« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

Ubuntu9.10 を自作PCにインストール

EeePC900Aで試したUbuntu9.10を自作パソコンにインストールしてみました。
データはほとんどNASに保存しているので9.04をインストールしていたドライブに上書きインストール。
自作パソコンをライブUSBで起動してインストール指定。
日本を指定すれば日本語表示バッチリでした。

Ubuntu910desktop_s

通信速度も70Mbps出ています。
Youtubeも必要なフラッシュ追加でバッチリ動画が再生出来ました。
ただWindowsXpだとなめらかに再生できるHDフル動画が若干固まり気味。
さすがに自作PCのオンボードの方が性能が良い様でEeePC900Aほどではありませんでした。
やっぱ安くても良いからグラフィックボードで補強した方が良さそうですな。

ASUSTek PCI-Express x16スロット対応グラフィックボード EN9400GT/DI/512MD2 (LP) CE ASUSTek PCI-Express x16スロット対応グラフィックボード EN9400GT/DI/512MD2 (LP)

販売元:ASUSTek
Amazon.co.jpで詳細を確認する

起動の速さはというと9.04からさほど進化した感じはありません。残念
サウンドもEeePCでは出ていましたが自作PCでは小さい音しか出ません。
まぁこの辺はおいおい設定していけば良さそうです。
日本語変換もCtrl+SpaceでAnthyが起動してくれるので(ビックリ)そのままブログも更新できます。
現にこれを今書いております。

前の記事で教えていただいた追加パッケージも入れてみました。

http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized

ひとつ気になるのは光導入以降、UbuntuからWindowsXpに切り替えるとXpでブラウザが一部のサイトを開けなくなること。
Googleや普通のホームページは問題無いので、回線的には接続できているはずなのですが、よく見る自分のブログなどが全滅です。
なんでだろうなぁ???

明日は11月になるのでひかりTVを導入してみるかな♪

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

Ubuntu9.10 をEeePC900Aで試す

日本語版のUbuntu9.10が出るまで待とうと思ったが本家から英語版をダウンロードしてEeePC900Aで試してみた。

SSDへのインストールは日本語版を待とうと思うので今回はUSBメモリーにライブ版を抽出した。
ライブUSBの作り方は過去記事のEeePC 901にeeeXubuntuインストールと同じでOK。

起動すると途中の画面は新しくなっており、地味ながら好感が持てる。
音楽はいつもと同じだった。
起動時間はライブ版なので遅いがこれはSSDにインストールしてみないと判らん。

Ubuntu910_2

さてWifiの設定をせねば・・・とUSBメモリーを挿すとなんと日本語ファイルが表示されている。

Ubuntu9101

一部のテキストファイルは中身の日本語も表示できた。
表示出来ないファイルはWindowsで書いたものだと思う。

Ubuntu9102

ブラウザも日本語がバッチリ表示されている。

Youtubeはどうだろう?
と開いてみたが動画が表示されない。でもADOBEのフラッシュのリンクをクリックしてUbuntu8.04+ってのを選ぶとあれよあれよと簡単にパッケージがインストールされた。

Ubuntu9103

お気に入りのベンチマーク動画も表示できた。

Ubuntu9104

ただ、さすがにHD動画はスムーズには動かない。
これはEeePC900A側のグラフィック性能の問題だと思われる。
それでも9.04のころよりも良好に動くようになったのは9.10がインテル系グラフィックにより対応してくれたからだろうか?

このあたりは自作パソコンでWindowsXpと比べれば判りそうだ。

| | コメント (10)

Ubuntu日本語版はいつ?

昨夜、Ubuntuサイトを見に行ったらサイトを開くのにやたら時間がかかった。
我が家はフレッツ光に変えたばかりで普段はサクサク開けるのでサーバー側がパンク気味だったのだろう。
残念ながら日本Ubuntuサイトは9.04しか公開していない。
本家英語サイトはCaming SoonだったのがしっかりUbuntu9.10公開に切り替わっていた。

しかし

ダウンロードしようとすると3時間の表示。

こりゃ相当の人がダウンロードしようとしているんだろう。
成功したとしても自分で日本語化せにゃならん。
日本Ubuntuサイトから日本語版をダウンロードした方が良さそうだ。

日本語版はいつになるのだろう?

