« Touch Proフォーマットの弊害 | トップページ | 動画「EeePC覚書」完成 »

2009年7月26日 (日)

SpeedyBootV1.1@EeePC900A

待ちに待ったSpeedyBootV1.1.0が ぽちネットLinux実験室 から公開されました。

カーネルファイルがkernel-2.6.30.3にアップグレードされハードウェア認識率の向上と安定化、高速化が図られたそうです。

インストール方法は
 USBメモリーへは過去記事:EeePC でSplashtopを体験
 SSDへは過去記事:EeePC 9秒でExpressGate起動
を参考にしてみてください。
今回はカーネルもkernel5-sb.binに変わっておりmenu.lstへの記述もその分変わります。

起動時間はGRUBで選択後7秒でトップ画面表示。9秒でWifi接続。

私にとってうれしいのがエディタやmtPaintが追加されたこと。
これでインターネットもメールも音楽も聴けるポメラの出来上がりです。

Expresss

エディタで作成したテキストファイルはUSBメモリーに保存する仕様のようです。
mtPaintにキャプチャーした画像は保存できそうでしたがこれもUSBメモリーへ保存しました。

EeePCはサウンド関連が鬼門らしくい今までヘッドホンでしか鳴らないなどありましたが今回はOK!

Expressmusics

宇多田ヒカルのStay Goldが綺麗な音でEeePC900Aから鳴り響きました。
製作者のぽちネットさんに感謝です!

イメージを伝えるには音楽も付けたいところ。。。笑

|

« Touch Proフォーマットの弊害 | トップページ | 動画「EeePC覚書」完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Touch Proフォーマットの弊害 | トップページ | 動画「EeePC覚書」完成 »