« 3GS修理用リヤシェルが香港から | トップページ | 3GS のDockユニットを外す »

2011年9月 9日 (金)

3GS のGPSアンテナユニット分解

iPhone3GSのリヤシェルを交換するのだが

タッチパネルの外し方バッテリーの交換 までの手順は以前ブログに書いたので省略。

んでいきなりこの状態から始まる。

Rrshell_change1

左が交換前の状態。右が今回購入したリヤシェル。
まずは上のGPS/WIFIアンテナユニットまわりを取り外していく。
右上の電源ボタンユニットの2箇所のネジを外す。(ユニットは後でまとめて外す)
ネジサイズは個々で違うので部品と一緒に保管すべし。

Gps1

4つのネジを外す。一番上のネジはイヤホンジャックを止めていて少し長めである。

Gps2

さらに側面の音量調節ボタンを留めている4つのネジを外す。

Gps3

これでイヤホンジャックやGPS/WIFIアンテナ、電源ユニットがまとめて外せる。
知恵の輪風に入り組んでいるので無理な力をかけないように注意が必要だ。

Gps4

すると左のマナー切り替えボタンと電源ボタンも外せる。
次に真ん中のGPSユニットハウジングという黒い樹脂を外すのだがネジは一箇所。
これがSIMトレイ取り出しの機能も兼ねている。
矢印のようにピンで押すとSIMトレイを押し出すわけだ。

Gps5

この黒い樹脂は両面テープで貼り付けてあるので厄介。
細いマイナスドライバを差込み少しずつこじって剥がしました。

Gps6

丸印は外したマナー切り替えボタンとこれから外す電源ボタン。

ここまでくれば後はドックケーブルユニットとバイブモーターを外すだけなのでさほど難しくない。

|

« 3GS修理用リヤシェルが香港から | トップページ | 3GS のDockユニットを外す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3GS修理用リヤシェルが香港から | トップページ | 3GS のDockユニットを外す »