と日本サイトを見てみたら数日後には日本語版がリリースされるらしい。

 ⇒ Ubuntu 9.10 リリース

楽しみだ。happy01

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

もうすぐUbuntu9.10リリース

10月29日がUbuntu9.10リリースとのことでもうすぐだ。
私はEeePCで使うLinuxは当初Xandrosメインで使っていた。
当時のUbuntuは8.04。
アプリの追加などカスタマイズはXandrosよりやり易いものの起動が遅かったのだ。
それが9.04になって他のOS(WindowsXpやXandros)と遜色ない起動時間に改善した。
未熟な私にとってまだまだよく判らん点があるものの、弱点が改善されると魅力的なOSだと思う。

そんなわけでWindows7は今回は見送り。
OSそのものはさほど嫌いじゃないがいでたちの背景が前の記事で書いたように受入れ難いのだ。
マイクロソフトのOSで育ってきたものの、最近の動向はどうも好かん。

家族はXandrosで何の不満も無く使い続けているのでそっちはそっとしておこう。
Ubuntu9.10は自作パソコンと私用のEeePC900Aにインストールしてみようと思っている。

EeePCに出会う前はWindowsしか使わなかった。
それがLinuxを試す機会を得てからはWindowsを選択肢のひとつと見るようになった。
選べるか、選べないか。その差って結構大きいと思う。

Ubuntu9.10はインテル系のグラフィックチップとの相性が良くなるそうだ。
EeePC900Aも自作パソコンもインテル系だからより快適になるのかも♪

| | コメント (4)

2009年10月26日 (月)

ネットブックのコモデティ化極まる

ネットブック+シェアで検索したらこんな記事を見つけた。

東芝がネットブックで首位に、日本メーカーで初めてトップシェア獲得

好調だったASUS社が滑り落ち、ACER、東芝で三つ巴。

まぁどこのを買っても液晶サイズもメモリーもCPUもマイクロソフトの決めた仕様な訳だからそうなるわな。
差をつけるには色ぐらいじゃなかろうか?まさにコモデティ化現象だ。

コモデティ化とは
市場に流通している商品がメーカーごとの個性を失い、消費者にとっては何処のメーカーの品を購入しても大差ない状態のことである。

マイクロソフトのULPC縛りは
 ディスプレイサイズ 14.1インチまで(以前は10.1インチまで)
 解像度は1024×600まで
 HDDの容量 160GBまで(当初は80GB)
 SSDの容量 16GBまで
 メインメモリ 1GBまで
 CPU Atomなどシングルコア製品限定

現実的には
 10inch HDD160GB RAM1GB Atom のオンパレードだ。

このスペックそのものを私は否定するつもりはさらさらなく、家族に使わせるなら画面の大きくてWindowsならプチフリの心配の不要なHDDモデルの方が良い。
ただマイクロソフトの縛りでこれ一色になったことに不快感を感じる。

上記ULPC縛りが無かった頃、
 7inch SSD4GB RAM512MB でLinux OSの初代EeePCが世界中に売れた。

ベアボーンPC EEEPC701SD-XWHI ベアボーンPC EEEPC701SD-XWHI
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

ULPC縛り当時、大容量SSDを規制するのはウルトラローコストから外れるからだと思った。
でも違うような気がする。
SSDモデルを潰したかったのではなかろうか?
SSDモデルだと小容量でプチフリ無しにLinuxが使えてしまう。
これにWindowsXpをインストールすると容量は窮屈だしプチフリするし厄介だ。
SSDの容量を規制しつつ、160GBのHDDモデルに4分の1の破格でWindowsXpを入れさせれば客はそっちに流れる。
とにかく初代EeePCの世界的に広がる勢いを潰したかったのではなかろうか?

