« S21HT をHard-SPL化~ROM焼き | トップページ | S21HT でWM6.5を試してみる »

2010年5月10日 (月)

S21HT にWM6.5のROM焼き

Hard-SPL化という下ごしらえを終え、いよいよROM焼きである。
当初はHTCの正規英語版を焼けばSIMロック解除も出来るかなぁ・・・な~んて考えたが何故かうまく焼けなくて断念。

であれば今風のWM6.5でも試してみよう♪と探すと色々あってどれが良いのやら。。。
xda-developersサイトからアクセスが多くて人気のありそうなのを選んでみる。

[ROM|WWE|21899] Windows Mobile 6.5 Clean Basic ROM [10|5|2010] [SENSE 2.1|SENSE 2.5]

さてROM焼きで失敗すると文鎮(動かん塊)になってしまう。
バッテリーは十分に充電しておいた方が無難である。

ダウンロードしたファイル 21893 One.rar を解凍し、中身の ruu_signed.nbh diamimg.nbhにリネーム。
リネームしたROMファイルをS21HTの内部ストレージのrootにコピー。
USBトリガーモードなる手法でリセットを行なう。やり方は・・・
VolDOWNボタン」と「←ボタン」と「リセットボタン」の同時押し。
コツは放す際に「リセットボタン」を先に放せば良さそうだ。
実は何度か失敗して普通にWM6.1を起動させてしまった。coldsweats01

うまくUSBトリガーモードでリセットさせれば棒グラフで進度状況が表示され最後にこの画面となる。

Rom_write

ROM焼きの作業は以上で終了となる。
ただ、上記画面でうんともすんとも進まないので恐る恐る再度「リセットボタン」だけ押すと無事WM6.5が起動した。

Wm65boot

感動のWM6.5ホーム画面である。

SIM無しで行なうとSIMが無いと文句が出るので最初の起動にはSIMが必要なようである。
私はポケットWifiの赤SIMを挿して対応した。

カラフルな印象の割にはサクサクと動く。こりゃえぇな!
もっとも英語版なのでこのままでは日本語表示は文字化けするし、日本語かな漢字変換も出来ない。
日本語化についてはこれからシコシコ行なっていく予定である。

|

« S21HT をHard-SPL化~ROM焼き | トップページ | S21HT でWM6.5を試してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« S21HT をHard-SPL化~ROM焼き | トップページ | S21HT でWM6.5を試してみる »