« b-mobile U300レビュー | トップページ | GalaxyTabを 2.3にアップデートその2 »

2011年6月12日 (日)

GalaxyTabを 2.3にアップデート

GalaxyTab、ドコモからAndroid2.3へのアップデートが公開されたようです。
正規のFirmwareならkiesってアプリ経由でアップデートするのですが、弄ってあるとダメ。

ってことで怪しいルートで入手したROMでいきます。

どうも2.3へアップデートする際はブートローダー(のサイズ?)が変わっていてパーテーションを変更しなくてはならないらしい。
手順のイメージは

 1.international版Firmwareでアップデートすることでパーテーションサイズを変更する。
 2.ドコモ版Firmwareから要らんものを抜いたものをさらに上書きする。

ってな要領のようです。

1のinternational版関係のソースはこちら。
   ⇒ Android2.3.3のXXJQ1ファームウェアを入れてみた

必要なファイルの所在はこちら。
   ⇒ p1000xxjq1 p1000xxjq1 p1000xxjpz

FirmwareはWith bootloadersのものが要るんだと思います。
gt-p1000_mr_PIT.zipはリンク先のAttached Filesで囲われたものを使いました。
dbdata.zipはここのを使いました。

まずはOdin3 v1.7でinternational版Firmwareでアップデートします。
PCに電源ボタンと音量下ボタンで例の画面にしたGalaxyTabをつなげます。

Photo

ダウンロードしたファイルから展開したP1000XXJQ1_P1000XXJQ1_P1000XXJPZ_HOME.tarとgt-p1000_mr.pitを選択します。
Re-PartitionとF.Reset timeにチェックを入れてスタート!

Android23_1

無事終わったら再度電源ボタンと音量下ボタンで例の画面で起動させ、PDA欄にdbdata.tarを指定し、今回はチェックはすべて外しスタート!

Android23_2

無事終わったら接続を外し電源ボタンと音量ボタンで起動。

Android23_45

テキスト画面が流れ、こんなメニュー画面が出るので
 ボリュームボタンでメニューを移動し Wipe cache をホームボタンで選択。
 同じ要領で Wipe data / factory reset をホームボタンで選択。
 reboot now を選択し再起動。

もう起動中にカッコ悪い「docomo」なんて表示は出なくなります。

Android23_6

ただし日本語は選べないので英語w

Android23_4

ちゃんとAndroid2.3にアップデートされていますね(^-^)v

Android23_5

docomo版ではお目にかかれないテザリングの設定欄も生きています。

このまま日本語化するのも楽しいと思うのですが面倒なので、ここからはdocomo用に日本語化済みの正規ROMを使います。
長くなるので次回に・・・つづく

|

« b-mobile U300レビュー | トップページ | GalaxyTabを 2.3にアップデートその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« b-mobile U300レビュー | トップページ | GalaxyTabを 2.3にアップデートその2 »