Windows 7になっても縛りに応じるメーカーには格安でOSを供給するようだ。
ネットブックメーカーは2つの選択肢から選ぶことになる。

 これに応じて他社と差別化しにくい商品を売るか?
 Linuxなどの他OSを搭載して独自性をアピールするか?

万一、メーカー各社が後者を選択したら

Windowsを知らぬまま使う入門ユーザー増えていき
せっかく潰したはずの初代EeePC市場が復活してしまう。
その人たちは脱入門者となりデスクトップPCを選ぶ時も非Windows OSを選ぶ可能性がある。
非Windowsの文化、コミニュティがネット上で形成され大きく膨らんでいく。

マイクロソフトはそれを恐れてネットブックには破格でOSを供給し続けるんだと思う。

| | コメント (2)

2009年10月25日 (日)

mBook M2

mBookが気になり、ネットで探していたら新型mBook M2が出るような情報である。

 ⇒ UMID mBook M2 at IDF ( now with video )

すでに試作品?の動画動画も掲載されていたのでどうぞ。

スペックは

 標準サイズのUSB端子が存在する。
 VGA出力付き
 画面脇にマウス機能が追加
 CPUは1.2Ghz and 1.6Ghz Atoms
 メインメモリーは1GB
 OSはWindows 7

なんかmBook M1の弱点を着実に改善してきているように思える。

ARM系のSmartbookの台頭を期待していたのだがなかなか作業着の胸ポケットに収まるサイズのものが出ない。
そんな中、SmartbookではないがこのmBook M1はギリギリ入りそうだし重さも軽い。

海外出張とかで見つけたら買ってしまいそうだ。

日本だと工人舎のPM1なら手に入る。

【送料無料】PM1WX16SA 工人舎 モバイルPC KOHJINSHA PM1シリーズ PM1WX16SA 【送料無料】PM1WX16SA 工人舎 モバイルPC KOHJINSHA PM1シリーズ PM1WX16SA

販売元:ヒットライン
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年10月24日 (土)

EeePC900A でWindowsXp

ずっとEeePC900AはCFからのXandros1.7にしていたのだがSWを入れてSATAドライブを有効にしてUbuntu9.04で起動してみた。
そしたら自作パソコンでは当初うまく見れなかったYoutube動画も見れるし、通信速度も普通に測れる。
どうやら自作パソコンのUbuntuだけ調子が悪かったようだ。

無線LANのスループットの性能のせいだろう。通信速度は13Mbps程度しか出ない。
最新の無線LANアクセスポイントなら問題ないはずである。

BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH CE BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH

販売元:バッファロー
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえばSATAドライブではWindowsXpも起動できるようにしてある。
試して見たところ半分の6Mbps。
あれれ?RWINとかはデフォルトだけどUbuntuの半分の速度しか出ない。
以前試した方法でRWinを131070に変更してみる。

すると無事Ubuntu並みの通信速度を得ることが出来た。

----------------------------------------------------
ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2009/10/24 21:09:53
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/栃木県
サービス/ISP:Bフレッツ ハイパーファミリー/-
サーバ1[N] 12.9Mbps
サーバ2[S] 13.2Mbps
下り受信速度: 13Mbps(13.2Mbps,1.65MByte/s)
上り送信速度: 3.7Mbps(3.70Mbps,460kByte/s)
診断コメント: Bフレッツ ハイパーファミリーの下り平均速度は36Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から20%tile)
----------------------------------------------------

まぁWindowsXpが出た当時はこんな速い通信速度は想定していなかったんだろうなぁ。
きっとVistaやWindows7は何もしなくてもUbuntu並みの速度は出るのだろう。

しかし、EeePCでWindowsを起動するのは本当に久しぶりな気がする。
SSDモデルなのでLinuxの方が按配が良いのだ。
このブログを始めて、Linuxのフォローをしてくださる方々のおかげで少しずつだがLinuxを使えるようになってきた。ありがたい限りである。

