにした。

げっとする手順としては

 最寄の郵便局の正式名称か郵便局コードを調べておく。
 0120-303-360に電話する。(平日の9:30~18:00)
 docomoの郵便局お取次ぎ特典クーポン券が欲しい旨を伝える。
 名前や住所、最寄の郵便局名を聞かれるので一通り答える。

これで1週間もかからず自宅に郵送される。

Docomo

届きましたん♪

これで将来欲しい端末を買う際にいくらかの助けになる。
auやSoftbankも同様のサービスがあるがコストパフォーマンスはdocomoが1番。
ちなみに
 au:0120-995-212
 Softbank:0120-94-8301
である。
お電話番号間違いの無いようお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

シガーソケットUSB電源を改造

先日、格安WIFIルーターを買ったんだが、その際に送料無料の3000円以上に届かず、送料を節約するためにシガーソケット用USB電源アダプタを買った。

買ったのはiPhoneに使えるこちら↑。

しかし、ワシの初期型ステップワゴンでは使えない。
壊れてんのか?と疑ったが他の車では普通に使えちゃう。

1

どうやらステップワゴンは凹部の奥行きが深くて先端の接点が届かないらしい。
ってことでこじって開けて分解。。。

2

んで先端の部分を取り外して・・・

3

穴を開けましたん。

4

穴を開けた部分にネジを差し込んでナットで固定。さらに緩み止めでダブルナット。

5

ふっふーん♪問題無く充電出来ましたとさw
買い換えようかとも考えたんだけど、ちょっと届かないだけってのも悔しいし
ぽとん(ISW11M)にも使えるので大満足です。

| | コメント (2)

2012年1月22日 (日)

白ぽよんヤフオク出品

前の記事で書いたとおり黒ぽよん32GBをげとしたので手持ちの白ぽよん16GBをヤフオクに出品することにした。
iPhoneの予備は白ぽさん(3GS unlock版)があるのでこれ以上持っててもねぇ。

iPhone4白16GB本体 完動ですがジャンク扱い

こんな写真で出品している。

All

追記:2012.1.28 即決28000円で落札されました(^-^)v

上海問屋で購入したホワイトパネルだが液晶の表示は大変綺麗でノーマルに見劣りしない。
あっ!値下がりしてるぅw↓

もしかして製造元は同じなのかな?なんて思ってしまう。

Photo

バックパネルも安かった割には大変綺麗。
分解履歴がありApple正規サポートが期待できないのでジャンク扱いとしたが、気にしない人にはお買い得だと思う。
巷に格安で修理してくれるショップだってあるわけだしね。

そいえばヤマダのiPhone4 8GB機種変0円祭りは終わったらしいがその後1円ゴミ付きに値上げされたそうなw
一時期この手の一括0円に興味を持ったんだけど黒ぽよん手に入れちゃったからもう良いかな~?

今関心があるのは前にも書いたけど「みまもりケータイ005Z」
Softbank同士なら0円で通話できるので家電代わりに考えている。
本体を一括0円で扱っているショップもあるのでそこで買えれば5円/月で使えちゃうのだ。
2年縛りだが2年後にはMNPの弾にもなるわけだし。。。

ネットで調べた限りはドスパラが一括0円で扱ってる。
しかし田舎の我が家からは交通費だって馬鹿にならん。
さらに調べると音楽絡みの新星堂や車のスーパーオートバックスでも扱ってるらしい。

最近端末代を定価で買うのが馬鹿馬鹿しくなってきた。
特にauのスマホなんて一括0円+CB○万円なんてのが当たり前なんだもん。
この手のガジェットを安価で楽しむにはショップの動向を掴んで情弱を回避したほうが良さそうですな。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

黒ぽよん32GBげっとん♪

昨年2月にお子ちゃまケータイからMNPで契約したiPhone4の16GB。
その後、あんなことやこんなことを楽しんだ末、前後パネルをホワイト化して白ぽよんと称して楽しんできた。

しかし、
 自分の歳からしてやっぱ黒かな?
 黒はひき締まった感じがして良いな!
 分解してなきゃAppleのサポートも期待できるし・・・

なーんて考えて、投売り品ゲットなんぞをこっそり妄想していた。
そしたら

会社の同僚がiPhone4Sに機種変し、黒ぽよん32GBを譲ってくれると言う。(たなぼた)

32

彼は15000円で良いよと言うが、物を見たらすっごく美品!(付属品未使用だし)
ヤフオクじゃ15000円じゃジャンクしか手に入らないし売れば2万は軽く超える。
同僚相手に儲けるのも気が引けるので20000円で購入した。

彼も予定より5000円高く売れてお互い満足。
仲介業者が入るとこうはいかないのら。

早速自宅に持ち帰りiOS5.01のSHSHを取得。
本体はiOS5.0なので iFaith v1.4でiOS5.0をバックアップ &buildしておいた。

ここで失敗。油断して復元をかましたらiOS5.0を維持するつもりが最新の5.01に。涙
まぁ当面unlockする気も術も無いので3GSで失敗するほどのショックではないが。。。

