« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

EeePC バッテリーと重量比較

我が家に揃った3台のEeePC。記念写真でも撮っておきましょう。camera

左がEeePC 4G-X、中央が900A、右が901-X。

Eeepc3dai

さて既にあちこちでバッテリーの互換性は無いとの情報が出ております。
一応比較をしてみます。

Eee_batt

上が4G-X、下が900A。ケースの幅や溝はぴったりなのですがコネクタが違います。

Eeebatt2

左が900A(4G-Xも同じ)、右が901-X用。
コネクタは似ていますが今度は差込の溝の本数が違います。900Aは2本溝、901は1本溝。
1列分バッテリー容積の差があるのも分かると思います。

さて、ならば重量の内訳はどうなっているんでしょう?
台所の秤を失敬して実測してみました。

Eeepc_wt

機種    本体    バッテリー  TOTAL
---------------------------------------
4G-X    715g     225g     940g
900A    775g     220g     995g
901-X    810g     325g     1135g

なるほどバッテリーだけの差じゃないんですね。本体も軽く出来ているようです。
さっと手に取った印象で軽く感じるのはこんな差なのですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 900A 用Xandros

昨夜はとりあえず純正Xandrosを日本語化した。

しかし、今朝気づいたのだが空きが1MBしか無い。coldsweats02
どうやら昨夜の日本語化に加えupdateでさらにファイルが追加されたようだ。
いくらなんでも空き1MBってのはまずそうなので対策を図る。

Xandros1.6.1
まず試したのはXandros1.6.1。
Ver1.7はいろいろ課題が残っているので無難なVer1.6.1を選択。
自分の書いた記事を見ながらインストール、日本語化と無事終わり空き容量もたっぷり。

が、安堵したのもつかの間、

タスクバーの無線LAN接続表示が切り替わらない。crying
接続はするのだが赤×マークのままなのである。
再度試したところ日本語化以前の段階で表示切替が出来ていない。やれやれ。

機能上は問題ないんだがなんか精神上悪いではないか。

Xandros1.7
いくらか課題があるものの試してみた。
こちらも過去記事を頼りにすんなりインストール、日本語化。
Ver1.7はちゃんと無線LAN表示は切り替わる。
901-X ⇒ 900A でかつての課題が解決するかと期待したがダメ。coldsweats01
まぁ世の中そんなに甘くないわけだ。

ただVer1.7はインストール時に圧縮の選択が出来て圧縮を選んだので空き容量はさらに余裕となった。happy01

900a_xandros17

やっとひとまず落ち着きましたわ。大汗

コメントで純正Xandrosの使い心地を問われましたが今までとおんなじです。
どんな細工がしてあるのかわかりませんが今まで使っていたXEPC版?は容量をうまいこと削ってあったようです。

SSDの容量upが出来るのなら純正Xandrosが無難。
4GBのままならXandrosVer1.7ってところでしょうか。

Xandrosなら8GBか16GBで十分だと思います。

バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 16GB【税込】 SHD-DI9M16G [SHDDI9M16G] バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 16GB【税込】 SHD-DI9M16G [SHDDI9M16G]

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

EeePC 900A 到着!

やっと届きました。EeePC 900A。happy01

ワクワク、ハラハラheart02と開梱して状態をチェック。
外観は新品♪電源ケーブルも新品。

900a1

起動してセットアップを終えたらSSDの中身をAcronis True Imageでバックアップしておきした。

900axandros

うーん、やっぱ中文じゃないので画面がスッキリですな。
日本語入力さえ出来ればこのままでもスッキリしてて良いかも。

ちょっと日本語化する前に英語版のままASUS純正Xandrosを味わってみる。
地雷と称されたMLCだがなかなか良いかも♪
SLCよりは遅いがWindows Xpで味わうほどのイライラ感ではない?
やっぱXanndrosのむやみにSSDへ書き込まない機能が効いているのかも。
プチフリ騒ぎはWindows Xpが不利???

とはいえやっぱSLCのサクサク感が良いので901用ショート4GBに交換。
ついでにメモリーも4G-Xから移植して2GBにup

左が純正、右が901用ショート4GBに交換後。
左のシールWARRANTY:3M っちゃなんだろ?やっぱなんかの初期不良?
後で思ったんだけど3ヶ月保証の意味かな。

900a2  900a3

いきなりリカバリーDVDからリカバリーです。
そういえば日本語化途中で容量不足になった前情報があったな。どれどれ。

901a_data2

なんと435MBしか空きがありません。純正のほうが大きいとは聞いていたけど。。。

そんでも日本語化しちゃおう♪
自分で書いたXandros日本語化手順 を頼りに日本語化。
なんなく日本語化できましたぞ。happy01

900a_data2

ただ、日本語化が終わったあとの空き容量は・・・236MBです。汗
こりゃやっぱ16GBあたり用意しておきたいな。

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すでに女房や娘らがEeePC900Aを使っております。
わしも使いたいんだけど。。。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年2月26日 (木)

EeePC900Aのサイズは好み

EeePC900Aの代金は今日振り込んで今日のうちに発送済みのメールが届いた。
こりゃ金曜夜には届きそうだ。

元々私の好みの筐体サイズはEeePC900。
901は1.8inchのHDDも拡張できるとの事前情報で購入した。
ちょっとボテッとしたボリューム感とピアノのような光沢のあるデザインは正直好みではない。
デザインより機能と拡張性に惹かれた選択だった。

なのでその後も900シリーズの存在はずっと気になっていた。

私の関心のある項目で整理するとこんな感じ。

900

拡張可能なドライブは○印、オンボード貼り付けSSDは▲印だ。

寸法的には数ミリの差なんだが900シリーズの方がコンパクト。
たかが数ミリ、されど数ミリ。
小さい物好きの心をくすぐるにはこの数ミリってのは結構大きいのである。

Atomで複数ドライブでコンパクト。顔が緩んでしまいますがな。

私が買ったのはEeePC900A。これは900HA。 【★15時までのご注文で即日出荷OK★】ASUSTek/アスーステック Eee PC 900HA シャイニーホワイト (EEEPC900HA-WHI024X)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

EeePC 900A のSSD

今日は給料日。
財務大臣よりお小遣いを頂き、明日EeePC900A代金を振り込む予定。
通販ショップGENO 今日は早めに売り切れましたね。

本体が届くまでに妄想だけが広がっていく。

標準装着のSSDはMLCの4GB。
おそらくEeePC901-Xロング同等なのでWindowsXpではアクセス速度が遅くてダメだろう。
ただ Xandrosのunionfsの威力をもってすれば案外MLCでも使えるのかもしれない。

なぁんてささやかな期待もあり、当面はその辺りを確認していこうと思っとります。

初めての純正Xandros happy01
たしかリカバリー領域があってUSBメモリーでリカバリーUSBを作れた記憶。
先々DVDでリカバリーするとこの領域は消えるそうなので届いたら起動する前にAcronis True Imageでバックアップをとっておこう♪
ネットで日本語化しようとしたら空きスペースが足りないらしき記事があった。
もしかしたらこのリカバリー領域ってのが悪戯してるのかも?

soltec41さんの分解記事を拝見する限り、SSDを普通に使えそうなのはFLASH_CON。
EeePC4G-Xで試した限りは純正SSDとOCZeSATATHR32G を重ねても蓋は閉まるぞ。
SHD-DI9M32G とOCZeSATATHR32Gを重ねれば64GBモデルとなるわけだ。