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

Ubuntu9.04 でYoutube解決

前の記事、Ubuntu9.04 でYoutube再生は? でうまく再生出来ない動画があると書いたがググったところ解決♪happy01

ubuntu(9.04)でyoutubeとかの動画が糞重いとき対処 に対処方法が載っていた。
swfdecってのがデフォルトにあるらしいのだが、それを使わないでAdobeの純正のやつを使えばいいのだそうな。

端末を開いて

sudo aptitude install flashplugin-nonfree これでAdobeの純正のがインストールされる。

sudo aptitude remove swfdec-mozilla これでswfdecってプラグインをアンインストール。

こんだけ。
これでFirefoxを再起動させると見事見れなかった動画も見れるようになりました。

ただし、HD表示でフル解像度にさせるとコマ落ちのような症状が出る。
自作パソコンのオンボードグラフィックチップのUbuntu版のドライバとかの問題なのだろうか?

ちなみに我が自作パソコンのマザーボードはASUSのP5KPL-CMでチップセットはG31というのだそうな。
ASUSサイトでドライバを探してみたがLANとAudioしか無かった。残念。
WindowsXpじゃ問題なく再生される動画なんだけどな。。。
コストパフォーマンスの良いマザーボードで気に入っております。

◆送料無料◆ASUS P5KPL-CM G31チップセット搭載マイクロATXマザーボード ◆送料無料◆ASUS P5KPL-CM G31チップセット搭載マイクロATXマザーボード
販売元:ハウズ
ハウズで詳細を確認する

| | コメント (4)

2009年10月22日 (木)

Ubuntu9.04 でYoutube再生は?

日本Windows7発売を期して、日頃WindowsXpで自作パソコンを使っているのにUbuntu9.04を起動する私は天邪鬼か?

実はフレッツ光にしてからUbuntu9.04での通信速度に疑問を感じていた。
Gooとかの測定サイトで速度が測れないのである。
無線LAN接続のEeePC900A@Xandrosだと普通に測れていたのだけど。

ネットで調べると端末で

sudo pppoeconf とか打つと良さそうなので試してみる。

Screenshotanbinbancoanbinbancodeskt

結局なにやら該当しないようなコメントが出て空振り。(ーー;

もう一つ気になるのがYoutube。

全滅ではないのだがこんな風に見れない動画があるのだ。真っ黒。

Photo

ネットで調べてopenjdk-6-jreとかを追加してみたんだがダメ。
もうすこしあがいてみよう。

週刊アスキー別冊 さくさくUbuntu! 新バージョン9.04 CD-ROM付き (アスキームック) Book 週刊アスキー別冊 さくさくUbuntu! 新バージョン9.04 CD-ROM付き (アスキームック)

販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

EeePC 1005HR-WS他登場

国内Windows 7発売に伴いASUS社から新型EeePCが発売されたようです。
Eee PC Seashellシリーズとして

 Eee PC 1005:1366×768表示が魅力

 Eee PC 1005HE-WS:1024×600表示で250GB/160GB HDDが選択可能

Eeepc1005 詳細スペックはASUSサイトに公開されていますのでそちらをご覧ください。

私本人としてはHDDモデルだし自分の好みのサイズより大きいのであまり関心はありませんが、家族の視力のことを考えると大きめの画面で安価な設定には魅力を感じます。

もっとも、バイクの改造費にへそくりをつぎ込んで現在金欠気味。

とても購入には踏み切れませぬ。

もし買うなら画面表示能力の高いHR-WSでしょうね。それ以外の機種は似たようなのが前からあったような気がする。

どれもOSはMicrosoft® Windows® 7 Starter 正規版。
まぁRC版をEeePC900Aで体験した限りはこのスペックならほどほどに動くと思います。
Windowsにはプチフリで悩まなくて良いHDDモデルが無難だと思います。
まぁSSDにも配慮しているようですけど。