その後16GBの環境と同じ内容で同期。即戦力である。
この辺りはiTunes&iデバイスは便利だと思う♪

白ぽよんはリセットして週末あたりにヤフオクに出品しようと思う。
綺麗にホワイト化出来たし、なんら動作に問題ない美品なんだけど・・・
分解歴がありAppleサポートが効かないのでジャンク扱いかなぁ。
そのへんを気にしない人にはお買い得だと思うんだが。


そうそう、PHOTONを黒SIMで使う記事が2chでリンク貼られてました。
読んだ人はデータ通信うまくいかなかったみたいなのでもう少し判りやすく修正しよう。

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

ヤマダでiPhone4祭り?

昨日、2ch見ていたらヤマダ電機でiPhone4の8GBがスパボ一括0円って情報が出ていた。
ヤマダのメルマガからのメールをカウンターで見せるのが条件らしく、特筆すべきはMNPでは無く、SB内機種変でも0円ってこと。

新規やMNPなら0円ってのは聞くがキャリア内機種変でも0円ってのは珍しい。
契約回線数が増えないキャリア内機種変は定価がほとんどである。

じゃぁワシはどうするの?って今回は手を出さない。
今の7円で寝かせられるホワイト学割+標準プライスプランが気に入っているのだ。
機種変すると上記は引き継がれて丸3年間ホワイト学割の恩恵が受けられる。
しかし、あと約1年分残っている月月割が消えてしまう。
計算すると月々の料金は損をすることがわかったのだ。
(本体を転売すれば良いのだろうけど)

この話、普通の契約でSBM回線を持っていてiPhone欲しい人には美味しい話だ。
維持費を増やさずに丸々人気端末が手に入っちゃうのだから。
2chでは昨日、今日とこの話で盛り上がっていた。

話は変わるが近所のauショップからもこんなメールが届いた。

Au

DATA07ってデータ端末契約すれば5円/月で維持できてノートPCプレゼント。

そんな美味しい話があるのかと足を運ぶとどうやら「サポート840」ってので840円/月必要らしい。
840円×24ヶ月=20160円払ってノートPC買うわけだ。
どんなのか見せてもらったらACERの箱が・・・

なんだ、普通に買ったってそれくらい払うんじゃんorz
店員に「それはプレゼントとは言わないよね」と捨て台詞を吐いて退店。
詐欺まがいのメールに付き合って小一時間を無駄にしてしもた。

一応、上記のヤマダiPhone4祭りもチェックしてみた。
しかし宇都宮のヤマダ電機は対象外なのか平常営業。
むしろコジマ電気のほうが新規&MNPで8GB 0円、32GB 9800円と元気がよろしい。
もっともゴミ(みまもりorフォトビジョンorウルトラ)付きだったけど。

今はみまもりケータイは基本料0円キャンペーン中。
家族から私への電話をコイツを使えば通話料はSBM同士は0円となる。
しかし本体代は月々480円必要。
この480円ってのは私の通話代とほとんど変わらないのでメリットは微妙ww

そうそう、ぽとん(ISW11M)でiPhone用黒SIMではデータ通信がうまくいかないと以前の記事で書きました。
昨夜APNタイプを修正することでデータ通信も開通。
早速記事を修正しました。 ⇒ 今度はPHOTONで黒SIMを試す

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

ぽとん(ISW11M) unlockその後

ぽとん(PHOTON=ISW11M)を購入以来、
 SIMロック解除
 root権限取得
 bootloaderのunlock
 CMW Recovery導入
と一気に進めてきた。
スキルの無い私でも出来たのは先人の方々のおかげであり感謝である。

unlockしちゃうとWiMAXが繋がらなくなっちゃうなんて書き込みも見かけたが問題無く繋がる。
どうやらカスタムROM焼かなきゃ大丈夫らしい。
現時点では制限を外しただけでノーマルのOSの機能を変更したわけでは無いからだろう。

ただ、au one Marketってのは動かなくなったw
まぁ、んなもん、そもそも何の期待もしておらずAndroidマーケットさえ動けばOK。
それ以外は普通に動いている。

購入してから10日ほど使ってみた。
つっても、ツイッター、2ch、ネット程度なんだけどw
バッテリーの持ち具合はなかなか優秀で白ぽよんに見劣りしない。
初日は会社のロッカーに突っ込んで退社時には警告が出ていて驚かされたが、バッテリーの使い方を「パフォーマンスモード(節約なし)」にしていたことが原因。
「最大バッテリーセイバー」を選んでおけば私の使い方なら満充電から2日は使えるようだ。

さすがにぽとんから白ぽよんに持ち替えると白ぽよんのヌルヌル動くUIの素晴らしさにはかなわない。
まぁそれでも良く出来た端末だと思う。

ISW11MのWの意味はWiMAX付きってことらしい。(知らんかった)

Photo

こんな画面で通信デバイスのオン/オフをコントロールできる。
私の住む宇都宮では市内中心部や電波を遮らない鬼怒川沿いではWiMAX使えるようだ。
ただ自宅周辺や通勤先の会社周辺は圏外。
しかも、これ使おうとすると使ってもいないauの3Gパケット料は上限に至る。
契約月の1月はWiMAX料金は無料だそうだが来月からは+525円取られる。
まぁ今月あちこちで体験すればお試しとしては十分かな♪

ところで今月は白ぽよんとぽとん2台ともパケット料金を請求される。
白ぽよんはだいたい3500円/月。
auのぽとんはいくらなんだろ?

