« iFunBoxで着メロコピー | トップページ | WBR2-G54 でDD-WRTを試す »

2011年8月 8日 (月)

iPhoneスパボ一括の薦め

iPhoneの月額料金について質問を頂きましたので補足の記事を書いてみます。

前の記事で書いた月々7円維持を実現する為には
 本体料金スパボ一括
 ホワイト学割契約
 標準プライスプラン
が必須となります。
しかし、このうち2011年ホワイト学割キャンペーンは既に終了しています。
次回はおそらく来年2月~5月/末だと思われます。

ホワイト学割が効かない通常契約ですと加えて
 ホワイトプラン:980円
 パケット料金最低額:1029円
が必要となりますので合計で 2009円+7円=2016円が月々最低請求となります。

さて本題に戻り本体代金の支払いですが分割払いとスパボ一括払いの2種類があります。

【分割払い】
16GBモデルが実質0円とうたっている契約例です。
契約時には本体代は0円で入手出来ますが月々1920円ずつ返済していく契約です。
通信料から同額1920円割引されますので2年使い続ければたしかに0円。

しかし、

2年縛りの途中で補償の効かない水没などの故障や何らかの理由で解約したくなった時は未払い額を返済する必要があるのですが、未払い分には「月月割」の援助はありません。
代替端末を入手する費用に加え未払い額を支払う必要が生じます。
端末をヤフオクなどで転売する手もありますが、まだ返済が終わっていないことからIMEIによるネットワーク利用制限評価では

「▲」マーク:利用できますが、代金債務の不履行等により利用制限となる可能性があります

という赤ロム一歩手前な不名誉な評価となり転売には不利。

【スパボ一括払い】
本体代金を最初に一括で払ってしまう契約です。
購入時に本体代金を支払う負担は生じますが、月月割1920円分は月々の通信料金から割り引かれますので毎月の支払いはその分楽になります。

上記のような途中解約においても本体代金を支払い済みですので解約金以外の請求は生じません。

さらに

ネットワーク利用制限評価は「○」マーク:利用できます の太鼓判付き
転売して別の端末入手資金にも当てやすくなるわけです。

本体代金を一括で支払うのは大変ですが、安い時期もあるのです。

3月決算記
Softbankも量販家電店も決算期で契約数や売り上げ数を延ばしたい時期
入学、進学時期でもあり、業界全体で勝負の時期です。
MNPだと2~3万円CBなんて特典も期待できます。

新型発売前
私の推測ですが、AppleからSoftbankに在庫調整の通達があるのだと思います。
SoftbankにとってiPhoneはドル箱なわけで
ノルマの在庫に減らすためにインセンティブを目一杯使いMNPだと9800円なんて店舗も出てきます。
ちなみに私は2月にドスパラで2万円CBで購入

今年は新型iPhone5が9月末と噂されることから今月8月辺りが勝負の時期でしょう。

それ以外はほとんど定価販売。
まぁ、新型を我先に定価で買って楽しむのもアリですけどね。笑

円高ですのでSIMフリー機って手もありますね。

【在庫あり】Apple iPhone4 16GB(海外正規品 SIMフリー)ホワイト 【在庫あり】Apple iPhone4 16GB(海外正規品 SIMフリー)ホワイト

販売元:HAKURAImobile 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する


|

« iFunBoxで着メロコピー | トップページ | WBR2-G54 でDD-WRTを試す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iFunBoxで着メロコピー | トップページ | WBR2-G54 でDD-WRTを試す »