« スケルトンマウスの改造例 | トップページ | Ubuntu 9.04 GRUBの編集とデスクトップ »

2009年5月28日 (木)

Moblin Updateでまたコケる

少しカスタマイズしてEeePC900Aでブログ更新に使えるようになったMoblinですが・・・

updateを再チャレンジしてみたところ
「updateは成功しました」
らしき表示が出たので電源オフ。

電源オンしたところGRUB画面以降エラー表示が流れて起動しなくなった。

またかい(--;

前回日本語化直後のupdateの後は起動そのものは出来たんだが、せっかく導入したSCIMが飛んでしまったのだ。
scim flyng と出ていたから羽根でも生えて飛んだんだろう。

今回は下記のメッセージが出て起動画面に至らない。
INIT :ID "X" respawning too fast: disabled for 5 minutes
なんちゅう意味だろう???

素の状態からupdateをかけたらどうなるのか調べてみよう・・・と試すも素の状態ではいくら待ってもupdateは1個のみ。
我慢ならずfedora.repo追加してupdateかけるとまたコケる。
とうとうスタック。MoblinやめてUbuntu9.04にしよう!

ちなみにFirefoxは素のままだと英語メニューでした。

updateといえば・・・
Xandrosのupdateで明らかに901とか他機種向けらしきupdateが貯まっている。

これ導入するとWifiとかハードが違うし不安定になりそう。
事実、過去にいつもまにやらWifiが不安定になった経験もあるし。
でも毎回updateがあると表示されて鬱陶しい。
皆さんはどうしておられますか?

|

« スケルトンマウスの改造例 | トップページ | Ubuntu 9.04 GRUBの編集とデスクトップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スケルトンマウスの改造例 | トップページ | Ubuntu 9.04 GRUBの編集とデスクトップ »