 プランSSシンプル:980円
 IS NET:315円
 ダブル定額上限:5985円
 ユニバーサル料:5円(昨年は7円)
 毎月割:▲1200円
  ⇒ 合計で 6085円
細かいこといえば他にもいくつかオプションがあるから今月は確実に1万円超えorz

ワシの住む環境では速度やエリアでKDDIとSBMの差はさほど体感できない。
ってことでこんなクソ高いプランは外そう。
プランEシンプル780円だけにしてパケット封印しちゃえば785円になる・・・はず。

| | コメント (2)

2012年1月12日 (木)

CWM(ClockworkMod Recovery)をインストール

前の記事でぽとん(PHOTON)のbootloaderをunlockした。
さらにCWM(ClockworkMod Recovery)をインストールしてみる。
CWMを導入すればROMのバックアップやリストア、カスタムROMを試すなど色々楽しめるらしい。

用意するもの
 recovery-photon3.img
 (参考元ではrecovery-cyan-photon1.imgだったが別サイトでより新しいのを見つけた)
これも前の記事同様 c:\moto-root に保存しておく。

ぽとんの音量downボタン(下)を押しながら電源ボタンを同時押し。
 ⇒ ぽとんの画面に Fastboot と表示される。

音量up(上)ボタンを押すと
 ⇒ Starting Fastboot protocol support と表示される。

ぽとんとPCを接続。
PCでコマンドプロンプトを立ち上げ
 cd c:\moto-root  でenter
 c:\moto-root> moto-fastboot devices  でenter
 ⇒デバイスIDが表示されるはず
 c:\moto-root> moto-fastboot erase recovery でenter
 c:\moto-root> moto-fastboot flash recovery recovery-photon3.img でenter
 ⇒ぽとんは待機状態
 c:\moto-root> moto-fastboot reboot でenter
 ⇒ぽとんが再起動

Cmw0

これにてCWMのインストールは完了。

【ROMのフルバックアップ】
CWMをインストール出来たので現状ROMをバックアップしておく。
電源をオフし(強制オフだったかも)
ぽとんの音量downボタン(下)を押しながら電源ボタンを同時押し。
 ⇒ ぽとんの画面に Fastboot と表示される。

Cmw01

音量downボタン(下)を何回か押すと Android Recovery と表示されるので電源ボタンを押して選択。
メニューから(音量ボタンで上下)Backup & Recoveryを選択。

Cwm1

さらにBackupを選択。

Cwm2

保存先を内部ストレージに選択。

Cwm3

これでROMのフルバックアップが始まる。

Cwm4

結構時間が掛かった記憶です。時間に余裕があるとき行うのが吉ですな。
内部ストレージにbackupというフォルダにそれらしきファイルが保存されていました。
私はフォルダごとひとまずMicroSDHCにコピー。

これで今後別のROMを焼いたり万一失敗した時もリカバリー出来るはず。 

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

ぽとんのbootloaderを unlock

ぽとん(PHOTON=ISW11M)ネタが続きます。
BootLoaderをunlockしてCWM(ClockWorkMod)をインストールするとROMをバックアップ&リカバリー出来るようです。
(カスタムROMも焼けるらしい)
ROMをバックアップ&リカバリー出来るのは魅力なので試してみることにした。

参考にさせて頂いたのは「暇人脱獄Blog
ただし、これやっちゃうと起動時の画面に「unlocked」の文字が表示される。
今後もauのサポートを期待したい人は避けた方が良いです。

用意するもの
  Photon ADB接続用Driver:以前root化した時のものでOK
  RSD Lite 5.3.1:SDLite5.3.1.msi(パソコンからぽとんにアクセスするアプリ)
  BootLoaderUnlock用 SBF:photon_pudding.rarに圧縮されてる
  Fastbootパッケージ:moto-fastboot.zipに圧縮されてる

これらをダウンロードして
moto-fastboot.zipを解凍した中身をc:\moto-rootってフォルダに保存。
photon_pudding.rarを解凍した中身derpunlock.sbfもc:\moto-rootに保存。
SDLite5.3.1.msiをダブルクリックしてPCにインストール。