もっとも

 Xandrosで8GB / WindowsXpで16GB

こんくらいあれば私にゃ十分なわけですわ。

どうせなら寸足らずなSHD-DI9M16Gよりロング寸法が良いのだけど ほどほどのアクセス速度のロングSSDって見かけませんなぁ。。。

BUFFALO Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 32GB 内蔵SSD [SHD-DI9M32G] BUFFALO Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 32GB 内蔵SSD [SHD-DI9M32G]

販売元:ジェイステ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

EeePC 900A 注文

前回のGENOの販売では買えずに涙をのんだEeePC 900A
本日10時から100台/日を3日間で再び通販ショップGENOで販売し始めました。
FANGさんに頂いたコメントのおかげで私は無事注文できました。happy01
ブログやヤフオクの情報を見る限り、当たり/外れがあるようですが覚悟の上です。

実はヤフオクにGENOで19990円で買ったのが見え見えのEeePC900Aが2万円超えで出品されているのを歯軋りしながら眺めておりました。
我慢してよかった。
本日の分100台は完売のようです。

すでにsoltec41さんのブログsoltec工房ではSATAドライブ動作確認が公開されています。
さらに追記でマザーボード全容も明らかに♪

EeePC 900AはFLASH_CONを1個装着。
純正はショボショボのMLC4GBですがSHD-DI9Mなどで拡張が出来ます。
さらにOCZeSATATHR32GなんぞでSATAドライブも増設できるわけで。heart04
XandrosとWindowsXpのデュアルブートも容易?に実現出来ちゃうわけです。

WindowsXpのライセンスの問題があるので入手せねばならんのか。。。

もっとも、今回のEeePC 900AはEeePC 4G-Xの代替の位置付け。
小学生の娘らや女房用となる予定です。8.9inchの方が目に優しそうですからねぇ。
まずはXandrosを日本語化して家族が使える環境を整える予定です。

週末は少しずつ改造案を考えて、あわよくばもう一台。。。うひひ

明日は給料日、あさって振り込むので週末に間に合うのか微妙なところ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

IDE と SATA の違い

私の自作PCはIDE接続。HDDもDVDドライブもフラットケーブルを利用しています。
しかし最近(どうやら2008年?)あたりからSATAが主流に切り替っているらしい。汗

このブログでもEeePCのSSD絡みでIDEやらSATAやら語っております。
IDEとSATA、いったいどう違うのか私の認識で書いてみます。

IDE(PATA)
昔ながらの接続方式。
ペロンとしたフラットケーブルで40本の信号をやり取りする。
なんでこんなに信号数が多いかというと16のデータを同時(パラレル)に転送する都合から。
1本のフラットケーブルで2つのHDDなどをマスター/スレーブで認識できる。
初めて見たときゃ魔法に見えました。笑
どうやらCSEL信号でこっちがマスター、あっちがスレーブと区別しているらしい。
このCSELをいじることでマスターとスレーブを入れ替えることが出来る。
EeePCの場合インストールの都合などでマスター/スレーブを容易に切り替えられると大変便利。

ただ難点が高速化。
データ転送を高速化していくとフラットケーブルへのノイズやら16個の信号の転送のずれなどで無理が生じるらしい。
ここで登場したのが80pinフラットケーブル。
従来の40本の信号の間にGND線をいれてノイズ防止を図ってある。
コネクタピン数は変らず40。笑

EeePCで高速なSSDを使おうとすると複数ドライブがうまく認識できなかったりするのはここに原因があるんだと思ってます。
EeePCの場合、信号の転送に80pinフラットケーブルは使えない。
パターンを利用しているので長さを揃えるのすら難しいしノイズの影響は受けやすいんでしょう。
 EeePC純正のSSD
 SHD-DI9Mシリーズあるいはそれ以前に販売されたEeePC用SSD
 ZIF接続のSSD
これらはみんなIDE(PATA)です。
今、手に入るコストパフォーマンスの良いSSDはバッファロー社のSHD-DI9Mでしょうね。

SATA
なんと信号線は4本、あと電源(+-)計6本で動いちゃいます。
16のデータを同時ではなく順番に転送する方式。
なんか効率が悪いように感じますが、うまいこと順繰りに転送した方が高速化出来るらしい。
順繰りに送るので
 隣の線のデータに引っ張られるなんてノイズの影響は受けにくい。
 データの転送タイミングのずれも起きにくい。

1本のSATAケーブルで1つのHDD(SSD)だけを認識します。
各々のドライブを独立で認識するのでIDEのように
スレーブを追加したらマスターが見えなくなった・・・なんてことは起きないのです。
んじゃマスター/スレーブは無くなるのか?
いやいやPCからマスター/スレーブを決め打ちされるわけです。
以前のIDEのようにCSELで切り替えられなくなるのでその点は不便かも。

転送速度の高速化対応、信号線数の少なさによる設計の容易さを考えるとSATAが主流になったのも頷けます。
EeePC用のSATA接続SSDは2009年あたりから市場に出回ると予想されます。

OSの起動ドライブには高速なSATA接続のSSDドライブがお勧めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

EeePC 901改のWindwosXp起動時間

前回Xabdris1.7の起動の動画 を紹介したので今度はWindowsXpでの動画です。

動作条件は
 電源はAC電源接続
 BIOSのBoot BoosterはOff(スレーブだからか効きませんでした )
 起動ドライブはPri SlaveのOCZeSATATHR32G
 第一起動ドライブをPri Slaveに設定してあります。

OCZeSATATHR32GのコントローラーもJMF601、フラッシュはSAMSUNGのK9HCG08UIM。
EeePC S101と同じ組合せです。

Xadros1.7ほどは高速ではありませんが約25秒で画面が表示されます。
Boot BoosterをOnに出来ればあと5秒は縮まるのかな?
我が家は激遅ADSLなのでちょっとネットでもたつきました。coldsweats01

SHD-DI9MとOCZeSATATHR32Gの違いは起動直後から実際にメニューやソフトが動かせるところだと思います。

Super Talent社から同様のコントローラーとフラッシュの組み合わせでロング側に使えるSSDが国内販売され始めましたね。
サクサク動く操作性にこだわる方はいかがでしょう?

Super Talent 32GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM32GRSE) 新品 Super Talent 32GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM32GRSE) 新品
販売元:Memory Deal
Memory Dealで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EeePC 4G のSATA起動断念

前の記事で作ったお手製SATA-SSDドライブ をEeePC4G-Xで試してみました。

コンパクトにまとめたのでこの手のFLASH CONがある機種なら挿せるわけです。

4gx_sata1

緑紫と青紫の信号線が窮屈でしたがなんとか組めました。

さて電源on!

F2キーでBIOS画面を出すと2ページ目ではSATAドライブは認識していません。
ダメかぁ・・・と思ったら

4ページ目の起動順序ではSATAドライブもHDD扱いで見えています。謎
Escキーでドライブ選択しようとすると

4gx_sata2

そこにはTHROTTLE(SATA)のドライブがある!heart04
もちろんそれを選択してリターン!

・・・が画面左上にカーソルが点滅して起動は出来ませんでした。gawk

まぁ、先人の方々がEeePC4G-XにSATAドライブを試された当時、認識はするものの起動するには特殊な技が必要と書いておられたので半分覚悟しておりました。
BIOSが進化したらすんなり起動するでは?と期待してたんですがねぇ。

ダメ元で4G-XのWIndwsをリカバリーするも症状は変わらず。
もたもたしてると4G-X愛用の娘らからブーイングが出るので虎の子のSATAドライブは901に戻してしまいました。coldsweats01

soltec工房 さんのほうではEeePC900AではすんなりSATAドライブが認識されておるようです。

とうとう国内でも購入できるようになりましたね。

Super Talent 64GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM64GRSE) 新品 Super Talent 64GB MLC Mini PCIe SATA2 Solid State Drive for Asus S101 Eee PC (p/n FPM64GRSE) 新品
販売元:Memory Deal
Memory Dealで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

OCZeSATATHR32G を再配線

先週OCZeSATATHR16Gを分解してEeePC901の3GCARDエリアに内蔵した。
一方OCZeSATATHR32Gはコネクタを外しておらずいまいちコンパクトで無い。
3Vで動くのに5V配線ってのも気に入らない。

ってことで同様にeSATAコネクタ部を外してコンパクトにまとめてみました。
ただ今回はminiUSBコネクタは撤去せず。

なぜminiUSBコネクタを残したのか?

