« iCloudのインストール | トップページ | iPhone4用ドックコネクタがかぶる »

2011年10月17日 (月)

ジャンクiPhone4復元成功!

やりました!とうとうジャンクなiPhone4の復元に成功しました\(^o^)/

落札したのは9月29日。
症状は自己起動出来ず、PCに繋げてもiTunesへ繋げという画面、iTunesに繋げても復元出来ずエラー1611で止まるというものでした。

私はこのiPhoneをホワイト化の練習を兼ねて復旧しようとしたので話が少しややこしかった。
ホワイト化用にDockコネクタ(白)を注文して届いたものが不良品。
これに気付かずホームボタンフレキを疑ったり試行錯誤が続いたわけです。

もともとの上記の不具合の原因を整理すると
 ・持ち主が釣りが趣味で塩水で濡れたズボンにiPhoneを入れていた。
 ・Dockコネクタの内部端子が錆びてショートを起こした。
 ・iTunesがそれに反応しエラー1611で止まる
 ・試行錯誤しているうちにバッテリーが放電し自己起動できなくなる。

という流れのようです。下の写真が腐食してた銅の端子部。

4dock

不良品の代替Dockコネクタが届かないので虎の子の白ぽよんから正常品を剥ぎ取りジャンクiPhone4に組み込むものの相変わらずエラー1611で止まる。

バッテリー残量が足りないんじゃね?と疑いこれも白ぽよんから剥ぎ取り組み込む。

すると・・・

Photo

今までには出なかった画面が表示され復元を開始し始め・・・wkwk

ピロッ

という懐かしい音でiPhone4を認識して復元完了!
すでに最新iOSは5なのでiOS5での復活となりました。

Photo

このバッテリーは白ぽよん用なので落札時のバッテリーに組み替えて充電。
なんと57%も残量は残っていました。
57%って残量は正常時なら問題無い値ですが、リカバリーモードで自己起動するには不足するし、iTunesから見ても復元途中の基準値には満たないということです。

さらに余ったAmazonで購入したバッテリーも充電しておこうかと組み替えたところiTunesに繋げ、復元しろと求められ復元するとエラー21で止まる。
セキュリティ絡みのアプリを止めてもダメ。
なんとバッテリーも不良品だったのか(--;
落札時のバッテリー(たぶん純正)に戻したら無事復元できました。
サードパーティー製パーツはあまり安価なのは危ないのかな(^^;

今回の作業で知り得たことは

 ・バッテリー残量60%未満の時はリカバリーモードに入れないほうが良い。
  (iTunesがエラー1611で復元を中止する可能性がある)
 ・ショップから購入した部品も壊れている可能性がある。
 ・外観が美品でも内部が腐食している場合がある。(銅の足の部分)
 ・バッテリー交換後はiTunesに繋げと復元を求められる。

|

« iCloudのインストール | トップページ | iPhone4用ドックコネクタがかぶる »

コメント

おめでと~ございます
ついに復活ですね~
新品パーツも時として疑ってかからないとアリ地獄にはまりそうですね(^^;
まあ何事も経験ですかね~

投稿: totonaka | 2011年10月17日 (月) 21時18分

ありがとうございます。
ただ、その後バッテリーの消費が多く発熱も目立つのでもう少し手を加える必要性がありそうです(^^;

投稿: アンビンバンコ | 2011年10月17日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iCloudのインストール | トップページ | iPhone4用ドックコネクタがかぶる »