Rsd1

赤丸のボタンを押してFileNameの欄にderpunlock.sbfを選択して読み込みます。

ぽとんの電源をオフにし、裏蓋を開けてMicroSDHCカードを抜いておく。
先々バッテリーを外して強制電源offする場面があるので裏蓋は開けっ放しで可。
ぽとんの音量UPボタン(上側)を押しながら電源ボタンもオン。
画面に Starting RSD protocol support って表示が出ます。

PCとぽとんを接続。
SDLiteにぽとんを認識されている風な画面が出れば成功。
 ⇒ Startボタンをクリック。
RSDLiteの画面に「Failed」の表示が出て、ぽとんは赤丸な起動ロゴで固まる。
ここでぽとんのバッテリーを外して強制電源オフ。
USBケーブルも外してOK。

PCでコマンドプロンプトを開いて
cd c:\moto-root  と打ちenter。移動しておく。
(以下コマンド入力は下のキャプチャーの通り)

Rsd2

ぽとんの外したバッテリーを組み、
音量downボタン(下側)を押しながら電源ボタンもオン。
ぽとんの画面上に fastboot と表示。
さらに音量UPボタン(上側)を押すと
ぽとんの画面に Starting Fastboot protocol support が表示される。

PCとぽとんを接続。
コマンドプロンプトで
c:\moto-root> moto-fastboot oem unlock と打ちenter

するとぽとん固有のユニークIDが私の場合03***********7ってな感じで表示される。
下記のような感じでユニークIDを打ちenter
c:\moto-root> moto-fastboot oem unlock 03***********7
OKAY が表示されれば成功!
ぽとんの画面では Device is now unlocked と表示されているはず。

Bootloader1

c:\moto-root> moto-fastboot reboot と打ちenter

これでぽとんは再起動し、Android初期設定が始まるはず。
私はこの後CWMもインストールするつもりだったので初期設定はテキトーに済ませましたw 

次はCWM(ClockworkMod Recovery)のインストールだ!

| | コメント (2)

2012年1月10日 (火)

Titanium Backupしておこう♪

さて、ぽとん(ISW11M)は無事rootも取れてスクリーンショットも撮れる様になった。
定番アプリも入れて落ち着いたのでTitanium Backupでバックアップしておくことにした。

Titanium1

使い方は忘れてたので以前Galaxytabで使った時の自分のブログ記事を見て行ったw
ブログってのはこういう時に便利ですな。

メニューを出してバッチ処理を選ぶ。

Titanium2_2

赤枠で囲ったアプリ+システムデータってのを選んで「実行」を押せばバックアップが始まる。
時間は測らなかったけど20分程度だったろうか?

バックアップは内蔵ストレージに保存されるんだけどここは圧迫したくない。

Titanium3

私はMicroSDHCカードにフォルダごと移動した。

Sdhc

差し込む向きを示した矢印の部分のゴム蓋はSIMの押さえとSDカードの抜け止めを兼ねているようだ。
なかなか賢い設計だな。
ちなみにMicroSDHCカードは激安品の16GB(クラス4)。
この手の商品は昔から上海問屋さんから購入している。
クラス4ですが動画も再生出来たし問題無かったですよん♪

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

今度はPHOTONで 黒SIMを試す

先日はぽとん(ISW11M)でdocomoのSIM(Galaxytab用)とb-mobile系イオンAを試した。
結果は
 docomo用SIM:通話はOK、データ通信は契約しておらず試せず
 b-mobile系SIM:玉砕
だった。

白ぽよん(iPhone4)からMicroSIMを取り出し、アダプタを介してPHOTONにセット。
APN設定はGalaxytabのときに調べた黒SIM用設定を入力。

 名前:iPhone(これは任意なのでお好きな名前をどうぞ)
 APN:smile.world
 ユーザー名:dna1trop
 パスワード:so2t3k3m2a
 MMSプロキシ:smilemms.softbank.ne.jp
 MMSポート:8080
 MCC:440
 MNC:20
 認証タイプ:PAP
 APNタイプ:空欄 ※

※当初はinternet + mmsと入力したがダメ。繋がらなかった。空欄ならOK。

設定>無線とネットワーク>モバイルネットワークへ行き、
 ローミングモード⇒すべてのGSM/UMTS
 ネットワークの選択⇒UMTSのみパフォーマンスを向上
 GSMデータを許可する⇒チェック
にしてオペレータの選択を選ぶと・・・

Photo_2

こんな感じで使用可能なネットワークが現れるのでSoftBank 3Gを選択。

Softbank_ok

むふふ、バッチリ認識しとる。
さらにRoot Explorerを起動して
 /system/etc/ppp/peers/pppd-ril.options の下記部分を青字に修正。

user dna1trop
password so2t3k3m2a

再起動して家電にかけたら通話は問題なく出来ました。

データ通信も矢印のマークが出てブラウザでネットもOK♪

Softbank_data_ok

まとめると

 docomo FOMA用SIM:通話はOK、データ通信は契約しておらず試せず
 Softbank iPhone4用黒SIM:通話はOKデータ通信もOK
 b-mobile系SIM:玉砕

