« Skypeで国際電話を節約 | トップページ | D25HWを中国で使おうと格闘 »

2010年3月 3日 (水)

中国Wifi通信事情

月曜日から中国の広州に居るのだが毎晩午前様なのと、Wifiがうまく繋がらずなかなかブログの更新にはたどり着かなかった。
いま宿泊しているのは広州鳳凰城酒店という立派なホテル。
事前情報では有線/無線LAN使い放題。
そんじゃWifiが良いやと用意しておいたんだが繋がらない。
どうやら独自?のサーバーを超えないといかんようだ。
それが有線ならどうよ?と試すとすんなり繋がった。
そんじゃtwitterでも呟くか・・・とtwitterサイトに行こうとすると繋がらない。
他のサイトには行けるのでサーバーの問題か?それとも中国はtwitterご法度なのか?

Wifiが繋がらないんじゃiPod touch持ってきた魅力が半減してしまう。
フロントで
アイキャノット、インターネット。
と言いながらiPodのWifi認証画面を見せる。
ワイファイという単語は全く通じない。ワイヤレスランって言えば良かったのかな?
中国語、英語、日本語の混在する会話が飛び交い、やっとくれたのが認証カード。
IDとパスワードが記されており、希望者だけにくれるというシステムらしい。
以前アトランタのラウンジもそうだったな。

Wifi1

このIDとパスワードを入力したらようやくiPod touchでネットを見ることが出来るようになった。
表面はこんなデザイン。

Wifi2

ん?右上に10円?10元?って表示がある。その下は体験版っぽい表記だし。。。
まぁタダでくれたから良いか(^^;

そんでもtwitterはダメ。なんだかなぁ。。。
このホテルのwifi、電波の強さが不安定でやたら簡単に切れる。
ホームページで自慢げに使い放題と載せているのは過大広告じゃなかろうか?

ホテルを出ると公衆Wifiは期待できるのか?というとほとんど無い。
まぁホテルそのものが広州市内より外れに位置する為しょうがないのかもしれない。
こりゃD25HWの現地SIMに頼りたいところ。それはまた後ほど。。。

|

« Skypeで国際電話を節約 | トップページ | D25HWを中国で使おうと格闘 »

コメント

中国はtwitterをブロックしてるから普通には見れないみたいですね。

投稿: Vespa | 2010年3月 4日 (木) 15時54分

中国出張、お疲れ様です。
無事で何よりです。
以下、中国でTwitterを利用する方法を書いたページを見つけましたので、内容をコピペします。

「中国でTwitterを利用する方法」

ご存知の通り、中国では政府にとって好ましくないとされるサイトへのアクセスはブロックされており、Twitterもその一つです。TwitterのWebページのアクセスも、TwitterクライアントがTwitter APIを叩きに行くのもブロックされています(自分は普段TweetDeckを使っています)。しかし、それで「はいそうですか」、と素直に引き下がれるほど自分のTwitter依存度は低くなく。。一緒に上海に行った人達は日本にWebプロキシを建てた上で使っていたようですが、自分はちょっと違った方法を使いました。sobeesを使うという方法です。これはSilverlightで作られたTweetDeckライクなマルチカラムTwitterクライアントで、これはSilverlight3で構築されていて、Out of Browser機能が有効化されているので、これをデスクトップにインストールして使用していました。

ではなぜTweetDeckが使えずにsobeesが使えるかというと、sobeesはSilverlightで構築されているので、直接クライアントがTwitterのAPIを叩きに行けず、クライアントの配布されているsobeesのサーバーがsobeesのクライアントからのAPI呼び出し要求をTwitter APIに中継しているという性質によるものです。実は、中国国内からのアクセスが制限されいるのはTwitterのWebページとTwitter APIを直接呼び出すケースだけで、もばついやsobeesのように、Twitter APIを叩くサーバーが中国国外にあるWebクライアントは利用可能なのです。sobeesは現在リリースされているSilverlightアプリケーションの中では最もよく作り込まれているアプリケーションの一つで、TweetDeckと互角か、それ以上に使いやすいアプリケーションと言えるので、中国に行かれる場合はおススメのクライアントと言えるでしょう。ただ、ひとつだけ残念なことがあり、それは、IMEによる変換を行うときに誤動作をするという点。変換を行う時のEnterキー入力で入力が完了したものと勘違いし、そこでTweet送信をしてしまうというバグがあります。そのため、現状では、Tweetはテキストエディタで書いた上で張り付けて送信をせざるおえないという残念な状態です。バグレポートを投げようと思うので、それが対応されたらTweetDeck代替として結構使えるのではないかと思います。

投稿: aegeblue | 2010年3月 4日 (木) 21時19分

Vespaさん、aegeblueさんへ
情報ありがとうございました。
結局中国版twitterサイト閲覧で解決いたしました。
sobeesは既に封印されているようです。イタチゴッコでしょうね。

投稿: アンビンバンコ | 2010年3月21日 (日) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Skypeで国際電話を節約 | トップページ | D25HWを中国で使おうと格闘 »