« 60倍スコープでiPhone4の基板をチェック | トップページ | ジャンクなiPhone4をジャンクで出品 »

2011年10月23日 (日)

ジャンクiPhone4復活の兆し

ジャンクで入手したiPhone4ブラック。
ドックコネクタとバッテリーを交換し復元には成功したものの発熱とバッテリー異常消耗に悩んでいる。

朝からiPhone4を分解してロジックボードを再清掃した。
清掃のついでにA4チップを記念写真。camera

A4

ロジックボードの金属プレートをこじって外すとA4チップを拝むことが出来る。
iPhone4SはA5らしいですね。

さらに発熱していて疑わしい箇所を昨日届いた60倍スコープでくまなく点検。

Photo

いかにも塩分が結晶になりましたってな不純物を見つけ出した。
歯ブラシで擦って取り除いたことを確認した上でぬるま湯につけて念入りに洗浄した。
そしてヘアドライヤーで乾燥。

もうロジックボードには不純物は残っていないと思われる。
スコープで納得がいくまで点検した上で本体に組み戻した。

充電するとやはりロジックボード側が発熱するが以前ほどではない。
ググって見ると
設定>一般>使用状況で「使用時間」と「起動時間」が同じに至っていると発熱やバッテリー消耗が激しいケースがあるらしい。
私の場合は両方「-」マーク。
満充電しないとこの欄に時間は表示されないらしい。まずは満充電しなくちゃ。

白ぽよんも黒ぽよんも満充電で100%を示すまで充電して様子を伺う。
当初黒ぽよんの方が先に90%台を割ったがBluetoothを切るのを忘れていた。
発熱は充電を終えてドックケーブルを抜くと次第に治まってきた。
前回よりはずいぶん優秀である。時間が経つとほとんど熱を感じない。

799円のスコープが黒ぽよんを救ったのか?

|

« 60倍スコープでiPhone4の基板をチェック | トップページ | ジャンクなiPhone4をジャンクで出品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60倍スコープでiPhone4の基板をチェック | トップページ | ジャンクなiPhone4をジャンクで出品 »