ということでデータ通信専用SIMはいまだ成功しておりませぬ。

| | コメント (9)

2012年1月 8日 (日)

ScreenShot UX Trialでスクリーンショット

ぽとん(ISW11M)ゲットして依頼、不便に感じていたのがスクリーンショットが撮れないこと。
ブログやツイッターに気軽に投稿できないのだ。
Androidマーケットでそれらしい名前のアプリを試したら3つ目にしてやっと動いた。
それが「ScreenShot UX Trial」

_

こいつ起動させると画面左上にカメラマークが表示され、撮りたい時にそのマークを押せばカウントダウン表示と共に5秒後(変更可)画面がキャプチャーされる。
キャプチャー後には保存するのか共有するのかなど聞いてくるので選べばOK。

これでやっとツイッターとかで気楽にスクショ付きでツイート出来るようになった。

__2

これなんてただのホーム画面だけど朝の出社時に「マイナス7℃」をツイートしたときの添付画像。

今後はこのブログで記事を書くときもスクリーンショットが使えるので表現しやすくなってくると思います。

そうそう、先日注文してたPDA工房さんのPHOTON用ケースが届きました。

Photo

格安でしたがピッタリフィット♪
シリコンほどグニョグニョじゃなくて、アクリルほど硬くも無く、衝撃をある程度は吸収してくれそうで良い感じです。
TL中で「ういろー」とか言ってるのをみかけたような。
たしかに外郎に表面の感じが似てるような。。。

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

ぽとん(ISW11M) root権限取得

前の記事でdocomoの通話オンリーSIMの認識には成功した。
今度はb-mobile系のイオンAを試したいのだがAPN設定とかにroot権限取得が必要らしい。

ググって見たところ、こちらのサイトが一番判りやすかった。
 ⇒ イカむす.me - ISW11M root権限 詳しく解説

流れだけ一応書くと
 
1. Android SDK環境のインストール
2. Android SDKのパスを設定
3. JAVAのインストール
4. 端末の設定
5. ADB packageやRoot file書込み

のようなんだけど、大変丁寧にリンク先で説明されているのでこのブログでは省略。

おかげさまで無事root権限が取得出来たようです。

Root

さて、b-mobileのAPN設定自体はroot取らなくてもできるんだけど繋がらない。
どうやらsystemの一部も書き換えなくてはならない。
そこでAndroidマーケットからRoot Explorerをインストール。
Root Explorerを起動して(PCに繋いでキャプチャーでけた)

Root_explorer

 /system/etc/ppp/peers/pppd-ril.options を編集。

Pppdriloptions

userとpasswordを四角枠のようにb-mobile指定のものに書き換えた。
もとの記述は行頭に#を付けてコメントアウトしておいた。

しかし ・ ・ ・ 

繋がらないorz
まぁググってもまだ成功したスクリーンショットとかは拝んだことが無いので私程度のスキルの持ち主は待ってるほかあるまいて。。。

ちなみに2011年12月13日のauからのシステムアップデートは行っていません。
アップデートしてしまった場合は手順が違うそうです。

Photon_2

参考までにこちらが私のぽとんの設定になります。
(スクリーンショットが撮れる様になったので貼り換えました)

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

ぽとん(ISW11M) UNLOCK方法

さて、前の記事「私がPHOTON (ISW11M)を選んだ理由」で説明した通り、こいつはUNLOCK(SIMロック解除)することでWCDMA系のsoftbankやdocomoのSIMが使えるようになるらしい。
せっかくなので私も試してみた。

必要なものは
 SIMロック解除コード(http://sim-unlock.net/で4.99EURで購入できる)
 上記購入手段:PayPalとかクレジットカードとか
 softbankかdocomoのSIM

上記サイトにアクセスし、手持ちのISW11MのIMEI番号を入力する。
名前やメアドを入力。
決済方法を選択。私はクレジットカード払いを選択し楽天カード(VISA)を利用
5分~15分で解除コードが入力したメアドに送られてくるはずが来ない。
1時間以上待っても来ないのでcontact usのリンクに催促!
すると1分も経たずメールが飛んできたw

Photo_2

こんな感じでCODEが表示されるはず。平均待ち時間30分って書いてあるのに。。。
ちなみにcontact usにメールするのは48Hr待った後だとww

次に裏蓋を外してdocomoのSIMを装着する。
下の写真で丸印の部分に親指の爪を差込み左右の脇へ半周こじると簡単に外せた。

Photo_3

矢印に部分にSIMスロット(空き状態)が見える。
ぽとんはROM機なのでauのオレンジSIMは刺さっていないのだ。

Docomosim

ゴム蓋をめくりdocomoのMicroSIMをアダプタを介して挿入した。
(挿入する向きは刻印してある方向へ)

ふたを閉めて電源ON(長押し)!

