« GENOのアフターサービスは迅速 | トップページ | 液晶ディスプレーの修理 »

2009年3月24日 (火)

LXubuntuの無線LAN対策

そこそこ動いてくれているWindows7だが装飾感がマッタリ感に繋がっている。
コメントで教えていただいた「影とかの演出を外す」ことでシャッキリ感が出てきた。
まだたいして使い込んだわけではないけどSATAドライブとの組合せなら使えそう。
ひとまずAcronis True Image P2でバックアップ※してLXubuntuを試してみよう。

そうそう、以前FANGさんに教えていただいたとおりマスタードライブにインストールしたWindows7は普通にAcronis True Image P2でバックアップ/リカバりできるようです。
わたしゃ当時ヘンテコリンなことをしていたのでしょう。汗

先日LXubuntuをSDHCカードにインストールしたものの無線LANが動かなかった。
コメントで対処方法を教えて頂けたので早速試してみる。
一番簡単そうに思えたのがAtomに最適化されたカーネルに変更ってやつ。
カーネルもEeePCに最適化されるそうで一粒で2度美味しいわけです。
このカーネルupdateは昔Ubuntu Netbook Remixを試す手順の中でやった覚えがあります。

おぉぉ繋がるじゃん!
ってことで今この記事はLXubuntuで投稿しています。
画像も編集したいのでGIMPもインストール♪

Wifions

でもなんかアンテナの本数が少ない気がするぞ???

やっぱEeePCは無線LANに繋がると俄然モチベーションが上がってきます。
英語キーボードがうまく認識されていないみたいなので設定せねば。
→コメントで頂いたヒントのおかげで
/home/anbinbanco/.config/autostart/setkeymap.desktop

Exec=setxkbmap jp -model jp106 を
Exec=setxkbmap us -model pc105 に変更して保存。
これで英語キーボード入力になりました。happy01

実はまだSDHCインストールのまま。
こりゃSSDにインストールしてみる価値はありそうだぞ!
Ubuntu系ってことはタッチパッド無効化とかもツールがあるわけで、
コツコツやってみますかねぇ♪

帰るところ(Xandros)があるので安心して試せますな。

|

« GENOのアフターサービスは迅速 | トップページ | 液晶ディスプレーの修理 »

コメント

無線開通おめでとうございます。
つぎはLXlauncherに挑戦ですかね。
~/.config/autostart と /usr/share/applications
が参考になろうかと…

投稿: sumi | 2009年3月24日 (火) 21時27分

sumiさんへ
ありがとうございます。
LXlauncherも試したいですねぇ。
ヒントありがとうございます。

投稿: アンビンバンコ | 2009年3月24日 (火) 21時44分

出遅れてしまいました(笑)
virtualbox(仮想PC)上でいろいろ遊んでるのでまだ無線は試してないんですよ。
LXlauncherは入れてみましたが、元からある項目がすくなくて寂しいです^^;
OOo3なんかを入れて現在の使用容量1.6GBしかないのでUSB/SDカードで大活躍しそうです。

投稿: archie | 2009年3月25日 (水) 12時07分

archieさんへ
>LXlauncherは入れてみましたが、元からある項目がすくなくて寂しいです^^;
今、私もLXlauncher導入しました。
たしかにXandrosに比べると寂しいですね。
でも軽快で好印象です!

投稿: アンビンバンコ | 2009年3月25日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045366/28785259

この記事へのトラックバック一覧です: LXubuntuの無線LAN対策:

« GENOのアフターサービスは迅速 | トップページ | 液晶ディスプレーの修理 »