« Moblin 2.0 beta をカスタマイズ | トップページ | Moblin Updateでまたコケる »

2009年5月27日 (水)

スケルトンマウスの改造例

読者の方から先日紹介したスケルトンマウスの改造例のメールを頂きました。mailto

書いた記事に対して反応を頂くのはうれしいものです。
しかも私も真似したいことがあったのでご紹介します。

題して「派手派手マウス
材料は ダイソーの\100 デコシールだそうです。
本体を分解してデコシールを基板上に貼り付けた?様子です。

Hadehade6

そして電源を入れると・・・

Hadahada11

さらに派手派手な演出に!shine

もう一点がケーブルの長さを45cmに短縮したそうです。
私は不要部分を縛って使っていました。
一瞬長さを切り詰めることも考えたのですがシールドつきケーブルの短縮は大変そうで諦めていたんです。
私の場合、ケーブル途中を切り詰める発想だったから。
でも頂いた写真のように分解してしまえば長さを調整したケーブルを本体基板部に接続することでスッキリ短縮化できますね。目から鱗です。flair

早速、私もケーブル長を短くしてみました。

シールに隠れたネジ一本を外すと分解できます。
ホットボンドで固めてある配線を除去して切り詰めたケーブルを接続します。
私はEeePC付属のマウスのケーブル長くらいに切り詰めました。

Mouse01

まず最初にこの4本のリード線の色を覚えておかねばなりませんな。

Mouse02

ケーブルを除去した様子です。丸印の部分に切り詰めたケーブルをハンダ付けします。
そそくさと組み戻して完成。
一応EeePCで動作確認しましたが大丈夫でした。
余分なケーブル長が無くなってスッキリです。scissors

|

« Moblin 2.0 beta をカスタマイズ | トップページ | Moblin Updateでまたコケる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Moblin 2.0 beta をカスタマイズ | トップページ | Moblin Updateでまたコケる »