Photo_4

こんな画面が出るので入手した解除コードを入力する。
実は私はSIMの接触不良で1度失敗。2度目のトライでこの画面。

この後、設定>無線とネットワークへ移動。
 モバイルネットワーク>ローミングモードで「すべてのGSM/UMTS」を選択。
さらに
 ネットワークの選択で「UMTSのみ」を選択
 GSMデータを許可する に チェック を入れる。

Gsm

こんな画面が現れたw

Docomosim_2

んはー!成功である!\(^o^)/

その後、娘に白ぽよんを預けてぽとんと通話できるか確認。
無事通話に成功しました。
私のdocomoのSIMは通話のみ契約なので今回はここまで。
データ通信にはroot取得が必要だそうであるw

| | コメント (3)

2012年1月 5日 (木)

ぽとん(ISW11M)のレビュー

1月3日の投売り最終日にゲットした「ぽとん(PHOTON=ISW11M)」についてレビューを書いてみる。

幸い、初めてのAndroidスマホな割にはGalaxytabの経験があったのでさほど戸惑わなかった。
UIはAndroidの素に近く好感が持てるスッキリしたものである。
新品を起動して真っ先に行ったのは自分のgoogleアカウントの追加。
この儀式を済ませれば百人以上の連絡先がゴソッと導入できるのは便利。

Photon_2

いきなり戸惑ったのはスクリーンショットの撮り方が判らなかったこと。
ググってもまだ見つからない。たぶんroot取れば出来るんじゃないかな?
ちなみに上記の写真は購入時に加えSENSE風のウィジットやら自分の好きなアプリを並べている。

3G通信は理論値はソフトバンクが速いが実力はauとお互いで主張している。
実際のところはどうなんだろ?

3g

上が白ぽよん(iPhone4)、下がぽとん(ISW11M)
どんぐりの背比べだが僅かに白ぽよんの方が速かった←我が家ではねw

この機種、WiMAXが使える。
使っちゃうと500円くらい料金が上乗せになるが一度くらい試してみたいぞ!
 ・ ・ ・ が我が家は圏外でした(エリア判定上は△なグレーゾーン)
このままじゃ悔しいので娘の受験のお迎えに市内に出た際に試してみた。

Wimax

ほほう、3Gよか明らかに高速ですね。これが家で使えれば良いのに・・・
ちなみにYouTube観てみましたがiPhone(3G通信)のようなモザイク調ではなく、綺麗な画像が楽しめました。

さてauといえば、そう!テザリングです。
そういえば公式で認められてるテザリングは初めてカモwww

Photo

何の説明も不要なほどアッサリiPhoneで試すことが出来ました。
(やったことはせいぜい覚えやすいパスワードに入れ替えた程度)
ググった限りはテザリングしてもdocomoみたく料金は跳ね上がらないようです。
ただしバッテリーの消耗は激しそうです。
これを試してる間にバッテリーアイコンが緑色から警告色の赤色に変化orz。
テザリングしなければ白ぽよん同等はバッテリーは持ちそうです。

使った印象は画面が大きいのが老眼にはうれしい!
かな~り目に優しくて助かります。
その反面、片手で操作しようとすると親指が端のボタンまで届かないorz
大きさは数ミリしか違わないだろうに・・・そこに差が出たか!残念。

とくに使っていて引っ掛かりがあるようなストレスは感じませんでした。
唯一残念だったのがVULKANO FLOWでのTV再生が遅くて画質が荒いこと。
WIFI速度は20Mbps近く出ているんだけど原因は不明。

あ、写真撮り忘れたけどこの機種、背面にスタンドになる足が付いています。
動画を観る時とかに便利。
なのでVULKANO FLOWの件が悔やまれる。。。

いろいろ書きましたが癖の無い感じでわりと気に入っております。
ガラパゴスな無駄機能を排除した正統派端末って感じです。

このカバー早速注文しちゃいました。横長の切りかきがスタンド部ですな。

| | コメント (2)

2012年1月 4日 (水)

私がPHOTON (ISW11M)を選んだ理由

私は以前auのガラケーやE30HTというWM機を使っていた。
ただ
 月々の料金が高かったり、
 電波規格がCDMAっていう独自(今は海外のCDMAに合わせた?)だったり
ってことでiPhoneに移行。
SoftbankやdocomoはWCDMAの2GHz帯と共通なのに対しauはCDMA方式なのでもうauには戻らないだろうと思っていた。

それがなぜ今au?

