« システム・モニターでCPU2個? | トップページ | Xandros update中 »

2009年5月12日 (火)

CR-1000ZIF をEeePC900Aに内蔵

先日、ZIF-SATA変換Adapterを自作したが採用を断念した。

しかしEee PC 900AへのZIFコネクタ設置には成功したので次なる手を試すことにした。
Photofast社のCR-1000ZIF(CFを1.8inch ZIFに変換)である。
大きさが判るようなレイアウトで撮影。なかなかコンパクトである。

Cr1000_1

殻割りすると小さな基板が現れる。殻より小さ目なのは思惑通り。
これくらい小さくないと内蔵には厳しいのだ。
注)この時外した4本のネジがEeePC互換だったのが何気にうれしい。happy01

Cr1000_2

これをEee PC 900Aに設置したZIFコネクタに繋いでみる。
じつはこのCR1000-ZIF側のコネクタは優れもので表/裏の両方に接点がある。
なので下図は逆面導体露出タイプのFFCであるが普通のものでも使用出来ちゃう♪
片側青色、片側白色が合うようである。
但し2,3番ピンのVccの位置には注意を要する。
向きを間違えると信号ラインに3.3Vをぶち込んでしまうからだ。

Cr1000_3

これで電源ON!
無事SATAドライブと共に認識しました。happy01

Cr1000_4

先々CFにXandrosをインストールしたいのでSATAドライブには一時眠ってもらいたい。
なのでSATAドライブのVccは一旦カットして先端を絶縁保護。

サクッと内蔵。

Cr1000_5

じつはネットの写真や1.8インチSSD寸法などを綿密に下調べしておいたのです。
CFの裏表が逆となるので見栄えは悪いがなんなく内蔵出来ちゃいました。scissors
これならほぼ純正SSD並みの消費電力と思われるので問題無いと思いまする。
CFは今となってはSATAタイプのSSDよりコストパフォーマンスが悪いのが玉に瑕。

さぁてXandrosをインストールしたらsdbで起動できるようにせねば。。。

Transcend 300倍速コンパクトフラッシュカード 16GB TS16GCF300 CE Transcend 300倍速コンパクトフラッシュカード 16GB TS16GCF300

販売元:トランセンド・ジャパン
発売日:2008/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

[送料\210〜]CF to 1.8インチZIF-SSD変換アダプタ:PhotoFast CR-1000ZIF [メ04] [送料\210〜]CF to 1.8インチZIF-SSD変換アダプタ:PhotoFast CR-1000ZIF [メ04]

販売元:上海問屋
楽天市場で詳細を確認する

|

« システム・モニターでCPU2個? | トップページ | Xandros update中 »

コメント

おー、うまく収まりましたね。おめでとうございます。
しかしこの1.8インチサイズ見てると、1.8インチのSSD殻割りすれば普通に収まりそうな感じしますね。
(PATAのZIFだとMTRONとか高いのしか無さそうですけど)

投稿: mao | 2009年5月14日 (木) 15時12分

ありがとうございます。
殻の厚みがありますので1.8インチなら期待できると思います。
G-Monsterってのがコストパフォーマンスがよろしいのですが資金繰りがつかないのと、殻割り写真の情報が見当たらないので内蔵可能な中身寸法か否かの確信が持てず断念しました。笑

投稿: アンビンバンコ | 2009年5月14日 (木) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/29586818

この記事へのトラックバック一覧です: CR-1000ZIF をEeePC900Aに内蔵:

« システム・モニターでCPU2個? | トップページ | Xandros update中 »