初めてEeePCを買う人にもこのスペックとOSならOSの新しさ以外には初代のような戸惑いも無いでしょうね。

初代のような感動も無いと思うけど。

まだ新型のアフィリエイトリンクは見当たりません。

ASUS EeePC 1005HAシリーズ ホワイト EEEPC1005HA-WHI156 CE ASUS EeePC 1005HAシリーズ ホワイト EEEPC1005HA-WHI156

販売元:ASUSTek
発売日:2009/08/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年10月17日 (土)

ひかりTVのチューナーが届いた

フレッツ光にするとひかりTVってのが使えるそうな。
いろんなカテゴリーの番組が数十チャンネル観れて、ビデオも観れるらしい。
もっともそんなサービスが無料で受けられるわけも無く。。。

お値打ちプランで3675円/月。40チャンネルの番組とビデオ5000本見放題。

ただ2ヶ月無料サービスとのことで入会してみたのだ。
月の途中から利用しても1ヶ月として扱われることから11月から利用する予定。

そして、ひかりTV用チューナーが先ほど届いた。

Hikaritv

我が家は衛星放送を契約しておらず、数十チャンネルの番組ってのがいったいどんなもんなのか?ってところが少し興味がある。
つまらんかったら来年から解約する予定。

あんまりビデオ借りる家族でもないのでたぶん解約だろうなぁ。。。

●動画配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応し、「ひかりTV」は専用対応チューナーなしで視聴できるなど、様々なテレビ向けインターネット動画サービス有☆NEW☆★ポイント3倍★【送料無料、消費税込】SHARP AQUOS LC-40DX2-B ●動画配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応し、「ひかりTV」は専用対応チューナーなしで視聴できるなど、様々なテレビ向けインターネット動画サービス有☆NEW☆★ポイント3倍★【送料無料、消費税込】SHARP AQUOS LC-40DX2-B

販売元:ネットユミ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4)

2009年10月15日 (木)

PR-S300NE接続で 70Mbps超え

光モデム(PR-S300NE)から自作パソコンへ直接配線しフレッツ光スターターCDで導入すると通信速度が妙に遅かった。
今は一旦バッファローの無線LANルーター(WBR-G54)経由で接続しているがこれは二重ルーターに陥っている可能性がある。
NTTが置いていったPR-S300NEはルーター機能付きのようでこの下流にWBR-G54を介して自作パソコンを繋げているわけだ。

直接配線よりサクサク動く感じがするのだがたまにサイトが表示できないことがある。
そもそもスループット28Mbpsと遅いWBR-G54を中継させること自体、利にかなっているとは考えにくい。

ネットで調べるとこの記事が丁寧に開設しておられる。

ポート解放ができない? 二重ルーターかも! 見分け方と解除方法

再度PR-S300NE直接接続を試してみる。
どうもネットを見る限りNTTのスタートアップCDは評判が悪い。
なのでPR-S300NE付属のマニュアルに沿って手動で設定してみることにした。
http://ntt.setup/ と打ち込むと直接PR-S300NEの設定が操作出来るようだ。
私は前回nttの後のドットマークを見落としていたようだ。

Prs300ne

こんな画面でniftyのID@nifty.comとパスワードを入力して接続を設定した。

今度は成功!happy01

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果で下り34Mbps/上り16Mbpsをマーク。
以前教えて頂いたDRTCPでRWinを131070を試してみた。
ここを参考 ⇒ http://www.bspeedtest.jp/speedup.html

なんと73Mbpsをマーク!heart04
ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0
測定時刻 2009/10/15 22:23:06
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Linux/栃木県
サービス/ISP:Bフレッツ ハイパーファミリー/-
サーバ1[N] 73.1Mbps
サーバ2[S] 69.0Mbps
下り受信速度: 73Mbps(73.1Mbps,9.14MByte/s)
上り送信速度: 90Mbps(90.3Mbps,11MByte/s)
診断コメント: Bフレッツ ハイパーファミリーの下り平均速度は36Mbpsなので、あなたの速度はかなり速い方です!おめでとうございます。(下位から95-100%tile)

ではEeePC900Aじゃどうなんだろ?