きっかけはツイッターで得た情報だった。
なんとPHOTON (ISW11M)はiPhone4S同様にWCDMAとCDMAに対応しており、SIMロック解除すればsoftbankやb-mobile(docomo)のSIMが使えるらしい。

同様の情報が2chや価格ドットコム、ブログで報じられている。
もっとも出てまもない商品だからか成功例を示す事例は少ない。

ブランドやデザインならHTC社のEVO 3Dの方が私は好み。
しかし上記のWCDMAとCDMAに両対応の方が魅力に感じた。

さらに年末から年始にかけてのauのキャッシュバック商法も背中を押した。
私はCB43000円で喜んだんだが年末は50000円だったらしい。

Photon

家でニマニマ PHOTONを弄っているのを見た女房が
「あんた、何台も持ってどうすんのよ!」
と呆れ顔w

そうそう、維持費が問題なんだが・・・

幸い私の白ぽよん(iPhone4)はホワイト学割の標準プラン。
「データ通信をオフ」にすればパケ代がかからず7円/月で維持できる。
月何回か程度の電話代なら月月割が消し去ってくれるのだ。

そしてPHOTONには公式テザリング機能がある。
なので2個持ち歩く羽目にはなるが今まで通りネットも楽しめることが出来る・・・はず。
PHOTONの電話も使えるものの、これは知人に教えると混乱するので封印w

まぁテザリングも面倒なので現実には
 電話は白ぽよん、ネットはPHOTONって使い分けになると思う。

これならPHOTONの維持費+7円で月々維持できる ・ ・ ・ はずである。

それでも割高なので先々ゴニョゴニョしてb-mobileでも試したいところ。

| | コメント (4)

2012年1月 3日 (火)

テルルでお得にPHOTON (ISW11M)をげっとん

前日(1月2日)にGalaxytabのBナンバーを2in1ナンバーシステムで作成し、本日(1月3日)早速MNP予約番号を所得してお目当てのauのPHOTON (ISW11M)をゲット出来た。

選んだお店はテルルモバイル久喜青葉店。
以前から2chやツイッターでテルルは強烈な値引きやCB戦略なのは知っていた。
そして2日に刺激的なMNP一括0円&CB43000円のツイートを発見。
(前の記事参照)
地元市内では何処もCBはせいぜい20000円が限度だったので足を伸ばすことに決定。

10:00の開店と同時に電話をかけて在庫を確認して取り置きのお願いをした。
宇都宮からは遠いがステップワゴンをすっ飛ばして向かう。

Photo

なかなか綺麗な店構えである。

Photo_2

店内に入るとこれまた綺麗なディスプレイで店員さんもイケメンw
大変丁寧な応対で気持ちよく契約できた。
まずはMNP予約番号の所得なんだがこれもここの店員さんに教えてもらい151に電話をかけてげっとん。

WIFI主体の使い方であまり電話をかけないのだとカウンターの女性に伝える。
あれこれプランを選んでは説明を聞き、わしは結局下記のを選択。

 通話はプランSSシンプル※1 で980円/月を選択
 データ通信はダブル定額※2を選択(ちと高いが毎月割は適用になる)

※1 プランEって780円のもあったんだがパケットをフラットしか選べないと言われ断念
※2 390円から始まるダブル定額スーパーライトは毎月割▲1200円が効かず断念
   まぁ途中からダブル定額からスーパーライトには変更できるんだそうな。

即転売とかが目的ならもっと安いプランも選べたんだろうけどちょっとの期間は使ってみたかったので上記の契約で納得である。
この手のショップにありがちな必須オプション類も安心ケータイサポートなど低価格で後から外せるものが何点か付くだけだった。ほっ

 ワシ:ところでキャッシュバックはいくら貰えんの?
 店員:今回のですと40000円となります。
 ワシ:えっ!ツイッターで昨日43000円って言ってたじゃん。
     登録手数料分も出るとか書いてあったよ。

 店員:(・・・少し確認して・・・)そうですね、43000円で大丈夫です。
 ワシ:(あぶねぇ、あぶねぇ、黙ってりゃ3000円損するところだった)

開通手続きに約1時間かかると言われ昼飯を食べに出る。
食事が終わって暇をつぶし、1時間後に再入店すると手続きが完了していた。
キャッシュバックは銀行振り込みで自分で応募するんだそうな。
応募してから45日~90日で指定した銀行口座に43000円が振り込まれる。
3月末あたりかな?

Photon

ってことで無事MNP一括0円+CB43000円でPHOTON (ISW11M)をげっと出来ました(^-^)/

追記
3月7日、無事口座に43000円が振り込まれました。

Photo

| | コメント (2)

2012年1月 2日 (月)

2in1でBナンバーをげっとん

前の記事で書いたとおりMNPでスマホをゲットするには他キャリアの回線が必要である。
ワシの場合ターゲットはauのPHOTON(ISW11M)なのでau以外が必要。
GalaxytabのSIMは仕事用待ち受け専用に使っているのでコイツは使えない。

ってことでGalaxytabのSIMのBナンバーを2in1サービスを使って取得することにした。

この2in1のBナンバーってサービスってのは・・・
1つのSIMに電話番号をもうひとつ追加することが出来る。
似たようなサービスにマルチナンバーってのがあるので間違えないように。
このBナンバーを使って他のキャリアにMNP転出できるのだ。

