« Chromium OSの日本語入力成功 | トップページ | Ubuntu9.10の音の問題 »

2009年12月 7日 (月)

4G-Xにも Ubuntu9.10インストール

以前eeeXubuntuでネットワーク共有がうまくいかずEeePC4G-XはXandrosに戻していた。
しかし最近Ubuntu9.10が調子がよろしいのでこいつにも導入してみることに。

最近のUbuntuって4GBに収まんのかな?

なんて不安が一瞬よぎったがダメなら別の手を考えりゃ良い。
いつもの自作スリムドライブで4GBフルに使ってインストール。
こいつは日本語キーボードなのでほとんど「次へ」で済んでしまった。

心配していた容量は837MBの空きがあった。ほっ happy01

ランチャーはいつものAWN。
よく使うソフトだけ登録して、下のバーは自動的に隠す設定で画面の狭さを補う。

4g_ubuntu910dt

壁紙はツーリング出発前に秋空を背景に撮影した自作バイク。

SpeedyBootをインストールしたUSBメモリーを筐体内に内蔵しているのでデフォルトでUSBメモリーがマウントされてしまう。
まぁ別に問題じゃないのだけど。

問題と言えば「バッテリーが壊れてるかも・・・」って意味合いの表示がチラリと出る。
上のバーにもバッテリーアイコンが2個。(1個表示の時もある)
Duoか?なんてのんきなことを言っていて良いのだろうか?
まぁUbuntuは昔から電源が切れないとかバッテリーエラーとか出ている記憶なのであんまり心配する気になれない。笑

ASUS EeePC 1005HAシリーズ ブラック EEEPC1005HA-BLK179 CE ASUS EeePC 1005HAシリーズ ブラック EEEPC1005HA-BLK179

販売元:ASUSTek
発売日:2009/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« Chromium OSの日本語入力成功 | トップページ | Ubuntu9.10の音の問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Chromium OSの日本語入力成功 | トップページ | Ubuntu9.10の音の問題 »