無線LANだと下り13Mbps/上り14Mbps。やっぱ無線LANはしょうがない。
WBR-G54がアクセスポイントとしてもすんなり使えたことを喜ぼう♪

有線だと下り73Mbps/上り90Mbps!はやっ!

やっと納得出来る通信速度に到達しました。うれしい!

| | コメント (7)

2009年10月13日 (火)

無線LANルーターのスループット

今はバッファローのAirStation WBR-G54を核とする環境が一番快適なのでそこに落ち着いている。
接続速度はgooで調べると20~23Mbps。
ところで光なんだから80Mbps程度は出したいところ。

バッファローサイトで最新無線LANルーターを調べたところニーズ別に3種あった。

WZR-HP-G300NH:ハイエンド扱い
 

BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH CE BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH

販売元:バッファロー
発売日:2009/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

WHR-G300N:中核扱い

BUFFALO Air Station NFINITI 11n/g/b対応 無線LANルーター WHR-G300N CE BUFFALO Air Station NFINITI 11n/g/b対応 無線LANルーター WHR-G300N

販売元:バッファロー
発売日:2008/11/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

WHR-HP-GN:普及向け?

BUFFALO 無線LANルータ AirStation ハイパワー WHR-HP-GN CE BUFFALO 無線LANルータ AirStation ハイパワー WHR-HP-GN

販売元:バッファロー
発売日:2009/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

調べてみたところ、どうやらPPPoEスループットの実力が効いているようだ。
各機種のFTP/PPPoEスループット公表値を並べてみると

 WBR-G54 : 40/27Mbps ←我が家が23Mbpsなのがうなずける。
 WZR-HP-G300NH : 151/131Mbps
 WHR-G300N : 94/92Mbps
 WHR-HP-GN : 92/91Mbps

次に価格.comのレビューを見てみた。
最速のWZR-HP-G300NHは高速なものの切断される不具合が打ち上げられている。
最新技術で高性能をたたき出そうとすると安定性に難があるのかな?

WHR-G300Nにはさほど否定的なコメントは見当たらない。
価格的にはWHR-G300NもWHR-HP-GNにさほど価格差が認められず6000円台。
これならWHR-G300Nが無難そうだ。

まぁ他にも欲しいものがいろいろあるので後回しだな(^^;

| | コメント (6)

2009年10月11日 (日)

AirStationの方がフレッツ光が快適

我が家で使っている無線LANルーターはAirStation WBR2-G54/U。
フレッツ光に対応しているのか調べていたらこんな記述を見つけた。

ルーターを使用した通信で、通信速度が遅いとき - パソコンとルーターを有線LANで接続の場合
-----------------------------------------------------------------------------

WBR-G54の実効スループット(最大値)は28Mbpsです。 そのため、WBR-G54を経由した場合に28Mbpsを超える速度は得られません。

-----------------------------------------------------------------------------

Gooの通信速度チェックでは
自作パソコンが20Mbps、無線LAN経由のEeePC900Aは12Mbps。
この原因は上記にあるのでは?

とNTTが持ってきた光モデムのルーターから直接自作パソコンに繋いでみた。

Hikari_cd

NTTから送られてきた資料に含まれるスターターキットのCDをインストールしてインターネット接続設定を実施。

これなら数十Mbps出るだろう♪

と期待をこめて見守ると。。。16Mbps。coldsweats02 さらに遅くなった。
しかも毎回アドレスを確認中とか出て体感的にはADSLにも劣る遅さ。
フレッツスクエアで速度確認したら80Mbpsの数字が出た。
しかしTCP1での速度を計ると16Mbps。どうやらこれがGooと同じ計測方法のようだ。

あれこれ調べるも解決策が見当たらず結局AirStation WBR2-G54/Uを核としたネットワークに戻した。
20Mbpsに復活。しかもパッパとサイトが切り替わり体感的にもこっちが速い。

いったい、どうすれば80Mbpsとかが体験できるんだろうか?

| | コメント (5)

2009年10月10日 (土)

フレッツ光無事開通

今日午後3時半からフレッツADSLを光にする工事が行われました。
自宅の中まで光ケーブルを通すのですねぇ。ビックリ!