必要なのは
 ・契約済みのdocomo回線
 ・身分証明書
 ・月額費用840円(元回線の引き去り先で後日日割り分支払い)
 ・転出手数料2100円(  〃  )

ワシ:あのう、2in1でBナンバーを取りたいんですが・・・
    (電話番号を伝えるとあれこれパソコンで調べ始める)
店員:お客様の端末はスマホですのでBナンバーはご利用できませんが・・・
ワシ:あっ、このケータイに挿して使ってるんです。(とガラケーを見せる)
店員:そのSO704iもBナンバーが使えないタイプですよ。(と適用表を見せる)
ワシ:(ぐはっ!怯まず)別の使える端末を後で用意しますから大丈夫です。
店員:315円で「番号選べるサービス」がご利用できますが?
ワシ:要りません(キッパリ)
    そんでも3種類の番号からは選ぶことが出来た。

  ・ ・ ・

ってことで無事Bナンバーを発行してもらった。
これで157に電話するか、ショップに出向くかしてBナンバーのMNP予約番号をもらえばOK。

ちなみに、その後宇都宮の安そうなショップを回ってみたがお目当てのPHOTONのCBは2万円を越える店は見つからなかった。
酷いのはMNPでも本体代を3万円ちかく取ろうとする店すらある。

さてと、明日は狙っているお店に出撃しようかな♪

追記
翌日MNP予約ナンバーを取得したので手順をメモ。
 メモとペンを用意⇒151に電話する⇒音声案内に従って 0 を選択
 ⇒相手にBナンバーのMNP予約番号を取りたい旨を伝える。
これでとくに引留めもなく気持ち良くMNP予約番号をゲット出来ました。

さらに追記
2chなどを見ていたらBナンバー即転出はBL(ブラックリスト)の恐れがあるそうです。
30日以内に2度これをやった場合はBLに至った例があるようです。1回はセーフ?
たしかに私はその後普通に契約できているので、まだ大丈夫みたいw
docomoで安全圏は180日経過後といわれていますね。

Motorola PHOTON 4G MB855

Motorola PHOTON 4G MB855
価格:64,800円(税込、送料込)

| | コメント (4)

2012年1月 1日 (日)

新春セールのMNPを考える

皆様、新年明けましておめでとうございます。
最近は
 VULKANO FLOWで自作PCやGalaxytab、iPhoneでTVを楽しめるようになり、
 さらにWIFIルーターをWHR-G301Nに交換し高速化したり、
家の中の環境が快適になり満足しているアンビンバンコでございます。

昨日は今回で処分しようと考えていた旧プリンター(カラリオCL700)が昨年のインクでスラリと印刷を完了してしまいスペアインクが一袋余ってしまいました。
処分しようと思ったけどもう一回活躍出来そうだし、WIFI接続などチャレンジしても面白いかも。。。

さて本題ですが、
最近のツイッターTLを見ていて痛感するのがMNP契約の安さ。
MNPとはナンバーポータビリティの略で本来は既存の電話番号を維持して他キャリアに乗り換えられるのがメリットでした。

しかし、最近は別のメリット狙いの方が多いんじゃないかな?
MNPの場合、元キャリアは1回線失い、移動先キャリアは1回線純増。
期末、月末決算を考えれば明らかに移動先キャリア側にメリットが大きいわけです。

そこでインセンティブ(販売奨励金)を最大限活用しMNPで投売り商戦。
一番露骨なのはauじゃないかな?
割と新型のHTC EVO 3D(ISW12HT)を例にすると価格ドットコム最安は
 MNP:1円
 新規:29400円
 機種変:63000円(機種変はau端末からの乗り換えの意味)

機種変じゃ回線数の増減は無いので端末定価売りなのかなw

ツイッターのTLで見かけたのはこちら

Photo

端末本体を0円で手に入れられるのに加え数万円のCB(キャッシュバック)である。
まぁ現金じゃなくて商品券とか後日振込みなんだろうけど。。。

auのガラケーから乗り換える人は63000円支払い
MNPで他キャリアから乗り換える人は本体0円に加え43000円CB
・・・と2つの契約出費差は106000円にもなるわけですわw

このインセンティブ、契約者の月々請求からまかなわれているわけで、
こんなのやってるからパケ代がいつになっても安くならない!

もっとも・・・

そういう私も
 iPhone3GS:auからのMNP一括払いで9800円
 iPhone4:auからのMNP一括払いで定価+CB20000円
とMNPの恩恵は受けているんだけどww

インセンティブの乱用のよるパケ代高騰には反対。
でも、現実はこうなわけで、賢く契約して損をしないようにしたほうが良いですな。

そいえば最近はiPhone4 8GBがMNPなら0円+CB15000円のショップもあるそうで
 こちらが MNP弾の作り方 auぷりペイド
 こちらが プリモバイルSIMでMNP予約番号

ってわけでiPhone5を睨んでそろそろ私もauのandroidスマホでも考えようかなw

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »