« Samsung Kiesを試す | トップページ | Titanium Backupしたぞ »

2011年1月 9日 (日)

GalaxyTabのroot化を考える

ツイッターや2chを見ているとAndroid端末のroot化ってのが出てくる。
なんなんだろ?と自分なりに調べてみたが管理者権限を持つって事のようだ。
Linuxと同じだな。
管理者権限がないとシステムに関わるような重要な部分への変更が出来ないけど、権限を得ることでこれらも編集できるようになる。
結果として
Fontを追加して日本語入力環境を整えたり、SIMロックを解除したり・・・

裏返すと肝心な部分を編集したり、消したりも出来ちゃうので、2度と起動出来なくなるリスクもある。
いわゆる「文鎮」化である。root化はおいしい反面、リスクも大きいのだ。

パソコンの場合はHDDやSSDの中身をしくじっても再インストールでなんとかなる。
機械的に交換も出来るし、BIOSでも壊さない限りは脱文鎮が可能である。
私もEeePCでは何度と無く管理者権限で試行錯誤を繰り返した。
しかしスマホやタブレットとなるとそうはいかない。
インストールDISKなんて出回っていないし、本体の分解も困難である。
そもそもドコモからの保証も失う可能性があるのでroot化採否は慎重に判断した方が良い。

自分なりに調べてみた。

システムを弄るような試行錯誤を楽しむなら、真っ先に元の姿をバックアップしておくのが無難のようだ。
システムを含めたバックアップには Titanium Backup ってのが有名。
Titanium Backupを動かすにはroot化が必要。
な~んだ、結局root化しておかなきゃバックアップすら出来ないじゃん。
ちなみにroot化するには z4root ってアプリが有名らしい。

さて、自分のGalaxyTabからのバックアップは出来たとして・・・

それが万一うまくリストア出来ない場合も想定してネットで流通しているROMも2つ確保しておく。
 ・ドコモROMと言われているもの
 SC-01C_SC01COMJL3_SC01CDCMJL3_SC01COMJL3_SC01COMJL3_OM_DCM.zip.enc
 ・Samsungインターナショナル版?
 GT-P1000_P1000XXJMF_P1000OXAJMF_P1000XXJMF_P1000XXJMF_XX_ITV.zip.enc
ただ、これらのファイルを使うには
Decoder.zip ってのを入手解凍して出来た DecoderTest.exe で変換処理して SC01COMJL1.tar ってファイルを取り出す必要がある。
なんだかなぁ。。。

まだGalaxyTabのシステムをガツガツと弄るつもりは無い。
ただ上記のお宝ROMやツールはネットからある日突然消えていることもあり得るわけで、
手に入るうちに入手から少しずつ進めていこうと思う。

Samsung Galaxy Tab 16GB シムフリー

Samsung Galaxy Tab 16GB シムフリー
価格:53,700円(税込、送料別)

|

« Samsung Kiesを試す | トップページ | Titanium Backupしたぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Samsung Kiesを試す | トップページ | Titanium Backupしたぞ »