« 3GSの3G通信アンテナ交換 | トップページ | Windows8 preview版インストール »

2011年9月15日 (木)

3GSの通話イヤホン修理

タッチパネルを開けた際に勢い余って3番フレキを抜いてしまった。

本来ラッチを起こして抜くはずのフレキがスポッ!

このストレスが災いしたのか通話時のイヤホンスピーカーから音が鳴らなくなった。
要は通話時に相手の声が聞こえないわけだ。
iPod touch的に使う分には問題ないがiPhoneとしてはこれは問題。

ここのところ、毎晩のように分解しているので、いつか壊しそう。
そろそろ終わりにしたい。
ってことで予備のホワイトタッチパネルに交換して修理は完了。

ただ壊れたイヤホンスピーカーの付いたホワイトパネルを捨てるのは勿体ない。
該当部のみ交換することにした。
またリペア部品注文かいな・・・

幸い、過去に2度ほどガラス割れiPhoneを修理しておりこの部品が付いたフレームは手持ちにある。
このフレームからイヤホンスピーカー部をハゲタカして移植すれば良いわけだ。

Photo

矢印の部分の2箇所で金属の爪でフレームにはめ込んである。
ガラスを外したフレームならガラスのある表側から極細マイナスドライバで爪をこじればOK。
すんなり外すことことが出来た。

Photo_2

履歴からしてこのフレキのどこかにダメージを受けた可能性が強い。
スピーカーそのものはフレームに埋め込まれたまま。
こいつも剥ぎ取ろうとマイナスドライバでこじったらなんか糸を引く。

ボンドか?

とよく見たらコイルのエナメル線がほつれてる。
どうやら壊したらしくスピーカー剥ぎ取りは失敗。
スピーカーは断念し今回は外したフレキのみを移植することにした。

今度はホワイトパネル側の壊れたイヤホンユニットを外すんだがこいつはガラス付き。
表側から爪を開くことは出来ず、強引に裏から金属板をこじって分解。
なんとか外して先ほど剥ぎ取ったフレキを組み込むことが出来た。

Photo_3

ただし、動作確認は見送り。
せっかく直したばかりのSIMフリー3GSをもう分解したくない。
先々、ガラス割れジャンクを格安で落札できたら試してみることにする。

今週は何度iPhoneを分解しただろう?
おかげでおおよそのパーツの所在や交換の要領を経験することが出来た。
iPhoneのパーツはかなり華奢に出来ており、分解の過程で痛めてしまう可能性が十分にありえる。
あんまり分解組み立ては繰り返したくないな。 

|

« 3GSの3G通信アンテナ交換 | トップページ | Windows8 preview版インストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3GSの3G通信アンテナ交換 | トップページ | Windows8 preview版インストール »