実は先週の内蔵作業では2度失敗しており、2度目の失敗ではBIOSで認識するもののエラーを吐きまくった。
正直、OCZeSATATHR16Gを壊したのかと半泣きweepだったのである。
USB側からも認識できないのか?と試したかったが既にコネクタは撤去。
幸い原因が突き止められたから良かったが、その時miniUSBコネクタは残せばよかったと後悔したのである。

そもそもminiUSBコネクタはあまり嵩張らない。
万一の「確認のすべ」として残しておいても害は無いと思う。

んで出来上がったのがこちら。お暇な方はBGMでもどうぞ。

Sata32_a

あちこちから伸びていた配線が取りまとめられスッキリ感の演出。

そして ・ ・ ・

あぁ、なんてことでしょう!ネジ2本で脱着が可能に・・・笑

Sata32_2

これはEeePC901-Xの為だけの工作?

いいえ、匠は先のことを考えていたのです。
EeePC4G-XでもSATAドライブは使えるのか?の確認の為。
そして
将来、手にするかもしれないEeePC900Aも視野に入れて。。。

大改造!劇的ビフォーアフター風に書いてまました。大笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Xandros1.6.1 日本語化2009

昨夜スタックした日本語化を再びチャレンジ。

あらためてDVDからインストールし、Xandros1.6.1日本語化総集編 を頼りに日本語化していくと
apt-get install ttf-vlgothic
の後になにやらメッセージが出ている。

apt-get -f install を実行しなさい」と言っているらしい。
試しに
apt-get -f install   としてみるとなにやら設定してくれている。
念のため再び
apt-get install ttf-vlgothic   とするとうまく出来たようだ。

その後、総集編通りで無事日本語化を終えうまくいきました。happy01
こりゃ総集編にも追記しておこう。

ところでBluetoothマウスを使いたい ので早速bluetoothアイコンをクリック。

Snapshot1

なんかうまくいってるようなんだが反応してくれない。weep
ならば設定>診断ツール>システムテストでBluetoothをテスト!

Snapshot2

これもすんなり進むのだが相変わらずBTマウスには無反応。crying

XandrosでうまくBTマウスが動いてる方、教えてくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

Xandros1.6.1 に戻す

Xandros1.7を試して10日が経った。

昨夜のBluetoothマウスがXandrosで使えないってのは痛い。
他にも気になる課題が残ることからひとまずVer1.6.1に戻すことにした。
さすがにVer1.6.1の方が安定感も感じられるし。

先日増設したSATA16GBドライブ用のリカバリーファイルは無いのでDVDからXandros1.6.1をインストール。
なんと12個のアップデートの洗礼を受ける。coldsweats01
自分で書いたEeePC 901にXandros1.6.1インストール総集編を見ながら日本語化を始めたんだがSCIMでスタック。

ありり?おっかしいなぁ。。。

強引にSynapticでSCIMをインストールしたらあれこれ始まり画面がブラックアウト。

ただいま再度DVDからインストール中。やれやれ。。。

そうそう、soltec工房さんのブログでEeePC900AのSATA化に成功しておられます。
うらやましい!

これはEeePC900HAです。お間違えなく。  【★15時までのご注文で即日出荷OK★】ASUSTek/アスーステック Eee PC 900HA シャイニーブラック (EEEPC900HA-BLK028X)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

Bluetoothマウス初体験

私はこれまでBluetoothってのに縁がなくまったく使っておりませんでした。
お恥ずかしい話、何に使うん?って価格.comで質問したほど。大汗

マウスや、ヘッドセットやケータイとの連携と教わったが私のケータイは非対応。
PCショップを見渡しても割高だったので見合わせていた。
オマケでついてきたマウスで間に合ったってのも理由のひとつ。

楽天市場を覗いていたら 安っ!ってのを見つけて購入。

1,980円!Bluetoothオプティカルマウス/ワイヤレスで快適に!光学式でラクラク!(Windows2000/xp/vista対応)ブラック/ブルートゥース【ついに再入荷!】 1,980円!Bluetoothオプティカルマウス/ワイヤレスで快適に!光学式でラクラク!(Windows2000/xp/vista対応)ブラック/ブルートゥース【ついに再入荷!】

販売元:WILMART
楽天市場で詳細を確認する

これなら有線マウス並みの価格です。
これほど安いと送料が高く感じてしまう。2個買えば良かったか?

Bluetooth1

さて、こりゃどうやって使うん?

いきなり電池の入れ方につまづいた。

Bluetooth2

なるほど、こういう風に開くのね。案外これが分かるのに手間取りました。

多分、「設定」ってところのBluetoothアイコンでなんとかなるんだろう。
・・・と試そうとするもうんともすんともダメ。
Fn+F2キーでの切り替えでおかしくなって以来Bluetoothを認識しなくなったらしい。

Xandros1.7を諦めてWindowsXpで挑戦。

Blue1

なんてことなくすんなりと認識。
ちょっと違和感があるのでマウスの速度をちょっと遅めにしました。

ほっほう!こりゃ良いですわ。線は無いに限りますな♪ happy01

こりゃ女房や娘らに取り上げられそうだ。
でもやつらの4G-XにゃBluetoothは付いとらんのよ。にひひ
どんぐりどんぐるってのを買わねばならんらしい。●Bluetooth V2.0対応!!USBドングル/無線通信
でも買ってやると、このマウスも奪われることが目に見えているのだが。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

EeePC 900Aの魅力

EeePC 900A、一時期、地雷とまでいわれた機種である。

900ベースでの最廉価版でWebカメラもBluetoothも無い。
地雷と称された由縁はSSDが当時のMLCチップであったこと。
701や901-XのロングSSDと同等と思われOSの起動ドライブにするにはいささか辛い。
XandrosのunionfsならSSDへの書き込み速度の遅さをカバー出来るのか?
WindowsならEMF必須だろう。

最近、円高差益のおかげか19990円と激安価格で発売されたが、今日完売してしまった。
  ⇒ 通販ショップGENO Eeepc900a
私は(どこかの酔っ払いより手ごわい)財務大臣から止められて断念。

これ欲しい!
Googleで調べまくったがどうやらFLASH_CON は付いてるらしい。
FLASH_CONっちゃこんなコネクタのことです。
 ⇒ EeePCにmini PCI eコネクタ追加

Connect3

ってことは
SHD-DI9Mシリーズも挿せるしOCZeSATATHR32G内蔵なんてのもありかと。good

EeePC 900HAの2.5inchドライブスペース確保も魅力だったが1ドライブでお終い。
分解したマザーボード写真を見る限り本当に1ドライブなのである。
SATA2.5inch用コネクタ以外はFLASH_CONのランドすら認められない。
どうやらストレージは1ドライブしか使えないようだ。

