« EeePCで謹賀新年 | トップページ | Workpad c3 8MB化の葛藤 »

2010年1月 2日 (土)

Ubuntu でHotsyncを試す

Workpad c3を手に入れたものの、自宅のパソコンでHotsyncなんてやったのは何年前のことだろう?
ってことでPalm Desktopなんぞ無いわけで、落札品にもCDは付いておらずネットでver4.01をダウンロード
最初はE30HTのデータをエクスポートしてcsv形式でインポートを試みたがなんかしっくりこない。
項目がE30HT側の方が多すぎるのだ。
EXCELで整えるって手もあるが、元来このデータは会社のノートにPalm形式で在るわけだからそこまで頑張るのはやめた。
会社でピロリーン♪ってやれば済むわけだ。
テスト用に自宅とか簡単なデータを入力してPalm Desktop 4.01とシンクロしてみる。
ピロリーン♪って懐かしい音とともにHotsync成功。
注意書きに「m500やm505以外の機種は付属のPalm Desktoを推奨する」とあったが問題無さそうだ。

さてWindowsXpで1のは当たり前として・・・、本題はUbuntu9.10でもHotsync出来るか否か?

システム>設定>Palm OSのデバイスってのがある。

Screenshotgnomepilot_settings

こいつにSerialとか/dev/ttyS0とか必要事項を記入するとなんとかピロリーン♪って音とともにHotsyncらしき動作が確認できた。
しかし実際のカレンダーとかアドレスはこれだけじゃ見れない。

アプリケーション>UbuntuソフトセンターでJ-Pilotなるソフトをインストール。

Screenshotjpilot_1624

しかし、ここからがうまくいかん。
ユーザーを指定しようにも毎回デフォルトのUbuntuユーザー名になってしまう。
Hotsyncも途中で止まってしまう。
/home/anbinbanco/MyPDAにはPalm系のAddressDB.pdbとかがあるのでこれらをインポートしてみるとメモ帳だけが取り込めていた。

まぁWorkpad c3は仕事用でWindowsXpのThinkpad X-60でHotsync出来れば用は足りるので深追いはやめた。
まだ充電する策が乾電池しかないのである。
注文した電源アダプターがはやく届けばよいのだが。。。

|

« EeePCで謹賀新年 | トップページ | Workpad c3 8MB化の葛藤 »

コメント

おお、UbuntuでHotsyncという手があるんですね。

そういえばPalm OSという項目がありますね。いまどき誰が使うんだろう、なんて思ってましたが、Palmデバイスを持っている人にとっては大変ありがたい機能ですね。

投稿: arkouji | 2010年1月 2日 (土) 21時51分

今回はあまりうまくいきませんでしたがデータそのものは取り込めているようです。
wineの方が良いのかも。

投稿: アンビンバンコ | 2010年1月 2日 (土) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EeePCで謹賀新年 | トップページ | Workpad c3 8MB化の葛藤 »