« ぽけふぁいで悩む | トップページ | iOS4.3.3がリリース »

2011年5月 4日 (水)

P1000XXJMGでバッチリ

我が家の銀河タブ(Galaxy Tab)、ブラウザでサイトを開こうとするとすぐ固まる。
同時に開いてるアプリを閉じたり、メインメモリーの消去をしないとサイトが開けない。
Wifiのアンテナ感度もルーター置いてる部屋と同室でも感度が怪しい。

そんな悩みを抱えつつ我慢してきましたがもう限界。
ググって新し目なmodem.binを探してみた。

そしたら見つけたのが、P1000XXJMG

ダウンロードしたP1000XXJMG.rarから7-Zipを使ってmodem.binだけ解凍。
そのmodem.binをheimdallを使ってGalaxy Tabに焼きこみます。
作業の容量は以前のGalaxyTabのmodem.bin書き換えって記事と同じなので省略します。

P100xxjng

無事成功♪
モデムファームウェアはP1000XXJMAからP1000XXJMFに上がっております。

これが調子が大変よろしい(^-^)/
今までメモリーの空きに気を使っていたのが嘘のようにサクサクとサイトを開くことが出来ます。
wifiの感度もいくらか改善しているみたい。

まぁタブなんて最低限ブラウザぐらいは快適に動いてくれないと困るんだけど、その「最低限」がやっと実現した感触です。

巷ではAndroid3.0なんてのを聞きますが、Galaxy Tabもアップデートあるのかなぁ?

3月の期末決算期も終わり、Galaxy Tabも高級機になっちゃいましたねw

Samsung Galaxy Tab 16GB シムフリー

Samsung Galaxy Tab 16GB シムフリー
価格:53,700円(税込、送料別)

|

« ぽけふぁいで悩む | トップページ | iOS4.3.3がリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぽけふぁいで悩む | トップページ | iOS4.3.3がリリース »