« GalaxyTabを 2.3にアップデート | トップページ | GalaxyTab 2.3レビュー »

2011年6月12日 (日)

GalaxyTabを 2.3にアップデートその2

前の記事でGalaxyTabをinternational版Firmware(P1000XXJQ1_P1000XXJQ1_P1000XXJPZ_HOME.tar)にアップデートしました。
このままでは日本語表示も入力も選べません。
ドコモの最新Firamwareがあればいいのですが・・・

あるんです。笑

2ちゃんねるに3分割されたファイルの所在がアップされているのでダウンロード。
すでに署名監視機能付きのboot.binやsbl.binは抜いてあるそうです。
WINRARで1番目のファイルを展開すると2、3つ目のファイルもまとめてこんな名前のひとつのファイルに展開されました。

 SC01COMKE2_SC01CDCMKE2_SC01COMKE2_HOME.tar

中を7ZIPで覗くと・・・

Android23_55

それらしいファイルが入っておりまする。
ただmodem.binはドコモSIMロック版でしょうからぽいっと削除。

これを前の記事と同様にOdin3 v1.7で焼けばOK!

起動したら英語表示のままで焦りましたが、前のページで英語に選択してあったからのようです。
日本語表示や日本語入力も無事選択できました(^-^)v

Android23_7

GINGERBREAD.OMKE2になっております。
modem.binはインターナショナル版のままなのでSoftbankのSIMも無事認識。

ひとまず成功であります♪

|

« GalaxyTabを 2.3にアップデート | トップページ | GalaxyTab 2.3レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GalaxyTabを 2.3にアップデート | トップページ | GalaxyTab 2.3レビュー »