私はXandrosを使いたいし出来ればWindowsXpも起動出来るようにしておきたい。
でっかい1ドライブより小ぶりのドライブ複数の方が性に合っている。

WindowsXpとXandrosが1ドライブで使えると良いのだがどこを探しても1ドライブでそれを実現した記事は見当たらない。
きっとHDDモデルの皆さんは普通にWindowsを使っているんだろうなぁ。。。
デュアルブートはマウントとかを工夫すれば出来るのかもしれないけど難しそうだ。
UbuntuみたくXandrosもインストーラーでインストール先を選べれば良いのに。

EeePC 900Aまた安く出ないかなぁ。。。Xandrosプリインストールだし願ったり叶ったりだ。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

EeePC 901改の起動時間

せっかくSATA接続の高速ドライブを内蔵したのだからXandros1.7の起動の速さを表現したくて動画にしてみた。

動作条件は
 電源はAC電源接続
 BIOSのBoot BoosterはON
 起動ドライブはPri MasterのOCZeSATATHR16G

OCZeSATATHR16GのコントローラーはJMF601、フラッシュはSAMSUNGのK9HCG08UIM。
EeePC S101と同じ組合せなのでかなりの高性能だと思う。
以前計測したベンチマーク結果はこちら。

Ocz_bench

ご覧になれば判ると思うがディスクトップが表示されるまでは極めて短時間である。
残念ながらWifi接続には時間を要し実際ネットに繋げられるのには約1分。
(IPアドレスは固定にしてある)
以前のバージョンの方が短時間だった気がする。

もうひとつ伝えたかったのはシャットダウン時の俊敏さである。
私が会社で使っているThinkPad X60(WinXp)はシャットダウンが激遅。
早く帰りたい時などはイライラものなんだがこいつは一瞬。
新幹線など出先での用途を考えるとシャットダウン時の俊敏さはたいへんありがたい。

そんな理由で最近は家はEeePC901の出番がかなり多くなった。
自作PCよりずっと早くブラウザにたどり着けるからだ。

これでタッチパッドを誤って触り入力中の文章が消えなければ最高なんだが。
901用のタッチパッド対策ドライバってWin用しか無いのかなぁ?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

Knoppix でMBRを修復2

Pri Master drive内蔵成功 で気をよくし、増設したsda(Pri Master)にXandros1.7をインストール。
sdb(Pri Slave)にはWindowsXpをリカバリー・・・

ここに落とし穴が潜んでおりました。

Pri Slaveに入っていたXandrosはVer1.7からファイルシステムが特殊らしくAcronis True Imageでリカバリーが効きません。coldsweats02

そういえば最近のOSはみんなそんな感じ。eeeUbuntu8.10、Windows7、Xandros1.7
こりゃそろそろAcronis True Imageもアップデートなのかな?

そこで思い出したのが以前紹介したKnoppixでMBR修復
こんときゃ読者の方がMBRの修復に困っておられ、こんなのもあるよんと紹介しただけの記事です。
さすがにわざとMBRを壊して修復方法を説明する気にはなれなかったので。coldsweats01

んでGoogleで調べたところありました。⇒ MBRの修復

USBからKnoppixを起動します。
起動画面でF2を押して、fb800x600 と画面サイズ指定(これしないと画面が変)
コンソール(=ターミナル)を開いて

sudo install-mbr /dev/sda 

こんだけ。
もっともsdaってのは各人のPC環境に依存します。
私はPri Slave(sdb)のMBRが修復したかったのでsdbとしました。

これで再起動すればすんなりAcronis True ImageでWindowsXpがリカバリー出来ました。

ちなみにKnoppixでGpartedを使うときにパスワードを聞かれます。
コンソールで

sudo passwd

と打ち込むとパスワードを聞かれるので任意のパスワードを入れます。
二回聞かれるので同じものを打ち込めばOK。
以降Gpartedを起動する際そのパスワードを入力すればGpartedが使えます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Pri Master Drive 完成@EeePC901

前の記事でOCZ社のTHROTTLE eSATA Driveを丸裸にし、いよいよEeePC901に内蔵します。

分解
以前書いた 本体の分解 を見ながら分解しました。慣れんなぁ。
ただ価格.comで知ったバッテリーを外して見えるアルミの部分を押すとキーボードが少し持ち上がるってのは助かりました。

回路全体

Sata_in1_2

SATA信号は「青・白」と「紫・白」のより線です。
VCCは「オレンジ」のより線でショート側VCCから頂戴しました。
(2本の足にショートしていますがここは3本ともVCCなのでOK)
後でPri Masterを外したいときに筐体を分解せずに認識できなく出来るよう裏蓋からアクセスできるところまで引き出しています。
今回はスイッチが無かったのでハンダ付けして熱収縮チューブで被服しておきました。
GNDは「グレー」明らかにGNDらしきランドから頂戴しました。
右側に写っている「オレンジ・グレー」より線は5V&GNDで今回の作業とは無関係。
5VはPri Slave電源用、GNDは遊んでいます

FLASH CON近傍
ここが苦労したFlash conまわりです。

Sata_in2

作業はFlash conからのSATA信号取出しが困難を極めました(^^;
1本目はすんなり出来たのですが2本目で大幅に手間取りハラハラもの。
どうもコネクタピンのヒートマスに時々半田ごての熱量が負けているようです?
当初はより線のまま付けようと考えましたが断念。
一旦より線をほぐし、一本ずつハンダ付けし、後でツイストしました。
(もちろんハンダ付けした部分にストレスがかからないようテープあたりで指で押さえましたよ)

一発で成功と書きたいところですが
 認識せず(RX-とRX+のショート)weep ⇒ 認識するもエラー(TX+とGNDがショート)crying
と不慣れな筐体分解/組立てを繰り返し・・・

感動のPri Master認識
三度目の正直で成功しました。 happy01

Sata_in3

いやー!苦労した分、成功するとうれしいですね。

今回の作業はSHD-DI9Mの改造よりは桁外れに難易度が高いです。
自信の無い方はSATA CONVERTER基板(SOL107-0)の落札入手をお勧めします。

ただいまPri MasterにXandros1.7をインストール中です♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

THROTTLE eSATA Driveを再度分解

EeePC901-XのPri Master用に手配したOCZ社のTHROTTLE eSATA Drive 16GBがメール便(200円)で届きました。

今回はちょっとハードルが高い。
EeePC901-XのショートSSD脇の3GCARD用スペースに配置するためeSATAコネクタやミニUSBポートを除去してコンパクトにする必要があります。
配線もショート用コネクタピンから横取りするので難儀しそうです。

まずはケースをばらしてTHROTTLE eSATA Drive の基板を丸裸にします。

Esata16

eSATAコネクタの除去
EeePC筐体内に内蔵するので邪魔なコネクタは除去します。
こんな感じで少し浮かせて固定して外したい足にハンダを山盛りします。

Esata2

まとめてハンダごてで温めるとコネクタが重力でポロッと落ちる作戦です。
これはイメージ通りうまくいきました。

ミニUSBコネクタの除去
こいつは重力でって手が使えません。
ヒートガンで炙りたいところですがそんなもん持ってないし。。。
しょうがないので同様に
コネクタ足右サイド、左サイド、4pin信号部の三箇所をハンダ山盛りにしました。
同様に温めながらコネクタ口側から徐々に持ち上げ、剥がしていきました。
(コネクタを持ち上げるために付属でついてきたUSBケーブルを利用)
最後に4pin部だけ残るのでそこをまとめて溶かせばポロッと外れました。

