« BB維持して iOS4.3.1JB | トップページ | iPhone4の HDRを試す »

2011年4月16日 (土)

久々にArchos28 update

2chを見ていたら久々にArchosのfirmwareがアップデートされている情報が見つかった。
会社でArchosのサイトからArchos28用のfirmwareをダウンロード。

firmware_archos_android_gen8.aos ってファイルが手に入る。

今回のバージョンは2.3.20である。
Android2.3かと思ったらあくまでも2.2.1で上記数字はアップデートバージョンを示すだけ。
紛らわしい(--;

いつもの手順でArchos28ローカルにコピーすると勝手に認識してアップデートが始まる。
(手順は過去記事の後半と同じなので省略)
見た目は何も変わっていない?

いままで使って感じたのは

 pdfがちゃんと表示できるようになった。
 ギャラリーのphoto表示で途中で落ちなくなった。
 スクリーンショットで画面がずれなくなった
 サスペンド&レジュームに失敗しなくなった(これは前のバージョンから?)

Firmware2320

pdfがちゃんと見れるのはうれしい。
Archos28は会社専用で使っており職場のメンバーの電話帳がpdf。
これが見れるのとそうではないのでは使い勝手が大違いなのだ。

ギャラリーのphoto表示が途中で落ちるのは貧弱なスペック故に諦めていた。
メモリーの使い方が新しいバージョンは上手になったのかな?

そういえばGalaxyTabもメモリー不足らしき症状を頻繁に喰らう。
その点、似たようなスペックのiPhoneではそんな不具合は感じたことが無い。
Androidのメモリー管理はまだまだ過渡期なのかなぁ・・・なんて感じている。

iPod touchに比べると質感も操作性も結構見劣りするものの価格は1万円ちょい。
pdfが見れるようになっただけでもめっけもんである。笑

こんな10インチタブレットもあるようだ。

Creative ZiiO 10 インチ Android タブレット 8GB ZO-10S8G-BK Creative ZiiO 10 インチ Android タブレット 8GB ZO-10S8G-BK

発売日:2011/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BB維持して iOS4.3.1JB | トップページ | iPhone4の HDRを試す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BB維持して iOS4.3.1JB | トップページ | iPhone4の HDRを試す »