工事の方がパソコンへの接続もしてくれて工事終了。
ただ、あくまでも開通確認は手持ちのタフブックでの確認で自宅のPCは電源すら入れず。
彼らが帰った後電源ON!

・・・インターネットは繋がらず(ーー;

どれどれ?と様子を見ると・・・

モデムから出たケーブルは直接PCのLAN端子へ。
ハブ機能があるらしくNASやルーターはモデム部ハブに繋がっております。
以前使っていたバッファローの無線ルーターを核としたネットワーク接続ではないわけです。

そんじゃ今まで通りに繋げてみよう♪

とモデムの出口をバッファローの無線LANルーターに接続。
デスクトップもNASもバッファローの無線LANルーターに接続。

これでどうよ♪

すんなりインターネットに繋がりました。happy01

今まで回線が遅くて途中で固まっていたYoutube動画(HD)を試してみました。

うっ!また固まった。でも受信はどんどん進んでいくぞ???
こっ、これは。。。グラフィックが追いついていないって事かい!coldsweats02

追記
その後、もう一度試したらHDフル画面でもすんなり再生されました。
この動画、他より際立って綺麗な画質だと思うんです。

追記2
アハハ、バッファローの無線LANルーターがADSL設定のままでした。
光の設定にしたら速くなりました。happy01

今これを更新しているEeePC900AでもHD動画では固まってしまいます。
回線速度が改善したらグラフィック性能もバランスを取らんといかんようですね。

玄人志向 グラフィックボード nVIDIA GeForce9500GT 512MB PCI-Expressx16(2.0対応) GF9500GT-E512H/HS CE 玄人志向 グラフィックボード nVIDIA GeForce9500GT 512MB PCI-Expressx16(2.0対応) GF9500GT-E512H/HS

販売元:玄人志向
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6)

2009年10月 9日 (金)

SSD、急な故障

家族用のEeePC900Aでずっと愛用していた亀亀増設のOCZeSATATHR16Gがとうとう故障してしまった。

さきほど
あら?画面が変よ?

みるとブラウザは開いているが反応しない。
強制終了させようとしたがダメ。
Ctrl+Alt+Backも効かない。
しょうがないので電源長押しで電源オフ。

すると

次から起動しない。

BIOSで様子をみるとSSDを認識していないらしい。coldsweats02
仕方が無いので予備のSSDに交換すると普通に起動してしまう。
どうやら亀亀増設のSSDが故障したらしい。
ずっとXandros1.6.1で運用し続けていたのだが力尽きたのか?

このSSDを4G-Xに挿して見るとBIOSでは認識している。
しかし4G-Xでは悲しいかなSATAドライブからは起動が試せない。
4G-XはSATAドライブからの起動をサポートしていないからだ。

私用のEeePC900Aに挿して試してみる。
しかしSATAドライブは内蔵済みだからかOCZのドライブを認識できない。
やれやれ、家族用のEeePC900AでしかこのSSDは試せないわけだ。

しかし使えないと家族からブーイングが出るのでここはひとまず予備のSSDにXandrosをリカバリー。
また時間のあるときに試すとしよう。。。

OCZ eSATA & USBメモリ 16GB OCZESATATHR16G  [★] OCZ eSATA & USBメモリ 16GB OCZESATATHR16G  [★]
販売元:上海問屋BB
上海問屋BBで詳細を確認する

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

10月10日午後から光フレッツ

以前、自宅がフレッツ光エリアになったという記事を書いたのが9月17日。
そして最短の工事日を指定して工事の予定日が今週土曜日の10月10日である。

NTTに申し込んだ後でプロバイダのniftyのサイトを見たところ先にniftyに申し込めとあったので慌てて申し込んだら契約がダブってしまった。
まぁそれほど光通信を心待ちにしていたわけですわ。

ただ心配事が一点。

何年か前からブログ仲間の方がADSL⇒光に移行する際、ことごとくネットに繋がらないトラブルを打ち上げている点だ。
知っているだけで数人の方がこの症状を打ち上げている。
私は大丈夫なのだろうか?