んで余分なコネクタ類を外した状態がこちら。

Esata3_2 信号は
VCC:本来は5Vですが3Vでも動くそうです。
GND:GND

上の丸は上からTX+、TX-

下の丸は上からRX-、RX+

です。

信号を間違えるとSSDを壊します。
気をつけましょう。

さてさて、

次は苦手な本体分解とTHROTTLE eSATA Driveの内蔵作業です。
価格.comでキーボードを外すちょっとしたTipsを知ったのでちょっと気が楽。

私が買ったのはメール便OKのこちら↓

Read90MB/s Write30MB/sの高速外付けフラッシュメモリ(eSATA接続時)【メール便OK】OCZ THROTTLE eSATA&USBフラッシュメモリ16GB 高速読込90MB/s 【OCZESATATHR16G】 Read90MB/s Write30MB/sの高速外付けフラッシュメモリ(eSATA接続時)【メール便OK】OCZ THROTTLE eSATA&USBフラッシュメモリ16GB 高速読込90MB/s 【OCZESATATHR16G】

販売元:トマトショップ
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

EeePC に収まるSATA SSD

前の記事でEeePC用 SATA CONVERTER基板を紹介しました。
より安全にSATA信号を取り出すって点でお勧めだと思います。

私は一旦自力でFlash comから信号を取り出すことにチャレンジしてみて
ダメなようならヤフオク画面にへばりつく予定でおります。笑

ところで今、比較的安価に手に入るSATA接続ドライブをご紹介。
どちらもSATA信号の配線作業は必要となりますが前の記事のアイテムがあれば比較的楽に改造できると思います。

OCZ社のTHROTTLE eSATA Drive
外観は大き目のUSBメモリーです分解すると基板はロングSSDより小さめです。
分解記事はこちら ⇒ EeePC にSATA Drive内蔵成功
コンパクトなのでショートSSD脇の3GCARD予定地に内蔵できます。
コントローラーはJMF601、フラッシュはSAMSUNGのK9HCG08UIM。
EeePC S101と同じ組合せなでかなりの高性能です。
容量は8GB、16GB、32GBの三種。32GBでも1万円しないのがうれしい。

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 132GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 132GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Transcend社の外付けドライブ
これもかなりの高性能です。
1.8inchサイズの基板ですからEeePC901なら裏蓋を開けたスペースに収まるはずです。
容量は32GB、64GB、128GBの三種。

注)128GBを分解した方から頂いたコメントによるとフラッシュが亀亀のため厚みが約5mmと上記のSATA CONVERTER基板利用は不可のようです。

THROTTLE eSATA Drive より嵩張りますが大容量狙いの方には良いのでは?
すでに分解した方も居られます。⇒ TranscendのSSD18M(TS64GSSD18M-M)を分解

Transcend 1.8インチ 外付けポータブル SSD MLC 64GB TS64GSSD18M-M CE Transcend 1.8インチ 外付けポータブル SSD MLC 64GB TS64GSSD18M-M

販売元:トランセンド・ジャパン
発売日:2009/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私は既にOCZ社のTHROTTLE eSATA Drive 32GBをPri Slaveに内蔵済み。
16GBも手配中でこれはXandros用にPri Master側で使おうと目論んでいます。

追記
その後、3GCARDスペースへの内蔵 に成功しました。

今までは高速で格安のSSDは2.5inchばかりと指をくわえておりました。
若干の配線は必要ですがEeePCに収まりそうなSSDが出てきてうれしい限りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EeePC用 SATA CONVERTER基板

EeePC用 SATA CONVERTER基板(SOL107-0)がsoltec 工房 さんのブログで発表されました。

EeePCのFlash comにはIDE(PATA)信号以外にもSATA信号、USB信号が来ています。
でも信号を取り出すにはパターンピッチが狭くハンダつけ作業にはある程度のスキルを要します。

発表されたのはSATA信号、USB信号の取り出しに特化したシンプルな基板。
これなら比較的容易に信号を取り出せると思います。

Sata_converter

泣けてくる心遣いが切り取り線です。
写真下の線でカットすると写真上のようにショート側でも利用できるわけです。
これはcodeでも出ていたアイデアでバッファローさんにも期待したんですけどねぇ。
ヤフオクに出品されるそうなのでSATAの威力を感じたい方はがんばって落札してください。笑

偶然私は以前内蔵に成功したocz社のTHROTTLE eSATA Driveをもうひとつ注文しました。
Xandros用なので8GBにしようか16GBにしようか悩みましたが、手間もかかるし価格差も少ないので16GBを選びました。

到着するのが楽しみです。
soltec41さんの記事を参考に3GCARDスペースに内蔵しようと考えています。

追記
その後、3GCARDスペースへの内蔵 に成功しました。

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 16GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR16G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

Xandros1.7をもっと日本語化

Xandros1.7はja-jpを選べばインストール後には日本語表示されています。
でも少しだけまだ英語表示ソフトは残ってる。
そんなソフトの日本語化を紹介します。

Firefox
真っ先に日本語化したいのはこのブラウザ。
Locac Switcher をインストールすれば言語を選べるようになります。
次に日本語が選べるようにja.xpi を用意する。
クリックすればどちらも取り込まれます。
Firefoxを再起動するように促されるのでなすがままに日本語表示に変わります。

Firefox_jp_s

Open Office
これはSynapticパッケージマネージャーで可能です。
Ctrl+Alt+T でターミナルを開きます。
sudo synaptic  でSynapticパッケージマネージャーを起動

openoffice.org-help-ja
openoffice.org-l10n-ja

をインストールに選択。(片方選択すればもう一方も選ばれます)

Openoffice1

適用レ  でインストール
Synapticパッケージマネージャーとターミナルを閉じれば完了。
OpenOfficeが日本語メニューに変わっています。

Openoffice2_s

Adobe Acrobat Reader
この記事のコメント欄に詳しい導入方法をコメント頂きました。
2種類の方法が紹介されています。私はダウンロード版を選択。
ダウンロードしたらこのメニューの一番下を選択。(これは既に日本語になってますが)

Adobe0

するとこの画面になるので”起動時に選択”を選ぶと次の起動から日本語表示されます。

Adobe

他にも日本語化のTipsがあれば教えていただけると幸いです。

やっぱXandrosは楽しいですね。
Xandrosを楽しむならSSDモデルをお薦めします。

ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ BLACK ファインエボニー EEEPC901-BLK058X CE ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ BLACK ファインエボニー EEEPC901-BLK058X

販売元:ASUSTek
発売日:2008/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (22) | トラックバック (1)

2009年2月11日 (水)

Xandros1.7 の課題

進化したXandros1.7ですが既知の課題を書いておきます。

EeePC901、4G-Xで確認しました。一部はコメントで頂いた内容も含まれます。

日本語入力が出来ない。
 → Xandros1.7の日本語入力 で解決

設定>タッチパッドをクリックした後タッチパッドが効かなくなる
 → 半解決?
   /home/user/.gelantech.conf を適当な名前にリネームして再起動すれば直る
   但し、再度、設定>タッチパッドクリックするとまた効かなくなります。爆
   当面、設定>タッチパッドは触らん方が良さそうですな。

タッチパッドが701風の右端スクロール
 → 未解決

ディスクユーティリティでセカンダリーのSSDが見えない(900も同様)
 → 未解決

DVD Playerでは、overlayが作れない。
 → 未解決

Acronis True Imageでバックアップしようとするとエラーがでてセクタ単位でしかバックアップできない。
 → 未解決

SCIMでAlt+漢字に変更するとSCIMが起動しない 
 → Altを認識出来ないようです。
   試すのなら変更より追加が無難です。
   ただAltが認識できないのでAlt+漢字ではSCIMは起動できません。
   私はCtrl+Spaceに加え半角/全角を追加しました。

Fn+F2キーで無線LAN切替えが効かなくなる
 → 下のツールバーで接続すれば復活する(^^;

