« Touch Pro(E30HT)節約効果 | トップページ | Xubuntuのメニュー表示の復旧 »

2009年8月18日 (火)

PicoBoost でExpressGate

ExpressGate起動用に注文していたSLCチップのUSBメモリー、GREENHOUSE社のPicoBoostが届いた。

早速、EeePC でSplashtopを体験の手順に沿って最新バージョンのSpeedyBoot-V1.1.2をダウンロードしてインストール。

Picoboost

読み込み30MB/s、書き込み20MB/sのうたい文句の威力はいかに!

と期待してEscキーでUSBメモリーを選択後
 10秒で画面が出た後15秒でメニュー表示完了
 22秒でWifi接続完了
・・・αDATAの安モンとたいして変わらんような。(--;
本当にSLCチップなんだろうか?

とCrystalDiskMark22を試してみた。

Usb_bench

まぁおおよそ、うたい文句に近い数字は出ております。
(書き込みはちと遅いが今回はReadが支配的だろうし)
ちょっとEeePC900Aへの内蔵のモチベーションが下がってしまった。。。

グリーンハウス GREENHOUSE USBフラッシュメモリ PicoBoost(ピコ・ブースト) 1GB【GH-UFD1GBS】 グリーンハウス GREENHOUSE USBフラッシュメモリ PicoBoost(ピコ・ブースト) 1GB【GH-UFD1GBS】
販売元:ぎおん ヤフー店
ぎおん ヤフー店で詳細を確認する

|

« Touch Pro(E30HT)節約効果 | トップページ | Xubuntuのメニュー表示の復旧 »

コメント

USBの限界が低いからドングリの背比べですね。。

投稿: | 2009年8月19日 (水) 10時56分

ちょっと遅いですね...
僕が持ってるCUFD-H2Gは,
Sequential Read : 32.022 MB/s
Sequential Write : 22.489 MB/s
Random Read 512KB : 32.061 MB/s
Random Write 512KB : 11.437 MB/s
Random Read 4KB : 6.693 MB/s
Random Write 4KB : 0.160 MB/s
といってもUSBアダプタの性能で数値はかなり変わります。

投稿: atc-500 | 2009年8月19日 (水) 13時43分

atc-500さんの記事を拝見して10秒起動を期待したのですが、ちょっとスケベ心を出して安価なUSBメモリーに走ったのが失敗でした。coldsweats01
CUFD-H2Gの方が速いですね。

投稿: アンビンバンコ | 2009年8月19日 (水) 20時16分

はじめまして、いつも楽しくみています。こちらのブログに触発され、Splashtopを901 4GSSDへインストールし起動できるようになりました。ありがとうございます。1点問題があり、英語キーボードに交換しているせいか、日本語が打てません、、、、。言語:日本語、キーボード:英語配列を選択しているのですが、、、何か解決方法ありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

投稿: XYZ | 2009年8月19日 (水) 21時18分

XYZさんへ
>言語:日本語、キーボード:英語配列を選択しているのですが、、、

入力言語を日本語選択した際、入力方式をAnthyを選びます。
Ctrlキー+スペースキーで日本語入力できると思いますがいかがでしょうか?

投稿: アンビンバンコ | 2009年8月19日 (水) 21時46分

wwww,簡単にできてしまいました、、。Ctrl+Spaceとは簡単ですねー。ありがとうございました。

投稿: XYZ | 2009年8月19日 (水) 21時53分

アンビンバンコさんへ

こちらにもおじゃまします。

speedybootが
v1.1.5にバージョンアップされてます。

今、インストール中です。

では!

投稿: 今までROM@台湾土産901 | 2009年10月 2日 (金) 01時07分

今までROM@台湾土産901さんへ
Speedybootは高速でお奨めです。
私はv1.1.3あたりを利用させてもらっています。

投稿: アンビンバンコ | 2009年10月 2日 (金) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Touch Pro(E30HT)節約効果 | トップページ | Xubuntuのメニュー表示の復旧 »