« iPhoneスパボ一括の薦め | トップページ | iPhone4スパボ一括のお値段 »

2011年8月11日 (木)

WBR2-G54 でDD-WRTを試す

GalaxyTabのWifiの掴みが甘い・・・

話はここから始まった。
iPhoneやEeePCじゃ困らないんだが、GalaxyTabはすぐ電波が掴めなくなる。
FWの更新とかで改善はしたもののイマイチ。
筐体の向きをfonのほうへ向けたりしないと繋がらないことが多いのだ。

fonの電波も弱いと聞くのでfonは2階の寝室に置くことにした。
我が家は1階から2階へ有線LANを通してあるのだ。

で1階担当はすこし古いがバッファローのWBR2-G54。

ひとまずこの環境で我が家のwifi端末のセットアップをして落ち着いたんだがツイッターでDD-WRTなら電波の強さも調整出来ると聞き試してみることにした。
(電波の強さを弄るのは電波法に抵触するらしいので弄らなかったけど)

WBR2-G54にDD-WRTをインストールする てサイトを参考にして。。。

【FWのダウンロード】
下記のアドレスからWBR2-G54で使えるFWをダウンロードする。

http://www.dd-wrt.com/site/support/router-database

Ddwrt01

検索窓にWBR2と入力すればリストが出てくるので矢印のを選択。

Ddwrt02

参考元サイトでmini_generic版を選択しておられたので私も同じファイルを選択。
dd-wrt.v24_mini_generic.bin

【FWの修正】

このファイル、ヘッダ部になにやら書き込まないと使えないそうでddadderってツールも入手が必要。
このツールも同じリンク先で入手可能。

c:\ddwrtってフォルダを用意して
 dd-wrt.v24_mini_generic.bin、ddadder.exe、ddadder.c を放り込んだ。

Ddwrt03  

dos窓で
 c:\ddrt>ddadder dd-wrt.v24_mini_generic.bin wbr2-g54 と打ち込んでenter
すると
 dd-buffalo-wbr2-g54.bin ってファイルが出来ている。
これでWBR-G54用のDD-WRTファームウェア完成である。

【FWの更新】
WBR-G54用の管理画面中のファームウェア更新画面で上記DD-WRTファームを焼く事が出来る。

Ddwrt04

上記で修正したdd-buffalo-wbr2-g54.binを指定すればOK。
無事焼き終われば再起動するはずなんだが・・・しない。
まぁ上記管理画面は192.168.11.1なんだけど新しいDD-WRTの管理画面は192.168.1.1だし。
WBR-G54の側面にある「DIAG」の赤色LEDが点灯して書き込みを始め消灯するのを待ち、さらに少し待って電源再起動。

ただ私の場合フレッツ光のルーターが192.168.1.1なのでデスクトップPCからはうまく新管理画面が拝めなかった。
試行錯誤した末、2階のfonに接続したEeePCからやっと拝めたw

Ddwrt05

英語は苦手なのでAdministration>Language Selectionで日本語を選択。

Ddwrt06

拝めているうちにこのWBR-G54のIPドレスを192.168.1.2に変更。
これでデスクトップPCからもアクセスできるようになる。

電波法の問題があるので電波出力は弄らなかった。
そんでもWBR-G54に換えてからfonより電波の指向性が偏らないのか?GalaxyTabの電波の掴みは改善傾向で家族には好評である。
これはDD-WRT化よりもWBR-G54のハードの効果かも知れんけどね。

まだDD-WRT化ならではの恩恵ってのを受けるような使い方は出来てないけど...ぼちぼち勉強していこうw

|

« iPhoneスパボ一括の薦め | トップページ | iPhone4スパボ一括のお値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhoneスパボ一括の薦め | トップページ | iPhone4スパボ一括のお値段 »