否定的に受け取られそうですが確実に進化が感じられ気に入っています。happy01
今のところ私にとっては致命的な問題は無いので愛用しつづける予定です。

このページを当面改廃していこう思っとります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Xandros1.7の日本語入力

Xandros1.7で日本語入力出来るようにしました。
(EeePC4G-X、901-Xで確認しました)

sources.listの編集
Ctrl + Alt + T キー同時押しでターミナル画面を出します。

注意!以降のコマンドでスペースの入る部分がブラウザのフォントによっては判りにくい場合もあるようです。その場合はコマンドをコピペしたほうが無難です。
sudo su -でルート権限を所得します。
cd /etc/apt  でsources.listのあるフォルダに移動
nano sources.list  でsources.listを編集

deb http://update.eeepc.asus.com/1.7 common main
deb http://update.eeepc.asus.com/1.7 ja_JP main
deb http://update.eeepc.asus.com/1.7 901 main

deb http://ftp.jp.debian.org/debian/ lenny main contrib non-free

緑がオリジナル、赤が私が追記した部分です。
Ctrl + o で保存ファイル名が出ます。上書きなのでEnterCtrl xでnanoを終了。
apt-get update でアップデート

apt-get install ttf-vlgothic お好みで日本語フォント導入。
※コメントでリポジトリを lenny とすることで大丈夫のようです。

ロケール
dpkg-reconfigure locales でロケールを日本に設定
 en_US.UTF-8 UTF-8
 
ja_JP.EUC-JP EUC-JP
 ja_JP.UTF-8 UTF-8

と赤字のみ追加しただけです。Spaceキーで選択できます。
デフォルトロケールは ja_JP.UTF-8 を選択してenter。

SCIMのインストール
apt-get install anthy scim-anthy kasumiで日本語変換と辞書をインストールします。
apt-get install synaptic  synapticパッケージマネージャーをインストール。
exit  ルート権限を抜けます。
scim -d  SCIMを有効にします。
sudo synaptic  でsynapticパッケージマネージャーを起動。

パッケージマネージャー画面の左下の4つのボタンのうち状態(T)を選択後、左上の未インストールを選ぶ。
右の一覧の中から下記のファイルを選んで右クリックしインストール指定を選択。
 im-switch
 scim-modules-table
 scim-tables-ja
 scim-uim

scim-modules-tableをインストール指定するとscim-tables-zhもなぜか指定されます。zhは中文で不要です。指定から外しましょう。
パッケージマネージャーを閉じて再起動。

これでCtrl + Spaceで日本語変換出来るようになりました。 

基本の流れはXandros1.6.1の時 と似ているので画面イメージはリンク先を御覧ください。

| | コメント (46) | トラックバック (1)

2009年2月10日 (火)

Xandros1.7 Review @ EeePC901

日本語化されたというXandros 1.7をインストールしてみました。
入手先はこちら ⇒ http://cle.linux.org.tw/EeePC/iso/

ダウンロードしたisoイメージ(1.8GB)をDVDに焼きます。
DVDを自作スリムドライブに入れて電源on。
BIOS画面でEscキーでDVD起動選択でインストール開始。

ライブ起動かインストールかの選択
なんと今回のバージョン1.7からライブ起動が選択できるようになりました。
普通のインストールも選択でき、他にもあったけど・・・忘れた。
インストールを選択。(今回もインストール先は選択できず)

機種の選択:EeePCの機種がズラリと表示されるので私はEeePC901を選択。

言語の選択:これが今回の目玉?もちろんja-jpを選択。

あとは時間を選択してSSDへの書込みが始まります。
途中一度質問に yes と答え、しばし待つと
ちょい遅くなるけどシステムを圧縮するかい?と聞かれるのでNoと答えました。
さらにインストールが進みRestart の表示が出てDVDが吐き出されます。
Enterキーを押して、DVDを外すと一瞬なにやらテキストが出たけど読めんかった。

Xandrosが立ち上がり名前やらパスワードを聞かれるので適当に入力。

インターネット
ほっほう!たしかに日本語でいきなり表示されております。

Internet1

背景がアルミ削りだし風なソリッドな感じでこれもお洒落でよろしい。
あれ?ネットワーク設定関連が無いぞ?と思ったら「設定」に移動しておりました。

働く

Work4

ファイルマネージャーは日本語化されています。

Filemaneger

Star SuiteがOpen Officeに変ってます。私は好みなので大歓迎。

Openoffice

残念ながら日本語化は未だみたい。

学ぶ
今回のバージョンにもしっかり「学ぶ」が用意しております。

Learn

私がうれしかったのは mt paint が日本語化されていたこと。
これGIMPより軽くてブログ用Photo処理に便利なんです。

遊ぶ

Play

まだゲームは見ていません。新しいゲームあるのかな?
結構DOS/Vゲーム風で気に入っています。

設定
個々のメニューも日本語化されております。
キーボードも日本語キーボードをここで設定できるようになってます。
注意)日本語キーを追加した際、USキーを外すとマウスの動きがおかしくなります。両方置いた方が無難です。

起動時間は15秒でXandros表示が出て無線LANに繋がるのが50秒台。
固定アドレスにすればもう少し速くなるかな?

Finish 終了メニューも日本語

課題
●日本語入力のSCIMが未設定らしく日本語入力がそのままでは出来ません。

●Synapticが起動できません。
 apt-get install synaptic  と山勘でインストールしたら起動できました。

追記
Xandros1.7の日本語入力 の記事をあらためて次項にupしました。
日本語font追加不可ってのも頂いたコメントのおかげで解決しました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

Xandros 1.7は日本語対応!

今日はAE86SSさんから頂いたコメントの御紹介。

なんと日本語に対応したXandros 1.7 が出たそうです!

以下コメントを丸々引用
---------------------------------------------------------------
Xandros 1.7をインストールしました。
インストール時にEee PCの各機種と言語の選択が可能です。
もちろん日本語の選択も可能です。
インストール後の起動ですでに日本語化されています。
たぶん正式バージョンではないと思いますが、試して見ては如何でしょうか。
画面イメージはXEPC.orgで確認出来ます。
isoファイルは、下記からダウンロード出来ますよ。

http://cle.linux.org.tw/EeePC/iso/

---------------------------------------------------------------

ただいま私もダウンロード中です。happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

901-X でMoblinを試す

EeePCの軌跡のコメント欄で

Intel主導で進められているLinuxベースのOS「Moblin」の話題が出てきて私も試してみました。
どうやらIntelもマイクロソフトのWindowsの先行きに不安を抱いているようですね。
重い、高い、デカい・・・なんとか3兄弟みたいですから。笑

α版のダウンロードは下記のサイトから可能です。

ネットブック向け軽量Linux OS Moblin Coreアルファ版リリース

isoファイルが約280MBと小さいことにまず驚き!
まぁOSなんて小さくて済むならそれに越したことは無いわけで。

CDに焼いて起動するとBootだけとかBoot&installとか選べます。
キャプチャーソフトやペイントソフトが見当たらなかったので写真撮影です。

Moblin_001

下のメニューバーはLinuxそのものって感じです。
無駄なアニメーション演出は無いので安っぽく感じる方も居られるかも。
何十万円も支払って買ったPCならOSにも高級感を求めても仕方が無い。
でもそれってまんまとマイクロソフトの戦略に乗せられているだけのような。。。

EeePC901ではWifi非対応と事前情報があったので戸惑うことなく有線LANに接続。

Moblin_002

文字化けしまくりですがな。coldsweats01 2バイト文字に対応していないのでしょうな。
実用には耐えないのでライブCDでの試用に留めておいたほうが無難です。
私はUSBインストールを試み試行錯誤しているうちにMBR壊しちゃいました。crying
なんとなく吸出しツールを使えばできそうに感じますがそこまでする気にもなれん。

