« iPhone4を分解&ホワイト化 | トップページ | iPhone4用バックパネル届いた »

2011年10月10日 (月)

iPhone4ホワイト化とジャンク復旧

iTunesで復元できなくなったジャンクiPhone4を落札して修理とホワイト化を進めている。

無事タッチパネルのホワイト化は出来たんだが、作業の途中、不注意でホームボタンのSW内部を断線させたらしく注文したフレキが届くまではなす術もない。

届くまで暇なので日曜日はメインiPhone4とバッテリーを入れ替えてみた。
すると今までDock経由で給電しないと単独では起動できなかったジャンクiPhoneが単独で起動するではないか!
今回の修理のために新品バッテリーを購入して装着していたんだがショートで放電しちゃってるらしい。

Photo

ただしiTuneにつなげっていう見飽きたこの画面が出て、つなぐとPCが認識しない。
ホームボタン壊れてるので押しながらってのも出来ないし。。。

じゃぁメインiPhone4に放電しちゃったバッテリーをつなぐとどうなるんだろ?
・・・とためしに組んでみると単独ではうんともすんとも起動しない。

Dockケーブルで給電すれば起動するのか?

と思いきや、アップルマークが点滅するだけorz
をいをいとホームボタンを押して繋ぐとiTunesが復元を要求してきた。
せっかくiOS4.3.3に維持してJBしてる環境を4.3.5なんて上げられちゃかなわん。
復元は中断してバッテリーを元に戻した。
ホームボタンと電源ボタン長押しでいつもの画面が起動し、ほっと胸を撫で下ろす。

話をまとめると

ジャンクiPhone4は
 バッテリーは新品を組んだが放電してしまった。
 Dockコネクタは基盤の信号線が腐食してショートしており交換済み
  ⇒このショートでバッテリーが放電したんだと思う
  ⇒このショートをiTunesはエラー1611で返して復元できなかったんだと思う

 これで直るはずがホームボタン断線で復元できず←いまココ

ホームボタンが直れば復元出来て、
リカバリーモードを脱出出来ればバッテリーも充電出来る

・・・と読んでいるんだがどうなることやら?

|

« iPhone4を分解&ホワイト化 | トップページ | iPhone4用バックパネル届いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone4を分解&ホワイト化 | トップページ | iPhone4用バックパネル届いた »