« b-mobile Fairか? U100か? | トップページ | iPhone4 6月分請求が来た »

2011年6月28日 (火)

AEON 980円 Aプランの使い道

AEONで格安SIMが発売された。中でも注目すべきは月々980円のAプラン。
通信速度こそ100kbpsと昔のモデムを思い出す速度だが格安の980円。

当初、私はその遅さから否定的な見方をしていた。

 いくら安いからって100kbpsは遅いだろ・・・って。

たしかにアナログモデム時代の速度で始終使うにはストレスが溜まりそう。
 でも
圏外で困った時に繋がるか否かの差は大きい。
そんな困った時のスポット用途で980円ならありなのかも?

ちょっと興味を持ったので2chやツイッターで他の方々のAプランの用途を伺ってみた。

 UQWiMAXの圏外の穴を埋める
 iPod touchで公衆無線LANスポットの無いエリアで使う

なるほどねぇ。。。
たしかに私の周囲のiPod touchユーザーも既存の高額パケット料金には否定的。
彼らの意見はこうだ。

 ほとんどは自宅でのwifiで事足りてる。
 出先だってマックや新幹線なら数百円で公衆無線LANスポットが使えるのに・・・
 なんでケータイ電波だと月に数千円?高過ぎる。

・・・と。

普段はWifiやWiMAXの高速回線で使っておおよそ満足している。
でも不足分のエリアがあるのでそこを格安で埋めたい。
今回のAプランはそんなニーズにピッタンコ嵌ったようだ。
メインのインフラを確保しているのに、穴を埋めるだけに馬鹿高い契約は避けたいわけだ。

考えてみればニーズは2極化しているのではなかろうか?

 とにかく高速回線で楽しみたいという性能優先
 テキストレベルで良いからコスト優先

しかし今までのキャリアのサービスは性能優先で月数千円のサービスばかりだった。
でも皆がYouTubeやUstreamを楽しむわけじゃないはずだ。
そこに投入された今回のサービスは「一石を投じた」と言えるだろう。
そして優秀なエリア網を持つdocomo系インフラが扱えるb-mobileならではのサービスだ。

たとえ国税が注ぎ込まれた優れたインフラを所有していても、
経営陣がアホじゃそのインフラを活かしきれない。
これからはスマホと言いながら未だにi-modeがどーだのこーだのほざいてる。
もー、救いようの無いアホである。豚に真珠、猫に小判。

天下り経営陣じゃぁ成し得なかった顧客視点のサービスをb-mobileには期待したい。

|

« b-mobile Fairか? U100か? | トップページ | iPhone4 6月分請求が来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« b-mobile Fairか? U100か? | トップページ | iPhone4 6月分請求が来た »