注意
Boot&Installを選択してインストールを試みるとPrimaryにインストールしたがります。
あるステップ(多分sdaを選択して次のページへ移った時点)でMBRを書き換えられてしまいますのでご用心。

まぁ、鈍重な感じはしないのは分かったし、マイクロソフトにしがみつかなくても良さそうな感触が得られ少し安心しました。

ついでに分かった事実が2点。
●やっぱ自作PCより無線LANでダウンロードしたほうが圧倒的(5倍以上)に速い。
 ⇒ 自作PCのオンボードLANが遅いことが判明
●Xandrosは右クリックでisoファイルをDVDに焼けてしまう!
 ⇒ 以前自作したスリムドライブでisoファイルを焼きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

EeePC901 に内蔵可能?な1.8inchSSD

上海問屋というお気に入りのネットショップを見ていたら興味深い商品を発見したので紹介します。

外付けHDD扱いなのですが1.8inchサイズのSSD。 

[送料\399~]:上海問屋セレクト 1.8in. SSD採用ポータブルドライブ 32GB [★]  

商品説明をみるとeSATAとUSB接続に対応だそうです。
私がEeePC901に内蔵したOCZ社の THROTTLE eSATA Driveとソックリです。

ポン付けとはいきませんが6本のリード線のハンダ付けで内蔵できる可能性大です。
気になるアクセス速度ですが

【製品仕様】

対応OS Windows XP、Windows Vista
アクセススピード 1ms以下
読み込み速度 USB接続時 : 最大 35MB/秒
eSATA接続時 : 最大 90MB/秒
書き込み速度 USB接続時 : 最大 25MB/秒
eSATA接続時 :最大 50MB/秒
サイズ 80 x 50 x 12.5(mm)
重量 50g

これまたうれしい数字になっております。

さらにうれしい情報が64GB128GBのシリーズも存在すること。
901に収まる1.8inch容積で128GBまでの可能性が得られたわけです。
(わたしゃ当面容量upのニーズはありませんが)

すでに分解した記事も見つけましたぞ ⇒ TranscendのSSD18M(TS64GSSD18M-M)を分解

この上海問屋 というショップは楽天市場の中でも格安でアフターサービスもOK。
私がSDHCカードを壊したときも無償交換に応じてくれました。happy01

Amazonでも取り扱っているようですな。

Transcend 1.8インチ 外付けポータブル SSD MLC 32GB TS32GSSD18M-M CE Transcend 1.8インチ 外付けポータブル SSD MLC 32GB TS32GSSD18M-M

販売元:トランセンド・ジャパン
発売日:2009/02/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

ブログ管理人(私)の技術と知識

パソコン通信(古っ)に比べれば今は写真や動画も加わりネットの情報を参考に色々チャレンジしやすくなっています。
ただ書き手と読み手に技術や知識のギャップがあると、うまくいかない場合もあり得ますね。

技術(ハード面)
私はPC業界とは無縁のサラリーマンです。
ハンダごては中学で握って以来HP200LXで使い出した程度。下手の横好きですな。

この手の改造はHP200LXであれこれ体験しました。
 ・ノートPCのメモリーチップを剥がしてHP200LXに移植
 ・512kBのメモリーランドに16MBチップを載せて手配線で改造
 ・乾電池DC3V電源からAC200Vを発生させ液晶をバックライト化
どれもHP200LXの小さな筐体に内蔵させる話なので細かい作業でした。

200lx_bl

HP200LX改 RAM32M倍速バックライトモデル

ノートPCのCPU(486DX)をAMDのものに張替えようと失敗し泣いた経験もあります。
人の記事を読むとつい自分にも出来そうに錯覚してしまう例ですな。
こればかりは経験だと思います。
私も自分には真似出来ないと感じた改造は拝見するだけに留めています。
EeePCの分解も購入してかなり経ってから決行したほどで正直分解は苦手です。

知識(ソフト面)
MSDOS時代からPCは使っていますが会社の同僚よりは一歩早めにって程度です。
ですからWindowsは普通に使う程度の知識しかありません。

ただ、HP100LX時代のフリーソフトによる日本語化を調べてチャレンジしたことがあり、当時のおかげで「日本語化」にはさほど抵抗感は無いんです。

LinuxはEeePC4G-Xを買った昨年3月から始めました。未だにチンプンカンプン。coldsweats01
判らないことはGoogleで必死に探しまくっております。
コメント欄で頂ける詳しい方からのフォローで成り立っている感があります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

パーテーションの削除方法

Ubuntu8.10を導入したSSDにAcronis True Imageで他のOSをリカバりー出来ない。

そんなメールを頂きました。
私も同じ経験があります。⇒ EeePC901にXandros新バージョンをの最後のあたり

いままで同じ経験をしたOSはUbuntu Netbook RemixやeeeUbuntu8.10。
(それ以前のUbuntuだったら大丈夫だった記憶なんだが・・・曖昧)

私はUSBメモリーからKNOPPIXを起動しGPartedってツールで対応しています。
USBメモリーから起動出来るライブ版eeeUbuntuにもパーテーションエディタがあります。
機能は多分同じ。

大雑把な流れは
USBメモリーから起動しGParted(パーテーションエディタ)を開きます。
ターゲットのSSDを選択してパーテーションを開放
スッカラカンのSSDにあらためてAcronis True ImageでOSをリカバリー

注)下記を行うとSSDから起動出来なくなります。
自力でリカバリー出来る方を前提としておりますので注意してください。

これが起動したGParted画面。

Gparted

右上のボタンで操作すドライブを選択します。
  4GBのマスターならsdaと表示されています。
選択したドライブのパーテーション構成が表示されるので煮るなり焼くなり色々出来るわけですわ。
今回は消すのでパーテーションの四角枠を選択して右クリック。削除を選択。
  複数のパーテーションに分かれていたら全部削除選択しましょう。
真ん中のApplyボタンを押すと実際の作業(削除)が行なわれます。しばし待ちましょう。
全部消しちゃってひとつの大きな領域にしちゃえば良いと思います。
フォーマットも不要。後でAcronis True Imageがうまいことやってくれますから。

作業が終了すればGParted、OSを閉じて終了。
SSDから何にも起動できないEeePCの完成です。

あとはUSBからAcronis True Imageを起動し、お好みのバックアップファイルをリカバリー すればOK。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

SATAドライブのVcc on/off

私のEeePC901-Xは現在
 Pri Master 空き
 Pri Slave   THROTTLE eSATA Drive 32GB Xandros
 Sec Master SHD-DI9M32G WindowsXp
 Sec Slave  空き
で使っています。

もっともXandrosはunionfsってカラクリで頻繁なSSDへの書込みを防止しているので高速なWrite性能を必要としない?
ちょっともったいない使いかたなのでTHROTTLE eSATA DriveはWindowsXpに明け渡し、新たにPri Masterに8GB程度用意しようと目論んでおります。

ところでOSのリカバリーを考えると常にsdaにその8GBが居座られるのも調子が悪い。
なんとか簡単にPri Masterをコントロール出来る策はないもんか?

と、ちょっと実験。

現在のPri SlaveのTHROTTLE eSATA DriveのVccをカットしたらどうなるんだろ?

Ocz_slave

写真で線が電源ライン。
ここだけ外してEeePC901の電源をon!

ほっほう!Sec MasterのSHD-DI9Mだけ認識しとります。成功!

これでVccのon/offでSATAドライブの認識をコントロール出来ることが分かりました。
(これって当り前なんかな?)