単にネットにアクセスするだけなら数日できなくてもたいして困らないがブログを運営していると記事が更新できなくなってしまう。
この問題は切実である。

もっとも最近はバイクいじりに夢中になっていてこのブログの更新を怠りがちだが、WiFiSnapを導入してのE30HTをモデムとしたEeePCでのモバイル通信など試したいことは色々ある。

今は1Mbpsすら出ないADSL。明後日からそれが光に変わる。
楽しみで仕方が無い♪happy01

Draft11n対応、11a&11g&b同時接続、高速300Mbps(規格値)を実現する“光”“ハイビジョン”時代の最高峰モデルバッファロー WZR-AMPG300NH AirStation NFINITI Giga 11n対応 無線LANブロードバンドルータ Draft11n対応、11a&11g&b同時接続、高速300Mbps(規格値)を実現する“光”“ハイビジョン”時代の最高峰モデルバッファロー WZR-AMPG300NH AirStation NFINITI Giga 11n対応 無線LANブロードバンドルータ

販売元:ムラウチ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (7)

2009年10月 5日 (月)

WiFiSnap でE30HT とEeePC融合なるか?

価格.comのクチコミ掲示板を見ていたらWiFiSnapでのE30HTとPCとの接続の書き込みを見つけた。

auが用意しているこの手のサービスはWALKINGHOTSPOT。
しかしこれでE30HTをデータ通信モデムとして利用し、パソコンやPDA側でデータ通信を行った場合、上限額は1万3650円となる。
DOCOMOやソフトバンクのパケ死(料金天井知らず)よりは良心的だが高い。

文句があるならイーモバイルを選べばよいのだが私のような田舎者にはエリアの問題が出てくる。

いつかはサービスが改善されるかも♪
そんな淡い期待を抱いてE30HTを選んだのだがWiFiSnapがそれを解決してくれるとうれしい。

成功すればWifiスポットの無い新幹線車中などでEeePCのモデムとしてネットを楽しむことが出来るわけだ。
究極のEeePCとTouchProとの融合である。

私は今までドコモケータイのデータ通信カードやPHSカードでそれを行ってきた。
従料制だがマクロを使ったり手短に終わらせれば気にならない通信料で済んでいた。
それが今の世の中、イーモバイル以外のキャリアは万単位の金をぼったくる。

こんなことじゃいつまで経っても日本のモバイル文化は伸び悩みアジアに置いていかれるのではなかろうか?
地デジ普及のために当面ケータイ料金には電波利用料が含まれ、利用料金が安くなるのはずっと先なのかもしれない。

私も先々WiFiSnapを試してみようと思っている。
すでに体験済みの方が居られたら教えていただけるとありがたいです。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

日本語化がさらに進んだXandros1.7

久々にEeePC900Aでブログを更新しています。
新しいタイムスタンプのXandros1.7をいじっていたらなんか日本語化が進んでいるように思う。
すんなりWebcamは表示されるし、mtPaintのメニューも日本語化されている。
残念ながらFirefoxは英語メニューのままだった。

Xandros172s

mtPaintのメニューが日本語化されているのはうれしい限り。

じつは、そのままFirefoxでブログを更新しようとしてSCIMのインストールを未だしていないことに気がついたほどだ。
それほど日本語表示は進んでいるように思う。

日本語化はEeePC900A のXandros日本語化 でおおよそ出来た。
フォントの導入を省略したのと、Synapticが動かなかったので

sudo apt-get install synaptic

を実行した程度。すんなり日本語入力が可能となった。

タッチパッドがうまく動かないのでモバイル的に使うにはイマイチだがかなり良い感じである。happy01

進化してほしいなぁ。。。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »