« iPod touch分解を振り返る | トップページ | WHR-G301Nが届いた! »

2011年12月30日 (金)

iPod touch修理失敗⇒奇跡の復活

先日注文していたiPod touch修理用パーツがそろいました。

Photo

バッテリー交換のつもりがタッチパネルを壊し傷を広げ、さらに実は液晶ユニットもダメージを受けていたのです。

Photo_2

割れてはいないのだけど傷とストレスによる変色が見られます。
使えそうですが同じ手間なら今回交換してしまおうという作戦。

Ipod

液晶ユニットを交換し、新品バッテリーをハンダ付け。。。
そそくさと組み立ててタッチパネルを組む前に動作確認。

Ipodok

ふむふむ、無事画面表示はしてくれるようです。
しかし、このあとタッチパネルを組むのに想定外のトラブル。
フレーム枠の樹脂がうまく筐体と液晶パネルの隙間にはまりませぬ。

Ipod_2

やっとタッチパネルが組み付いたあと起動させたらこの有様。
液晶にストレスを受けたようでまともに表示してくれません。_| ̄|○
直してんだか、壊してんだか。。。

金属ベロと液晶パネルの隙間に細いフレームを挿さねばなりません。
どうやら金属ベロが内側に寄っていてうまく刺さらず液晶ユニットにストレスが入ったようです。
慌てて液晶ユニットを注文。

まてよ?元の液晶ユニットのダメージの方がマシなんじゃね?

とダメ元で再度分解し、元の液晶ユニットを組んでみました。
分解にはスケールと呼んでいる金尺を利用。0.5mm程度の厚さですが鋼材です。
エッジの部分はゴムパッキンをいためないように紙やすりで丸めました。

Photo_4

今度は同じ過ちは犯したくない。
金属のベロを外側に広げ気味にして液晶ユニットを正確に中央に配置。
 ⇒ベロと液晶ユニットの隙間を左右均一に確保してフレームを挿しやすくしました。

上記配慮が効いた様で今度は無事組み込み成功(^-^)v

Photo_3

iPod touch 3rd 奇跡の復活です\(^o^)/
右上のメモアイコンの脇(矢印の部分)に若干シミが出てます。
まぁ仕事で使う分にはこれでも良いかなぁ~?
注文した液晶ユニットは予備に取っておこうと思います。
実はけっこうお安かったりしますするのです。
1200円でタッチパネルガラス、デジタイザ、フレーム、ホームボタンがセット♪

★新品★☆iPod Touch 3代 用 フレーム

★新品★☆iPod Touch 3代 用 フレーム
価格:1,200円(税込、送料別)

|

« iPod touch分解を振り返る | トップページ | WHR-G301Nが届いた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPod touch分解を振り返る | トップページ | WHR-G301Nが届いた! »