以上プチ実験ではありますが私の疑問は晴れて大満足。happy01

OCZ Throttle eSATA Flash Drive 132GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G CE OCZ Throttle eSATA Flash Drive 132GB eSATA&USB ドライブ・ブリスターパッケージ・2年保証 OCZESATATHR32G

販売元:OCZ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

3GCARDに謎のランド発見! SATA LINE?

日曜日は朝からEeePC901-Xを901-16G風のSATA(Master/Slave配置)にするべくGoogleで検索しまくりました。
要するに両者の分解記事を探しまくったわけですわ。

でもMaster/Slave配置を入れ替えるようなチップ抵抗の所在は相変わらず不明。

そんな中、3GCARDのランドに怪しいチップ抵抗用ランドを発見。
これを鮮明に撮影した記事がこちら。
 ⇒ r-bear's雑記帳さんのEee PC 901-X分解してみた。

一枚目の写真を使うことを了解頂けたので掲載させていただきます。

3gcard_sata

電源ラインらしきパターンの配置からしてminiPICeですな。Flash comじゃない。
んで丸印、23,25,31,33pinのランドに受け渡すチップ抵抗用ランドに見えます。
23,25,31,33pinってSATA信号と同じ場所なんだよなぁ。。。

でもさ、

 IDE1のSATA信号はPri Master ~soltec41さん解析済み
 IDE2のSATA信号はPri Slave  ~私も確認済み

んじゃこの3GCARDの23,25,31,33pinの信号は何なのよ???謎

・・・とパターンを追いかけていくと○印で多層基板の中に消えております。残念

3gcard_sata2

ちなみに丸印の部分とロング側(IDE2)SATA信号をテスターであたったが別信号らしい。

IDE1のSATA信号との関係もテスターで調べたいが分解しないと厳しそう。。。

追記
頂いたコメントよりIDE1でも無いことが判明しました。残念。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

SHD-DI9Mの改造方法、ショートのさせ方

ネットのあちこちでSHD-DI9MのR7をショートが大変というコメントを見かけます。
私も当初焦りましたがコツを掴めば案外簡単。
今回はそのコツを紹介します。

ハンダにはヤニだかフラックスだかの成分が含まれています。
それの効能のおかげで溶かした直後のハンダは非ランド部からは弾こうとして水玉状態。
まるでワックスの効いた車のボンネットの水玉のようになります。

Handa1

この状態でいくらハンダを追加しても玉が大きくなるだけで隣とは弾きあいショートしてくれません。
出来たとしても巨大な鼻くそ状態。笑

対処方法は?
このハンダのヤニだかフラックスだかは熱を加えていると揮発?してしまうようです。
半田ごての上にハンダを載せて少しの間待っていれば揮発してしまいます。
そうなればOK。

Handa2

ワックスの効いていない車の水滴のようにベターッと馴染んでくれます。
この状態なら近隣のランドとのショートは比較的簡単。
このコツを掴めばランド間のショートはさほど難しくはありません。

ショートさせたくない部位がショートしてしまった時は逆の手を使います。
該当部にフラックスを塗布してハンダごてで加熱すればお互いのハンダは弾き合い解決。
TPOに合わせて使い分けましょう。good

ちなみにタイトルのSHD-DI9Mの改造方法は過去の記事で書いています。
 → SHD-DI9M改造 LED & CSEL化

R8に10kΩの説もありますが私が試した限りは不要だと思います。
10kΩをR8につけるとDASP-VCC間の抵抗値が小さい値になっちゃいます。
R8オープンならDASP-VCC間の抵抗値は純正とほぼ同じ10kΩ。
おそらくコントローラー内部で既にプルアップされているんだと思います。

バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 32GB【税込】 SHD-DI9M32G [SHDDI9M32G] バッファロー Inspiron Mini 9 専用 MLC搭載 内蔵SSD 32GB【税込】 SHD-DI9M32G [SHDDI9M32G]

販売元:Joshin web 家電とPCの大型専門店
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

EeePC のメモリー増設方法

メモリーの値上がりを感じ先日EeePC用に2GBメモリーを注文したものが届きました。

今更という感もありますが初心者向けの記事をって要望もあるので書いて見ます。
購入したのは

前回はこちら。EeePC 4G-Xでも901-Xでも認識しました。
【HYNIX ORIGINAL】PC5300 DDR2 667 CL5 200pin SO-DIMM 2GB

今回届いたのはこちら

[送料\210〜]キングストン ノートパソコン用メモリ:[相性保証付] Kingston SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB [お一人様5個まで] [メ1] [送料\210〜]キングストン ノートパソコン用メモリ:[相性保証付] Kingston SODIMM DDR2 PC2-5300 2GB [お一人様5個まで] [メ1]

販売元:上海問屋
楽天市場で詳細を確認する

まずEeePCの電源(ACアダプタ、バッテリー)を外します。これ重要!
プラスネジ2本外して裏蓋を外します。

写真でメモリーを保持している爪を矢印の方向に開くとメモリーが斜めに持ち上がります。
この状態でメモリーを引き抜けば外せます。

Ram1

次に購入したメモリーを矢印の切り欠き部を目安に裏表を間違えないように差し込みます。
差込みが甘いと起動すらしなくなりますのでしっかり差し込みましょう。
(正直、私も起動しないってのを体験しましたcoldsweats01

Ram2

斜めのメモリーを上から押さえつけるとパチンと爪が戻り保持します。

逆の手順で蓋を閉めバッテリーや電源を組み付けます。

電源を入れて起動画面でF2キーを押すとBIOS画面が立ち上がります。

Ram3

私の場合は2GBメモリーでしたのでこれで成功。OSでも認識するはずです。
この作業はEeePC901-Xで行いましたがEeePC4G-Xでも要領は同じです。
これで我が家のEeePCのメモリーは2台とも2GBになりました。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SATA のMaster/Slave

前の記事、SuperTalentのS101用 SSD で書いたように今後のEeePC用SSDはSATA接続に移行していくと予想される。
IDEではSSDが高速化するとMaster/Slave共存の問題が露呈するがSATAではその心配が要らない。

良いことばかりかというと困った問題ひとつ。
SATAではMaster/Slaveの切替えが出来ないのである。

従来のIDEではCSEL信号のプルダウン/プルアップでショート側とロング側のMaster/Slaveの切替えが出来た。
Xandrosを4GB側にインストールした後、ロング側をMasterに切替えWindowsXpをリカバリーするなんてことが出来たのである。

SATAで同じことを行うには・・・
Xandrosはsda(先頭ドライブ)にインストールされる。WindowsXpもリカバリーしようとするとXandrosと同じsdaにリカバリーしようとする。
sdaドライブを外せば元sdbだったドライブがsdaに繰り上がりそこにインストール出来る。
ただsdaがショート側に在るとEeePCの筐体をその度に分解する必要が生じる。

EeePC901-16Gは幸いロング側がPri Masterなので容易に取り外せる。
1つ目のOSをインストールした後、ロング側を取り外せばショート側にもうひとつのOSをリカバリー出来る。
しかし901-Xはショート側がPri Master。
同じことを行おうとするとEeePCの筐体分解が必要となる。

901-Xと901-16Gがマザーボードを共用していてどこぞのチップ抵抗でPri Master/Slaveを調整していれば私の901-Xも901-16G風に改造出来るんだが・・・
朝からいろんな分解記事を漁っておりますが901-16Gの記事って案外少ない。

ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ BLACK ファインエボニー EEEPC901-BLK058X CE ASUS Eee PC 901 main 1G SSD 16G 8.9インチ BLACK ファインエボニー EEEPC901-BLK058X

販売元:ASUSTek
発売日:2008/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »